NONEの評価集

NONEでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

投稿日:

NONEでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

※NONE:honda.co.jp

今回はホンダの人気軽自動車であるNONEの人気オプション品をご紹介します。

NONEは男性が好むクールな印象から女性が好きなキュートな雰囲気まで幅広く揃えるエクステリアと、軽自動車とは思えぬ使い勝手抜群のインテリアが相まって、日本で人気のある軽自動車のひとつです。

多くのユーザーが選ぶ大人気オプション品から当サイトがおススメするオプション品、そしておススメカーナビのステータスまで幅広く紹介します。

NONEのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

2トーンカラー仕様

NONEの2トーンカラー

NONEの2トーンカラー

NONEの2トーンカラー

NONEの最大的特徴ともいえるオシャレなエクステリア。

個性的なエクステリアに仕上げるため、多くのユーザーがルーフを別のカラーに変更する2トーンカラー仕様を選択しています。

カラーバリエーションも豊富で、ルーフのカラーはホワイト・ブラック・グレーの3タイプが設定されています。

なおG、G・Lパッケージ、ツアラー等グレードによって選択できるカラーが異なるので注意が必要です。

ハーフシェイド・ウインドウ

NONEのハーフシェイド・ウインドウ

NONEのフロントウインドウの上部を着色させることで、サンシェードでは覆いきれない範囲の日光の直射と眩しさを軽減させます。

些細な部分ですがユーザーがこの装備品に満足しています。

グレードGのみオプション扱いなので選択した方が良いでしょう。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

運転席グラブレール

NONEの運転席グラブレール

室内のサイドウインドウ寄りに設けられた折り畳み式の手すりです。

車から乗り降りする際につかめるほか、乗車時につかんで体の安定を図るものでもあります。

メーカーオプションではこの手すりを運転席側にも装備できます。

車の乗降機会が多い運転席だからこそおススメしたいオプション品です。

おすすめメーカーオプションナビは?

ディスプレイオーディオ

NONEのディスプレイオーディオ

NONEのインパネに画像表示用のディスプレイ付きオーディオが設けられます。

こちらは普段はオーディオの操作画面として機能するほかに、約180度見渡せる見やすい後方部を映せるバックモニターとしても使えます。

さらにホンダ純正のナビアプリ「インターナビ ポケット」をインストールしたスマートフォンを接続すると、ナビ画面をディスプレイに表示させることが出来る優れものとなっています。

操作もスマートフォン側とオーディオスイッチ側どちらでも可能です。

さらに機能面でもブルートゥースやUSBによる接続に対応し、ハンズフリー通話を可能にしています。

ディーラーオプションナビや社外品ナビでは値段が高いという方にも、ナビ機能とバックカメラを税込55,080円という安さを実現したこちらの装備品は非常におススメです。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

あんしんパッケージ

NONEのシティブレーキアクティブシステム

NONEのエアバッグシステム

NONEに乗ってもしもという時になっても確実に乗員を守る安全装備がパッケージになったオプション品です。

まずはシティブレーキアクティブシステムがあります。

フロントウインドウのミラー部分にセンサーを設け前方を監視します。

約30km/h以下で前方に車両等との衝突危機を機器が判断した際に、ブザーで知らせるとともに自動ブレーキが作動します。

また車が停止状態で前方に壁などがある場合でも、アクセルペダルを踏み込んでも前進しない誤発進防止機能も備わっています。

そして、前席のシート側面に内蔵されるサイドエアバッグシステムと車の側面窓いっぱいに広がるサイドカーテンエアバッグシステムも加わり、衝突の場合においても乗員の保護に大いに役立ちます。

ちなみにあんしんパッケージ装着車には、後席シートベルト締め忘れ警告灯も装備されます。

NONEのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

センターストライプデカール

NONEのセンターストライプデカール(マットグレー)

NONEのセンターストライプデカール(ホワイト)

NONEのセンターストライプデカール(レッド&ブラック)

NONEのユーザーの間では、2トーンカラー仕様に加えこのオプション品を選ぶ傾向があり非常に人気です。

ボンネット/ルーフ/テールゲート、そしてオプション品のテールゲートスポイラーを装備していればスポイラーまでカバーするデカールです。

カラーもマットグレー・ホワイト・レッド&ブラックの3タイプから選べて、よりオシャレで個性的なNONEに仕上がります。

テールゲートスポイラー

NONEのテールゲートスポイラー

NONEのテールゲート上部に装備されるエクステリアパーツです。

NONEのシルエットに馴染みやすいデザインとスポーティさを演出するところが特徴です。

ドアハンドルプロテクションカバー

NONEのドアハンドルプロテクションカバー

NONEに乗っていくうちに線傷がついていくドアハンドル内側を、カバーをかけることで傷から保護します。

丈夫な樹脂製でシルバー塗装された装備品は、エクステリアのアクセントとしても役立っています。

なおこのオプションと透明色のドアハンドルプロテクションフィルムとの併用はできないので注意が必要です。

ドアバイザー

NONEを購入する大半のユーザーが装備している大人気オプション品です。

雨天時においても雨粒が入りにくく換気が出来るほかに、一体感のあるデザインでドレスアップパーツとしても非常に人気のあるオプション品です。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

収納パッケージ

NONEのインパネマット

NONEのカーゴマッと

NONEのウォッシャブルカーゴボックス

収納部分が限られているNONEだからこそ、収納部分を大いに活用させる人気の収納用品がパッケージになっています。

ラゲッジスペースの汚れや水滴、傷がつくのを防ぐカーゴマットと、ラゲッジスペース下に存在する空間を第2の収納部分として利用できるウォッシャブルカーゴボックスがセットになった便利なパッケージです。

通常単品価格での合計が税込17,928円になるのに対し、パッケージ価格は税込14,040円とお得になります。

おすすめディーラーオプションナビは?

ホンダ純正インターナビ

NONEのホンダ純正インターナビ

メーカー純正ナビは安心の保証と、ナビとは思えない手厚い待遇を受けられる点が非常に人気です。

インターナビとはホンダ独自の通信型ナビで、通常のナビでは教えてくれないような高精度の交通情報等をリアルタイムで提供し、その情報とユーザーの設定に基づき、正確な到着時間とストレスフリーなドライブを提供します。

また音声による目的地検索や災害情報等を通信費無料で受け取れる画期的なサービス、そして最新の地図データを毎年1回、最大3年間無償で更新可能であったりなど非常に充実しています。

ナビの機能面も、ブルートゥース接続及びiPhone等のアップル製品と接続をして使用できるApple CarPlayに対応、TVチューナー内蔵するなど非常にハイスペックを誇ります。

さらにカーナビ盗難防止につながるセキュリティ機能も兼ね備えています。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ドライブレコーダー

NONEのドライブレコーダー

近年需要が高まりつつあるドライブレコーダーですが、購入した段階で純正ナビと同時に購入されるユーザーが多いようです。

エンジン始動と同時に録画を開始し、常時記録時間が最大で約128分録画を可能にしています。

また録画した動画及び静止画はナビ画面で再生可能出来るほかに、SDカードに保存しパソコンにて確認も可能です。

さらにイベント記録保護機能により突如の急ブレーキ等の異変を感知した記録は前後3分間の動画を録画し、ファイルは保護・保存されます。

ナビ連動タイプ

ナビ連動タイプのため、GPSによる位置情報や車速情報等も事細かく残してくれる優れものです。

その他のおすすめディーラーオプションは?

サスペンションキット

NONEのサスペンションキット

NONEをスポーティーに乗りこなすユーザーがこのオプション品を装備しています。

ホンダ車専用チューニングメーカーであるモデューロが手掛けるサスペンションキットは、乗り心地を究極にまで求め、快適性とステアリングフィーリングを両立しています。

また車高も下がりドレスアップ効果も期待できます。

ディスクローター

NONEのディスクローター

サスペンションキットと同様にスポーツユーザーに人気のパーツです。

通常とは異なるドリルドタイプに変更することで、ブレーキ時に発生する摩擦粉の除去や冷却効果、そしてブレーキパットの辺摩耗を抑え安定した効きを維持します。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

コーナーポール

NONEの左前にポールを設け、車両感覚をつかみやすくするオプション品です。

夜間も確認しやすい青色LEDイルミネーション付で、スモールライトと連動しています。

しかしながら価格が税込み12,960円と高価であるうえに、軽自動車であるNONEはコーナーポールを設けなくても良いほど見晴らしの良いデザインとなっています。

もし車両感覚をつかむことに得意でない方にはお得な社外品をおススメします。

シートカバー

NONEのシートカバー

NONEのシートカバー

サイドエアバッグに対応しているフルカバータイプのシートカバーです。

随所に施されたステッチと合皮ならではの肌触りの良さと質感が特徴的です。

しかし1台分が税込49,680円と非常に高価で、カラーバリエーションがブラックかブラウンしかありません。

社外品のシートカバーであればより豊富なカラーバリエーションとデザイン、そして安価なシートカバーを見つけることが出来ます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

NONEの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのNONE値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がNONEを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のNONEの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>NONE 値引き交渉マニュアル

-NONEの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.