日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ノート モデルチェンジ推移2021年6月15日

日産ニュースリリースより

-------------

新型車「ノート オーラ」を発表
「e-POWER」による電気の走りと上質さをまとったプレミアムカー

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、15日、全く新しいプレミアムコンパクトカー、「ノート オーラ」を本年の秋に発売する、と発表しました。

新型車「オーラ」は、外装、内装の細部に至るまで“上質”にこだわった、コンパクトカーです。
「つくり込んだきめ細かさ」や「上質な素材の肌触り」、「空間の心地よさ」、といった感性品質にこだわりつつ、「美しさ」と「考え抜かれた機能性」を両立させた、「少し先の未来」を感じさせる先進的なモデルです。
また、全車に、出力やトルクを向上させ進化した、第2世代「e-POWER」を搭載し、ひとクラス上の電気の走りをご提供します。
車名の「オーラ」は、気品と独特な雰囲気をもった上質なクルマとして、見る人を惹きつけ、所有する人に悦びを提供する唯一無二の存在になる、との想いに由来します。

商品の主な特徴は下記の通りです。

【感性品質:乗る人の感性に訴える本質的な上質さ】

コンパクトカーの常識を変えるシンプルで美しい、乗る人が優越感を感じるような洗練されたデザインとしました。
エクステリアは、精緻な造形のフロントグリル、伸びやかな曲線を描くルーフライン、そしてリヤフェンダーにボリュームを持たせたワイドボディにより、力強い存在感を放ちます。
さらに、横一文字に点灯するLEDリヤコンビネーションランプは、先進的で個性的なリヤビューを演出します。
ボディカラーは、「ガーネットレッド/スーパーブラック」、「ミッドナイトブラック/サンライズカッパー」を含む2トーン5色、モノトーン9色の全14色をラインアップしました。

インテリアのシート素材には、ファッション性の高い素材感にこだわりつつ、ヘリンボン柄の目付けにも気を配ったツイード調織物と合皮のコンビシートと、クッション材を多用し、キルティングラインの向きで身体の滑りを防ぐことにも配慮した、上質な本革シートの2種をご用意しました。
また、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計した「ゼログラビティシート」を、全席に採用しました。さらに、インストロアとシフト周りには、表面に微細な凹凸加工を施した高級感のある木目調フィニッシャーを採用すると共に、ドアトリムやフロントセンターアームレスト、インストルメントパネルには、ツイード調織物を採用しました。

また、ドライブ中のプライベート空間の快適性にも徹底的にこだわりました。ルーフやドア、フロントドアのガラスなどに遮音対策を施すことで、高い静粛性を確保しました。

上質な室内空間を実現するために、プレミアムオーディオの開発も行いました。BOSE*1と共同開発した国内初採用*2となる「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」*3は、運転席、助手席のヘッドレストにスピーカーを配し、BOSE*1独自のアドバンスド シグナル プロセッシング テクノロジーがもたらす、広がりのあるプレミアムな音響をご体感いただけます。

【美・機能:見た目の美しさだけではない、美しさの中にある磨き抜かれた機能】

ライティングで形作られたVモーションは、シグネチャーLEDポジションランプや、アクセントランプ、シーケンシャルターンランプの3つの機能を併せ持ち、プレミアムな表情を演出します。細く引き締まったヘッドランプには、アダプティブLEDヘッドライト機能も有し、上質さと機能性が融合しています。

切削加工の上に樹脂パーツで加飾を施した17インチアルミホイールは、デザイン性と空力、軽量化などの機能性を併せ持つデザインとしました。
運転席前の、フルTFTで視認性に優れた、先進感のある「アドバンスドドライブアシストディスプレイ(12.3インチカラーディスプレイ)」は、9インチの「NissanConnectナビゲーションシステム」*3と一枚に繋がり、美しさと機能性を両立しています。
また、フロントセンターアームレストには、腕を置いたまま、指先だけで楽に操作することが可能な電動シフトを配したことで、運転に余裕をもたらします。

【先進感:乗る人を新しいカーライフへと導く、時代の一歩先をいく、先進技術】

最高出力100kW、最大トルク300N・mのモーターによる力強い加速、そして、なめらかさや静粛性なども向上した第2世代「e-POWER」を搭載する「オーラ」は、アクセルを踏んだ瞬間から、スムーズで力強いひとクラス上の走りをご体感いただけます。進化した第2世代の「e-POWER」は、低速走行時のエンジン始動回数を削減するとともに、タイヤ回転数の変動から路面状態を推定し、ロードノイズが大きくエンジン音が分かりにくい荒れた路面で発電を行います。
全車速域において4輪すべてを強力なモーターで駆動・制御する次世代電動4輪駆動システム「e-POWER 4WD」は、さまざまな路面状態でも新次元の走りを実現します。

また安全面では、5個のカメラ、3個のミリ波レーダー、8個のソナーにより周囲を検知する最先端の全方位運転支援技術を標準装備しています。運転支援技術「プロパイロット(ナビリンク機能付)」*3は「NissanConnectナビゲーションシステム」*3との連動機能で地図情報を取り込むことで、前方のコーナーの大きさなどを事前に把握することが出来るため、スムーズに曲がれるように車速をコントロールし、自然な感覚の運転支援を行います。なお、「NissanConnectナビゲーションシステム」では9インチのWXGA高解像度モニターを装備します。スマートフォンのワイヤレス充電器や、Apple CarPlayのワイヤレス接続が可能です。

*1 BOSEは米国Bose Corporationの商標です。
*2 BOSEパーソナルプラスサウンドシステムを国内で初採用したモデルです。(BOSE調べ)
*3 メーカーオプションになります。

新型「ノート オーラ」WEBカタログ: https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

特設Webサイト「Visible Kit」: http://www.nissan.co.jp/SP/NEWMODEL/UNVEIL/

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、15日、「ノート オーラ」をベースに「助手席回転シート」を設定し、本年の秋より日産の販売会社を通じて全国一斉に発売すると発表しました。

新型車オーラ「助手席回転シート」は、簡単な手動操作で、助手席を車外に向けて回転できるモデルです。スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りすることが出来ます。助手席回転シートにはベース車と同様の、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計された「ゼログラビティシート」を採用しました。また、メーカーオプションの「BOSE パーソナルサウンドシステム」を選択された際には、ヘッドレストにもスピーカーが配され、よりプレミアムな音響をご体感いただけます。

・価格(消費税込み)

ノート オーラ

2,610,300-2,957,900円

ノート オーラ 助手席回転シート

2,709,300-2,967,800円

日産 ノート オーラ

日産 ノート オーラ

日産 ノートのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.