ノートの評価集

新型ノートの4WDの性能は?燃費や雪道走行を徹底評価!

2020年11月のフルモデルチェンジにより、更に魅力的に生まれ変わった日産のコンパクトカー「ノート」

ガソリン車が廃止され電動パワートレインのe-POWERに一本化されましたが、e-POWERには引き続き4WD車が設定されています。

ここでは新型ノートの4WDの性能や燃費を徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

新型ノートの4WDグレードの価格は?

当サイトの調査によると、ノート4WD車の売れ筋グレードは「1.2 X FOUR」です。

Xグレードの4WD車と2WD車の価格差は、258,500円です。

ノート 1.2 X 2WD  2,186,800円
ノート 1.2 X FOUR 4WD  2,445,300円

ノートの4WDシステムは、前輪用モーターのほかに後輪用モーターも搭載する電気式4WD。

ヤリスハイブリッドも電気式4WDを採用していますが、2WDとの価格差は198,000円とノートより小さくなっています。

何故ノートの4WD車が高いかと言えば、まずヤリスハイブリッドよりも遥かに強力な後輪用モーターを搭載していることです。

またノート4WDの場合、装備面でも2WD車に対し差別化を図っているので、ノート4WD車の価格が高いのも納得がいきます。

ノートの4WD車と2WD車の仕様の違いは?

ノート4WDのボディスペック

スペック
ノート 1.2 X 2WDノート 1.2 X FOUR 4WD
最低地上高 (mm)120125
車両重量 (kg)1,220
1,340

雪道での走破性に影響を与える最低地上高は、4WD車の方が5mm大きくなっています。

また車両重量は4WD車の方が120kgも重く、2WD車との差はかなり大きい方です。

しかし大出力の後輪用モーターを搭載するため、この差もやむを得ないところでしょう。

ノート4WDのパワートレイン

スペック
ノート 1.2 X 2WDノート 1.2 X FOUR 4WD
フロントモーター最高出力 116ps / 最大トルク 280Nm最高出力 116ps / 最大トルク 280Nm
リヤモーター--
最高出力 68ps / 最大トルク 100Nm

ノート2WD車は前輪駆動用モーターのみを搭載しますが、ノート4WD車では前輪駆動用モーターに加え、後輪駆動用モーターも搭載するのが特徴です。

トータルの出力 / トルクは当然ながら4WD車の方が遥かに勝るので、雪道でのトラクションだけでなく動力性能でも有利になっています。

ノート4WDの装備

ノート4WDには、2WDではオプションとなる以下の装備が最初から付いてきます。

  • ステアリングリムを暖めるステアリングヒーター
  • 鏡面の凍結・曇りを防止するヒーター付ドアミラー
  • シート座面を暖める前席ヒーター付シート
  • 後席に温風を送るリヤヒーターダクト
  • 高濃度不凍液
  • 室内を素早く暖めるPTC素子ヒーター

いずれも寒冷地で威力を発揮する装備ばかりです。

ライバル車との比較

ノート4WDの最大のライバルは?

ノートの最大のライバルは、同じようにユーティリティを重視したコンパクトカー「ホンダ・フィット」です。

ノート 1.2 X FOURと競合するフィットのグレードは、価格・キャラクターから「1.5 e:HEV リュクス 4WD」をあげるのが妥当でしょう。

フィット 1.5 e:HEV リュクス 4WDの価格は2,536,600円で、ノート 1.2 X FOURより91,300円高価です。

ライバル車とのスペックの違いは?

スペック
ノート 1.2 X FOUR 4WDフィット 1.5 e:HEV リュクス 4WD
フロントモーター最高出力 116ps / 最大トルク 280Nm最高出力 109ps / 最大トルク 253Nm
リヤモーター最高出力 68ps / 最大トルク 100Nm--
エンジン最高出力 82ps / 最大トルク 103Nm ※1最高出力 98ps / 最大トルク 127Nm ※2
車両重量(kg)1,3401,280

※1:発電専用
※2:通常は発電用、高速巡行時は走行用

ノートとフィットのパワートレインを比較すると、ノートはフロントモーターのスペックでフィットを凌ぐだけでなく、リヤモーターがプラスされるのでトータルのスペックは圧倒的に上回ります。

エンジンはノートが専ら発電専用であるのに対し、フィットは通常は発電に用いるものの、高速巡行時は走行用に使用 (モーターは停止) するのが大きな相違点です。

いずれにしても総合的なパワートレインのスペックは圧倒的にノートが勝るので、車両重量60kgの差など物ともせず、動力性能は圧倒的にノートが有利と見て間違いありません。

ライバル車との装備の違いは?

ノートだけの標準装備

  • PTC素子ヒーター
  • SRSニーエアバッグ

フィットだけの標準装備

  • LEDヘッドランプ
  • LEDフォグランプ
  • 本革シート
  • アルミホイール
  • アダプティブクルーズコントロール

ノートとフィットの装備を比較すると、フィットは約9万円高いだけあり、装備面で一歩リードしていることが分かります。

ただ、ノートはフィットだけの標準装備を全てオプションで付けることが可能ですが、フィットはノートだけの標準装備をオプションで付けることはできません。

その意味では、予算に余裕があればノートの方が充実した装備が手に入ることになります。

ノートの4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

ノート4WD車のカタログ燃費 (WLTCモード値) は23.8km/Lです。

実燃費のデータがまだないので、カタログ燃費×0.8で計算すると

23.8×0.8≒19km/L

という数値が出ました。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

ノート2WD車のカタログ燃費は28.4km/Lで、4WD車より4.6km/L優れています。

実燃費の差を計算すると、

4.6×0.8≒3.7km/L

と出ました。

ライバル車との実燃費の差は?

ライバルのフィット 1.5 e:HEV リュクス 4WDの実燃費は20.3km/Lです。

方や実際のデータ、方や推測値なので同列に比較するのはナンセンスかもしれませんが、ノート4WDは燃費が1km/Lほど劣ると考えられます。

ノートの4WD車の雪道の走行性能は?

ノートの4WDはどんなシステム?

ノート4WDの概要

ノート4WD

nissan.co.jp/note

前輪駆動用モーターと後輪駆動用モーターの2つのモーターを搭載する、電気式4WDを採用。

プロペラシャフトがないためシンプルで、室内スペースが浸食されない点がメリットです。

ノート4WDの制御

ノート4WD

nissan.co.jp/note

路面状況や走行状態に応じ、前後のモーターのトルクを瞬時に可変。

モーターはエンジンと比べレスポンスが圧倒的に優れているので、それが制御にもプラス要素として反映されています。

またリヤモーターにも回生機能が付加され、減速性能が先代ノートから約40%向上したことも特徴です。

ノートの雪道での実際の走行性能は?

ノート4WDの発進・加速時

ノート4WD

nissan.co.jp/note

発進時は前後のモーターのトルクを緻密に制御し、空転を抑えたスムーズは発進を可能にしています。

その後の加速も力強く、走行安定性も抜群。

勿論、スタッドレスタイヤかタイヤチェーンの装着が大前提です。

ノート4WDの登坂・降坂時

ノート4WD

nissan.co.jp/note

登坂時に前輪または後輪が滑っても、グリップしている側のタイヤに瞬時に適切なトルクを配分するため、スタックの心配はあまりありません。

下り坂でも4輪に回生ブレーキが掛かるため、強力な制動を効かせながら安全に走行することができます。

ノート4WDの通常走行時

ノート4WD

nissan.co.jp/note

雪面の状態が刻々と変化するような状況でも、即座に適切な前後トルク配分を行うため、安定した走行が可能です。

コーナリング時の安定性も高く、安心して運転することができます。

ノートの4WDのまとめ

ノート4WD

nissan.co.jp/note

ノート4WDは強力なリヤモーターのお陰もあり、優れた雪上走行性能を実現しています。

ただし最低地上高が125mmしかないので、深雪時は無理が効きません。

SUVの4WD車のような走破性は望めず、あくまでも「良くできた生活4駆」と割り切って乗ることが必要です。

とは言え、冬場に有用な装備は充実していますし、燃費も良好なので雪国で使う実用車として合格点があげられます。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.