ノートの評価集

新型ノートの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

更新日:

2017年9月に仕様向上を受け、さらに魅力をアップさせ大ヒットを続けている日産のコンパクトハッチバック「ノート」

その人気の理由は何といっても、電動パワートレインの「e-POWER」による力強くスムーズな加速性能と優れた静粛性や、新感覚の走行モードは高い評価を得ています。

しかし、この「e-POWER」そして1.2 Lスーパーチャージャーエンジン車には2WDのみの設定で、降雪地域のユーザーが望む4WDの設定は、非力なNAの1.2 L直列3気筒直噴エンジン車しかないのが現実です。

このようなケースはノート以外の車種でもあり、例えばトヨタのアクアやヴィッツハイブリッドも4WDの設定はなく、カローラシリーズも4WD車には燃費性能の劣る旧型エンジンが搭載されているなど、SUV以外の4WD車には力を入れていないことも多いのです。

そこで、ノートの4WDシステム、さらに2WD車や他車ライバルとの比較を通じて、その走行性能や実際の燃費を徹底評価してみました。

ノートの4WDグレードの価格差は?

ノートにラインナップされている4WD車は以下の8車種になります。

ベースは「X」と「MEDALIST X」で、装着するメーカーオプションによって分かれています。

「X」の2WD車と4WD車の価格差は215,920円となります。

グレード名
価格(円)
ノートX FOUR1,718,200
(同2WD車:1,502,280)
ノート X FOUR スマートセーフティエディション1,833,840
ノート X FOUR ブラックアロー1,832,760
ノート X FOUR スマートセーフティエディションブラックアロー1,905,120
MEDALIST X FOUR1,850,040
MEDALIST X FOUR スマートセーフティエディション1,921,320
MEDALIST X FOURブラックアロー1,936,440
MEDALIST X FOUR スマートセーフティエディションブラックアロー2,007,720

スマートセーフティエディション4WDには次の安全装備が追加されます。

  • インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
  • スマート・ルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付)
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • フロント&バックソナー

その他、ピアノ調センタークラスターフィニッシャー、シルバーフィニッシャー(シフトベース)、プッシュ式オートエアコン、外気温度計(メーター内ディスプレイ)も標準装備されます。

ブラックアロー4WD

ブラックアローのエクステリアは、ルーフ/ドアミラー/アウトサイドドアハンドルのブラック化し、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用。

内装ではトリムをブラック化し、シートやドアトリムクロス、フィニッシャー類に専用カラーを設定しています。

ノートの2WDと4WDの装備の差

2WDと4WDの装備差はあるのでしょうか。

調べてみると、4WD車には、(2WD←→4WD切替えスイッチ付)が付くだけで、装備の差はありませんが、アイドリングストップやヒルスタートアシストといった機能面が省かれています。

ライバル車との比較

フィット4WD

フィットは低燃費のフルハイブリッド車であっても4WD車を設定しているのが強みです。

もちろん1.3Lと1.5L車も4WD車を設定します。

これは、ハイブリッドシステムとミッションの違いのせいですが、これによりほとんどの車種で4WDを選ぶことが可能になっています。

フィットハイブリッド4WD:1,894,320円~
(2WD:1,699,920円~)
フィット1.3G・F:1,623,240円~
(同1,428,840円~)

2WD車と4WD車の価格差は、ハイブリッド車が194,400円、1.3L車で142,880円となっており、ノートよりその差額はかなり少ないようです。

ヴィッツ4WD

ノートのライバル車 ヴィッツ

ヴィッツは、1.0Lと1.5Lそしてハイブリッドには4WD車がなく、1.3Lのみに設定されます。

2WD車と4WD車の価格差は、108,000円ともっとも少ないのですが、グレードも3機種しかありません。

ヴィッツ1.3F 4WD:1,589,760円~
(同2WD:1,481,760円~)

ノートの4WD車の実燃費は?

ノート4WDのカタログ燃費

4WD車:18.2㎞/L
2WD車:23.4㎞/L

コンパクトで軽量なはずの、ノートが採用するモーターアシスト方式4WDですが、2WDに対して70㎏増となたこととと、アイドリングストップ未装備なので、この燃費の差は当然といえば当然の結果といえます。

ノート4WDの実燃費

4WD車の実燃費(e燃費):14.21㎞/L
2WD車の実燃費(e燃費):14.29~16.35㎞/L

平均実燃費(みんカラ):15.3㎞/L

実燃費では、2WD車と4WD車の燃費差はカタログ燃費より少なくなっており、2WD車と比べて燃費の悪さに苦しむようなことはありません。

みんカラでは駆動方式にかかわらずノート合計の平均燃費をとるので、2WDの比率が圧倒的に多いノートのような車種の場合には、燃費が良い方に寄り気味になります。

その辺を計算に入れるとノート4WDの実燃費は14㎞/L前半~後半というところに落ち着くでしょう。

ノートのライバル車の燃費

フィットのカタログ燃費

1.3L4WD車:20.2㎞/L
(同2WD車:21.8㎞/L)

1.5L4WD車:19.4㎞/L
(同2WD車:22.2㎞/L)

ハイブリッド4WD車:29.4㎞/L
(同2WD車:37.2㎞/L)

フィットの実燃費

フィットガソリン4WD車の実燃費(e燃費):17.34㎞/L
フィットガソリン2WD車の実燃費(e燃費):15.06~16.89 ㎞/L

ハイブリッド4WD車の実燃費:㎞/L:21.04 ㎞/L
ハイブリッド2WD車の実燃費:㎞/L:15.16~23.33 ㎞/L

フィットガソリン全車平均実燃費(みんから):15.40 ㎞/L
フィットハイブリッド全車平均実燃費(みんから):19.36 km/L

フィットの場合、ハイブリッド1.3L、1.5Lともに、2WD車と4WD車の実燃費の差が少なく、ハイブリッドの一部グレードでは4WDに実燃費を逆転されることもあります。

ノートの4WD車の雪道の走行性能は?

ノートが採用する「モーターアシスト方式」の4WDシステムは、スイッチ操作で2WDと4WDを選択でき、後輪を一時的にモーターで駆動する電動式4WDです。

しかし、前輪のスリップ量に応じてトルクを制御することなどから、積極的なドライビングや降雪時には十分な駆動を得られる本格的な4WDの性能は望めません。

積雪10~20cmほどの雪道なら、ノートの4WDでも生活道路で2WDよりも安定して走る十分な性能はありますが、本格的な四輪駆動というイメージでは捉えないほうが賢明です。

ノートの4WDのまとめ

4WDの性能としては物足りないノートですが、問題はアイドリングストップすら装備されない3気筒の1.2L車しか選べないということです。

メーカーオプションや上級モデルを用意して、バリエーションこそ豊富にあるのですが、選べるパワーユニットは一種類です。

話題の「e-POWER」はともかく、1.5L並みのトルクを誇る、スーパーチャージャーの「DIG-S」さえ設定されていません。

2WD車よりも多くのトルクが欲しい4WDにおいてこれはいただけません。

フィットは全てのパワーユニットに、燃費性能に大きな差がない4WDを用意していることを考えるとなおさらです。

今後も低燃費のコンパクトカーが次々と登場するでしょうが、降雪地域の人でも安心してその恩恵を受けれるようにしてもらいたく思います。

ちなみに、軽自動車においては、低燃費を全面に押し出す車種であっても4WDが当たり前のように設定されており、このことが、地方での軽自動車人気につながっているのではないでしょうか。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.