日産中古車

ノートのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

投稿日:

ノートの中古車情報

多彩なグレード、そしてポップでコンパクトなスタイリングで大人気の日産ノート。

人気の秘密にはその経済性も挙げられますが、ここではもっとお得にノートの中古車を購入するための「狙い目」や「買い時」を独自研究。

その結果を紹介していきますので、よりお得にノート中古車を購入する参考にしてみて下さい。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なノート中古車の選び方

新車と違い、中古車には決まった値段がなく、ノート1台1台の年式やグレード、走行距離や車両状態、ボディカラーや装備品、そして市場ニーズや時期的な要因その他が色々とからみ合って相場が形成されています。

ここではそんな諸要因の中から、ノートの中古車を割安に購入できる「狙い目」ポイントを紹介していきます。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、ノートの中古車は割安で買える!

ノートの中古車、お買い得なボディカラーは?

ノートの中古車相場を大きく左右する要素として、そのボディカラーが挙げられます。

結論から言うと「ホワイトパールやブラック以外」が安くておすすめ、業者オークションを調べてみると10万~20万円前後の金額差がついています。

自分がノートを売る時はホワイトパールやブラックが高く売れていいのですが、いざ中古車のノートを買う時は、残念&当然ながらそれだけ高くなってしまうのです。

また、新車で設定するとオプション料金がつく2トーンカラーは、中古車だと他カラーと金額差がないため、購入時にお得感があります。

ノートの寿命は約25万キロ!過走行のノート中古車を格安で購入しよう!

中古車を探す時、多くの人が「走行距離」を見るように、走行距離はノートの残り寿命を計る大切な要素であり、一般に走行距離が10万キロを超えたノートは「過走行車」として敬遠される傾向が見られます。

敬遠するからこそ当然安くなる「狙い目」なのですが、安物買いの銭失いにならないよう、残り寿命もしっかり見極めたいところ。

そこで業者オークションを調査、過走行のノート中古車を走行距離で追ったところ、25万キロを過ぎた辺りからエンジン関係の不調(振動&異音、オイル漏れなど)が出てきます。

その後、30万キロ超でもまだ走っているノートも多いため、大規模なメンテナンスをしなければ、少なめに見積もって、およそ25万キロ前後がノートの寿命と言えそうです。

そう考えると、走行距離10万キロなんてまだまだ現役、こまめにメンテナンスをすれば、買ってから更に15万キロも走れるのです。

ノートは売却時に査定相場が残りにくいクルマなので、リセールバリューは気にせずとことん乗り倒して元をとるのがおすすめです。

例)両方とも2年落ち ノートX DIG-S(修復歴なし)
走行距離10.1万キロ 支払総額79.8万円
走行距離2.0万キロ 支払総額128.3万円   差額 48.5万円

⇒走行距離10万キロ以上のノート中古車はこちら

ノートの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

ノートの中古車価格修復歴ありによるマイナス額
~100万円約10万~20万円
100~200万円約15万~25万円
200万円以上約20万~30万円以上

ノートのフレームに修復を要するレベルの損傷を受けると「修復歴あり」となってしまい、実際の修復に関係なくノートの中古車相場が10万~30万円以上も下がってしまいます。

当然、中古車を購入する側にすればそのぶん安くなってお得……と言いたいですが、修復歴とはイコール事故やトラブルですから、走っている間に何かあったら怖いし、縁起が悪いのでみんな敬遠するのです。

しかし、10万~30万円も安くなるのは魅力的……と考える方も多いので、ここでは「走行にほとんど支障がなく、かつしっかりと修復歴あり」なノートの見極めポイントを紹介します。

とりあえず「修復箇所が前と横にある中古車は危険(=避けた方が無難)」と覚えた上で、残った「後部」の中から、程度の軽いものを見つけましょう。

(※修復歴は少しでもフレームが損傷すれば、正面衝突のクラッシュ状態でも、バック駐車でうっかり軽くぶつけちゃった程度のものでも、すべて同じ修復歴として扱われ、値段はバッチリ下がります)

実際の走行に支障があるか否かについては販売店で教えて貰ったり試乗させて貰ったり、業者オークションなら出品表を見せて貰ったりしましょう。

修復歴

※上記オークションデータは後部のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

ノートのリセールバリューから見るノートの中古車の割安なグレードは?

ノートのリセールバリューをグレード別に独自調査、その結果をランキングしました。

リセールバリューの低い(ランキングが下の)グレードほど新車価格からの値下がり率が大きいため、割安に購入できることになります。

【2WD部門】
1位 1.2オーテック
2位 1.2ニスモ
3位 1.2ニスモS
4位 1.2Xブラックアロー
5位 1.2Xシーギア
6位 1.2メダリスト ブラックアロー
7位 1.2X DIG-Sブラックアロー
8位 1.2メダリストXブラックアロー
9位 1.2X
10位 1.2S
11位 1.2メダリスト
12位 1.2X DIG-S
13位 1.2メダリストX

【4WD部門】
1位 1.2オーテック
2位 1.2Xシーギア
3位 1.2X
4位 1.2Xブラックアロー
5位 1.2メダリストXブラックアロー
6位 1.2メダリストX

【e-POWER部門】
1位 1.2e-POWERオーテック
2位 1.2e-POWERオーテック スポーツスペック
3位 1.2e-POWER Xシーギア
4位 1.2e-POWERニスモ
5位 1.2e-POWER Xブラックアロー
6位 1.2e-POWERメダリスト ブラックアロー
7位 1.2e-POWER Xブラックアロー 4WD
8位 1.2e-POWERメダリスト
9位 1.2e-POWERメダリスト ブラックアロー 4WD
10位 1.2e-POWER X 4WD
11位 1.2e-POWER X
12位 1.2e-POWERオーテック 4WD
13位 1.2e-POWERメダリスト 4WD
14位 1.2e-POWER Xシーギア 4WD
15位 1.2e-POWER S

ノートはグレードが多いので、今回の調査では2WD、4WDそしてe-POWERの3カテゴリーに分けてランキングしました。

いずれもオーテックやニスモ等の特別グレードが有利、汎用グレードは不利となっていることが多いですが、中古車として割安に購入するのであれば、値下がり率の大きな汎用グレードの方がおすすめとなります。

・近所の中古車販売店を検索

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?ノートの中古車相場とおすすめのノート中古車

初代ノートのおすすめ中古車と相場

初代ノートの中古車相場

型式E11、NE11、ZE11型
生産2005年6月~2012年8月
マイナーチェンジ2008年1月9日
中古車流通台数987台
中心価格帯25万~35万円台
最安価格帯10万~20万円台
最高価格帯85万~95万円台

ノートは2005年のデビューから年数が経ち、フルモデルチェンジによる型落ちもあって大きく価格が下がっており、また、流通台数もある程度出ているため、安くて質の良い掘り出し物な一台を探せるでしょう。

ココが変わった!初代ノートのマイナーチェンジ内容

2008年のマイナーチェンジでフロント廻りのエクステリアの意匠変更が行われた。

2008年1月9日に行われたマイナーチェンジの主要な変更点です。

  • エクステリア(フロント廻り)の意匠変更
  • 新色ブルーターコイズ、フロストグリーン、アメジストグレーを追加
  • インテリアに新カラー採用(サンドベージュ、ブラック、カーボンブラック)
  • 2連リングメーターを全車に標準装備
  • スポーティシリーズ(15RX、15RS)にホワイトメーター採用
  • ディンプル付き本革巻き3本スポークステアリングホイールを採用
  • リアセンターアームレストを採用
  • 寒冷地仕様を4WD全車に標準装備
  • シートベルトリマインダーを全車に標準装備

初代ノート中古車の長所

  • 中古車として魅力的な格安相場
    流通台数も多いため、じっくりと比較・検討できる

先述の通り、初代ノートは発売からある程度の年数が経っていること、フルモデルチェンジによる型落ちによって大きく値段が下がっており、中古車相場も最安価格帯10万~20万円台ととてもお手頃な価格が魅力です。

また、台数もある程度まとまっているため、中古車価格と車両状態をじっくりと比較検討できる選択肢が十分に用意されています。

初代ノート中古車の短所

  • 加速が悪い
  • 乗り心地が悪い
  • 内装が安っぽい

一方、ノートに乗ったユーザーの声をまとめたところ、以上のような不満も上がっていました。

加速フィールの鈍さにストレスを感じているユーザーも多く、また、路面の凹凸を拾ってしまって足元がバタつき、乗り心地の悪さを指摘する声、そして内装の造りが安っぽいという意見もありました。

こうした要素はドライバーの主観でもあるため、ノート中古車に試乗させて貰って「末永くつき合えるか」を見極めてから購入した方がいいでしょう。

初代ノートのおすすめ中古車

初代ノートを中古車で買うなら、その大きな魅力の一つである「安さ」を活かさない手はないでしょう。

最安価格帯である10万~20万円台の初代ノートを見ると、走行距離10万キロ超の「過走行車」か、走行距離10万キロ未満の「修復歴あり」が多くなっています。

先ほど紹介した通り、ケースバイケースではありますが、過走行も修復歴もノート中古車を割安に購入する狙い目となります。

なので盲目的に除外せず、販売店の方に状態を詳しく訊いてから比較検討することで、より安くお得に中古車のノートを購入できるチャンスが高まります。

⇒初代ノートの中古車を検索

現行型(2代目)ノートのおすすめ中古車と相場

現行型ノートの中古車相場

型式E12、NE12型
生産2012年8月~販売中
マイナーチェンジ2014年10月10日(1回目)、2015年7月7日(2回目)。2016年11月2日(3回目)
中古車流通台数2,308台
中心価格帯160万~180万円台
最安価格帯35万~55万円台
最高価格帯225万~245万円台

現行型ノートe-POWERの中古車相場

ノートe-POWER
型式HE12、SNE12型
生産2016年11月~販売中
マイナーチェンジなし
中古車流通台数849台
中心価格帯180万~200万円台
最安価格帯115万~135万円台
最高価格帯265万~285万円台

2012年8月のデビューから3回のマイナーチェンジを経て、洗練され続ける現行型(2代目)ノート。

2016年11月のマイナーチェンジからは注目の新パワートレイン「e-POWER」も加わって、ますます多彩なラインナップが特徴となっています。

マイナーチェンジ前のモデルであれば、ガソリン車なら35万~55万円台、最新型のe-POWERでも115万~135万円台から購入できる割安さが魅力です。

もちろん、新車よりも割安にほぼ新車同様の新古車や未使用車を購入するのも、非常にお得感が高い選択肢と言えるでしょう。

ココが変わった!現行型ノートのマイナーチェンジの内容

ノートの2014年10月のマイナーチェンジでフロンとグリルのデザイン変更&2016年11月のマイナーチェンジでノートe-POWER登場

現行型(2代目)ノートには2014年から2016年までの3年間、毎年のペースでマイナーチェンジが入りましたが、いったいどんな進化を遂げてきたのでしょうか。

2014年10月10日(1回目)

  • フロントグリルとステアリングのデザイン変更
  • ボディカラーは「オーロラモーヴ」を廃止、新色「インペリアルアンバー」を追加
  • エントリーグレードの「S」を廃止、特別仕様車「Vセレクション+セーフティ」を新設定

2015年7月7日(2回目)

  • HR12DDRエンジン搭載車(X DIG-Sなど)に「停車前アイドリングストップ」を採用
  • ボディカラーに2トーンカラー2色を追加設定

2016年11月2日(3回目)

  • e-POWERが登場
  • Vモーションはじめ、シャープかつロー&ワイド感を強調するフロントスタイル
  • インテリアの洗練度と高級感の向上
  • 5色の新ボディカラーを新設定・インテリジェントアラウンドビューモニターの採用
  • スマート・ルームミラーの採用・インテリジェントエマージェンシーブレーキの採用
  • LDW(車線逸脱警報)の採用
  • LEDランプ(オートレベライザー付きプロジェクター式、LEDポジションランプ付)

現行型ノート中古車の長所

  • 新車同様のノートが割安で購入できる
  • 流通台数が圧倒的に多く、選択肢が豊富

現行型(2代目)ノートの長所は、先述の通り新車同様の車両状態と割安感のバランス、そして初代に比べて圧倒的に多い流通量による選択肢の豊富さです。

すこし年式や車両状態を妥協し、かつ初代よりも予算を25万~35万円程度上乗せすれば、格安で最新型のノートに乗れる点も大きな魅力と言えるでしょう。

また、車内空間の解放感に定評があり、広々と使いたい方にはうってつけとも言えます。

現行型ノート中古車の短所

  • 内装が安っぽい
  • 乗り心地や走行性が悪い

一方で、ユーザーの声を集めたところ、やはりノートに対する不満は現行型でも出ていました。

あくまで皆さんの主観とは言っても少なからぬ人数が指摘しているため、自分にとってそのノート中古車が長くつき合える一台かどうか、じっくり試乗してから比較検討したいところです。

現行型ノートのおすすめ中古車

中古車市場で現行型ノートの流通台数を調査すると、1.2Xが最も多く全体の約3割を占めていました。

一方E-POWERではe-POWER Xが全体の約50%超を占めており、いずれも豊富な選択肢から、満足感の高いノートを探し出せるでしょう。

今回の調査で中古車市場からピックアップした、おすすめノート中古車がこちらです。

1年落ち ノート1.2X
走行距離0.6万キロ/グリーン/修復歴なし 支払総額 128.1万円

新車でノート1.2Xを購入すれば、諸費用込みで支払総額は約168.2万円ですが、ちょっと年式や走行距離を我慢するだけで、新車とほとんど変わらない現行型ノートが中古車で約40万円も安く購入できることになります。

ところで、ノートを中古車で購入しても、買い替え時の下取り金額は誰でも気になるかと思います。そこで、上記の現行型ノートを3年&3万キロ乗った後に売却した場合の査定相場をシミュレーションしてみましょう。

例)1年落ち ノート1.2X
走行距離0.6万キロ/修復歴なし/支払総額 128.1万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
4年落ち 走行距離 3.6万キロ 査定相場 31万~37万円

現行型ノートを中古車で購入し、乗っている内にモデルチェンジ(査定相場が大きく下がる要因)が入ったものと想定すると、現在の相場で上記の査定相場が残ります。

上のノート購入時、支払総額の128.1万円から多少の値引きは期待できると思われますが、売却or下取り時に90万円以上の損失と考えると、もう少し乗り続けて元を取ることを視野に入れてもよさそうです。

⇒現行型ノートの中古車を検索

ノートの新古車は新車に比べてお得か?

ノートの中古車を探していると、新古車という言葉にふれることがあると思います。

新古車に明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1,000キロ以下のほぼ新車同様の中古車を指し、ここでは走行距離がほとんどゼロの未使用車も含めて取り扱います。

さて、そんなノートの新古車は、新車よりもお得に買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

新車ノート新古車ノート(未使用車)
グレード名1.2X1.2X
車両本体価格1,523,880円1,229,000円
オプションなしインテリジェントアラウンドビューモニター等
諸費用158,959円169,000円
新車値引き▲190,000円交渉次第で可
総額(乗り出し価格)1,492,839円1,398,000円

ノートの新車と新古車を比較すると、新古車の方が約9万円ほど安くなっていますが、新車には19万円分値引きされていたり、新古車にはインテリジェントアラウンドビューモニターがついていたり等の差があります。

これらの差をフラットにした上で両車を見比べればより正確にどちらがお得かがわかりますが、安かった方の見積もりを高かった方のお店に持ち込んで、更なる値引き交渉に臨みたいところです。

番外として、業者オークションからノートの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車ノート(当年モデル・MC後)
グレード名1.2X
落札価格1,184,000円
オプションLEDヘッドランプ、アラウンドビューモニター等
消費税94,720円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)1,359,760円

オークション代行を利用した場合、新車の支払総額149.2万円や中古車販売店での支払総額139.8万円を更に下回る135.9万円で最新型ノートを購入することができます。

ただし、オークション代行は使い慣れないし、何となく敷居が高い……と感じる方には、以下のサービスがおすすめです。

ノートの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でノートを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いノートが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のノートの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のノートが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なノートを見つけるには時間も掛かりますし、さらにノートの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ノートの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にノートを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-日産中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.