ノートの評価集

新型ノートの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

更新日:

ノートの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

取り回しの良さで人気の日産ノート。

コンパクトで小回りも効くボディーに加え、燃費の良さや荷物の積みやすさなどが人気となっています。

中でも人気なのが「e-パワー」です。低燃費でパワフルな走りをしてくれます。

では、人気の日産ノートのグレードや機能・燃費、リセールバリューなどを見ていきましょう。

ノートの価格が一番安いグレードは?

ノート1.2 S 1,447,600円

ノートの中で一番安い価格のグレードはノート1,2 Sです。

一つ上のグレードノート1.2 Xのと比較して、102,600円安い設定となっています。

ノートには、たくさんのディーラーオプションやメーカーオプションが用意されていますが、この1.2 Sに最低限のオプションをつけて購入することで、とても安くノートを購入することができます。

では、どれぐらいの価格で一番安くが購入できるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードノート 1.2 S
車両本体価格1,447,600円
装着オプションフロアマット
オプション金額20,906円
諸費用・税金128,829円
車両値引き▲150,000円
支払総額1,447,335円

このシミュレーションでのオプションは、フロアマットのみの装着です。

ナビやサイドバイザーなどのディーラーオプションは何も装着していません。

車両からの目標値引きを達成したと仮定した支払総額は約144万円となりました。

フロアマットはディーラーオプションで購入するよりも、納車してからネット通販で安く購入した方が支払総額を下げることができます。

ノートの純正品ではなく社外品ではありますが、様々な色や柄などがあるので、気に入ったものが見つかると思います。

フロアマットなどのオプションをできるだけ選択しないようにすると、かなり安い価格でノートを購入することができます。

価格の安いノート1,2 Sには省かれてしまう機能がある

価格が一番安いノート1,2 Sですが、一つ上のグレードの1,2 Xと比較すると省かれてしまう機能がいくつかあります。

どのような機能が装備され、省かれるのか気になるところですね。

では、どのような機能が省かれてしまうのか見ていきましょう。

スーパ−UVカットガラス+プライバシーガラス

ノート1,2 Sには、UVカットガラスとグリーンガラスが採用されていますが、遮断率90%のガラスです。

しかし1.2Sより上のグレードには、スーパ−UVカットガラスが採用されており、UVの遮断率が99%となっています。

また1.2Sは、リアにプライバシーガラスではなく、フロントガラス同様のUVカットガラスが採用されています。

オートライトシステム+電動格納式サイドミラー

オートライトは夕暮れ時など周囲が暗くなってきたら、自動でライトが点灯してくれるシステムです。

また、サイドミラーは車の施錠・解錠に合わせてミラーを格納・復帰してくれる機能です。

車の乗り降りの際、わざわざボタン操作をしなくていいので便利ですね。これらの機能が1.2Sには付いていません。

プッシュエンジンスタート/エンジンストップスイッチ

ノート1,2 S以外のグレードでは、プッシュ式のエンジンスタート・ストップボタンが装備されています。

ボタンを押すだけでエンジンのスタート・ストップが行えます。

ノート1,2 Sでは、キーを差し込まずつまみを回すタイプのものになります。

バニティーミラー

サンバイザーの内側にあるミラーです。

ノート1,2 Sにはこの装備がありません。

しかし、付いていても運転手はルームミラーで身だしなみを確認できるので、そこまで必要なアイテムではなさそうですね。

可倒式シート

1.2Sはリアシート部分が全て一体型となっているため、シートを倒すと後部座席のシート全体が倒れる構造になっています。

ノート1,2 S/e-パワーS 以外のグレードでは6:4の割合でそれぞれ倒すことができます。

以上のように様々なものがノート1,2 Sでは省かれてしまいます。

さらに、LEDヘッドランプや日産オリジナルナビなど、メーカーオプションでも装着できない装備もあるので、グレード選択には注意が必要ですね。

しかし機能などは特に必要なく、最低限の装備があれば十分という方であれば、ノート1,2 Sでも問題ないと思います。

ノートの価格が一番高いグレードは?

ノート e-パワー メダリスト 2,396,900円

一つ下のグレード1,2メダリストと比較して266,200円高い設定になります。

最上級グレードは値引きも含めて、どれぐらいの金額で購入できるのでしょうか。

一般的なオプションをつけてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードノート e-パワー メダリスト
車両本体価格2,396,900円
メーカーオプションブリリアントホワイトパール、ナビ取付パッケージ
メーカーオプション価格64,800円
ディーラーオプション日産オリジナルナビ、フロアマット、サイドバイザー、バックモニター
ディーラーオプション金額295,424円
諸費用・税金103,729円
車両値引き▲150,000円
オプション値引き(20%)▲59,000円
支払総額2,651,853円

最上級グレードのノート e-パワー メダリストは約265万円で購入できます。

一番安いグレードと比較して、約120万円高くなります。

上級グレードには様々な装備や機能が装着されています。

では、上級グレードには、どのような装備があるのか見てみましょう。

ノート e-パワー メダリストの装備は?

プッシュパワースターター

車のキーを携帯していれば、ボタンひとつでエンジンのスタートストップができます。

わざわざキーを差し込んだりしなくて良いので便利な機能ですね。

電制シフト

上級グレードでは、e-パワーという電気自動車の要素を持っていますので、シフトノブも従来のレバーを操作するタイプのものではなく、電制シフトになっています。ノブを右に倒して前後に一段階ずつ操作するだけです。

未来的でかっこいいですね。

e-パワー専用ファインビジョンメーター

e-パワーを搭載していますので、メーターもガソリン車とは異なります。

トリップ表示はもちろん、バッテリー残量計やサービスインターバルなど、e-パワー専用のメーター表示となっています。

ラゲージルームランプ

ラゲージルームにランプが装備されます。

夜間の荷物の出し入れに、重宝するアイテムです。

ルームライトでも照らしていますが、やはりラゲージの中にランプがある事で直接照らされるので、明るく見やすくなりますね。

ノートで燃費の一番いいグレードは?

ノートで燃費のいいグレードはe-パワー Sです。

e-パワー Sのカタログ燃費は37.2km/L です。しかしe-パワーSは、燃費数字に特化したモデルで、パワーウインドウさえも省かれています。

実際にノートe-POWEを購入するなら現実的なモデルではないので、実際の売れ筋であるe-POWER Xの燃費を見てみましょう。

ノートe-POWER Xのカタログ燃費は34.0km/Lですが、ユーザーが運転して出る平均実燃費は、約22km/Lです。

カタログ燃費よりは下がってしまいますね。

さらに、ノートにはエコモードスイッチが付いているので、エコモードで走行した時の平均実燃費は約22~24.0km/Lとなります。

車を運転する道路や環境、モードで燃費が少し変わってきますが、一般的にカタログ燃費の70%程が実燃費と言われています。

1,2 e-パワー Sは街乗りで約20km/L前後、幹線道路や信号の少ない一般道では25~28km/L 高速で約21~23km/L となることが多いです。

ノートe-POWER Xはガソリン満タンで何キロ走る?

ノートe-POWER Xのガソリンタンク容量は41Lです。

ノートe-POWER Xはガゾリン残量が残り5Lで警告が点灯するようになっています。

ガソリンが残り5Lまで走行したと仮定して、

41-5=36L
22×36=792km

ノートe-POWER Xはガソリン満タンで約792km走行が可能です。

ノートで一番燃費の悪いグレードは?

ノートで燃費の悪いグレードは4WD仕様のグレードです。

カタログ燃費では18.2km/Lですが、平均実燃費は約12km/L程になります。

2WDに比べて、4WDシステムを積んでいる分、車重が重くなったり、4輪すべてを駆動させていますので抵抗が大きく燃費が悪くなります。

また、1,2e-パワー Sと比べてタンク容量も大きいので重量が増して燃費の低下の要因となっています。

走り方や道路状況によって実燃費は前後しますが、やはり車体の軽い2WDの方が燃費は良いですね。

ノート(4WD)は満タンで何キロ走れる?

ノート(4WD)のガソリンタンク容量は41Lあります。

警告灯が点灯するガソリン残量が5Lになるまで走行したと仮定します。

41-5=36
36×12=432km

ノート(4WD)はガソリン満タンで約432kmほど走行可能です。

ノートの自動ブレーキシステム

ノートには、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」という車両や障害物との衝突回避・軽減をしてくれる自動ブレーキ支援システムが用意されています。

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知して、警告灯やブザーで知らせてくれます。

また、車両が衝突を回避できないと判断した場合は、自動的に緊急ブレーキが作動してくれるので、衝突の回避や被害の軽減をしてくれます。

さらに、渋滞などでも前車とぶつかりそうになると衝突回避などを支援してくれます。

インテリジェントエマージェンシーブレーキは安全を補助してくれるものであって、確実に回避できるわけではないですが、車に装備されていると万が一の時でも安心ですね。

インテリジェントエマージェンシーブレーキがあるグレードは?

インテリジェントエマージェンシーブレーキが標準装備されているグレードは、e-パワー S以外のすべてのグレードに標準装備されています。

1,2e-パワーSには、メーカーオプションでも追加装着することはできないので、安全面の部分で不安が残ってしまいます。

ですので、グレード選択の時は注意が必要です。

運転中、何が起こるかわからないので安全装備があるグレードをオススメしたいですね。

ノートのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

ノートには、エアロパーツを装着しているモードプレミアやニスモが用意されています。

フロントグリル・フロントエアロ・リアスカートやサイドスカートなどの純正パーツが装着されています。

また、これ以外にもフロント・リアプロテクターやマジックイルミネーションなどのパーツもあるので、自分だけのオリジナルのノートを作りたい方にはオススメです。

ノートには、ニスモと呼ばれるモータースポーツでの技術が詰め込まれたグレードが用意されています。

フロントやリアのエアロパーツ以外にも、サスペンションやスタビライザーなどのパーツが専用の物となっています。

また、RECARO製のシートを取り付けたモデルも用意されているので、よりスポーティさを求める方にNISMOはオススメです。

ノートで一番減税が多いグレードは?

ノートで一番減税が多いのは1,2e-パワー メダリストです。

自動車重量税: 22,500円
自動車取得税: 56,100円
自動車グリーン税: 25,500円
合計; ▲ 104,100円

このグレードでは約10万円減税されます。

ノートにはe-POWERが用意されているので、自動車グリーン税が適用されます。

減税とは別に、 しっかりとディーラーで交渉し目標値引き額を達成して、できるだけ安い価格でをノートを購入したいですね。

ノートe-パワーの売れ筋グレードは?

ノート1,2e-パワー X 2,059,200円

ノート1,2e-パワー Xいくらで買える?

では、売れ筋グレードの1,2e-パワー Xの支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードノート e-パワー X
車両本体価格2,059,200円
メーカーオプションブリリアントホワイトパール、ナビ取付パッケージ
メーカーオプション価格64,800円
ディーラーオプション日産オリジナルナビ、フロアマット、サイドバイザー、バックモニター
ディーラーオプション金額295,424円
諸費用・税金103,729円
車両値引き▲150,000円
オプション値引き(20%)▲59,000円
支払総額2,314,153円

選択するオプションによって価格が変動しますが、売れ筋のノートe-POWER Xは231万円で買える事が分かりました。

ガソリン車の売れ筋グレードは?

ノート1,2X DIG-S 1,799,600円

ノート1,2X DIG-Sいくらで買える?

では、ガソリン車での売れ筋グレードの1,2X DIG-S支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードノート 1,2X DIG-S
車両本体価格1,799,600円
メーカーオプションブリリアントホワイトパール、ナビ取付パッケージ
メーカーオプション価格64,800円
ディーラーオプション日産オリジナルナビ、フロアマット、サイドバイザー、バックモニター
ディーラーオプション金額295,424円
諸費用・税金103,729円
車両値引き▲150,000円
オプション値引き(20%)▲59,000円
支払総額2,054,553円

ノート1,2X DIG-Sの支払総額は約205万円となりました。

買取相場から見るノートのおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のノートの買取相場は変わります。

ここでは、3年後のノートのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのノートのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のノートの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
63万円124.9万円50.4%
S DIG-S64万円144.9万円44.1%
60万円130.4万円46.0%
X DIG-S71万円153.6万円46.2%
X DIG-S エアロスタイル92万円168.3万円54.6%
アクシス90万円179.5万円50.1%
メダリスト75万円171.5万円43.7%
ライダー97万円154.5万円62.7%
ライダー DIG-S93万円174万円53.4%
X FOUR(4WD)82万円151.2万円54.2%
ライダー(4WD)119万円175.3万円67.8%
e-POWER X107~117万円195.9万円55~60%?(予想)

新車から3年経過時のノートのリセールバリューです。

ノートe-POWERが発売され人気となった事から、ノートの買取相場が全体的に3%前後上昇しています。

通常モデルのリセールは低めですが、エアロが付いているライダーのリセールが高くなっています。4WDの方が2WDよりもリセールは高いですね。

e-POWERのリセールバリューは予測ですが、現在の人気からガソリンモデルより高く、ライダーと同程度のリセールではないかと予想できます。

リセールバリューから見るノートのおすすめグレードは?

新車から3年経過したノートのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「e-POWER X」「ライダー」です。

現状ではリセールが期待できるのは、上記2モデルではないでしょうか。

マイナーチェンジ後のノートにはライダーが出ていませんが、今後追加されればライダーはおすすめです。

オーテックから「モードプレミア」が出ていますが、こちらは過去のライダーほどのリセールには届かないでしょう。「ライダー」のネームバリューがリセールを押し上げる要因でもあります。

「NISMO」は後々年数が経っても値段が残るグレードには間違いないですが、他のグレードと比較して価格が高いため、リセール割合はそれほど高くはならないでしょう。

NISMOが気に入って、長く乗るならお勧めできます。

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

タントで売却時に得するボディカラーは、ブリリアントホワイトパールスーパーブラックです。この2色以外では、3年後で20万円前後、5年後で10万円以上安くなってしまうでしょう。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.