ノートの評価集

新型ノートを買うならe-POWERかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

更新日:

日産ノートに、ハイブリットシステムを搭載したe-POWERが追加されました。

e-POWERは、ライバルであるトヨタアクアやホンダフィットとは異なるハイブリッドシステムです。

ノートのe-POWER車にするか、ガソリン車にするか、どちらを買おうかと悩む方もいるのではないでしょうか。

燃費が良くて静粛性が魅力なe-POWERにするか、それともe-POWERよりも安く買えるガソリン車にするか、それぞれの装備や燃料費などについてメリットやデメリットを色々と比較してみました。

ノートe-POWERとガソリン車の外装の違い

まずノートe-POWERとガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

上の画像がノートe-POWERで、下がガソリン車です。

ノート e-POWER X


ノート X DIG-S

e-POWERでは、「e-POWER」と表示された専用エンブレムが左右フロントドアの下側付近に付いています。

またフロントグリルの一部は、ブルーのラインで加飾されています。


ノート e-POWER X


ノート X DIG-S

リヤ側ではフロント側と同じように、バックドアにe-POWER専用のエンブレムが付いています。

外装では、エンブレムとシンボルマークの違いのみで大きな差はありません。

外装とは直接関係ありませんが、e-POWER専用の装備として車両接近通報装置が装着されます。

モーターだけで走行していると、エンジンの音がありません。この場合、歩行者が車の接近に気付かない場面が考えられます。

走行しながら自動で音を出すことで、歩行者に車の接近を知らせます。

渋滞中などでは、一時停止スイッチでOFFにもできます。

ノートe-POWERとガソリン車の内装の違い

インテリアの違いを見てみましょう。

e-POWER専用、ガソリン車専用でそれぞれ装着される装備があります。

ファインビジョンメーター


e-POWER専用メーター


ガソリン車用メーター(ノート X DIG-S / メダリスト)


ガソリン車用メーター(ノート X DIG-S / メダリスト以外のグレード)

上の画像がe-POWER、中央と下の画像がガソリン車のメーターです。

e-POWER専用のファインビジョンメーターには、燃費などの車両情報に加え、ハイブリットシステムでの電気の流れを表示するエネルギーフローメーターやパワーメーターも配置しています。

ノート X DIG-Sとメダリストには、エコメーターが配置されます。

エコドライブインジケーターによって、燃費にやさしい運転を3段で表示します。

ノート X DIG-Sとメダリスト以外のグレードでは、下側の画像のようにオーソドックスなメーター配置となっています。

シフトレバー


e-POWER専用セレクトレバー

e-POWERのセレクトレバーは、比較的小さく特徴的な形状です。

シフトチェンジはスイッチ感覚に近く、電子式で行われます。

シフトチェンジするときは、レバーを軽く操作します。

シフトレバーを握って右側に倒し、前進する場合はそのまま手前に、バックする場合は奥側へ倒します。

パーキングブレーキは、レバーの中央にある「P」のスイッチを押します。


ガソリン車専用セレクトレバー

ガソリン車は、従来のようにボタンを押してレバーを前後方向に動かすタイプとなっています。

e-POWERモードスイッチ・インジケーター

ノーマルモードのほかに、ハイブリッドシステムを使ったモーター走行時では、Sモードとエコモードが選択できます。

エコモードは低燃費に効果的で、Sモードにすると伸びやかな加速性が得られます。

以上のように、ノートe-POWER専用の装備が多く、とガソリン車との内装の違いとなっています。

この他に加飾や装備などで違いがありますが、e-POWERとガソリン車の違いと言うよりもグレードの違いによって差別化されています。

ノートe-POWERとガソリン車の売れ筋グレードは?

過去3ヶ月分のノート流通台数をオートオークションで調査したところ、ノートe-POWERでは「e-POWER X」、ガソリン車では「1.2X」がそれぞれ流通最多となっていました。

どちらもグレード順では2番目に廉価となっており、安い足車を求めつつも必要な装備がそろっている手頃な好コスパが評価された結果でしょう。

ノートe-POWERの売れ筋は「e-POWER X」

ノートe-POWER全1,001台中576台が「e-POWER X」で、全体の57.5%をシェアしています。

続く売れ筋の「e-POWERメダリスト」は240台で23.9%、スポーツグレードの「e-POWERニスモ」は111台で11.0%を占めていました。

ノート ガソリン車の売れ筋は「1.2X」

ノートのガソリン車は全部で6,085台、うち2,629台が「1.2X」で全体の43.2%、2位の「1.2X DIG-S」は1,571台で25.8%を占めています。

スポーツグレードの「ノート ニスモ」は112台(1.8%)、「ノート ニスモS」は72台(1.1%)のシェアとなっています。

ノートe-POWERとガソリン車の維持費を比較

比較項目e-POWER XX DIG-S(ガソリン車)
価格2,021,760円1,766,880円
価格差+254,880円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円22,000円
重量税
(新車購入時)
0円11,200円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+221,680円
自動車税
(翌年分)
14,000円14,000円
平均実燃費20.5km/L16.8km/L
ガソリンタンク容量41L41L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
738.0km604.8km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

e-POWER・ガソリン車の価格差221,680円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円で計算

  • e-POWER 20.5km/L
    10000÷20.5≒487.8リッター
    487.8×140円=68,292円
  • ガソリン車 16.8km/L
    10000÷16.8≒595.2リッター
    595.2×140円=83,328円

10,000km走行した時、e-POWERとガソリン車では燃料代に15,036円の差が出ます。

この差額でe-POWERとガソリン車の価格差221,680円の元を取ろうとすると、

221,680÷15,036≒14.74万kmの走行距離が必要になります。

年間1万キロなら約14.7年、2万キロなら約7.3年、3万キロだと約5年弱で元がとれる理屈になりますが、多くの方が週末に買い物やドライブに使う程度だと年1万キロがいいところなので、15年近くも乗り続けねばならず、いくら何でも非現実的です。

もっとリアルなシミュレーションをするには、自分の必要なオプションを加えた支払総額で計算してみましょう。

ノートe-POWERとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、低速からトルク感のある力強い加速はe-POWER

ノートの走行性をe-POWERとガソリン車で乗り比べてみると、静粛性や力強さではe-POWERに分があります。

モーター駆動でゼロ発進から大きなトルクがあるため、ストップ&ゴーの多い市街地での走りはもちろん、ワンペダル走行で細やかな運転も楽になっています。

全速域モーターで走るためエンジンノイズや振動は感じませんが、それゆえに高速道路ではロードノイズが気になってしまうという贅沢な悩み(遮音性)が課題です。

乗り心地は互角、踏み込めばスムーズにストレスのない加速をするガソリン車(スーパーチャージャー付)

一方、ノートのガソリン車も乗り心地ではe-POWERに引けをとらない仕上がりとなっています。

普段使いに好適な中低速域のトルクを重視したHR12DEエンジンと、サブミッションを採用したコンパクト&高効率の新世代エクストロニックCVTのシンクロによって、レスポンシブルなアクセルフィールを実感。

ガソリンエンジンらしい素直なインパクト+サウンドで、ノートを操る満足感が得られるでしょう。

e-POWERとガソリン車のどちらを選ぶにせよ、ディーラーで両方試乗させてもらって、自分との相性をチェックしておきたいところです。

ノートe-POWERとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

ノートe-POWERは2016年11月から発売(現行モデルに追加設定)されました。

2016年12月~2019年6月まで、当サイト(クルマを買う!)で集計してきたノートの販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらが売れているのか、販売比率をまとめました。

  • ノート ガソリン車 123,812台 34.7%
  • ノート e-POWER 232,363台 65.3%

e-POWERは発売当初からガソリン車よりも多く売れており、2年6カ月のトータルではe-POWERの方が30%以上の差をつけています。

ノートe-POWERとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

ノートのe-POWERとガソリン車では、どちらの方が高く下取りできるのでしょうか。2019年8月現在の業者オークション相場で、2年落ち・3年落ちの下取り相場を比較しましょう(走行距離1万キロ前後/年で算出)。

比較項目e-POWER XX DIG-S(ガソリン車)
2年後の下取り価格126.9万円(64.5%)95.5万円(54.7%)
3年後の下取り価格119.3万円(60.8%)71.0万円(41.4%)

これを見ると、ガソリン車よりもe-POWERの方が人気に比例して高リセールとなっており、年式が古くなるにつれてリセール差が拡大する傾向が見られるため、e-POWERの方が売却・買い替えに有利と言えるでしょう。

ノートe-POWERとガソリン車のメリットは?

good

ノートe-POWERのメリットは?

  • ガソリン車よりも燃費が良い
  • モーターで走行している時はガソリン車よりも静か
  • モーターで走行している時の力強い加速と静かさは優越感を感じる
  • エンジンを充電に使うためか、回転数が低めでエンジン音は小さめ
  • ブレーキを踏まなくてもアクセルを離すと、停止するまで減速していく
  • 停止すると、ブレーキペダルを踏まずに停止して信号待ちができる
  • アクセルペダル(ワンペダル)だけで運転できるので、ストップ&ゴーが多い街中の運転が楽

ノートガソリン車のメリットは?

  • e-POWERに比べておよそ20万円価格が安い
  • アクセルを踏んだときのナチュラルな加速フィーリング
  • X DIG-Sとメダリストの燃費は、ガソリン車としては比較的良い

ノートe-POWERとガソリン車の欠点・デメリットは?

bad

ノートe-POWERの欠点・弱点は?

  • ガソリン車に比べて約20万円価格が高い
  • モーターで走行している時は静かなので、歩行者が気づかない場合もある
  • ハイブリッドというイメージほどe-POWERの燃費が良くない
  • エコモードでは加速が鈍くなる
  • アクセルを離すとブレーキがかかったように減速力が強いので、慣れが必要
  • 4WD車が設定されていない

ノートガソリン車の欠点・弱点は?

  • e-POWERに比べて燃費が劣る
  • e-POWERに比べて静かさが劣る
  • 4WD車はアイドリングストップがつかない
  • e-POWERに比べてパワー感は劣る
  • X DIG-Sとメダリスト以外のグレードは、エンジントルクが小さく力不足を感じる
  • X DIG-Sとメダリスト以外のグレードは、停車する前からエンジンをオフにするアイドリングストップシステム。このため、走行がギクシャクしやすい

買うならノートe-POWERとガソリン車どっち?

購入する時の諸費用・購入後の維持費を含めたトータルコストを安くしたい場合は、ガソリン車がオススメです。

それは、e-POWERの燃費効果がそれほど大きくないためです。

ガソリン車の燃費が比較的良い反面、e-POWERの魅力であるはずの燃費も逆に悪めのようで、ハイブリットの燃費効果が薄れているようです。

また、モーターの走行性が独特であり、ガソリンエンジンの自然なフィーリングを好む方も多いでしょう。

e-POWERの購入費はガソリン車より高いですが、e-POWERの魅力や所有する満足感を得たい場合は、e-POWERを選ぶことになります。

e-POWERでのエンジンは、バッテリーへの充電だけに使用します。車をモーターだけで走行させているところが大きな特長です。

ホンダフィットなどは、エンジンとモーターの動力を使って走行するシステムです。

e-POWERならではの静かでトルクフルで力強い加速は、街中でも十分に恩恵を受けられるほど、運転が楽で大きな魅力です。

特に、e-POWERのワンペダルでのアクセル操作は独特な感覚であり、トヨタアクアやホンダフィットとは異なった操作性を持っています。

モーターで走行しているときは、アクセルを少し戻すとブレーキをかけていないにもかかわらず減速してくれます。

アクセルオン・オフの操作で加速と減速・停止が可能です。

減速するときにブレーキへ足を置き換える操作が減るため、疲労軽減にもつながりそうです。

価格差はありますが、e-POWERの魅力は大きいので、個人的にはe-POWERをお勧めします。

とは言え実際に車を運転すると、新たな発見や印象が変わってくる場合もあります。

アクセルを操作したときの加速・減速を体感しておくと良いでしょう。

まずはディーラーでノートのe-POWERとガソリン車の両方に試乗して、じっくりと比較検討すると良いと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

 

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.