日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ノート モデルチェンジ推移2008年1月9日

日産ニュースリリースより

-------------

「ノート」をマイナーチェンジ
――あわせて、「ライダー」に高性能シリーズを追加、ライフケアビークルシリーズをマイナーチェンジ――

「ノート」は、2005年1月の発売以来、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」がもたらす加速の良さと静かで快適な走り、ゆとりある居住空間、2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジなどが、お客様から高い評価を受けている。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更するとともに、インテリアの質感や使い勝手の向上を図った。また、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」の改良により新燃費・排気試験「JC08モード*1」に対応し、さらに、車種体系の見直しなどを行った。

「ノート」の特長は以下の通り。

走りを予感させるエクステリアと洗練シンプルが心地いいインテリア
爽快で頼もしいフットワークと広くて使えるユーティリティ
乗る人に優しい運転のしやすさ、環境に優しい低燃費とクリーンエア

エクステリアは、ヘッドランプ、エンジンフード、フロントグリル、フロントバンパーを一新し、軽快でキリッとした走りの良さを予感させるデザインとした。フロントグリルは、G / Xシリーズではカラード/ガンメタリックの2種類を、スポーティシリーズは、アクティブなイメージのスモークメッキを採用した。ボディカラーには、新色のブルーターコイズ(TPM・特別塗装色)*2、フロストグリーン(TM)*2、アメジストグレー(PM)*2の3色を追加した。

インテリアは、サンドベージュ、ブラック、カーボンブラックの3種類の内装に新シート&ドアトリムクロスを採用し、洗練されたシンプルなコーディネーションとした。また、メーター開口を拡大し、視認性が大幅に向上した2連リングメーター(液晶オド・ツイントリップメーター〔燃費表示機能付〕)、リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)、汚れや濡れに強い撥水加工シートなど利便性の高い装備を設定している。

メカニズムでは、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」の改良により、新燃費・排気試験「JC08モード*1」に2WD全車が対応した。車種体系については、お求め安い価格の15RSを新規設定し、スポーティーグレードを強化している。

また、特別仕様車「Plus navi HDD(プラス ナビ エイチディーディー)」は、15G / 15G FOUR、15X / 15X FOURに設定。高速大容量の30GBハードディスクを搭載した専用HDDナビゲーションシステムに加え、トップシェード付UVカットグリーンガラス<フロント>、リヤ2スピーカー(15G/15G FOURはベース車に標準)などを装備しながら、価格を抑えたお買い得感のあるモデルとしている。

*1:より実態に即した評価を行うため、省エネ法の省令及び道路運送車両の保安基準の細目告示の改正により導入される新しい燃費及び排気試験モード

*2:TPMはチタンパールメタリック、TMはチタンメタリック、PMはパールメタリックの略。

<販売目標台数> 4,000台/月

<ノート仕様・装備の主な変更点>
エクステリア
ヘッドランプ、エンジンフード、フロントグリル、フロントバンパー意匠変更
カラード/ガンメタリックフロントグリル採用(G / Xシリーズ)
スモークメッキフロントグリル採用(スポーティシリーズ)
新色のブルーターコイズ(TPM・特別塗装色)*、フロストグリーン(TM)* 、アメジストグレー(PM)*の3色を含む 全10色のボディカラー など
* TPMはチタンパールメタリック、TMはチタンメタリック、PMはパールメタリックの略。

インテリア/装備
新シート&ドアトリムクロス採用/サンドベージュ、ブラック、カーボンブラック(レッドステッチ付)
サンドベージュ内装室内カラーコーディネーション変更
2連リングメーター(液晶オド・ツイントリップメーター[燃費表示機能付])を全車に標準装備
スポーティシリーズ(15RX/15RS)は、ホワイトメーターを採用
ディンプル付本革巻3本スポークステアリング(レッドステッチ付)採用(15RXに標準装備)
リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)採用(15G / 15G FOUR、15RS、15RXに標準装備)
撥水加工シート(運転席シートバック格納式テーブルとセット)採用(15G / 15G FOURに標準装備)
寒冷地仕様を4WD全車に標準装備
運転席シートベルト非着用時警告音(シートベルトリマインダー)を全車に標準装備 など

環境
燃費:2WD車では、10・15モードに加え、最近の走行実態を反映した「JC08モード」でも試験を実施し、より実態に即した燃費情報を提供

排出ガス:2WD車では、最近の走行実態を反映した「JC08H+JC08Cモード」で試験を実施し、平成17年排出ガス規制値より、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)の排出量を75%低減し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成(4WD車も10・15+11モードで達成)

・価格(消費税込み)

1,354,500-1,781,850円

 

<特別仕様車「Plus navi HDD(プラス ナビ エイチディーディー)」主な装備>

専用HDDナビゲーションシステム(7インチワイド液晶モニター、TV、タッチパネル、VICS[FM多重]、ミュージックストッカー、iPodRコントロール*、CD、AM/FM電子チューナーラジオ)
トップシェード付UVカットグリーンガラス<フロント>
リヤ2スピーカー(15G/15G FOURはベース車に標準)

・特別仕様車価格(消費税込み)

1,482,600-1,865,850円

ノート15X ノート15RX

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:吉田 衛)は、「ノート」のマイナーチェンジに合わせ、カスタムカー「ライダー」に高性能シリーズを追加、また、ライフケアビークル(LV)*シリーズを継続設定し、1月16日より全国一斉に発売する。

<ノート「ライダー」シリーズ車両概要>
エクステリアはフロントデザインを一新し、より迫力と存在感を高めつつ、スタイリッシュに仕上げた。
また今回、同社の「走り」へのこだわりをかたちにした高性能シリーズ「ライダー ハイパフォーマンススペック」を、エルグランド、セレナに続き、ノートにも追加設定した。専用チューンドエンジンやボディ剛性の向上、サスペンションチューニングにより、卓越した走行性能を実現した。

・ハイパフォーマンススペック特別装備

専用HR15DEチューンドエンジン〈最高出力+5kW(7PS)、最高トルク+8N・m(0.8kgm)向上〉
・専用ストラットタワーバー(フロント) ・トンネルステー追加
・YAMAHA社製パフォーマンスダンパー(フロント)
・専用チューンドサスペンション ・専用185/55R15 81Vタイヤ
<ブリヂストンポテンザRE-01R>
・専用スポーツマフラー<フジツボ技研製>
・専用ネーミングエンブレム ・専用車速感応式電動パワーステアリング
・専用アルミペダル
・ライダーの主な特別装備

専用フロントバンパー&バンパーグリル ・専用フロントグリル
・専用サイドシルプロテクター ・専用リヤアンダープロテクター
・ユーロサスペンション(2WDのみ) ・175/60R15 81Hタイヤ
・専用15インチ光輝アルミホイール ・専用ネーミングエンブレム
・専用シート地&専用ドアトリム地
・専用本革巻3本スポークステアリング ・4スピーカー
・専用フィニッシャー<ブラック色>
(ステアリングフィニッシャー、センタークラスターフィニッシャー、インストアッパーボックス)

<オーテック扱いオプション>
・専用スポーツマフラー〈フジツボ技研製〉*
・専用サウンドシステム+iPodRアダプター+専用スピーカー
*ライダー ハイパフォーマンス スペック標準装備品と同一

・ノート ライダー価格(消費税込み)
1,682,100-1,934,100円

ノート ライダー ハイパフォーマンススペック

日産 ノートのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.