日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ノート モデルチェンジ推移2015年11月11日

日産ニュースリリースより

-------------

「ノート」の一部仕様を向上
併せて特別仕様車「ブランナチュール インテリア」を追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ノート」の一部仕様を向上、併せて特別仕様車「ブランナチュール インテリア」を追加し、11月11日より全国一斉に発売すると発表しました。

「ノート」は、優れた燃費と気持ちの良い走り、広く快適な室内空間などがお客さまから好評を得ています。また、同車の「エマージェンシーブレーキ」搭載車は平成26年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得し、その高い安全性能が実証されています。

今回の仕様変更では、ボディカラーを一部見直し、華やかさとプレミアムさを感じさせるパールメタリックの新色キャニオンブロンズをはじめ、チタニウムカーキ、バーニングレッド、フランボワーズレッドの4色を追加。お客さまに色を選ぶ楽しさを感じて頂ける多彩な15色のカラーラインナップをご用意しました。

また、「ジューク」で採用し、好評を頂いている「パーソナライゼーション」を今回新たに設定しました。お客さまはボディカラーと異なるカラーのエクステリアパーツを選択して組み合わせることで、スタイリッシュで自分好みの「ノート」を作り上げることができます。メーカーオプションとして色が選択可能な専用パーツは、黒、赤、白、青の4色のドアミラーとアウトサイドドアハンドルです*1。さらにディーラーオプションでも「パーソナライゼーション」として選択できるパーツを設定し、クルマの個性をさらに高めたいというお客さまの要望にもお応えします。 ボディカラーの追加と併せて、お客さまがクルマを選択する幅を広げるラインナップを取り揃えました。

さらに今回、特別仕様車「ブランナチュール インテリア」*2を新たに発売します。インテリアには上質なブラウンとアイボリーの合皮コンビシート、シートセンターやドアトリムにはベージュのジャカード織物を採用し、明るい印象の室内空間を演出しました。加えて、専用センタークラスターフィニッシャーや、本革巻3本スポークステアリング、メッキアウトサイドドアハンドル等を装備し、カジュアルな雰囲気の中に上品さ・上質さを感じられるモデルとしました。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」*3二本柱とした、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「HR12DDR」エンジンと「HR12DE」エンジンを搭載した新型「ノート」も「PURE DRIVE」の1モデルとなります。

・価格(消費税込み)
1,464,480-1,881,360円

特別仕様車
1,576,800-1,790,640円

日産 ノート

日産 ノートのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.