日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ノート モデルチェンジ推移2017年9月1日

日産ニュースリリースより

-------------

「ノート」を仕様向上

「インテリジェント クルーズコントロール」、「インテリジェントLI」を採用、あわせて、新グレード「ブラックアロー」を追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は1日、「ノート」を仕様向上し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「ノート」は、昨年11月に新しい電動パワートレイン「e-POWER」を追加し、好調な販売を続けています。100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな加速性能と優れた静粛性や、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに操作できる新感覚の走行モード、「e-POWER Drive」は、多くのお客さまから高い評価を得ています。

今回の仕様向上では、高速道路などでの長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェント クルーズコントロール*1」や、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に車線内に戻す操作を支援する「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)*1」を新たに採用するとともに、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の性能も向上させました。

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」では、新たにフロントカメラと連動させることで、約25km/hまで作動車速域を広げ、前方の歩行者に対しても作動するよう、e-POWERのグレード*2において性能を向上させました。さらに、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を一部のグレードを除き標準採用しました。これら先進安全技術の充実により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している安全運転サポート車(セーフティ・サポートカーS)のワイド*3に対応しています。

また、今回の基準車の変更に準じ、「ノートNISMO」シリーズ*4も、あわせて仕様向上し、10月17日より発売します。

日産は、世界中のお客さまに向けた安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めています。地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題の解決を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきたいと考えています。

e-POWERをはじめ、今回の仕様向上で採用した「インテリジェント クルーズコントロール」、「インテリジェントLI」などは、まさに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化した技術です。

さらに、今回の仕様向上に合わせ、スポーティさを強調したスタイリッシュな新グレード、「ブラックアロー」を追加設定しました。「ブラックアロー」は、ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルのブラック化に加え、ダークメタリック塗装の15インチアルミホイールを採用し、引き締まったスポーティなエクステリアデザインとしました。インテリアにおいては、内装トリム(ルーフトリム、ピラー等)をブラック化し、シートやドアトリムクロス、フィニッシャー類を専用カラーとしました。エクステリアのブラックルーフの採用と併せて、知的でクールなインテリアを表現しています。

また、存在感のある内外装で「ノート」のアクティブ感をより演出した新しいSUVテイストの「クロスギア*4」も追加設定し、今秋より発売します。

「ノート」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「ノート」の仕様向上にあわせ、カスタムカー「モード・プレミア」および、「助手席回転シート」、「助手席スライドアップシート」を仕様向上し、9月1日より日産の販売会社を通じて全国一斉に発売すると発表しました。

今回の仕様向上では、「モード・プレミア」、「助手席回転シート」、「助手席スライドアップシート」においてもベース車と同様に、「インテリジェント クルーズコントロール*1」や、「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)*2」を新たに採用したほか、「ハイビームアシスト*1」を標準装備し利便性と安全性を向上させました。

<ノート「モード・プレミア」>
ノート「モード・プレミア」は、さらに上質な個性を求めるお客さまに向けて、エクステリア・インテリアの高級感を高めたカスタムカーです。

エクステリアは、専用デザインのフロントマスクやアルミホイールを採用し、エクステリアの要所にアクセントとしてメタル調塗装を施すことで、スタイリッシュかつ洗練された上質さを表現しています。
インテリアでは、お好みによりウォームトーンのグレージュとシックなブラックのシート地を選択可能とし、専用の本革巻ステアリングやシルバーフィニッシャーなどとコーディネートし、ハイセンスな空間としています。

<ノート「助手席回転シート」>
ノート「助手席回転シート」は、助手席が手動で外側に回転するモデルです。スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りすることが可能になります。

<ノート「助手席スライドアップシート」>
ノート「助手席スライドアップシート」は助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできるモデルです。スライドアップシートには、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。

*1:e-POWER「モード・プレミア」、「助手席回転シート」のe-POWER X、にメーカーオプション。
*2:「助手席回転シート」、「助手席スライドアップシート」のX FOURは除く。
*3:VCM:Vehicle Control Module。ファインレスポンスVCMは、電動パワートレイン「e-POWER」の走行性能を制御するVCMを専用チューニングし、加速時の反応や追従走行時の伸びやかさを向上させるものです。ノートe-POWER「NISMO」でも採用しており、たいへんご好評を得ています。

・価格(消費税込み)
1,399,680-2,400,840円

日産 ノート

日産 ノート

日産 ノート

日産 ノートのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.