日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 ノート モデルチェンジ推移2018年9月25日

日産ニュースリリースより

-------------

「ノート e-POWER NISMO S」を追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は25日、「ノート e-POWER NISMO」に「ノート e-POWER NISMO S」を追加設定し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

2016年12月に発売した「ノート e-POWER NISMO」は、NISMOのチューニングを施すことで、e-POWERのモータードライブ特性を最大限に活かした先進的な運転感覚や、胸のすくような加速性能、優れた静粛性などがお客さまに好評を得ています。

今回追加する「ノート e-POWER NISMO S」は、「ノート e-POWER NISMO」と同様に、専用ボディ補強や専用サスペンションなどを採用したことに加え、インバータとコンピューター(VCM)に専用チューニングを施し発電量を増加させ、同時に減速機を強化しました。これにより、モーターにおいて「最高出力100kW」、「トルク320N・m」と、「ノートe-POWER NISMO」に比べ約25%向上し、より一層スポーティでパワフルな走りを実現したハイスペックモデルとなりました。

また、「ノート e-POWER NISMO」のドライブモード設定に加えて、「S」「ECO」のモードにも「B」レンジを設定しました。スポーツ走行で圧倒的なパフォーマンスを引き出すことはもちろん、燃費性能の追及まで、さまざまな走りを体感できます。

NISMOロードカーは、2013年2月に発売した「ジュークNISMO」を皮切りに、「マーチNISMO」、「ノートNISMO」、「フェアレディZ NISMO」、「NISSAN GT-R NISMO」、「セレナNISMO」へと広がりを見せており、さらに本年7月には、「日産リーフNISMO」を新たに発売し、幅広いラインアップを取り揃えています。

「ノート e-POWER NISMO S」の専用装備

NISMO S専用エンブレム(フロント/リヤ)
LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)
「ノート e-POWER NISMO S / ノート e-POWER NISMO」の主な専用共通装備

専用フロントバンパー
YOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール
専用エキゾーストテールエンド(テール径:Φ85)
専用アルミ製アクセル・ブレーキペダル
専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)
専用チューニングコンピューター(VCM)
専用サスペンション
専用フロント強化スタビライザー
専用ボディ補強(フロントクロスバー/フロントサスペンションメンバーステー(トンネルステー)/トンネルステー/リヤサスペンションメンバーステー/リヤクロスバー)
専用車速感応式電動パワーステアリング
e-POWER専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ入り)
専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス

「ノートe-POWER NISMO S」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

NISMOについて
NISMO(ニスモ)は、日産が掲げるブランドメッセージ「今までなかったワクワクを(Innovation that excites)」を具現化する同社の高性能スポーツサブブランドです。
NISMOロードカーは、日産のモータースポーツ活動(NISsan MOtorsport)に由来するネーミングにふさわしい、レースの現場で培われた、空力の良いスタイリングや卓越したハンドリング、きびきびとした走りなどで、より多くのお客さまにドライビングの楽しさを提供していきます。

モータースポーツの世界では、日本のレースの最高峰「SUPER GT」に参戦するとともに、電気自動車のレース「FIAフォーミュラE選手権」に2018年12月より参戦を開始します。
また、FIA GT3規定のレース車両や、プロトタイプカー仕様の高性能エンジンをグローバルに供給しています。

・価格(消費税込み)
2,671,920-2,941,920円

日産 ノート

日産 ノートのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.