ノートの評価集

ノートでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

8年ぶりにフルモデルチェンジが実施された日産・ノート。

標準で付く装備はやや物足りないので、オプションの必要性は他の車種以上に高いと言えます。

ここではノートに用意されている各種オプションの中から、特に人気のあるものやおススメできるものを紹介しますので、参考にどうぞ。

ノートのおすすめメーカーオプションは?

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

ホットプラスパッケージ+クリアビューパッケージ等

F以外のグレードに設定されているメーカーセットオプション。セット内容は以下のとおりです。

  • ホットプラスパッケージ (ヒーター付ドアミラー / ステアリングヒーター / 前席ヒーター付シート / リヤヒーターダクト)
  • クリアビューパッケージ (ワイパーデアイサー / リヤLEDフォグランプ)
  • 高濃度不凍液
  • PTC素子ヒーター
  • 本革巻ステアリング (※Sのみ)
  • IRカット&スーパーUVカット断熱フロントガラス (※Sのみ)

ホットプラスパッケージは、ドアミラーの凍結や曇りを防止するヒーター付ドアミラー、ステアリングリムを暖めるステアリングヒーター、前席の座面を暖めるヒーター付シート、後席に温風を送るリヤヒーターダクトから構成されます。

またPTC素子ヒーターは、エアコン暖房を補助して室内を素早く暖める装備です。

いずれも冬場の快適性を高める装備として、大きな価値があります。

またクリアビューパッケージは、ワイパーの凍結を防ぐワイパーデアイサーと、悪天候時に後続車からの被視認性を高めるリヤLEDフォグランプからなり、こちらもメリットの大きい装備です。

更にSの場合は、ウレタンステアリングが上質な本革巻ステアリングに、スーパーUVカット機能のみのフロントガラスが赤外線を遮断するIRカット断熱機能付にアップグレードされます。

価格は73,700円で、これだけの充実した内容からすれば決して高くありません。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

F / XならLEDヘッドランプ+アダプティブLEDヘッドライト等

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

FとXで選べるセットオプション。

FはLEDヘッドランプとアダプティブLEDヘッドライトがセットで、Xは霧の時に威力を発揮するLEDフォグランプがプラスされます。

FとXに標準装備されるのはハロゲンヘッドランプですが、LEDヘッドランプは明るさ、寿命、省エネ性の点で有利です。

また、重い荷物を積んだ時に光軸を調整する機能が、マニュアルレベライザーから自動調整式のオートレベライザーに変更されます。

そして、対向車・先行車を検知した時にハイビームをロービームに切り替えるハイビームアシストが、ハイビームに維持したまま照射範囲を調整するアダプティブLEDヘッドライトにアップグレード。

価格はFが77,000円、Xが99,000円と少し高額なオプションになりますが、特に夜間走る機会が多い場合は付けておいた方がベターです。

X / オーテックならプロパイロット+インテリジェントアラウンドビューモニター+日産コネクトナビ等

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

Xとオーテックで選べるセットオプションです。

主なセット内容は以下のとおり。

  • インテリジェントアラウンドビューモニター
  • インテリジェントルームミラー
  • 総合型インターフェースディスプレイ
  • USB電源ソケット
  • ワイヤレス充電器
  • 日産コネクトナビ
  • プロパイロット
  • SOSコール
  • インテリジェントBSI+BSW
  • RCTA

主な機能について解説すると、まずインテリジェントアラウンドビューモニターは、4か所設置された車載カメラの映像を合成してインテリジェントルームミラーまたはナビ画面に表示する装備です。

特に駐車時の安全確認に威力を発揮します。

またプロパイロットは、先行車に自動追従走行する機能と、車線中央を走行するようステアリング操作を支援する機能を統合した安全運転支援システムです。

高速走行時の疲労や事故リスクを低減します。

SOSコールは、事故や急病の時にボタンを押すだけで専門オペレーターにつながる装備。

エアバッグ動作時は自動で通報されます。

インテリジェントBSIは後側方衝突防止支援システム、BSWは後側方車両検知警報です。

後側方から接近する車両を検知すると、ブザーと表示で注意を促すと同時に、自車を車線内に戻すようステアリング操作を支援します。

そしてRCTAは後退時車両検知警報で、後退時に左右から接近する車両を検知するとブザーで注意を促す装備です。

価格は420,200円で、かなり高額なオプションになりますが、ナビが含まれることや安全性が大きく向上することを考えれば、奮発する価値はあります。

ノートのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

プラスチックバイザー

ノート人気オプション

S/F/X用

ノート人気オプション

オーテック専用

プラスチックバイザーは、フロントドアとリアドアのウィンドウ上部に装着するドアバイザーです。

雨天時の換気に役立つアクセサリーで、デザインもさほど損ねないので、付けておいて損はありません。

価格はS / F/ X用が21,120円、オーテック専用が23,870円です。

ドアミラーカバー (オーテックを除く)

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

ドアミラーに装着するカバーで、色は画像のシルバーのほかにブラックとカッパーがあります。

エクステリアにちょっとしたアクセントをプラスしたい場合におススメです。

価格は16,984円。

Xなら16インチアルミホイール

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

Xはノート標準車の最上級グレードになりますが、標準で履くホイールは残念ながらスチールホイールです。

折角の上級グレードなのに、そのままでは足元がチープに見えてしまいます。

そこでおススメしたいのが、ディーラーオプション設定されている16インチアルミホイールです。

標準のスチールとは比較にならないほどスタイリッシュで、外観がドレッシーにイメージアップします。

価格は112,336円と結構高額ですが、足元のお洒落に気を配るなら出費を惜しまないで欲しいところ。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアカーペット (エクセレント)

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

フロアカーペットは装着率ほぼ100%の人気オプションです。

汚れた場合も取り外して掃除できますし、足元の雰囲気もゴージャスになるので、必須のアイテムと言えます。

ノートにはプレミアム (29,700円) とエクセレント (25,300円) の2種類のフロアカーペットが用意されていますが、安い方のエクセレントで十分。

見た目が少し違うだけで、機能性に違いはない (どちらも消臭機能付) ので、敢えて高いプレミアムを選ぶ必然性が薄いからです。

イルミキッキングプレート

ノート人気オプション

フロント用

ノート人気オプション

リヤ用

フロントとリヤのサイドシルに装着するメッキ仕上げのプレートです。

ドレスアップ効果と同時に、乗降時にサイドシルが傷付くのを防ぐ効果があります。

フロント側のロゴにはLED照明が組み込まれ、夜間はムーディーに演出。

価格は33,660円と安くはありませんが、ちょっと贅沢するのも悪くありません。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

S / Fなら日産オリジナルナビ (ベーシックモデル)

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

SとFはメーカーセットオプションのナビが選べないので、ディーラーオプションの日産オリジナルナビを選ぶことになります。

日産オリジナルナビは画像のベーシックモデル (223,000円~253,404円) と、より安価なシンプルモデル (148,000円~178,404円)の2種類ありますが、おススメはベーシックモデル。

ナビとしての基本性能に大差はありませんが、ベーシックモデルにはドライブレコーダーやETC2.0車載器との連動機能があったり、CD/DVD再生機能やハイレゾ音源再生機能が付いていたりするメリットがあります。

道案内をスマホで済ませず敢えてナビを付けるからには、なるべく多機能なモデルを選びたいものです。

ちょっと待った!そのディーラーオプションはいらないかも

本革調シートカバーは高過ぎる

ノート人気オプション

nissan.co.jp/note

ノートS / F / Xのシートは一般的なトリコット素材で、高級感はありません。

トリコットでは物足りない場合は、ディーラーオプションの本革調シートカバーを装着する手も考えられます。

ただ価格は69,080円と高額ですし、所詮は合皮なので本物の高級感はありません。

コストパフォーマンスが悪いので、ここは割り切ってノーマルシートのまま乗る方がいいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.