ノートの評価集

ノートは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

フルモデルチェンジで3代目に移行した日産・ノート。

e-POWERの魅力にひかれて購入を検討している人も多いと思いますが、運転しやすいのかどうかが気になっていないでしょうか?

ここではノートは運転しやすいのか難しいのかを検証すると同時に、運転をサポートするアイテムについても紹介していきますので、新車購入時の参考にどうぞ。

ノートの大きさは?ボディサイズをチェック

ボディサイズの大小は、運転しやすさを大きく左右します。

では、ノートの大きさはどのくらいなのでしょうか?

【ノート X】
全長 4,045mm
全幅 1,695mm
全高 1,520mm

現行ノートは先代から全長が55mm短縮され、全幅は従来同様5ナンバーサイズを維持しています。

こうした点は、運転を容易にするプラス要素です。

ここで軽自動車から乗り換えるケースを想定し、日産・デイズと大きさを比較してみましょう。

 【デイズ X】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,640mm

ノートはデイズと比較すると全長が65cm長く、全幅は22cm広いサイズです。

一方全高は12cm低く、アイポイントも低くなっています。

ノートはデイズよりもボディサイズがふた回り以上大きく、見晴らしも良くないため、慣れるまでは運転に気を使うかもしれません。

ノートの小回りは効くか?ノートの最小回転半径

ボディサイズのほかに、小回り性も運転しやすさを左右します。

ノートの最小回転半径は4.9mで、コンパクトカーとしては平均的な数値です。

デイズの最小回転半径4.5mと比較すると40cm大きく、ボディサイズが大きいことも相まって、狭い路地や駐車場では取り回しが煩わしく感じるケースも出てくるでしょう。

しかし持て余してしまうほどではなく、慣れてしまえば問題なく乗りこなせるはずです。

ノートは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ノートの車幅感覚&運転感覚

ノートのフロントの見切りはイマイチ

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

運転席からボンネットの先端が見えると、フロントの見切りの点で有利です。

しかしノートはボンネットの手前側までしか視界に入らないので、フロントの見切りは良いとは言えません。

ただ、ノートのフロントバンパーにはパーキングセンサーが内蔵されていて、障害物に接近すると音と表示で知らせてくれます。

そのため、フロントの見切りに難があっても壁や他の車にぶつけてしまう心配はほとんどありません。

ノートの前方視界には問題ありませんが、斜め前方視界はやや難ありです。

傾斜の強いAピラーが視界を妨げるため、場面によっては体を左右によじって安全確認する必要があります。

ノートの車幅の感覚は掴みやすい?

ノートのように運転席からボンネットの先端が見えない車は、車幅の感覚も掴みにくくなります。

ただ、全幅が5ナンバー枠に収まるノートは左右のAピラーが同時に視野に入り、車幅を掴む目安になるのが救いです。

ある程度乗り慣れてしまえば、車両を路肩ぎりぎりに寄せるのも難しくないでしょう。

ノートの後方視界はあまり良くない

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

ノートのリアウィンドウは、コンパクトカーとしてごく標準的な大きさです。

後方視界は悪くはないものの、抜群に良いというわけでもありません。

特に後席に人を乗せた場合、後方視界が妨げられ、安全確認がし辛くなってしまいます。

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

斜め後方視界に関しては、ノートには視界を確保するためのリアクォーターウィンドウが設けられています。

しかしウィンドウの面積が小さいので、死角をカバーし切れていません。

バックや車線変更の際には過信せず、斜め後方の死角に注意する必要があります。

ノートの駐車にはコツがある?

ノートで駐車する際は、斜め後方の死角に子供や障害物が隠れてしまうことがあるので、十分注意した方がいいでしょう。

またリアドア・リアクォーター・リアの各ウィンドウがプライバシーガラスになっていて、特に夜間は視界が暗くなるため、二重の注意が必要です。

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

ただ、ノートはリアバンパーにもパーキングセンサーが埋め込まれているので、障害物や他の車にぶつけてしまうリスクは大きくありません。

とは言え、パーキングセンサーは人には反応しないことがあるので、過信は禁物です。

当たり前のことですが、やはり肉眼での目視が基本になります。

ノートの運転で役立つアイテム

インテリジェントアラウンドビューモニター+インテリジェントBSI+BSW+RCTA

表記のアイテムは、Fを除く全車にメーカーセットオプション設定されています。

各装備の詳細を解説していきましょう。

インテリジェントアラウンドビューモニター

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

車体の前後左右4箇所に搭載されたカメラの映像を、インテリジェントルームミラー内のディスプレイまたは純正ナビ画面に表示する装備です。

車を上から見下ろしたような映像が表示されるため、周囲の状況が手に取るように把握でき、駐車がしやすくなります。

また歩行者や自転車運転者などを検知すると、表示とブザー音で注意を促す移動物検知機能も付くので、事故リスクは間違いなく減るでしょう。

インテリジェントBSI+BSW

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

インテリジェントBSI (後側方衝突防止システム) は、斜め後ろにいる車両に気づかずに車線変更を始めると、車線内に戻るようステアリング操作を支援する機能です。

同時に、BSI (後側方車両検知警報) によりブザー音と表示でもお知らせ。

車線変更時に起きがちな衝突事故を防ぐ機能として、価値があります。

RCTA

ノート運転しやすさ

nissan.co.jp/note

RCTA (後退時車両検知警報) は、バックで出庫する際に後方左右から接近する車両を検知すると、ブザー音で注意を促す機能です。

バックでの出庫は安全確認がし辛く気を使うものですが、このRCTAがあれば安心してバックができます。

ノートの運転のしやすさまとめ

ノートは5ナンバーサイズのコンパクトなボディを持ち、小回り性も悪くないので基本的に運転が難しい車ではありません。

一方で、見切りや視界は特に優れている方ではないので、特に狭い路地での取り回しや駐車時には十分注意が必要です。

とは言え、前後にパーキングセンサーが標準装備されるので、ある程度欠点をカバーしてくれます。

またここで紹介したセットオプションを付ければ、運転がしやすくなることは間違いありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.