ノートの評価集

ノートは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

投稿日:

ノートは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ノートはシリーズ式ハイブリッドシステムを搭載するe-POWERシリーズの魅力もあり、現在大ヒットしています。

購入を検討されている方も多いと思いますが、ひとつ注意したいのは、ベストセラーカーが必ずしも運転しやすい車とは限らないことです。

ここでは、ノートは運転しやすい車なのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ノートの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、ノートの人気グレード「e-POWER X」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ノート e-POWER X】
全長 4,100mm
全幅 1,695mm
全高 1,520mm

全幅が1.7m以下の5ナンバーサイズで、全長も4mを少し超える程度ですから、日本の狭い道路にマッチする大きさと言えます。

軽自動車から乗り換えるケースも多いと思いますので、ここでデイズと大きさを比較してみましょう。

デイズ X
※デイズ 出典nissan.co.jp

【デイズ X】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,620mm

ノートはデイズと比較すると全長が70cmほど長く、全幅も20cm以上広いディメンションです。

全長・全幅がふた回り以上大きい上、アイポイントがデイズよりも低いため、最初のうちは数値の差以上に大きさを意識させられるかもしれません。

ノートの小回りは効くか?ノートの最小回転半径

次に、ノートの小回り性を検証してみましょう。

ノートe-POWERシリーズの最小回転半径は5.2mですが、この数値は5ナンバーのコンパクトカーとしては大きい方になります。

デイズと比較すると80cmも大きいので、全長が遥かに長いことと相まって、いままで切り返しなしで駐車できていた駐車場で1~2回の切り返しが必要になる、といったケースも出てくるでしょう。

とはいえ、アクア・クロスオーバーのように最小回転半径が5.4mにも達するコンパクトカーもある事を考えれば、ノートe-POWERシリーズはまだいい方です。

また、どうしても小回りが効くノートが欲しい場合は、最小回転半径が4.7mに縮小されるガソリン車(※メダリストを除く)を選ぶ手があります。

ノートは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ノートの車幅感覚&運転感覚

ノートのフロントの見切りは良くない

ノートのフロントの見切りは良くない

運転席からボンネットの先端が見える車はフロントの見切りの点で有利ですが、ノートは残念ながらボンネットの手前の方しか見えません。

また、最近の車としてはインパネ上端の位置が高いことも、視界の点でマイナスになっています。

そのため、フロントの見切りはあまり良いとは言えず、切り返しの時などに鼻先を壁ギリギリまで寄せるのは慣れを要します。

更に斜め前方視界の点でも、傾斜の強いAピラー(フロントピラー)が視界を妨げる上、死角を減らすための三角窓の面積が小さいので、あまり良くはありません。

ただ、ドアミラーがドアの比較的後の位置に取り付けられているため、視界を塞がない点は評価できます。

ノートの車幅の感覚は掴みやすい?

ノートのように運転席からボンネットの先端が見えない車は、Aピラーが車幅を掴む目安になります。

5ナンバーサイズのノートは左右のAピラーが同時に視野に収まるため、ボンネットが見えない割には車幅が掴みやすいと言えるでしょう。

また、ヘッドライトからボンネットに掛けてのふくらみを目安に、感覚をつかむ事も出来ます。

車を路肩ギリギリに寄せるのも、慣れてしまえばそう難しいことではありません。

ノートの後方視界はあまり良くない

ノートのリアウインドウは標準サイズ

ノートのリアウィンドウの面積は、ハッチバック車として標準的な大きさです。

そのため、基本的に後方視界は悪くないのですが、後席のヘッドレストを高くすると視界が妨げられてしまう欠点を持っています。

ノートの斜め後方視界はイマイチ・・・

また、斜め後方視界に関しては、ベルトラインが後ろにいくほど高くなるデザインである上、リアクォーターウィンドウの面積が狭いため、あまり良いとは言えません。

そのため、バックや車線変更の際は斜め後方の死角に十分注意することが必要です。

ノートの駐車にはコツがある?

ノートで駐車する場合は、先ほども述べたように斜め後方の死角にある障害物や子供などに注意する必要があります。

縦列駐車の際は、ボンネット先端をほかの車にぶつけてしまわないよう、更なる注意が必要です。

また、ベルトラインを駐車スペースの白線と平行になるように停めると車体が斜めになってしまうので、真っ直ぐに駐車するには最初の内は窓から顔を出して直接目視するなど、多少の慣れを要します。

ノートの運転で役立つアイテム

インテリジェントアラウンドビューモニター+インテリジェントルームミラー+ヒーター付ドアミラー

表記のアイテムは、S系を除く全車にメーカーオプション(セットオプション)設定されています。

各装備の内容は、以下のとおりです。

インテリジェントアラウンドビューモニター

ノートのインテリジェントアラウンドビューモニター
※ノート 出典 nissan.co.jp

車体の前後左右4箇所に設置されたカメラの映像をルームミラーに表示し、駐車をサポートする装備です。

上から俯瞰した映像を表示する「トップビュー」をはじめ、「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」の4モードの切り替えが可能なので、さまざまな状況に対応できます。

また、歩行者や自転車などの移動物を検知すると、ルームミラー上の表示とブザー音で注意を促す機能が備わるのも特徴です。

インテリジェントルームミラー

ノートのインテリジェントルームミラー
※ノート 出典 nissan.co.jp

車両後方のカメラ映像をルームミラーに表示し、後席のヘッドレストや乗員、荷物に遮られないクリアな後方視界を確保する装備です。

ヒーター付ドアミラー

鏡面の凍結を熱線で溶かし、冬季でもクリアな後方視界を確保する装備になります。

セット価格は75,600円と安くはありませんが、視界がそれほど良いとは言えないノートには是非とも欲しい装備です。

X系グレードならインテリジェントクルーズコントロール+インテリジェントLI

充実した安全運転支援システムが備わるノートですが、中間グレードのX系の場合はインテリジェントクルーズコントロールとインテリジェントLIが標準装備されず、メーカーオプションとなります。

それぞれの装備の内容は、以下のとおりです。

インテリジェントクルーズコントロール

約30~100km/hで走行中、先行車に自動追従走行する機能です。

全車速対応型ではないものの、先行車が停止した場合は自車も停止する機能が備わります。

インテリジェントLI

ノートの安全装備のインテリジェントLI
※ノート 出典 nissan.co.jp

約60km/h以上で走行中に車線を逸脱しそうになると、警告灯とブザー音で注意を促すと同時に、車線内に戻るようステアリング操作を支援します。

価格は、日産オリジナルナビ取付パッケージとステアリングスイッチもセットになって81,000円です。

特に高速道路を走行する機会の多い方は、疲労軽減や事故リスク低減のために付けておいた方が良いでしょう。

ノートの運転のしやすさまとめ

ノートは見切りや視界が特に優れているわけではないので、ボディサイズがコンパクトな割に、最初の内は運転に気を使う車と言えます。

全幅の狭い5ナンバー車なので持て余してしまうことはないはずですが、安全確認には十分注意が必要です。

ただ、ここで紹介したインテリジェントアラウンドビューモニターなどを装着すれば見切りや視界の欠点をカバーできるので、女性でも運転がしやすくなるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ノートの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのノート値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人が日産ノートを限界値引きで購入しています。

今月のノートe-POWERの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ノート値引き交渉マニュアル

-ノートの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.