ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ N-WGN モデルチェンジ推移2013年11月20日

ホンダニュースリリースより

-----

新型軽乗用車「N-WGN/N-WGN Custom」を発売

Hondaは、「N」シリーズ※1の第4弾モデルとなる新型軽乗用車「N-WGN(エヌ ワゴン)」、「N-WGN Custom(エヌ ワゴン カスタム)」を11月22日(金)に発売します。

N-WGNは、軽乗用車の「新しいベーシック」を目指し、居住性、安全性、燃費性能、デザイン、走りのすべてを高い次元で備えたハイトワゴンクラス※2の軽乗用車として開発。大人4人がくつろげる快適な室内空間や、予期せぬ車の横滑りを抑えるVSA(車両挙動安定化制御システム)などをすべてのタイプに装着した充実の安全装備に加え、新開発のエンジンとCVTによるスムーズでストレスのない走りと、29.2km/L※3(JC08モード)という低燃費を実現しました。

また、軽量性と高剛性を両立したボディと専用サスペンションの採用により、高速道路でも安定した走行性能と優れた静粛性を兼ね備えています。

さらに、圧倒的な存在感を放つエクステリアと高級感を醸し出すインテリアを採用し、数々の専用装備を備えたN-WGN Customを設定しました。

Hondaは、お客様の多様なニーズに応えるべく、今後も「N」シリーズのラインアップの拡充を図っていきます。
※1 「N」シリーズは「日本にベストな新しいのりものを創造したい」という想いを込めて、Hondaのクルマ作りの原点でもある「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想※4」を具現化した革新プラットフォームによる軽乗用車の概念を超えた広さ、快適さ、経済性を目指して開発した軽乗用車シリーズです。「N」シリーズ第1弾モデル「N BOX(エヌ ボックス)」、第2弾モデル「N BOX +(エヌ ボックス プラス)」、第3弾モデル「N-ONE(エヌワン)」
※2 全高が1,550mm以上、1,700mm以下の軽乗用車クラス(2013年11月現在。Honda基準値)
※3 「N-WGN G」「N-WGN G・Aパッケージ」「N-WGN Custom G」「N-WGN Custom G・Aパッケージ」FF車の国土交通省審査値
※4 M・M思想:人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小にというHondaのクルマ作りの基本思想です

●販売計画台数(国内・月間) 12,000台

○ボディカラー(新色4色を含む全11色)
〔N-WGN〕(全7色)
プレミアムホワイト・パール、カトラリーシルバー・メタリック(新色)、スマートブラック(新色)、クッキークリーム(新色)、プレミアムディープモカ・パール、チェリーシェルピンク・メタリック、プレミアムブルームーン・パール

〔N-WGN Custom〕(全7色)
プレミアムホワイト・パール、カトラリーシルバー・メタリック(新色)、スマートブラック(新色)、ポリッシュドメタル・メタリック、ホライゾンターコイズ・パール、プレミアムフレイムオレンジ・メタリック(新色)、プレミアムゴールドパープル・パール

○インテリアカラー(全2色)
〔N-WGN〕ベージュ
〔N-WGN Custom〕ブラック、ブラック(プライムスムース&ジャージコンビシート)

【N-WGN/N-WGN Customの主な特長】
●「安心感」、「存在感」を追求したエクステリアデザイン
・ N-WGNには心に豊かさをもたらし、上質感のある「プラウド・オーセンティック・デザイン」を採用。存在感とともに安心感を表現したデザインとしています。
・ N-WGN Customは「アバンギャルド・エモーション」をテーマに、強い押し出しと上質なたたずまいを両立したデザインとしています。
・ N-WGNには落ち着いた色合いや、高い質感を感じさせる有彩色を幅広くラインアップする一方で、N-WGN Customでは、先鋭的で力強い印象を際立たせる専用色を設定しました。

●クラスを超えた「質感」、「広さ」を追求したインテリアデザイン
・ N-WGNはインストルメントパネルのアッパー部分をブラックに、インテリア全体を明るいベージュにすることによって、上質かつ開放的でクリーンな雰囲気としました。
・ N-WGN Customは「アバンギャルド・エモーション」をテーマにブラックとバーガンディの2トーンでコーディネートし、落ち着いたなかにも主張のある室内空間としています。

●居住空間とカーゴスペースを高い次元で両立したパッケージ
・ 長距離運転でも疲れにくく座り心地の良いシートと、ゆったりとしたサイズのドアアームレストで、快適な居住空間を実現しました。
・ 「N」シリーズとして初めてスライド量前後200mmのリアシートスライド機構を採用。シチュエーションに応じてリア空間の自在なアレンジが可能となりました。
・ 後席の下に、傘や靴などを収納できる大きなトレイを装備しました。
・ カーゴスペースは、Honda独自のセンタータンクレイアウトの採用と、290mmの深さを持つアンダーボックスの活用により、アレンジが可能な積載空間を確保しました。

●クラストップレベル※5のパワーと走りを低燃費で実現した高性能パワーユニット
・ Hondaの軽乗用車として初めてのツインインジェクションシステムの採用により、優れたドライバビリティーと低燃費を実現しました。
・ Hondaの軽乗用車として初めてナトリウム封入バルブを採用。排気バルブ近辺の温度を下げ、高圧縮比化に伴うノッキングの発生を抑制します。
・ クラストップレベルの高出力・高トルクDOHCエンジンと、専用チューニングによってさらに熟成したCVT(無段変速オートマチック)の組み合わせで、スムーズで力強い走りと、29.2km/L※3(JC08モード)という優れた燃費性能を両立しました。

※5 軽ハイトワゴンクラス(2013年11月現在。Honda調べ)

●高い性能を実現した充実の安全装備
・ 急ブレーキ時にハザードランプを自動的に高速点滅させて後続車へ注意を促すESS(エマージェンシーストップシグナル)を全タイプに標準装備しました。
・ VSA(車両挙動安定化制御システム)を全タイプに標準装備しました。
・ 坂道発進時の後退を抑制するHSA(ヒルスタートアシスト機能)を全タイプに標準装備しました。
・ 約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・被害軽減をサポートする「City-Brake Active System(シティブレーキアクティブシステム)※6」をタイプ別に設定しました。
・ 側面衝突時の頭部への衝撃を緩和するサイドカーテンエアバッグシステム※6と、前席用i-サイドエアバッグシステム※6をタイプ別に標準設定しました。
・ 歩行者と衝突した際、歩行者の頭部や脚部などに対する衝撃を軽減する構造を備えた、歩行者傷害軽減ボディを採用しました。
・ 新設計エンジンと新荷重分散構造により、全方位でクラストップレベル※5の衝突安全性能を実現しました。
※6 シティブレーキアクティブシステム、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムはセットで「あんしんパッケージ」としてN-WGN/N-WGN Custom G・Aパッケージ、G・ターボパッケージに標準装備。N-WGN/N-WGN Custom Gにオプション設定

●環境性能
・ 全タイプ、国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定を取得しています。
・ 平成27年度燃費基準をNA車は20%、ターボ車は10%上回る燃費性能を達成※7しています。
・ クルマ全体でのリサイクル可能率は90%※8以上を実現しています。
※7 N-WGN/N-WGN Custom G(FF/4WD)、G・Aパッケージ(FF/4WD)、N-WGN G・ターボパッケージ(FF)が20%。N-WGN/N-WGN Custom G・ターボパッケージ(4WD)、N-WGN Custom G/ターボパッケージ(FF)の15インチアルミホイール装着車が10%
※8 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン」(1998年 自工会)に基づく算出値

・価格(消費税込み)

N-WGN

1,131,000-1,470,000円

N-WGNカスタム

1,335,000-1,630,000円

新型軽乗用車「N-WGN/N-WGN Custom」を発売

ホンダ N-WGNのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.