ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ N-WGN モデルチェンジ推移2015年4月16日

ホンダニュースリリースより

-----

軽乗用車「N-WGN/N-WGN Custom」を一部改良し発売

Hondaは、独創の「センタータンクレイアウト」を活かした広い室内空間とスタイリッシュなデザインなどで、幅広い層のお客様に好評の「N-WGN(エヌ ワゴン)」、「N-WGN Custom(エヌ ワゴン カスタム)」を一部改良、よりお求めやすい価格設定とし、4月17日(金)に発売します。

今回、燃費性能の向上※1に加えて、「あんしんパッケージ」をメーカーオプションとして設定するとともに、「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス」や「オートリトラミラー」といった快適装備をタイプ別に設定。さらに、N-WGNには14インチアルミホイールやブラックインテリアによる精悍な「G・スタイリッシュパッケージ」を設定し、商品魅力の強化を図りました。
また、外装色を一部変更して新色5色を含む、全11種類の多彩なカラーバリエーションとしました。

<主な変更点>
○燃費性能の向上
・ インジェクター噴霧の最適化やCVTサーモバルブの新規追加などにより、燃費を29.4km/L(JC08モード)に向上し、2015年度新税制基準におけるエコカー減税の免税を達成※2。

○安全装備の充実
・ 追突時や発進時の事故被害の軽減に寄与し、安全運転をサポートする「シティブレーキアクティブシステム」と、「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」、「サイドカーテンエアバッグシステム」をセットにした「あんしんパッケージ」を全タイプにメーカーオプション設定。

○快適装備の充実
・ 軽く触れると3回点滅する機能付きのウインカー「ワンタッチウインカー」を標準装備
・ プラズマクラスター※3技術搭載フルオート・エアコンディショナーを標準装備(Gタイプと助手席回転シート車を除く)
・ 赤外線(IR)を抑え、紫外線(UV)を約99%カット※4する「IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス」と「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス)」をタイプ別に設定。
・ ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」をタイプ別に設定
・ ワンセグTV対応マイクロアンテナやリアワイドカメラなど、Honda純正ナビゲーションの使い勝手を高める「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を標準装備(ディスプレイオーディオ装着車と一部Gタイプを除く)

○新色5種類を含む、全11種類のカラーバリエーションを設定
プレミアムホワイト・パールII、プレミアムピンク・パール、プレミアムベルベットパープル・パール、ブリリアントスポーティブルー・メタリック、ミラノレッドの新色5種類を含む、全11種類のカラーバリエーションを設定。

※1 ターボモデルを除く
※2 「N-WGN G」「N-WGN G・Lパッケージ」「N-WGN G・スタイリッシュパッケージ」「N-WGN Custom G」「N-WGN Custom G・Lパッケージ」「N-WGN G 助手席回転シート車」のFF車の国土交通省審査値同タイプの4WD車は26.2km/Lとなり、エコカー減税は80%減税(取得税)、75%減税(重量税)です
※3 プラズマクラスターは、シャープ株式会社の商標です
※4 Honda調べ。ISO9050基準

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計 12,000台

・価格(消費税込み)

1,164,000-1,630,000円

軽乗用車「N-WGN/N-WGN Custom」を一部改良し発売

ホンダ N-WGNのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.