ホンダ中古車

オデッセイのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

投稿日:

オデッセイの中古車情報

初代オデッセイが大ヒットして、日本にミニバンジャンルを確立させたホンダを代表するミニバンの「オデッセイ」

現在ではかつてほどの人気は無いにしろ、豊富な在庫とスポーティな走りでオデッセイの中古車人気は高いです。

そんなオデッセイの中古車をお得に買うための「狙い目」や「買い時」を、リセールバリュー(残価率)の観点から紹介します。

人とはちょっと違うオデッセイの中古車探しが出来ます。オデッセイの中古車探しの参考にどうぞ。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なオデッセイ中古車の選び方

オデッセイの中古車には定価がなく、車のコンディションや年式、走行距離、グレード、カラー、需要などで中古車価格が決まります。

ここでは様々な条件を満たす事で、割安なオデッセイの中古車が探せるその”狙い目”を紹介します。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶとオデッセイの中古車は割安で買える

中古オデッセイでお買い得なカラーはレッド、ブルー、シルバーです。

オデッセイの中古車相場を業者オークションで調べてみると、ホワイトパールとブラックのボディカラーの中古車相場が、他色と比べて30万円前後ほど高くなっています。(3年落ち・3万キロの中古車)

オークションから中古車を仕入れている販売店は、ホワイトパールとブラックのオデッセイをそれだけ高く仕入れる事になります。

仕入れが高ければオデッセイの中古車販売価格は高くなるので、上記の人気2色のオデッセイは割高となってしまいます。

裏を返せばホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、それだけ割安で購入出来るので、「出来るだけ初期費用を抑えたい」「長く乗るのでリセールは考慮しない」のであれば、人気2色を外してオデッセイの中古車を購入するといいでしょう。

オデッセイの寿命は26万キロ!過走行のオデッセイ中古車を格安で購入しよう

オデッセイの過去3か月間の中古車オークション流通台数を見ると、6945台中約330台の中古車が走行距離20万キロを超えています。中には30万キロを超えている過走行のオデッセイも15台前後確認できます。

それなりにオイル交換や消耗品、部品交換等のメンテナンスは必要になりますが、20万キロ以上はまだまだ走れる状態と言えるでしょう。

オークションの出品票を確認すると、27万キロでオイル漏れや滲みが出ている車両を確認出来るので、オデッセイの中古車寿命はおおよそ26万キロと判断できます。

10万キロを超えた過走行のオデッセイは、中古車販売価格が割安なので、20万キロ以上走れるとすれば、あえて過走行のオデッセイを格安で購入する選択肢も出てきますね。

例)
9年落ち13.2万キロのオデッセイ アブソルート支払総額 61.5万円
5年落ち4.6万キロのオデッセイ アブソルート支払総額 247.8万円
差額186.3万円

オデッセイの過走行中古車の販売価格

⇒走行距離10万キロ以上のオデッセイ中古車はこちら

オデッセイの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

修復歴ありのオデッセイの中古車は、修復歴なしの中古車と比べて、10万~35万円以上安く買えます。

オデッセイの中古車価格修復歴ありによるマイナス額
~100万円約-10~20万円
100~200万円約-15~25万円
200万円以上約-25~35万円以上

年式が新しく価値が高い=中古車の価格帯が高いほど、修復歴ありによるマイナス幅は大きくなります。

これだけ安くなれば修復歴ありのオデッセイでも買ってしまおうか、となる気持ちも分かります。

しかし、修復歴ありによる不具合を想定すると、ハンドルを真っすぐにしていても左右どちらかに寄ってしまう、アライメントが出ない事によるタイヤの辺摩耗、走行中のボディからの異音、パネルの隙間からの風の侵入、修復箇所からの錆び、そして雨漏りなど、不安は大きくなります。

しっかりコストを掛けて修理していれば、問題ない事が多いですが、外からでは中々判断できません。

一般論としては、修復歴ありのオデッセイ中古車は敬遠した方がいいのですが、修復箇所によっては修復歴ありでも走行にほとんど支障が無い場所があります。

車体のフレーム等に影響があると修復歴ありに該当しますが、前方からの大事故でフレーム修正のケースでも、駐車時にバックで軽くバンパーをこついで、中の金具が押されてトランクパネルが歪んだケースでも、同様の「修復歴ありのオデッセイ」となります。

前者の中古車は敬遠したいですが、後者の中古車なら走行にほぼ影響が無いので、数十万円安く買えるなら、修復歴ありでも一考の余地があるのではないでしょうか。

修復歴の状態の見分け方は、素直に販売店のセールスさんに詳しく聞くか、オークションから仕入れた中古車であればオークションの出品データがあるので、それを見せてもらいましょう。

修復歴ありのオークションデータ

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

4WDの中古車と2WDではどちらに割安感があるか?

オデッセイの買取相場を中古車オークションで調べてみると、2WDよりも4WDの方がリセールバリュー(新車価格に対しての残価率)が高い事が分かりました。

4WDがどうしても必要と言う中古車需要がある中、オデッセイの4WDは流通台数が少ないので、4WDの残価率が高くなる結果となっています。

そのため、中古車販売店が中古車オークションからオデッセイの4WDを仕入れると2WDと比べて割高となり、そのまま販売価格に転換されるので、中古車購入では4WDに割高感が出て、反対にオデッセイの2WDには割安感が出る事になります。

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

リセールバリューが低いグレードほど中古では割安になる

オデッセイのリセールバリュー(残価率)をグレード毎に調べると、以下の順位になります。

1位 2.4アブソルート
2位 ハイブリッド アブソルート
3位 2.4アブソルートEX
4位 ハイブリッド アブソルートEX
5位 2.4Gエアロ
6位 ハイブリッド

※7人乗りと8人乗りは、7人乗りの方がリセールが良い

リセールバリューは、売却時の金額から新車時の価格を割ったパーセンテージです。このリセールバリューが高いほど、売却時に高く売れる事になります。

逆にリセールバリューの低いグレードの中古車を購入する事で、新車時の価格差よりも割安に手に入る事になります。

オデッセイの中古車の傾向としては、エアロボディのアブソルートとノーマルボディのグレードが混在していた時期では、ノーマルボディの方がリセールが低くなっています。

また、ガソリン車とハイブリッドでは、同等のグレード同士で比較すると、ハイブリッド車の方が若干リセールバリューが低いです。

さらに7人乗りと8人乗りでは、8人乗りの方がリセールが低く、8人乗りの方が割安で購入できます。

以上の事から、オデッセイのハイブリッドを中古で買うなら、ベースグレードのハイブリッドが最もお得感が高くおすすめです。

ガソリン車では非アブソルートに割安感がありますが、新車時の価格が高かった上級グレード「EX」の値落ち率が大きいため、予算が許すならEXの中古を狙ってもお得感のある中古車購入となるでしょう。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?オデッセイの中古車相場とおすすめのオデッセイ中古車

3代目オデッセイのおすすめ中古車と相場

3代目オデッセイの中古車相場

型式RB1、RB2型
生産2003年10月~2008年9月
マイナーチェンジ2006年4月13日
3代目オデッセイ中古車流通台数1,397台
中心価格帯20万~50万円台
最安価格帯~20万円台
最高価格帯70万~150万円台

3代目オデッセイから、立体駐車場に入るサイズ(全高1550㎜)に全高を抑えて、低床・低重心ミニバンとしてスポーティな走りも実現しました。

一方で全高が抑えられたことにより、ミニバンとしての解放感が損なわれた、との声もありましたが、新車販売台数は順調に推移して、3代目オデッセイの中古車流通台数は歴代モデルの中で一番多くなっています。

ココが変わった!3代目オデッセイのマイナーチェンジの内容

3代目オデッセイのマイナーチェンジでの変更点をピックアップ

2006年4月13日に行われたマイナーチェンジの変更点。

  • 新デザインのフロントグリル、フロントバンパー、テールゲート、リアバンパー
  • リアLEDコンビネーションランプ、テールゲートガーニッシュ、ドアミラーウインカーを採用
  • セキュリティアラームを新たに採用。(アブソルート、L、Mに標準装備)
  • アブソルートに、スプリング、スタビライザー、ブッシュ類を強化、ダンパーの減衰力特性とステアリングギアレシオを最適化
  • フロントグリルとリアガーニッシュのクロームメッキ化、リアLEDコンビネーションランプのスモーク化とブラック&スモークタイプのヘッドライトの採用、立体自発光メーターをブルー照明に統一してレッド照明を廃止
  • M・エアロパッケージを設定
  • シンプル装備の廉価グレードBを追加

3代目オデッセイ中古車の長所

  • 低床、低重心による基本走行性能の高さ
  • 多人数乗車のミニバンながら、立体駐車場に入る全高
  • 新車時に良く売れたため、中古車在庫数が豊富
  • 総支払額20万円台の激安オデッセイ中古車が豊富に探せる

何と言っても流通台数が多い事が、3代目オデッセイ中古車のメリットです。

台数が多ければ、グレードやボディカラーなど同じ価格帯の中でも探す条件を広げられるので、好みの1台を見つけられるでしょう。

50万円台以下が中心価格帯な事も、割安なミニバンの中古車を探している人にとっては、とても魅力的です。

3代目オデッセイ中古車の短所

  • CVTにリコールが出るなど、CVTが弱い
  • 10万キロを目安にCVT(ミッション全般)に不具合が発生するケースがある

最終モデルでも発売から10年が経過しようとしているので、状態の悪い中古車があるのも事実です。特にCVTに関しては、試乗で確認したり販売員に状態を詳しく聞くなどして、気を付けたい部分です。

ただ、全ての3代目中古車がそうではないので、不具合のない車両やメンテナンスされた車両を探して、お買い得な1台を手に入れましょう。

3代目オデッセイのおすすめ中古車

3代目オデッセイの中古車を選ぶメリットは、多人数乗車可能なミニバンでありながら、立体駐車場にも入る使い勝手の良さが挙げられますが、それ以上に魅力なのが、やはり価格でしょう。

最多価格帯の20万~50万円台では、3代目オデッセイ1397台中1000台以上の中古車が流通しています。

中でもオデッセイMグレードやアブソルートの流通量が多く、10万キロ以下の中古車も見つかります。

最安値は、総支払額10万円台からあるので、とにかく初期費用を抑えて安くミニバンに乗りたい!人にはおすすめです。

3代目オデッセイは、走行距離が10万キロを超えると廃車となる車両が多いので売却時の金額は期待できませんが、安く買って出来るだけ長く乗って乗り潰す、と言った使用方法には、おすすめの中古車です。

⇒3代目オデッセイの中古車を検索

4代目オデッセイのおすすめ中古車と相場

4代目オデッセイの中古車相場

型式RB3、RB4型
生産2008年10月~2012年7月
マイナーチェンジ2011年10月6日
4代目オデッセイ中古車流通台数654台
中心価格帯60万~150万円台
最安価格帯20万~50万円台
最高価格帯160万~250万円台

先代3代目オデッセイの低床・低重心のコンセプトを継承して、立体駐車場に収まる全高、低重心による基本走行性能の向上が見られます。

しかしミニバンとしては中途半端な車高、トヨタのアルファード・ヴェルファイアの大ヒットなどにより、販売面では振るわず、中古車流通台数は先代オデッセイと比べて少なくなっています。

ココが変わった!4代目オデッセイのマイナーチェンジの内容

4代目オデッセイのマイナーチェンジでの変更点をピックアップ

2011年10月6日に行われたマイナーチェンジの変更点。

  • 新デザインのダーククロームメッキ・フロントグリル、リアコンビネーションランプ(LEDストップランプ&LEDテールランプ)
  • メーター内の照明色の変化でエコドライブ度をお知らせするコーチング照明+ECONスイッチを標準装備
  • 全席に3点式ELRシートベルトとヘッドレストを標準装備
  • VSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備
  • Hondaスマートキーシステムを標準装備/M
  • ダイレクトにシフト操作ができるパドルシフトを標準装備/Mエアロパッケージ
  • スモークタイプの専用リアコンビネーションランプ(LED)/アブソルート
  • 専用リアライセンスガーニッシュ/アブソルート

4代目オデッセイ中古車の長所

  • 3代目から受け継いだ低床、低重心の走りのミニバン
  • 立体駐車場に入る全高
  • 輸出相場による底値があるので距離を多く走る人にはおすすめ
  • トヨタのアルファード、ヴェルファイアと比べて割安なミニバン
  • 実燃費はアルファード、ヴェルファイアよりも良い

3代目オデッセイよりも中古車流通台数は少ないですが、年代的にも値落ちが進んでいながら、距離数や状態が良好な中古車が豊富なので、今が買い時となっているモデルです。

4代目オデッセイ中古車の短所

はてな

  • 新車がさほど売れなかったため、特にマイナーチェンジ後の中古車流通台数が少ない
  • 3代目に比べて見えない所(内装の質感など)でコストダウンを感じる
  • アブソルートはハイオク仕様のためガソリン代が掛かる

マイナーチェンジでは、ユーザーの声を反映してよりクルマガ熟成されるので、可能であればマイナーチェンジ後のオデッセイを選びたいですが、中古車相場は高めとなります。

在庫が豊富なマイナーチェンジ前の4代目オデッセイまで条件を落とせば、より中古車選択の幅が広がるでしょう。

4代目オデッセイのおすすめ中古車

4代目オデッセイの中で最も流通量の多いグレードは、アブソルートのベースグレードです。

格安の4代目アブソルートなら、走行距離は15万キロを超えてしまいますが、総支払額30万円台から見つかります。

また、走行距離5万キロ以下の中古車として買い頃のアブソルートなら、120万円台から見つかるでしょう。

標準グレードの「M」は、アブソルートに次いで中古車流通台数が多いですが、アブソルートより値落ちが大きいので、アブソルートより割安に購入出来るでしょう。

4代目オデッセイは輸出相場による底値があるので、たくさん距離を走る人はあえて過走行のオデッセイを安く購入して、底値で売る方法もあります。

例)
8年落ち オデッセイ アブソルート
走行距離15万キロ 修復歴なし 総額47万円

3年間で10万キロ乗って売却
売却時 11年落ち 走行距離25万キロ
買取相場 5万~15万円

普通に考えれば走行距離が25万キロを超えていれば、廃車となるイメージですが、4代目オデッセイの場合、普通に動く状態であれば25万キロ走行しても5万~15万円の輸出相場による底値が存在します。(30万キロオーバーでも値が付いています)

オデッセイの過走行輸出中古車相場

現行オデッセイがフルモデルチェンジされると、4代目オデッセイの輸出底値が下がる恐れがあるので、それまでに乗れるだけ乗って底値があるうちに売却すれば、コストパフォーマンスを最大限引き出せるでしょう。

⇒4代目オデッセイの中古車を検索

5代目オデッセイのおすすめ中古車と相場

5代目オデッセイの中古車相場

型式RC1、RC2、RC4型
生産2013年11月~現行モデル
マイナーチェンジ2017年11月16日
5代目オデッセイ中古車流通台数740台
中心価格帯200万~350万円台
最安価格帯~200万円台
最高価格帯350万~450万円台

歴代モデルを含め、オデッセイに初のスライドドアが採用されたのが、5代目オデッセイです。

スライドドア採用のため全高が高くなり、これまでのメリットであった機械式駐車場には入らないサイズとなりましたが、その分天井高が高くなりミニバンらしい広い室内空間を実現しています。

さらに、先代までの低床・低重心化のプラットフォームは引き継がれ、全高を高めてもオデッセイらしいキビキビとした走行性能は犠牲になっていません。

また5代目オデッセイから、ハイブリッド車が追加されたのも大きなトピックスです。

ココが変わった!5代目オデッセイのマイナーチェンジの内容

5代目オデッセイの中古車相場

2017年11月16日に行われたマイナーチェンジの変更点。

  • 自動ブレーキを含むホンダセンシングを全グレードで標準化
  • フロントバンパー、フロントグリル、アルミホイールのデザインを変更
  • 全グレードのエクステリアデザインを統一
  • 2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレスト、足元の小物入れ(スマホやペットボトル)を追加

5代目オデッセイ中古車の長所

  • 先代モデルより高くなった全高により、広くなった室内空間
  • スライドドアはやはり便利
  • 初期ガソリン車と比べてハイブリッドの乗り心地は改善している
  • アブソルートがレギュラー仕様になった

現行モデルのため、5代目オデッセイの中古車はまだまだ割高です。本格的に中古車価格がこなれてくるのは、フルモデルチェンジされ6代目オデッセイが発売されてからでしょう。

5代目オデッセイ中古車の短所

  • 初期ガソリン車の乗り心地が硬く段差で跳ねる

5代目オデッセイのデメリットは、初期型ガソリン車の固い乗り心地でしょう。

ミニバンの中ではスポーティな走行性能が評判ですが、反面固い乗り心地が同乗者から不評を買っています。

初期以降はダンパーのセッティング変更等で改善されていますが、初期型5代目オデッセイの中古車を購入するなら、試乗等で確かめたい部分ですね。

5代目オデッセイのおすすめ中古車

5代目オデッセイは、まだ中古車価格が落ち切っておらず割高な面がありますが、中古車流通量はそこそこあり、「新車より安い乗り出し価格で現行オデッセイに乗りたい」ならおすすめとなります。

5代目オデッセイの中古車で流通量が多いのが、「アブソルートEX」とベースの「アブソルート」です。

特に上級グレードのアブソルートEXの方が流通台数が多く、上記の項目で紹介したリセールバリューはアブソルートより低いので、中古車価格がそれなりに高価になりますが、割安感は高くなります。

ハイブリッドもアブソルートとアブソルートEXの中古車流通台数が多いので、価格や走行距離、装備など車の状態を比較しながら中古車探しが出来ます。

流通台数は少ないですが、マイナーチェンジ前の非アブソルートの中古車であれば、アブソルートより割安で購入出来るので、現行型オデッセイを安く買うなら検討したい所です。

中古車で買っても買い替え時の下取り金額は当然気になります。以下で現行型オデッセイを中古車で購入して、3年3万キロ乗った後、売却した場合のシミュレーションを見てみましょう。

例)
4年落ち オデッセイ アブソルート(ホワイトパール)
走行距離3.6万キロ 修復歴なし 総額230.7万円

3年間で3万キロ乗って売却or下取り
売却時 7年落ち 走行距離6.6万キロ
買取相場 98万~103万円

中古でオデッセイを購入して、売却までの間にフルモデルチェンジが入ったと仮定(買取相場が落ちる要因)すると、現在の相場で上記の買取相場が残ります。

上記オデッセイの中古車総額230.7万円から、購入時は多少の値引きが期待できるとは言え、売却or下取り時の損失額が100万円以上になる事を考えると、もう少し乗り続けて元を取っても良さそうですね。

⇒5代目オデッセイの中古車を検索

オデッセイの新古車は新車に比べてお得か?

新古車とは、明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1000キロ以下の新車に近い中古車と言う意味合いです。

中には走行距離がほぼゼロキロの未使用車もありますが、ここでは新古車に含めて解説します。

では、中古車販売店で売られているオデッセイの新古車は、新車よりもお得に買えるのでしょうか?シミュレーションしてみましょう。

新車オデッセイ新古車オデッセイ(未使用車)
グレード名2.4アブソルート EX ホンダセンシング2.4アブソルート EX ホンダセンシング
車両本体価格3,583,200円3,391,000円
オプションなし9インチナビ、マルチビューバックカメラ、ETC2.0、3年間無料点検パック(オイル交換含む)
諸費用254,580円276,000円
新車値引き▲280,000円交渉次第で可
総額
(乗り出し価格)
3,557,780円3,667,000円

新古車のオデッセイを新車と比較すると、約11万円高い結果となりました。

ただ、11万円高いながらも9インチナビやバックカメラ、ETC、点検パックが含まれているので、11万円の差額でこれらが込みであれば、新車より新古車の方がお得です。

本格的に検討するなら、新車の方にも新古車と同等のオプションを付けて、値引きを含んだ総額で比較させましょう。

どちらか安い方の総額を高い方へぶつけて値引き交渉をすれば、新車又は新古車のオデッセイがさらに安く購入できるでしょう。

番外として、業者オークションからオデッセイの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車オデッセイ(1年落ち・MC前)
グレード名2.4アブソルート EX ホンダセンシング
落札価格2,479,000円
オプションなし
消費税198,320円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)2,758,360円

新車のオデッセイの総額355.7万円に対して、オークション代行で1年落ち・走行距離1000キロ以下・マイナーチェンジ前のオデッセイアブソルートEXホンダセンシングを購入すると、約79.9万円安い275.8万円で購入出来ます。

マイナーチェンジ前の在庫車をディーラーが自社登録したものか、試乗車上がりが考えられますが、マイナーチェンジ前ながら新車よりもこれだけ安く買えるなら、オークションでオデッセイの新古車を探してみても良いかもしれないですね。

オークション代行は仕組みも分からず何となく敷居が高い・・のであれば、下記のサービスがおすすめです。

オデッセイの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でオデッセイを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いオデッセイが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のオデッセイの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のオデッセイが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なオデッセイを見つけるには時間も掛かりますし、さらにオデッセイの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

オデッセイの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にオデッセイを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-ホンダ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.