オデッセイの評価集

オデッセイに欠点・デメリットはあるか?オデッセイを徹底評価!

オデッセイは現行モデルが5代目となる、ホンダのミニバンのフラッグシップモデルです。

2020年11月に久々のマイナーチェンジが実施され、魅力が一段とアップしました。

内外装のデザインが変わり、装備も充実した新型オデッセイにはどのような欠点やデメリットがあるのか、探っていきましょう!

オデッセイを評価!欠点、デメリットはあるか?

ミニバンで気になるところと言えば、「家族を乗せて長距離を走っても快適であるか?」など、ドライブそのものに直結する快適性だと考える方が少なくないと思います。

そういったところに重点を置いてオデッセイの欠点を見ていきましょう!

乗り心地が悪い

オデッセイはサスペンションのセッティングが硬く、乗り心地は快適とは言えません。

段差や路面のうねりを正直に拾ってしまうため、舗装状態の悪い路面ではゴツゴツした突き上げ感の強い乗り心地になっています。

こうしたオデッセイの乗り心地の悪さは、サスペンションがハードな設定になっていることに加え、リアサスペンションにコスト優先のトーションビーム式が採用されていることも一因です。

トーションビームは半独立懸架式のサスペンションで、構造が単純でコストが低く抑えられることから、軽自動車やコンパクトカーによく採用されています。

ライバルであるアルファード/ヴェルファイアはダブルウィッシュボーン、エルグランドがマルチリンク式サスペンションを採用していますが、いずれも完全な独立懸架式です。

凸凹な路面でも左右のサスペンションが完全に独立して動作する上に、サスペンションのセッティングも柔らかめなため、乗り心地は明らかにオデッセイよりも優れています。

オデッセイの乗り心地の悪さは、ファミリーカーとして無視できない欠点と言えるでしょう。

パワーシートにシートポジションメモリー機能が無い

オデッセイ欠点

honda.co.jp/ODYSSEY

オデッセイの運転席は、全車に電動調整式の8ウェイパワーシートを採用してます。

そこはいい点なのですが、問題はシートポジションメモリー機能がないことです。

多人数を乗せる機会が少なからずあるミニバンでは、夫婦や友人同士で運転を交代することも考えられます。

そうした場合、ボタンひとつで自分自身のドライビングポジション呼び出してくれるシートポジションメモリー機能がないと、いちいち調整する必要があるので面倒です。

ちなみに、ライバルであるアルファード/ヴェルファイアやエルグランドのパワーシートにはシートポジションメモリー機能が付いているので、オデッセイの見劣りは否めません。

前席の収納が少なく使い勝手も悪い

収納が少ないという不満もクチコミ等で見掛けることが多いですね。

ミニバンというカテゴリーの性格上、収納が少ないというのはライバルと比較した時に、デメリットに感じてしまいやすいポイントではないでしょうか。

フロント周りに目を向けてみると、一部グレードには運転席と助手席の間にセンターコンソールボックスが設置されています。

容量は大きいのですが、深さがあり過ぎるうえ仕切りがないので、使い勝手はイマイチです。

オデッセイ欠点

 

また、センターコンソールに取り付けられているドリンクホルダーは位置が低く、こちらも使い勝手が良くありません。

オデッセイ欠点

 

フロントドアのポケット/ボトルホルダーも、ポケットが小さく書類などが収納できないのは残念です。

オデッセイ欠点

 

また、蓋付きの小物入れが運転席のインパネまわりにあれば良いのですが、オデッセイにはありません。

収納に関してはライバルに見劣りするばかりか、軽自動車のN-BOXにも見劣りしてしまいます。

タッチ式エアコン操作パネルの使い勝手が悪い

オデッセイ欠点

オデッセイのエアコン操作は、タッチ式パネルで行う方式です。

タッチ式パネルは先進的な外観が魅力的に見えますが、使い勝手という点では従来のボタン・ダイヤル式に軍配が上がります。

反応が良すぎて思い通りの操作ができなかったり、クリック感が無いことに慣れない方は多いようです。

また、指紋による汚れも気になりますし、それを拭き取り綺麗にするとなれば、パネルの磨き傷が目立ちやすかったりするのも難点です。

個人的に、見た目のスマートさ以外にメリットを感じることのない機能のように思います。

自動ブレーキの性能が低い

オデッセイは全車に自動ブレーキの「衝突軽減ブレーキ」が標準装備されますが、その性能はライバルと比べ劣っています。

オデッセイ欠点

ライバルのアルファード/ヴェルファイアの自動ブレーキは、夜間の歩行者や昼間の自転車も検知して作動します。

それに対し、オデッセイの自動ブレーキは歩行者を昼間しか検知できず、自転車は検知の対象に入っていません。

そのため、事故を起こしてしまうリスクはアルファード/ヴェルファイアよりもオデッセイの方が大きくなっています。

ガソリン車の装備が貧弱

オデッセイのガソリン車は、e:HEV (ハイブリッド) と同じグレードを選んでも装備が劣っています。

それは、渋滞追従機能付きの「全車速対応型アダプティブクルーズコントロール」と、オートブレーキホールド機能付きの「電子制御パーキングブレーキ」が不採用だという点です。

オデッセイ欠点

アダプティブクルーズコントロール

ガソリンエンジンモデルのデメリット

高速道路走行時の疲労を軽減するアダプティブクルーズコントロールや、ボタンひとつでパーキングブレーキの操作ができる電子制御パーキングブレーキは、あると大変重宝します。

この2つの機能はe:HEV専用装備で、ガソリン車はオプションで付けることさえ出来ません。

ガソリン車の価格を少しでも下げて、オデッセイ購入の間口を広げたい考えなのでしょう。

しかし、いまやアダプティブクルーズや電子制御パーキングブレーキは軽自動車のN-WGNでさえ全車標準装備です。

それを考えると、オデッセイのガソリン車も多少価格がアップしても標準化するべきでしょう。

オデッセイを評価!いいところは?

オデッセイにはユーザーを魅了する評価すべきポイントも沢山あります。

それらの良いところはデメリットや欠点をも超える魅力があるのか⁉︎

注目すべきポイントを幾つか紹介していきましょう!

手を触れずに開閉できるジェスチャーコントロール・パワースライドドア

オデッセイ欠点

オデッセイは全車の後席スライドドア (左右) に、手を触れることなく電動開閉できるジェスチャーコントロール・パワードアを標準装備。

スマートキーを携帯してドアに近付き、青い光の中央にかざした手を左右に動かすだけで、スライドドアが自動で開閉します。

両手が塞がっている場合は、肘をかざして操作することも可能です。

ライバル車はドアノブに触れないとスライドドアの開閉が出来ないので、ノータッチで開閉できる点はオデッセイの強みになっています。

足をかざすだけで開閉できるハンズフリーアクセスパワーテールゲート

オデッセイ欠点

オデッセイの上級グレードには、足をバンパー下部にかざすだけでテールゲートを開閉できるハンズフリーアクセスパワーテールゲートが装備されます。

アルファード/ヴェルファイアやエルグランドのパワーテールゲートは、ボタン操作をしないと開閉することが出来ません。

両手が荷物で塞がっているときには、明らかにオデッセイのハンズフリーアクセスパワーテールゲートの方が便利です。

開放感のある使いやすいラゲッジルーム

オデッセイ 格納式3列目シート

アルファード/ヴェルファイアの3列目シートは両サイド跳ね上げ式、エルグランドは前方に折り畳むタイプであるのに対して、オデッセイの3列目シートは床下に収納できるので、フラットなラゲッジルームになる上に、跳ね上げ式のように荷物を積む際にシートが邪魔になることもありません!

多少ラゲッジルームの広さに弱みのあるオデッセイですが、見た目も非常にすっきりして使い勝手が良いというところは、ライバルと比較しても圧倒的に優位なポイントで、ホンダの室内空間の使い方の巧さが表れていますね。

優れた操縦安定性

オデッセイはライバル車よりも全高が低く、その分重心位置も低くなっています。

さらに、乗り心地面では不利に働いたサスペンションの硬さも手伝い、操縦安定性はミニバン離れしたレベルです。

オデッセイなら、カーブが連続する山道でも楽しくスポーティに駆け回ることができます。

特にガソリン車はハンドリングが軽快なので、運転好きなお父さんやお母さんにおススメです。

クラストップの最小回転半径

オデッセイ欠点

オデッセイの最小回転半径は5.4mとなっており、5.6mを超えてくるラージサイズミニバンのライバルと比較しても、小回りが利くということがその数値から見て取れます。

ほんの数十cmの差ですが、狭い住宅街での運転や、そういった場所に自宅があり駐車の際に切り返しを何度かする必要がある…といったユーザーの方は、実際に運転してみるとその数十cmの差が大きなメリットと感じるはずです。

オデッセイの総合評価

オデッセイは本文でも触れたように、使い勝手に不便を感じる部分もあり、また高級ミニバンというジャンルでありながら、インテリアがチープだという意見も聞かれます。

特に仕上げの良さに定評のあるアルファード/ヴェルファイアと比べてしまうと、見劣りは否めません。

また、ハイブリッド人気という日本独特の市場の傾向から仕方のないこととは思いますが、ハイブリッドのe:HEVとガソリン車で装備に格差がある点も疑問が残ります。

一方で、マイナーチェンジの際にパワースライドドアやパワーテールゲートに便利な新機構を採用するなど、ユーザーの声をしっかりと聞いてより良い車をお客様に届けたい…というメーカーの思いも伝わってきます。

元々オデッセイは走行性能には定評があるので、装備面の欠点がさらに解消されれば一段と魅力的な車になるでしょう。

オデッセイのメリット・デメリットを含めじっくり検討して、自分自身に合ったグレード選びをしましょう!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

オデッセイの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのオデッセイ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がオデッセイを限界値引きで購入しています。

今月のオデッセイの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>オデッセイ値引き交渉マニュアル

-オデッセイの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.