オデッセイの評価集

オデッセイに欠点・デメリットはあるか?オデッセイを徹底評価!

オデッセイは現行モデルが5代目となる、ホンダのミニバンのフラッグシップモデルで、以前あった「エリシオン」と言うフラッグシップミニバンの生産終了に伴い、それと統合される形で5代目オデッセイは誕生しました。

先代までと大きく印象が変わった現行オデッセイには、どのような欠点やデメリットがあるのか?探っていきましょう!

オデッセイを評価!欠点、デメリットはあるか?

ミニバンで気になるところと言えば、「家族を乗せて長距離を走っても快適であるか?」など、ドライブそのものに直結する快適性だと考える方が少なくないと思います。

そういったところに重点を置いてオデッセイの欠点を見ていきましょう!

先代よりも格下げ⁉︎走りの質は落ちたか

先代オデッセイにはリヤのサスペンションに「ダブルウィッシュボーン」と呼ばれる、スポーツカーや高級車…はたまたレーシングカーにも採用されるようなサスペンションが採用されていました。

しなやかな足の動きで、コーナリング性能や乗り心地の質を高める高価なサスペンションなのですが、これが現行オデッセイになり「トーションビーム」式サスペンションへと格下げになってしまいました。

トーションビーム式サスペンション
※オデッセイ:honda.co.jp

トーションビームは軽自動車などにも採用されているサスペンションで、耐荷重性能はありますが構造が単純でコストが低く抑えられるのが特徴です。

ライバルであるアルファード/ヴェルファイアはダブルウィッシュボーン、エルグランドがマルチリンク式サスペンションを採用していることを考えると、オデッセイの足廻りの質がライバルに勝っているとは考えにくいでしょう。

実際、先代オデッセイから現行型に乗り換えたユーザーも、

「足廻りのしなやかな動きが無くなった」

「オデッセイらしさが無くなった。ボディが大きくなったことも影響しているのか?」

…といった印象を受けているようです。

また、段差での突き上げ感なども感じやすいサスペンションなので、乗り心地にも影響を与えてしまっているのも欠点のひとつだと言えます。

使い勝手に影響する欠点は⁉︎

パワーシートにシートメモリ機能が無い

この車格の車にシートメモリ機能が無いのは酷なように思います。

家族や多人数を乗せる機会が少なからずあるミニバンというジャンルに置いて、夫婦や友人同士で運転を交代する…ということも考えられます。

よって、自分自身のドライビングポジションをばっちり出してくれるシートメモリ機能は、とても有難い機能です。

ちなみにライバルであるアルファード/ヴェルファイアにはシートメモリ機能が付いており、エルグランドやエスティマには付いていないようです。

収納が少なく使い勝手が悪い

収納が少ないという不満もクチコミ等で見掛けることが多いですね。

ミニバンというカテゴリーの性格上、収納が少ないというのはライバルと比較した時に、デメリットに感じてしまいやすいポイントではないでしょうか。

まずフロント周りに目を向けてみると、一部グレードには運転席と助手席の間に「大型センターコンソールボックス」が設置されていますが、深さがあり使い辛さは否めません。

オデッセイ フロントドアポケット ボトルホルダー
※オデッセイ:honda.co.jp

フロントドアパネルのドリンクホルダーは小さいので置くものを選びそうです。

オデッセイ センターコンソールリフトアップトレイ
※オデッセイ:honda.co.jp

また、センターパネル下のドリンクホルダーは位置が低く、使い辛そうですね。

蓋付きの小物入れがハンドル周りなどにあれば良いのですが、オデッセイにはありません。

次にセカンドシート周りの収納ですが、特に7人乗り仕様の収納が左右スライドドアのドリンクホルダーのみと極端に少なく、不満の声が多かったこともあってか、マイナーチェンジのタイミングでシート本体の足元にスマートフォンやペットボトルが置けるホルダーが追加されたようです。

これにより、やっと最低限満たしておいて欲しい収納レベルになったという感じですね。

パワーテールゲートの不採用

先代のオデッセイでは装備可能なグレードもあった「パワーテールゲート」が、現行型では不採用となっています。

小さいお子さんや荷物を抱えてテールゲートの開閉を手動で行わなければいけないのは、不便に感じる方も多いはずです。

タッチパネル式エアコンパネルの不満

オデッセイ エアコンパネル
※オデッセイ:honda.co.jp

最近増えているタッチパネル式のエアコンパネルは先進的な見た目の印象は良いですが、使い勝手という点では従来のボタン・ダイヤル式に軍配が上がります。

反応が良すぎて思い通りの操作ができなかったり、クリック感が無いことに慣れない方は多いようです。

また、指紋による汚れも気になりますし、それを拭き取り綺麗にするとなれば、パネルの磨き傷が目立ちやすかったりするのも難点です。

個人的に、見た目のスマートさ以外にメリットを感じることのない機能のように思います。

ガソリンエンジンモデルのデメリット

ハイブリッドが全体の販売の7割を占めているオデッセイですが、ガソリンエンジンを選ぶユーザーには残念な装備の差があります。

ガソリンエンジンモデルのデメリット
※オデッセイ:honda.co.jp

渋滞追従機能付きの全車速対応型「アダプティブ・クルーズ・コントロール」とオートホールド機能付きの「電磁式パーキングブレーキ」が不採用だという点です。

先進的な機能でもあるこの2つを待ち望んでいたユーザーは多いはずで、2017年11月のマイナーチェンジでついに追加となった装備ですが、ハイブリッドのみでの採用となりました。

素晴らしい機能なだけに少し残念ですね。

オデッセイを評価!いいところは?

オデッセイにはユーザーを魅了する評価すべきポイントも沢山あります。

それらの良いところはデメリットや欠点をも超える魅力があるのか⁉︎

注目すべきポイントを幾つか紹介していきましょう!

クラストップ!充実の安全機能

ホンダ運転支援システム(ホンダセンシング) イメージ画像
※オデッセイ:honda.co.jp

2017年11月のマイナーチェンジで、「ホンダセンシング」が全車標準装備となったのは、1番に評価すべきポイントだと言えるのではないでしょうか⁉︎

  1. 歩行者も検知する自動ブレーキ
  2. .誤発進抑制機能
  3. 歩行者事故低減ステアリング
  4. 路外逸脱警報機能
  5. アダプティブ・クルーズ・コントロール(ハイブリッドのみ渋滞追従機能付)
  6. 車線維持支援システム
  7. 先行車発進お知らせ機能
  8. 標識認識機能

という8つの予防安全機能が標準装備されており、安心・安全なドライブに繋がる嬉しいポイントで、ラージサイズミニバンとしてはライバルと比べて、頭ひとつ抜き出た性能だと言えるでしょう!

同乗者へのおもてなしポイント

家族や友人に後部座席に乗ってもらう際の、嬉しいおもてなしポイントが…

  • 超低床プラットホームによる、床下約30cmという乗り降りのしやすさ
  • オットマンは勿論のこと、大型ヘッドレストや中折れ機能付きの背もたれを装備した7人乗り仕様のプレミアムクルードシート
  • EXグレードの専用装備ではありますが、リヤシートも暖房が使える上にフロントシートとは別に単独で温度の調整が可能な「トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコン」

乗り降りしやすい超低床プラットホーム
※オデッセイ:honda.co.jp

…これらは同乗者にとっては、快適なドライブに繋がる嬉しいポイントではないでしょうか。

特に乗り降りの負担が軽いという点は、小さなお子さんだけではなく年配の方にとっても有り難いですよね。

開放感のある使いやすいラゲッジルーム

オデッセイ 格納式3列目シート
※オデッセイ:honda.co.jp

アルファード/ヴェルファイアの3列目シートは両サイド跳ね上げ式、エルグランドは前方に折り畳むタイプであるのに対して、オデッセイの3列目シートは床下に収納できるので、フラットなラゲッジルームになる上に、跳ね上げ式のように荷物を積む際にシートが邪魔になることもありません!

多少ラゲッジルームの広さに弱みのあるオデッセイですが、見た目も非常にすっきりして使い勝手が良いというところは、ライバルと比較しても圧倒的に優位なポイントで、ホンダの室内空間の使い方の巧さが表れていますね。

クラストップの最小回転半径

最小回転半径 イメージ図
※オデッセイ:honda.co.jp

オデッセイの最小回転半径は5.4mとなっており、5.6mを超えてくるラージサイズミニバンのライバルと比較しても、小回りが利くということがその数値から見て取れます。

ほんの数十cmの差ですが、狭い住宅街での運転や、そういった場所に自宅があり駐車の際に切り返しを何度かする必要がある…といったユーザーの方は、実際に運転してみるとその数十cmの差が大きなメリットと感じるはずです。

オデッセイの総合評価

オデッセイは本文でも触れたように、使い勝手に不便を感じることが少なくないようで、また高級ミニバンというジャンルでありながら、インテリアがチープだという意見も聞かれます。

例えばパワーウィンドウスイッチ部がプラスチック素材そのままであるなど…

実際に手を触れる・頻繁に使う箇所については、操作性・高級感共にもう少し改善を望みたいところですね。

一方で、安全装備の全車標準化やマイナーチェンジ毎に欠点である収納力の少なさをリカバリーする装備を追加するなど、ユーザーの声をしっかりと聞いてより良い車をお客様に届けたい…というメーカーの思いも伝わってきます。

また、ハイブリッド人気という日本独特の市場の傾向から仕方のないこととは思いますが、ハイブリッド仕様とガソリン仕様で装備に格差があるのは疑問が残ります。

ただ、どちらもボディの大きさを感じさせないよく走るエンジンであることは間違いないでしょう。

オデッセイのメリット・デメリットを含めじっくり検討して、自分自身に合ったグレード選びをしましょう!

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

オデッセイの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのオデッセイ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がオデッセイを限界値引きで購入しています。

今月のオデッセイの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>オデッセイ値引き交渉マニュアル

-オデッセイの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.