ホンダ車モデルチェンジ推移と予想

ホンダ オデッセイ モデルチェンジ推移2017年11月16日

ホンダニュースリリースより

-----

「ODYSSEY」をマイナーモデルチェンジして発売

Hondaは、広い室内空間と風格のあるスタイリング、優れた燃費性能と上質な走りなどで好評の上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上させ、11月17日(金)に発売します。

●主な変更点
○「Honda SENSING」の機能を充実させ、全タイプ標準装備化
・先進の安全運転支援システム、Honda SENSINGの全8機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルともに全タイプに標準装備。ミリ波レーダー・単眼カメラによる車両前方の状況認識とブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援します。
・ハイブリッドモデルでは、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能を追加。前走車がいない場合は設定した車速を自動で維持し、前走車がいる場合は自動で加減速をして適切な車間距離を保つよう支援し、高速道路などでの運転負荷軽減を図ります。
オデッセイに搭載するHonda SENSINGの機能
・衝突軽減ブレーキ<CMBS>
・誤発進抑制機能
・ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>※1
・LKAS<車線維持支援システム>
・先行車発進お知らせ機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・標識認識機能

○エクステリアデザインの進化
・フロントのバンパー、グリルのデザインを変更し、力強い印象のフロントマスクに仕上げたほか、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのエクステリアデザインを統一。
・アルミホイールに新規デザインを採用。しなやかな乗り心地と安定感を追求し、足元を引き締める、精悍なデザインとしています。
・ボディーカラーには、新たに「コバルトブルー・パール」、「プラチナホワイト・パール」を採用し、全7色のラインアップを設定。

○インテリアに快適装備を採用
・オデッセイの特長の一つである2列目プレミアムクレードルシート※2には、深いくつろぎをもたらす大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納可能な小物入れを採用し、さらにリラックスできる空間を演出します。
・Honda純正ナビゲーション「Gathers(ギャザズ)」※3は9インチナビゲーションに対応。ナビ装着用スペシャルパッケージ※4と組み合わせることでより使いやすく、ドライブをサポートします。

※1渋滞追従機能付きはハイブリッドモデルのみ
※2タイプ別設定
※3ディーラーオプション
※4リアワイドカメラ、ナビ・オーディオリモートコントロールスイッチ、ハンズフリーテレホンスイッチ、音声認識スイッチ*、デジタルTV用プリントアンテナ<12セグ/ワンセグ>、専用ワイヤーハーネス、USBジャック<1ヵ所>、HDMI®入力端子
* 音声認識スイッチとHDMI®入力端子は一部のナビゲーションに対応

●ボディーカラー
コバルトブルー・パール(新採用色)
プラチナホワイト・パール(新採用色)
スーパープラチナ・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムヴィーナスブラック・パール
プレミアムスパイスパープル・パール
プレミアムディープロッソ・パール

※プラチナホワイト・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムヴィーナスブラック・パール、プレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムディープロッソ・パールは、43,200円(消費税8%抜き40,000円)高

●販売計画台数(国内・月間) 1,500台

・価格(消費税込み)

2,980,000-4,150,000円

「ODYSSEY」をマイナーモデルチェンジして発売

ホンダ オデッセイのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-ホンダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.