オデッセイの評価集

オデッセイは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

オデッセイは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

オデッセイは、ミニバンの長所である広大な室内スペースに加えて、優れた走行性能が両立している点が魅力です。

しかし、そんな魅力に惹かれながらも、ボディが大きいので運転が難しそうだと思い、購入をためらっている方も意外と多いのではないでしょうか?

ここでは、オデッセイの運転は難しいのかどうかついて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

オデッセイの大きさは?ボディサイズをチェック

まずは、オデッセイの人気グレード「ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【オデッセイ ハイブリッド アブソルート ホンダセンシング】
全長 4,840mm
全幅 1,820mm
全高 1,685mm

幹線道路では問題ないとしても、狭い路地や駐車場ではそれなりに気を使うサイズと言えるでしょう。

ここでコンパクトカーからの乗り換えを想定し、フィットとサイズを比較してみます。

ホンダ フィットハイブリッド

※フィット 出典honda.co.jp

【フィット ハイブリッドL ホンダセンシング(2WD)】
全長 3,990mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm

オデッセイはフィットと比較すると全長が80cm以上長く、全幅も10cm以上広いなど、かなり大きさが違います。

フィットから乗り換えると、運転が難しいと感じることが多くなるはずです。

暫く乗り続けて大きさに慣れたとしても、狭い路地では持て余し気味になるかもしれません。

オデッセイの小回りは効くか?オデッセイの最小回転半径

次に、オデッセイの小回り性を検証してみましょう。

オデッセイの最小回転半径は5.4mで、フィットの4.9mよりも50cm大きい数値です。

ボディが遥かに大きい上に小回りが効かないとなると、駐車の際などに苦労するケースが多くなることでしょう。

とはいえ、5.4mという数値は、ボディサイズから考えるとむしろ小回りが効く部類なのです。

例えば、ボディがひと回り小さいジェイドは最小回転半径が5.5~5.7mもあるので、オデッセイの小回り性能の高さが分かると思います。

オデッセイは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

オデッセイの車両感覚&運転感覚

オデッセイのフロントの見切りは悪い

オデッセイの見切りは?

※オデッセイ:honda.co.jp

オデッセイは、フロントガラスの面積が大きく前方視界が良い一方で、フロントの見切りは決して良いとは言えません。

何故なら、運転席からボンネットの先端が見えないからです。

したがって、切り返しの際にフロントバンパーの角を壁などに擦ってしまうリスクも無いとは言えません。

一方、斜め前方視界の点では、大きな三角窓が備わるため死角が少なく、右左折時の安全確認は容易です。

オデッセイの車幅の感覚は掴みやすい?

車幅の感覚が掴みやすい車の条件として、運転席からボンネットの先端が見えることと、左右のAピラーが同時に視野に収まることなどがあげられます。

オデッセイは先ほど解説したようにボンネット先端が目視できない上、幅が広いためAピラーが左右同時に目に入りません。

したがって車幅の感覚が掴みにくく、車体を路肩ギリギリに寄せる場合などは神経を使う場面も見られるでしょう。

オデッセイの後方視界は及第点

オデッセイの後方視界はまずまず。

※オデッセイ:honda.co.jp

オデッセイはミニバンとしては全高が低いので、リアウィンドウの天地の高さも狭い方です。

しかし、左右の幅は十分取られているので、後方視界は決して悪くありません。

また、斜め後方視界に関しても、リアクオーターピラーが比較的細いため死角が少なくなっています。

総じて、オデッセイの後方視界には及第点を与えて良いでしょう。

オデッセイの駐車にはコツがある?

オデッセイは後方及び斜め後方視界に問題がないので、大きさの割にはバックでの駐車が容易と言えます。

また、ミニバンとしてはベルトラインの位置が低いので、直近の死角も少ない方です。

とはいえ、背の低いコンパクトカーと比べると小さい子供などを見落としてしまうリスクが高いので、十分な安全確認が欠かせません。

オデッセイの運転で役立つアイテム

ハイブリッド/ハイブリッド アブソルート/アブソルートならマルチカメラビューシステム+ホンダスマートパーキングアシストシステム+パーキングセンサーシステム

最上級グレードのアブソルートEX系には、駐車などをサポートするアイテム「マルチカメラビューシステム」「ホンダスマートパーキングアシストシステム」「パーキングセンサーシステム」の3点が標準装備されますが、ハイブリッド/ハイブリッド アブソルート/アブソルートの場合はメーカーオプションとなります。

各アイテムの機能は、以下のとおりです。

マルチカメラビューシステム

オデッセイのマルチビューカメラシステム

※オデッセイ:honda.co.jp

純正ナビ画面に車両周辺の映像を表示し、駐車時や見通しの悪い交差点での安全確認を支援します。

ホンダスマートパーキングアシストシステム

駐車枠を自動で認識するとともに、駐車時のハンドル操作をアシストします。

パーキングセンサーシステム

オデッセイのパーキングセンサーシステム

※オデッセイ:honda.co.jp

8つの超音波センサーで周囲の障害物を検知し、音とナビ画面上の表示などで注意を促します。

これらのアイテムは、いずれもボディが大きいオデッセイの運転を容易にしてくれるものです。

オプション価格は3点セットで99,600円と安くはありませんが、表記のグレードを購入する場合は付けておいた方が良いでしょう。

リアカメラdeあんしんプラス2

後方死角サポート

※オデッセイ:honda.co.jp

全車に安全運転支援システムのホンダセンシングが標準装備されるオデッセイですが、更に予防安全性を高めたい場合は、ディーラーオプションの「リアカメラdeあんしんプラス2」がお勧めです。

このアイテムは、リアカメラで捉えた映像やマークを純正ギャザズナビ画面に表示するもので、以下の4つの機能が備わります。

・後方の映像と上から見下ろした映像を併せたミックスビュー画面を表示し、駐車を支援する「後退駐車サポート」

・後方左右から接近する車両や歩行者などを画面に表示すると同時に、音により注意を促す「後退出庫サポート」

・後側方に車両がいる状況でウィンカーを出して車線変更しようとすると、マーク表示と音で注意を促す「後方死角サポート」

・ウインカーを出さずに車線から逸脱しそうになると、警報で注意を促す「車線キープサポート」

これだけ充実した機能を持ちながら、価格は25,920円とお手頃になっています。

ギャザズナビを装着する場合は、このアイテムも同時に装着すると良いでしょう。

フロントカメラシステム

ギャザズナビを装着した場合、フロントカメラの映像をナビ画面に表示するフロントカメラシステムを付けることが可能になります。

このアイテムがあれば、見通しの悪い駐車場や路地から発進する際、目視では見えない範囲をナビ画面で確認できるので、安全性が高まります。

また、フロントの見切りが悪いオデッセイの欠点を補うこともできるので、43,740円の出費を後悔することはないでしょう。

アドバンスドルームミラー

オデッセイのアドバンスルームミラー

※オデッセイ:honda.co.jp

車両後方のカメラで捉えた映像をルームミラーに表示するアイテムで、2列目/3列目シートに人を乗せたり、大きな荷物を積んだりした場合でもクリアな後方視界が確保できるメリットがあります。

また、左右の視野角が標準ルームミラーの約20°から約40°へ、上下の視野角が約5°から約9°へと拡大されるので、車両や歩行者などの見落としが少なくなるのもメリットです。

価格は84,240円と高価ですが、それだけの価値はあります。

オデッセイの運転のしやすさまとめ

オデッセイはボディが大きい上、フロントの見切りが悪いので、運転がやや難しい部類に入ります。

特に運転に苦手意識のある女性は、仮に旦那さんやお父さんがオデッセイを購入した場合、運転するのを敬遠してしまうかもしれません。

奥さんや娘さんにもオデッセイを運転して欲しい男性は、ここで紹介した運転に役立つアイテムの装着をお勧めします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


オデッセイの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのオデッセイ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がオデッセイを限界値引きで購入しています。

今月のオデッセイの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>オデッセイ値引き交渉マニュアル

-オデッセイの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.