三菱車モデルチェンジ推移と予想

三菱 アウトランダー モデルチェンジ推移2020年10月29日

三菱ニュースリリースより

--------------------

ミッドサイズSUVのプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を一部改良して発売

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、ミッドサイズSUVのプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』のグレード展開を見直すとともに一部改良を施し、10月29日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は、4,364,800円~5,294,300円(消費税10%込)。

1.  主な変更点
(1)グレード展開

・「S Edition」、「G Premium Package」、「G Plus Package」、「G」の全4グレード展開に見直しました。また、特別仕様車の「BLACK Edition」を継続販売いたします。

(2)機能装備
・これまで「S Edition」と「G Premium Package」のみ標準装備としていた、予防安全技術「e-Assist」の後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]*1と後退時車両検知警報システム[RCTA]*2を全車に標準装備とすることで、ドライバーの負担をいっそう軽減させ、乗る人すべてに安心・安全を提供します。

・車両接近通報装置の法規対応に伴い、車両接近通報OFFスイッチの廃止と、通報音の音量・音質を最適化させました。

*1…Blind Spot Warning/Lane Change Assist。高速道路などの複数車線道路を走行中、ドライバーから死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知します。また、その状態で車両のいる方向にウインカーを出すと、警報ブザーとドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促します。

*2…Rear Cross Traffic Alert。駐車場などから後退して出庫する際、ドライバーの死角になりやすい斜め後方の接近車両を検知すると、警報ブザー、インフォメーション画面表示、ドアミラーインジケーターの点滅で注意を促します。

・価格(消費税込み)

4,364,800-5,294,300円

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダー/PHEVのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-三菱車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.