アウトランダーの評価集

アウトランダーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

アウトランダーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

三菱のクロスオーバーSUV「アウトランダー」は、優れた悪路走破性や先進の予防安全システム「e-アシスト」の採用、優れた燃費・環境性能を誇る「PHEV」シリーズの設定などが魅力となっています。

また、SUVなので当然4WD車がラインナップの主力となっていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

アウトランダーの4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

アウトランダーとアウトランダーPHEVは全てのグレードで2WDか4WDのどちらかしかないため、完全に同じグレードでの2WD/4WD比較ができません。

そこで、排気量は違うものの売れ筋グレードの一つであるアウトランダー24Gプラスパッケージ(4WD)と、同じく20Gプラスパッケージ(2WD)を比較してみましょう。

アウトランダー 20Gプラスパッケージ(2WD車) 3,083,940円

アウトランダー 24Gプラスパッケージ(4WD車) 3,356,100円

排気量に400㏄の差があること、そして駆動方式がより複雑である事などから、4WD車の方が約27万円高くなっています。

アウトランダーの2WD車と4WD車の仕様の違いは?

アウトランダー4WD車のボディスペック

スペック
アウトランダー 24Gプラスパッケージ(4WD)アウトランダー 20Gプラスパッケージ(2WD)
全高(mm)1,710
1,710
最低地上高(mm)190190
車両重量(kg)1,570
1,500
燃料タンク容量(L)6063

4WD車と2WD車と比較すると、ボディサイズに差は無いものの、車両重量は駆動方式の複雑化などに伴い70kg重くなっています。

また、ガソリンタンク容量が3ℓ小さくなるのも相違点です。

アウトランダー4WD車のパワートレイン&メカニズム

アウトランダーのパワートレインは、4WD車が2,400㏄ガソリンエンジン(最高出力124kw/最大トルク220N・m)であるのに対して、2WD車は2,000㏄ガソリンエンジン(最高出力110kw/最大トルク190N・m)となっており、それぞれに大きな差があります。

アウトランダー4WD車のインテリア

アウトランダーは4WD/2WDのどちらも乗車定員は7名となっています。

また、室内空間はどちらも幅1,495mm奥行き2,580mm×天井高1,265mmとなっており、駆動方式の複雑化による影響は出ていないようです。

アウトランダー4WD車の装備

アウトランダーの運転席・助手席シートヒータースイッチ

※アウトランダー:mitsubishi-motors.co.jp

アウトランダーの4WD車のみにつけられる装備として、ドライブモードセレクター(標準装備)、電動ガラスサンルーフ(24M除くメーカーオプション)、S-AWC&アクティブヨーコントロール(メーカーオプション)などがあります。

ライバル車との価格差は?

アウトランダー4WDのライバル車は?

アウトランダー4WDのライバル車のハリアー

アウトランダーPHEVのライバルには、後輪をモーターで駆動する「E-Four」システムを採用する「トヨタ・ハリアーハイブリッド」をあげるのが妥当でしょう。

アウトランダーPHEVのGプラスパッケージと競合するグレードには、「ハリアー プログレス」が該当します。

価格を比べるとアウトランダーPHEVが447万9,840円であるのに対し、ハリアーハイブリッドは460万4,040円(※北海道地区は462万1,320円)と15万円近く高価になっています。

パワートレインの違いは?

スペック
アウトランダーPHEV 2.0 G ナビパッケージ 4WD

ハリアー プログレス 4WD

最高出力(ps)128
152
Fモーター82143
Rモーター9568
最大トルク(kgm)20.321.0
Fモーター14.027.5
Rモーター19.914.2
車両重量(kg)1,890
1,800

ハリアーハイブリッドのパワートレインは、前輪を2.5Lガソリンエンジン(最高出力152ps/最大トルク21.0kgm)とモーター(最高出力143ps/最大トルク27.5kgm)を組み合わせたハイブリッドシステムで、後輪をモーター(最高出力68ps/最大トルク14.2kgm)で駆動する構成になっています。

アウトランダーPHEVとは制御が異なるため、優劣を付けるのは困難ですが、雪上での性能に関しては、後輪をハリアーよりも強力なモーターで駆動するアウトランダーが勝ると言えそうです。

装備の差は?

アウトランダーPHEV、ハリアーハイブリッドとも装備はかなり充実しており、甲乙付け難いものがあります。

それを考えると、コストパフォーマンスはアウトランダーの方が高いとも言えます。

アウトランダー・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

アウトランダーPHEVの燃費は、カタログ燃費(JC08モード)が18.6km/L、当サイトの調査による実燃費が17.5km/Lとなっています。

達成率は94.0%と非常に優秀です。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

当サイトの調査によると20G系の実燃費は11.7km/Lなので、PHEVの方が5.8km/Lも勝ります。

カタログ燃費の差が2.6km/Lであることを考えると、PHEVの実燃費の素晴らしさが際立ちます。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、ハリアーハイブリッドの実燃費は14.6km/Lなので、アウトランダーPHEVの方が3km/L近く優れています。

カタログ燃費では2.2km/L勝るハリアーハイブリッドが実燃費では大差で負けたわけですが、トヨタのハイブリッド車はカタログ燃費との乖離が大きい傾向があることを考えれば、そう不可解な結果でもありません。

アウトランダー・4WD車の雪道の走行性能は?

アウトランダーの4WDはどんなシステム?

アウトランダー4WDの概要

アウトランダーのS-AWC ドライブモードセレクター

※アウトランダー:mitsubishi-motors.co.jp

アウトランダーPHEVの4WDシステムは、前後駆動力配分システムの「ツインモーター4WD」をベースに、左右駆動力配分システムのアクティブヨーコントロール、アクティブスタビリティコントロール(車両安定化制御装置)、ABSを統合制御する三菱自動車独自の「S-AWC(スーパー・オールホイールコントロール)」が採用されています。

一方、ガソリン車にも4WDの設定があり、同じくS-AWCが搭載されていますが、ベースが電子制御カップリング式の「電子制御4WD」となるのが相違点です。

アウトランダー4WDの制御

アウトランダーPHEVの場合、駆動トルクや回生トルクを最適化する機能も備え、様々な路面状況において安定感ある走行性能を実現しています。

また、路面状況に応じて4つのモード切替が可能であり、通常走行の「NORMAL」と走破性を高める「LOCK」、雪道に特化した「SNOW」、峠道など機敏な走行を追求する「SPORT」と、それぞれ使いこなせます。

一方ガソリン4WD車は、フロントにコーナリング性能を高めるアクティブフロントデフが備わります。

また、ドライブモードに通常は燃費のよい2WDで走行し、滑り易い路面になると後輪へのトルク配分を行う「4WD ECO」が備わるほか、標準モードの名称が「NORMAL」ではなく「4WD AUTO」となる点がPHEVとの相違点です。

アウトランダーの雪道での実際の走行性能は?

アウトランダー4WDの発進・加速時

通常の圧雪路であれば、PHEVなら「NORMAL」、ガソリン4WD車なら「4WD AUTO」でも十分に対応できます。

2WD(FF)車が発進時に盛大なホイールスピンによるパワーロスが発生するのに対し、前輪のスリップを検知するとすぐさま後輪にトルクが配分されるため、スムーズかつ安定した発進・加速が可能です。

特に、低速トルクとレスポンスに優れたモーターを主動力とするPHEVは、強力かつ気持ちのよい加速が印象的です。

また、圧雪路よりもさらに滑り易いアイスバーンの場合は、ガソリン車なら4WD LOCK、PHEVならSNOWモードを選んだ方が効率的かつ力強い発進が可能です。

アウトランダー4WDの登坂時

アウトランダー4WDの雪道での走行性能は?

雪道での登坂性能においても、同じスタッドレスタイヤを履いた2WD車に差を付け、スタックのリスクも遥かに少なくなります。

また、降坂時においては、特にPHEVは6段階に強さを変えられる回生ブレーキが4輪に働くため、フットブレーキに頼らない安全な制動ができます。

アウトランダー4WDの通常走行時

どのような路面状況においても、安定した走行が可能です。

コーナリング時においては、アクティブヨーコントロールの威力で思いのほか回頭性がよく、滑り易い雪道でも狙った通りのライン取りをすることができます。

ことに、重い駆動用バッテリーを床下に搭載するPHEVは重心位置が低いため、見た目の腰高感とは裏腹に非常にコントローラブルです。

一方、ガソリン4WD車は重心位置こそ高いものの、アクティブフロントデフの威力でPHEV以上に「よく曲がる」印象があります。

また、PHEV/ガソリン車ともに最低地上高が190mm確保されているので、深雪にも強い部類に属します。

アウトランダー・4WDのまとめ

アウトランダー4WDまとめ

アウトランダー・4WD車の雪道での走行性能は、PHEV/ガソリン車ともにかなり高い水準にあり、どちらも豪雪地帯での使用にも対応できます。

また、燃費性能に関しては、ガソリン車は平凡であるものの、PHEVに関しては軽自動車を除く4WD車の中ではトップレベルにあります。

PHEVとガソリン車のどちらを選ぶかはケースバイケースですが、予算に余裕があればドライバビリティーや燃費に優れたPHEVがおススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アウトランダー/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダー/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.