アウトランダーPHEVの評価集

アウトランダーPHEVの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

アウトランダーPHEVの4WD性能

三菱のクロスオーバーSUV「アウトランダーPHEV」は全車4WDで、2WDも設定される「なんちゃってSUV」とは本気度が違います。

路面を問わない走行性能や燃費性能は、最大のアピールポイントです。

ここでは、アウトランダーPHEVの実際の雪道での走行性能や燃費性能がどの程度の水準にあるのかを徹底的に評価します!

ライバル車との価格差は?

アウトランダーPHEVのライバル車は?

アウトランダーPHEVの最大のライバルとして、同じプラグインハイブリッド車の「トヨタ・RAV4 PHV」をあげるのが妥当でしょう。

アウトランダーPHEVの売れ筋グレード「P」と競合するRAV4 PHVのグレードは、「 ブラックトーン」です。

価格はアウトランダーPHEV Pが5,320,700円であるのに対し、RAV4 PHV ブラックトーンは5,390,000円と7万円ほど高く設定されています。

パワートレインの違いは?

スペック
アウトランダーPHEV P

RAV4 PHV ブラックトーン

パワートレインフロントモーター+リヤモーター (通常走行時の駆動用)

2.4Lガソリンエンジン (発電用&高速巡行時の駆動用)

2.5Lガソリンエンジン+フロントモーター+リヤモーター
システム最高出力 (ps)240
306
車両重量 (kg)2,110
1,920
0~100Km/h加速 (s)8.2
6.0

パワートレインは共にエンジン+フロントモーター+リヤモーターから構成されますが、制御は全く異なっています。

アウトランダーPHEVは通常はフロントとリヤのモーターでタイヤを駆動し、エンジンは専ら発電用に使用。

高速巡行時に限り、タイヤの駆動をモーターからエンジンに切り替えます。

それに対しRAV4 PHVは、常時エンジンと前後のモーターを協調させてタイヤを駆動するシステムです (一定の距離・速度域ではモーターのみでの走行も可)。

システム最高出力でアウトランダーPHEVはRAV4 PHVに大きく劣るうえ、車両重量も重いため動力性能では不利で、0~100km/h加速は2秒以上遅いタイムです。

装備の差は?

アウトランダーPHEVにあってRAV4 PHVにはない装備は、以下のとおりです。

  • カーナビ
  • プレミアムサウンドシステム
  • 3ゾーン独立温度コントロール式フルオートエアコン

一方RAV4 PHVにあってアウトランダーPHEVにない装備として、以下のものがあります。

  • デジタルインナーミラー
  • 前席シートベンチレーション
  • イルミネーテッドエントリーシステム

このように装備面では一長一短があり、ほぼ互角と言ってよいでしょう。

 

アウトランダーPHEV・4WD車の実燃費は?

実燃費は?

アウトランダーPHEV Pのカタログ燃費は16.2km/L。

実燃費のデータがまだないためカタログ燃費×0.8で試算すると、

16.2×0.8≒13km/L

と出ました。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるとRAV4 PHVの実燃費は21.1km/Lなので、あくまでも試算値ではありますがアウトランダーPHEVは8km/Lほど劣ります。

カタログ燃費でもRAV4 PHVは6km/Lも勝るので、アウトランダーPHEVが実燃費で超えるのは無理でしょう。

アウトランダーPHEV・4WD車の雪道の走行性能は?

アウトランダーPHEVの4WDはどんなシステム?

アウトランダーPHEVの4WDシステムの概要

 

アウトランダーPHEVは、4WDシステムに三菱自動車独自の「S-AWC (スーパー・オールホイールコントロール)」を採用しています。

前後駆動力配分システム「ツインモーター4WD」をベースに、前後のブレーキをコントロールするAYC、スタビリティコントロール機能やトラクションコントロール機能、ABSを統合制御するシステムです。

アウトランダーPHEVの4WDの制御

駆動トルクや回生トルクを最適化する制御も行い、様々な路面状況において安定性と旋回性を兼ね備えた走行性能を実現しています。

また路面状況や走行に応じ、以下の7つのドライブモードの選択が可能です。

  • 様々な路面状況に対応し燃費性能も優れたノーマルモード
  • 加速力とアクセルレスポンスを高めるパワーモード
  • 経済性を重視した穏やかな走りのエコモード
  • ワインディング走行時の旋回性を高めるターマックモード
  • 悪路でのトラクションを高めるグラベルモード
  • 雪道など滑りやすい路面でも安心して走行できるスノーモード
  • ゆかるみや新雪路での走破性を高めるマッドモード
アウトランダーPEHV4WD

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

アウトランダーPHEVの雪道での実際の走行性能は?

アウトランダーPHEV4WDの発進・加速時

通常の圧雪路なら、走行モードはノーマルモードで十分対応が可能です。

いずれかのタイヤが空転すると、瞬時に空転していないタイヤにトルクが重点的に配分されるため、スムーズかつ安定した発進・加速ができます。

低速トルクとレスポンスに優れたモーターがメイン動力なので、力強く胸のすくような加速が印象的です。

また圧雪路以上に滑り易いアイスバーンの場合も、スノーモードを選ぶことで対応できます。

更に深雪路の場合も、走破性を高めるマッドモードを選べばスタックのリスクが減少します。

勿論こうした走破性の高さもスタッドレスタイヤを履いこそ実現するもので、標準装備のサマータイヤではいくらアウトランダーPHEVの能力を持ってしても雪道には対応できません。

アウトランダーPHEVの登坂・ダウンヒル時

アウトランダー4WDの雪道での走行性能は?

雪が積もった上り坂でも、4輪にトルクが最適に配分されるため立往生するリスクは低く抑えられています。

またダウンヒル時においても、6段階に効き具合を変えられる回生ブレーキが4輪に働くため、フットブレーキに頼らず安定した減速が可能です。

アウトランダーPHEVの通常走行時

雪面の滑りやすさが刻々と変化するような路面においても、安定かつスポーティな走行ができます。

コーナリング時の旋回性は背の高いSUVとは思えないほどで、滑り易い雪道でも狙った通りのライン取りが可能です。

また最低地上高が200mm確保されているため、深雪路にも強さを発揮します。

アウトランダーPHEV・4WDのまとめ

アウトランダーPHEVの雪道での走行性能はかなり高い水準にあり、豪雪地帯での使用にも余裕で対応できます。

一方燃費性能に関してはハイブリッド車としては平凡ですが、ガソリン車より経済的なことは間違いありません。

走行性能と燃費性能のバランスは、十分納得がいくものです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

アウトランダーPHEV/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダーPHEV/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーPHEVを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダーPHEV/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダーPHEV/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーPHEVの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.