アウトランダーの評価集

アウトランダーの走りはどんな感じ?

アウトランダーの走りはどんな感じ?

※アウトランダー 出典mitsubishi-motors.co.jp

三菱自動車工場が2013年に発売したのがアウトランダーPHEVで、得意とする4輪コントロールで悪路や低μ路の走破性が高く、機敏な走りを見せてくれます。

2015年には新型のアウトランダーPHEVが発売され、SUVブームの中でも話題の車なのは間違いありません。

そこで、アウトランダーPHEVがどのような走行性能を持っているのか見ていきましょう。

ツインモーター4WD:前輪と後輪それぞれに独立した高出力のモーターを搭載している
駆動用バッテリー:エネルギー密度が高い電池を搭載していて低重心で優れた操縦安定性を持っている
ジェネレーター:車を動かすエンジンの動力をスムーズに電気へと変換する
セレクターレバー:回生レベルセレクターを使うことで6段階のコントロールが可能

また、アウトランダーPHEVには必要に応じて4WDになる「AWC ECO」、駆動力や制動力をコントロールできる「NORMAL」、操縦安定性を誇る「SNOW」、悪路で高い走破性を発揮する「LOCK」など複数のモードが用意されております。

状況に応じてモードを使い分けることができるため、アウトランダーPHEVの走行性能は非常に高いと言われているのかもしれません。

電気がなくなるとカタログの数値で1リットル当たり20km程度の燃費なので、決して良い数値ではないはずです。

それでも、走りに自信を持っている自動車ですし、乗り心地やインテリアの良さからもアウトランダーPHEVは人気を得ております。

実際に、アウトランダーPHEVの走り具合や走行性能でどのような口コミの評価を得ているのか見ていきましょう。

  • 圧雪路面である程度のスピードを出しても空転することなく駆動力をきちんと伝えてくれる
  • 4WDの走りがまさに異次元で、ノーマルモードでアクセルを踏むとヤバいと感じるくらいの加速力がある
  • 街乗りならばエコモードで走行するのが良いと感じた
  • 雪道でも悪路でもグイグイ走るし走行性能に関しては全く問題はない
  • 山間部はアウトランダーPHEVで一度も走ったことがないから分からない
  • ブレーキがしっかりとしているので安心だがハンドルが軽すぎるところが不満
  • 「走る」「曲がる」「止まる」の動力性能に関しては申し分ない

人気の製品だけあってアウトランダーPHEVの評価は高く、走行に関しては何も問題はないかもしれません。

エンジン走行時は多少うるさくなるという意見があったものの、モーター走行ならば静かな空間の中で走れるので自然溢れる道でのドライブに適しております。

アウトランダーを安く買うなら、当サイトのアウトランダー値引き交渉マニュアルをご参考ください!

アウトランダーのエンジンスペック

アウトランダーのエンジンスペック

※アウトランダー 出典mitsubishi-motors.co.jp

三菱発表のアウトランダーのエンジンスペックです。

アウトランダー

排気量 1,998cc
最高出力 110KW[150PS]/6,000rpm
最大トルク 190N・m[19.4kgf・m]/4,200rpm
燃費 16.0km/L

排気量 2,359cc
最高出力 124KW[169PS]/6,000rpm
最大トルク 220N・m[22.4kgf・m]/4,200rpm
燃費 14.6km/L

アウトランダーPHEV

排気量 2,359cc
最高出力 94KW[128PS]/4,500rpm
最大トルク 199N・m[20.3kgf・m]/4,500rpm
燃費 18.6km/L

** モーター **
最高出力F/R 60KW[82PS]/70KW[95PS]
最大トルクF/R 137N・m[14.0kgf・m]/195N・m[19.9kgf・m]

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アウトランダー/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダー/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.