アウトランダーPHEVの評価集

アウトランダーPHEVに欠点・デメリットはあるか?アウトランダーを徹底評価!

9年ぶりのフルモデルチェンジで大幅な進化を遂げたアウトランダーPHEVは、いま大きな注目を浴びています。

持ち味の走行性能に一段と磨きが掛かっただけでなく、新たに7人乗り仕様が設定されるなどユーティリティ面でも進化。

そんな新型アウトランダーPHEVの欠点といいところを、徹底的に検証してみました。

アウトランダーPHEVを評価!欠点、デメリットはあるか?

アウトランダーPHEVのエクステリアの欠点は?

先代モデルと比べ遥かにモダンになった新型アウトランダーPHEVのエクステリアですが、リアビューに弱点を持っています。

迫力溢れるフロントビューと比較し、リアビューはいささか大人しく没個性的です。

嫌味はないもののインパクトに欠けていますし、フロントビューとの整合性も取れていません。

スマートである点は認めますが、もう少し個性が欲しかったところです。

アウトランダーPHEVのインテリアの欠点は?

アウトランダーPHEVのシート&居住性

アウトランダーPHEVの2列目シートは座面の長さが若干不足気味で、座り心地がイマイチです。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

足元スペースや頭上スペースに余裕があるだけに、画竜点睛を欠く感が否めません。

またアームレストを引き出した際、角度が水平より下に下がってしまうので、肘を掛けた時にしっくりこない点も欠点です。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

そしてP / Gの3列シートに関してですが、子供用・緊急用として割り切った仕様になっています。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

大人が座ると足元のスペースは非常に窮屈で、背もたれの高さも全く不十分です。

多人数用のピープルムーバーとしての機能性は期待しない方がいいでしょう。

アウトランダーPHEVの荷室

アウトランダーPHEVは2列目シートを倒して荷室スペースを拡大した時に、完全にフラットにはなりません。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

2列目シート部分が若干斜めになってしまう点が惜しまれます。

車中泊する際も、寝心地の面でマイナス要素です。

アウトランダーPHEVのパワートレインの欠点は?

アウトランダーPHEVのパワートレインはシリーズハイブリッド方式で、燃費性能も売り物にしています。

しかしハイブリッド走行時のカタログ燃費は16.2km/Lと飛びぬけた数値ではなく、同クラスのハリアーハイブリッド4WDの21.6km/L、RAV4ハイブリッド4WDの20.3~20.6km/Lと比べ見劣りが否めません。

あくまでも経済性にこだわる人には、アウトランダーPHEVはおすすめしにくい車になっています。

アウトランダーPHEVの走行性能の欠点は?

アウトランダーPHEVの走行性能は基本的に優れていますが、タイヤが足を引っ張っています。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

グリップ力よりも転がり抵抗の少なさを重視したエコタイヤを履いているため、乾燥路はともかくウェット路面でのグリップ力に難があります。

折角基本性能が高いのですから、グリップ力の高い高性能タイヤを装着して欲しかったところです。

アウトランダーPHEVのグレード体系・価格面の欠点は?

先代モデルはガソリン車の設定があり、最廉価グレードなら200万円台から購入が可能でした。

しかし新型ではPHEVのみのラインナップとなり、価格が400万円台からと購入のハードルがかなり上がってしまいました。

アウトランダーのデザインが好きだがPHEVまではいらない、という潜在的ユーザーを逃しているのは残念なところです。

アウトランダーPHEVを評価!いいところは?

アウトランダーPHEVのエクステリアのいいところは?

アウトランダーPHEVのエクステリアのハイライトは、何といってもダイナミックシールドと呼ばれるフロントマスクでしょう。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

押し出し強さ、他のどの車にも似ていないユニークさは大きなアピールポイントになっています。

このフロントマスクに一目惚れしてアウトランダーPHEVを購入する人も少なくないはず。

また伸びやかなサイドビューも、アウトランダーPHEVのいいところです。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

アグレッシブでありながらスマートで、先代モデルより遥かにスタイリッシュ。

ライバル車に対しても決して見劣りしません。

アウトランダーPHEVのインテリアのいいところは?

アウトランダーPHEVのインパネ回りなど

インパネの意匠は水平基調で、とてもスッキリしています。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

SUVらしい厳つさを求める人には物足りないかもしれませんが、非常に洗練された雰囲気は好ましいものです。

9インチのナビゲーション画面も位置が絶妙で、視認性を確保しながら視界の邪魔になりません。

アウトランダーPHEVのシート&居住性

先代モデルから全幅が拡大されたことやホイールベースの延長に伴い、居住性が向上しています。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

横方向の余裕や2列目シートの足元スペースが拡大され、ゆったりと過ごせるようになりました。

3列目シートはともかくとして、前席と2列目シートの居住空間は申し分ありません。

アウトランダーPHEVの荷室スペース

アウトランダーPHEVの荷室容量は5名乗車時で634~646L、2名乗車時で1,373~1,390Lと余裕タップリです。

ライバル車に目を向けるとハリアーは409L (5名乗車時) / 1,045L (2名乗車時)、RAV4が580L (5名乗車時) / 1,185L (2名乗車時) なので、アウトランダーPHEVの方が遥かに大容量です。

日常の買い物は勿論、レジャーユースでこの荷室容量の差は効いてくるでしょう。

アウトランダーPHEVのパワートレインのいいところは?

アウトランダーPHEVのパワートレインは、通常はエンジンを発電用として用いモーターでタイヤを駆動、高速巡行時に限りエンジンでタイヤを駆動する方式です。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

モーターでの駆動がメインになるわけですが、エンジンとモーターで協調してタイヤを駆動するハイブリッド車と比べ、アクセルを踏んだ瞬間のレスポンスや押し出し感で勝ります。

こうしたモーター駆動車ならではのフィーリングは、アウトランダーPHEVの大きな魅力です。

またイノベーティブオペレーションモードを選べば、ほぼアクセルのみでのワンペダルドライブが可能となります。

パワフルなだけでなくドライバビリティが高いことも、ライバル車にはない武器と言えるでしょう。

アウトランダーPHEVの走行性能のいいところは?

アウトランダーPEHVは車両運動統合制御システムのS-AWCを搭載しています。

4輪の駆動力と制動力を最適に制御し、優れた旋回性と走行安定性を両立させるシステムです。

このS-AWCのお陰で、背の高いSUVとは思えないスポーティなハンドリングを実現しています。

SUVでここまでワインディング走行を楽しめる車種は、そうそうお目に掛かれません。

またモーター駆動ならではのレスポンスも手伝い、雪道走行性能も抜群です。

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

どのような路面状況でも高い走行性能を発揮する点は、アウトランダーPHEVの大きな強みになっています。

アウトランダーPHEVの装備面のいいところは?

アウトランダーPHEVは全車に電動ランバーサポートを標準装備。

それだけなら特に珍しくもないのですが、Pにライバル車にはないリフレッシュ機能が備わるのが特徴です。

ランバーサポートを断続的に動作させ、腰部を刺激してリフレッシュする機能。

ロングドライブでの腰の疲れを軽減するメリットは見逃せません。

アウトランダーPHEVの安全性能のいいところは?

車両の前後左右に搭載されたカメラの映像を合成し、上から見下ろしたような画像をディスプレイに表示するマルチアラウンドモニター

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

歩行者を検知すると表示でお知らせする移動物検知機能も付くので、駐車時の安全確認にとても役立ちます。

この種の装備は通常メーカーオプションになるケースが多いのですが、アウトランダーPHEVでは何と全車に標準装備。

高額なオプションを選ばずに済むのはいいことです。

アウトランダーPHEVの総合評価

アウトランダーPEHV欠点

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

アウトランダーPHEVの内外装デザインは、一部に物足りない部分もあるものの全般的には良くまとめられています。

居住性や荷室スペースにも優れ、パワートレインの性能や走行性能は抜群。

燃費は抜群とは言えませんが、これだけ走るのなら十分と言えるかもしれません。

総合的に見て欠点はあるものの致命的なものはなく、良い面が目立ちます。

トータルバランス抜群の1台、それがアウトランダーPHEVと言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

アウトランダーPHEV/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダーPHEV/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーPHEVを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダーPHEV/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダーPHEV/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーPHEVの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.