三菱車モデルチェンジ推移と予想

三菱 アウトランダー モデルチェンジ推移2017年11月16日

三菱ニュースリリースより

--------------------

プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』の特別仕様車「G Limited Edition」を発売

三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』に特別仕様車「G Limited Edition」を設定し、全国の系列販売会社を通じて11月16日(木)から販売を開始します。メーカー希望小売価格は3,826,440円(消費税込)。ご要望の多い予防安全技術「e-Assist」や、100V AC電源(1500W)などを装備しながらも、価格を抑え、より幅広いお客様にお選び頂ける特別仕様車としました。

1.「G Limited Edition」 商品概要
ベーシックグレード「M」をベース車とし、以下仕様・装備を採用しました。

<予防安全技術「e-Assist」>
以下を標準装備し、サポカー対象*1としました。
-衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM*2]は、前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減または回避します。
-車線逸脱警報システム[LDW*3]は、車線を外れそうになると警報で注意を促します。
-レーダークルーズコントロールシステム[ACC*4]は、認識した先行車の減速・停止に自動追従し、設定した車間距離を保ち、衝突の危険性を減らします。
-オートマチックハイビーム[AHB*5]は、対向車両・前方車両の有無、道路周辺の明るさなどに合わせ、自動でハイビームとロービームを切り替え、夜間の視認性を高めます。
シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制し、衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(前進&後退時)[UMS*6]とパーキングセンサー(フロント/リア)をメーカーセットオプション設定しました。これにより、サポカーSワイド対象*1となります。

*1・・・サポカー(セーフティ・サポートカー)は、安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。搭載機能に応じて「サポカー」「サポカーS(ベーシック、ベーシック+、ワイド)」に区分されます。
*2・・・Forward Collision Mitigation system
*3・・・Lane Departure Warning
*4・・・Adaptive Cruise Control
*5・・・Automatic High Beam
*6・・・Ultrasonic misacceleration Mitigation System

<機能装備>
装着率約80%の人気メーカーオプションの100V AC電源(1500W)を標準装備しました。外出時や非常時に駆動用バッテリーに充電した電力によって、情報機器や生活家電などを利用することができます。
ステアリングヒーターや自動防眩ルームミラー、雨滴感応オートワイパーを装備し、快適なドライブをサポートします。

<エクステリア>
18インチラウンドリムタイプアルミホイール及び225/55R18タイヤ(マッド&スノー)とLEDフォグランプを採用し、高級感のある外観としました。
ボディカラーは、ホワイトパール(有料色*7)、ブラックマイカ、スターリングシルバーメタリックの全3色展開としました。
*7・・・有料色は32,400円(消費税込)

・価格(消費税込み)

アウトランダーPHEV特別仕様車

3,826,440円

プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』の特別仕様車「G Limited Edition」を発売

三菱 アウトランダー/PHEVのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-三菱車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.