三菱車モデルチェンジ推移と予想

三菱 アウトランダー モデルチェンジ推移2019年9月12日

投稿日:

三菱ニュースリリースより

--------------------

ミッドサイズSUV『アウトランダー』を一部改良
~4WD車全車に車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて9月12日(木)より販売を開始します。優れた操縦性と高い走破性を実現する車両運動統合制御システム「S-AWC*1」を4WD車に標準装備としたほか、新たなオーディオやナビゲーションシステムを設定しました。メーカー希望小売価格は、2,676,240~3,358,800円(消費税8%込)。

1.主な変更点
(1)走行性能
4WD車全車に、車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備しました。AYC*2ブレーキ制御を『アウトランダー』専用にセッティングし、ステアリング操作に対して応答遅れのないドライバーの意図通りのコーナリングを実現しました。また、発進時において車輪の空転をブレーキで抑制することで、雪道などの滑りやすい路面でも力強い発進を可能としました。
従来の走行モードである「AWC ECO」、「NORMAL」、「SNOW」に加え、新たにラフロードでの走行に適した「GRAVEL*3」を追加することで、高い走破性を実現しました。

(2)機能装備
『アウトランダー』シリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定しました。510Wのパワーアンプ、8個のスピーカーシステムを採用することで、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングを施すことで、プレミアムツーリングにふさわしい、心地よい透明感のあるサウンドを奏でるオーディオシステムとしました。
新たに設定した「スマートフォン連携ナビゲーション」は、内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidTM*4スマートフォンやiPhone*5をUSBポートにつなぐだけで、Android AutoTM*4やApple CarPlay*5のお気に入りのアプリケーションを満喫できます。また、ディスプレイ画面を8インチに拡大し、見やすさや操作性を向上させました。

(3)エクステリア
ボディカラーに強い輝きと深みを併せ持つ上質なレッドダイヤモンド*6を新たに設定し、全7色展開としました。
特別仕様車「BLACK Edition」では、ダーククロムのフロントファンネルガーニッシュとリヤゲートガーニッシュ、ブラック塗装の18インチアルミホイールを採用し、ブラック系でコーディネート。ボディカラーは、ルーフをブラックマイカとし、ブラックマイカ/レッドダイヤモンド*7、ブラックマイカ/ホワイトパール*8、ブラックマイカ/チタニウムグレーメタリックの2トーンカラーを新たに設定し、モノトーンのブラックマイカと併せ、全4色展開としました。

(4)インテリア
運転席に、腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用しました。また、セカンドシートの形状及びクッションを見直し、サポート性を向上させました。
特別仕様車「BLACK Edition」では、撥水機能付きのシート生地を新たに採用。室内天井に合わせすべてのピラーをブラックで統一し、ステアリングホイール、シフトノブ、シートなどにアクセントとしてレッドステッチを施すとともに、ブラックカーボン調のオーナメントパネル(インストルメントパネル、ドアトリム)を採用することで、上質な室内空間としました。

*1…Super All Wheel Controlの略称。電子制御4WD、AYC、ASC、ABSを統合制御して、駆動性能および車両の旋回性能と安定性能を広範囲な走行条件で向上させる車両運動統合制御システムです。
*2…Active Yaw Controlの略称。ブレーキを制御することで左右輪間の駆動/制動力配分をコントロールするシステムです。
*3…未塗装路。
*4…Android 、Android AutoはGoogle LLCの商標または登録商標です。
*5…iPhone、Apple CarPlayは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
*6…有料色 75,600円(消費税8%込)。
*7…有料色 129,600円(消費税8%込)。
*8…有料色 86,400円(消費税8%込)。

ご参考:『アウトランダー』は、3列7人乗りのミッドサイズSUVです。国内向けには、2.0Lエンジンを搭載する2WD車と2.4Lエンジンを搭載する4WD車をラインナップ。2012年10月に日本で発売し、これまでに約90ヶ国で販売。グローバルでの累計販売台数は約108万台(2019年8月末時点)。現在、三菱自動車で最も販売台数の多い世界戦略車です。

<『アウトランダー』車種サイトはこちら>
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

三菱 アウトランダー

プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を一部改良
~新たなオーディオやナビゲーションシステムを設定~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、ミッドサイズSUVのプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』に一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて9月12日(木)より販売を開始します。透明感のあるサウンドを奏でる「ミツビシパワーサウンドシステム」や地図機能を内蔵した「スマートフォン連携ナビゲーション」を新たに設定しました。メーカー希望小売価格は、3,867,480~5,198,040円(消費税8%込)。

1.主な変更点
(1)機能装備
『アウトランダー』シリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定しました。510Wのパワーアンプ、8個のスピーカーシステムを採用することで、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングを施すことで、プレミアムツーリングにふさわしい、心地よい透明感のあるサウンドを奏でるオーディオシステムとしました。
新たに設定した「スマートフォン連携ナビゲーション」は、内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidTM*1スマートフォンやiPhone*2をUSBポートにつなぐだけで、Android AutoTM*1やApple CarPlay*2のお気に入りのアプリケーションを満喫できます。また、ディスプレイ画面を8インチに拡大し、見やすさや操作性を向上させました。

(2)エクステリア
ボディカラーに強い輝きと深みを併せ持つ上質なレッドダイヤモンド*3を新たに設定し、全10色展開としました。

(3)インテリア
運転席に、腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用しました。また、セカンドシートの形状及びクッションを見直し、サポート性を向上させました。
助手席のパワーシート*4を標準装備し、利便性を向上させました。(G Limited Editionを除く)

*1…Android 、Android AutoはGoogle LLCの商標または登録商標です。
*2…iPhone、Apple CarPlayは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
*3…有料色 75,600円(消費税8%込)。
*4…前後スライド、背もたれの角度調整、座面の高さ調整を電動で行うシート。

なお、車両本体価格はいずれも消費税率8%での価格です。2019年10月以降の登録になった場合は消費税率10%が適用されます。

ご参考:『アウトランダーPHEV』は5人乗りのミッドサイズSUVです。前後に1基ずつのモーター、大容量の駆動用バッテリー、2.4Lエンジンなどで構成されるプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載し、力強く滑らかで静かなEVらしい走りと優れた環境性能を発揮します。
また、ツインモーター4WDシステム及び車両運動統合制御システム「S-AWC」により走行安定性を高め、ドライバーの意のままの操縦性を実現します。2013年1月に日本で発売し、これまでに約50ヶ国で販売。累計販売台数は約22万台(2019年8月末時点)であり、グローバルで最多販売台数のプラグインハイブリッドEVのSUVです。

<『アウトランダーPHEV』車種サイトはこちら>
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

三菱 アウトランダー PHEV

-三菱車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.