アウトランダーの評価集

アウトランダーでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

アウトランダーでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!

アグレッシブなスタイリングや先進の予防安全システム「e-Assist」の採用、驚異的な燃費を誇るPHEVモデルの設定などが魅力のクロスオーバーSUV、「三菱・アウトランダー」で人気のオプションを評価します。

メーカーオプションとしてはインテリア関係や安全装備・快適装備、ナビ&オーディオなどが、ディーラーオプションはエクステリア&インテリア関係、ナビなどが用意されています。

アウトランダーのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

電動ガラスサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)

前席の乗員に開放感をもたらす電動ガラスサンルーフは、おススメのアイテムです。

特にレジャーで山に出掛けた時などに、森林浴を味わいながら走る心地よさは格別です。

また、チルト機構も付くので、小雨程度であれば室内の換気に利用することも可能です。

価格は97,200円と高めですが、それだけの価値はあると言えるでしょう。

インテリア&快適装備のおすすめメーカーオプションは?

予算に余裕があるなら本革シート(運転席・助手席シートヒーター、シートバックポケット、運転席パワーシート)

オプションで用意される本革シートは、標準のファブリックシートと比べ見た目の高級感や手触りの良さに加え、汚れても簡単に掃除ができるなどのメリットがあります。

さらに、運転席にスイッチひとつでシートポジションの電動調整ができるパワーシートが、運転席および助手席にシートバックと座面を温めるシートヒーターが付く点が、このオプションを選ぶ大きなメリットになります。

価格は248,400円と高価ですが、それに見合った快適性や利便性が手に入るので、予算に余裕があるなら是非ともチョイスしたいところです。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

誤発進抑制機能(前進&後退時)+後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)+後退時車両検知警報システム

アウトランダーには廉価グレードを除き予防安全システム「e-Assist」が標準装備されますが、さらに表記の安全装備がオプション設定されています。

誤発進抑制制御機能は、障害物を検知している状態でアクセルを強く踏み込んでしまった場合に発進を緩やかにするもので、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を防ぐ効果があります。

また、後側方車両検知警報システムは、後側方から接近する車両を検知すると表示灯により知らせ、さらにその方向にウインカーを出すと表示灯点滅とブザー音により警告を発する装備で、車線変更時に起きがちな接触事故を避けることができます。

そして後退時車両検知警報システムは、バックで出庫する際などに左右後方の死角から接近する車両を検知すると、表示灯とブザー音で注意を促す装備になります。

セット価格は97,200円と安くはありませんが、どれほど安全運転を心掛けていても人間である以上うっかりミスをする可能性があるので、付けておいた方が安心です。

24G系の4WDならS-AWC+AYC

路面状況に応じた最適な走行モードを選択できるS-AWCと、ドライバーの意図した通りのクルマの動きを実現するAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)は、PHEVに標準装備されています。

一方、ガソリン車の場合は標準では付かないものの、24G系4WD車に限り86,400円のオプションとして設定されているので、そうしたモデルを購入する場合は安心感を得るために付けておいた方がベターです。

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

PHEVに設定される電気式温水ヒーターはコストパフォーマンスが低い

PHEVに限り、プラス108,000円の出費で電気式温水ヒーターを付けることができます。

これを付けるとエンジンを始動しなくても暖房が効くので、静かなEV走行ができる時間が長くなるメリットがあります。

しかし、状況によってはエンジンが始動することもあるので、いつでも静かに走行できるようになるわけではありません。

また、PTCヒーターなどと違って暖房の立ち上がりが早いといったメリットもありません。

そうしたことを考慮すると、コストパフォーマンスは低いと言わざるを得ないので、あまりおススメできません。

メーカーオプションのナビは高い

ベーシックグレードの20M/24MおよびPHEV Sエディションにはナビが標準装備されませんが、メーカーオプションおよびディーラーオプションとして設定されています。

しかし、メーカーオプションで用意されている7インチWVGAディスプレイ付メモリーナビゲーションは、マルチアラウンドモニターやETCユニットが付くとはいえ約30万円~40万円するので、同じものが標準装備される上級グレードとの価格差がグッと縮まってしまいます。

また、三菱のオプションナビは通信機能を持たないので、その出費に見合う価値があるかというと微妙です。

一方ディーラーオプションのナビは、ナビ単体となるため約16万~19万円と安価になりますが、やはり通信機能がないので敢えて選ぶメリットは薄いと言えます。

もし上記グレードを購入する場合でナビを付けたいなら、なるべく出費を抑えるためにカー用品店で社外品を探した方が良いでしょう。

例えば、カロッツェリアの7インチ楽ナビAVIC-RZ900なら、バックカメラを付けても10万円以下の出費で済ませることができます。

アウトランダーのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

メッキミラーカバー+メッキ調ドアハンドルカバー

エクステリアにさりげなくアクセントを加えたい場合におススメなのが、表記のアイテムです。

そして、こうしたちょっとしたアクセサリーでも、装着するとクルマへの愛着が増すものです。

メッキミラーカバーが15,465~16,956円、メッキ調ドアハンドルカバーが19,418円と比較的手頃な価格なのも、おススメのポイントになります。

マッドガード

ホイールアーチ後部に取り付け、泥跳ねや石跳ねによる汚れや小傷からボディを守るアクセサリーです。

価格は17,604円と手頃で、SUVならではのヘビーデューティーな雰囲気を高める効果もあるので、おススメできます。

エクシードバイザー

フロントドアウィンドウおよびリアドアウィンドウ上部に装着する、いわゆるドアバイザーで、雨天時の換気などに役立つ実用的なアイテムです。

デザインもスマートで外観のイメージを損ねることもないので、23,932円の出費を後悔することはないでしょう。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

アクセントパネル

グローブボックス上部とフロントドア内側に取り付ける加飾用パネルで、質感に優れた仕上げによりインテリアの雰囲気を高めてくれます。

ピアノブラックとヘアラインメタル調の2種類があり、価格はいずれも20,908円となっています。

ガソリン車ならシフトノブ

ガソリン車のみに用意されるアイテムで、握りの部分がマニュアル車を彷彿とさせる球形になっており、手によく馴染みます。

また、アルミ削り出し+ブラックレザーの仕上げは標準のシフトノブにはない上質感があり、見た目でも満足させてくれることでしょう。

価格も10,281円と手頃なので、おススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アウトランダー/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダー/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.