アウトランダーの評価集

アウトランダーを買うならPHEVかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

更新日:

アウトランダーを買うならPHEVかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

三菱のミドルSUV・アウトランダーには、PHEV(プラグインハイブリッド)とガソリン車の2種類パワートレインが設定されていますが、どっちを選んだらいいのでしょうか。

そんな悩みにこたえるため、当サイト(クルマを買う!)では、アウトランダーのPHEVとガソリン車の違い(装備、スペック、コスト、下取り相場など)をがっつり比較!

皆さんが新車を購入する時のご参考になるでしょう。

アウトランダーPHEVとガソリン車の外装の違い

アウトランダーPHEVの外観・前面

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダー ガソリン車の外観・前面

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーのフロントフェイスを、PHEVとガソリン車で比較してみましょう(※以下、同格グレード同士での比較です)。

基本的なデザインは概ね同一ですが、よく見るとPHEVはボディカラーがアンダーまで及んでおり(ガソリン車はアンダーがブラック)、またフロントグリル下部にも回っています。

また、フロントフェンダーに取りつけられたPHEVロゴやフォグランプの形状、そしてホイールデザインにも違いがありました。

アウトランダーPHEVのPHEVロゴ(フロントフェンダー部)

ボディカラーや装備に関係なく確実に見分けるには、フロントフェンダーのPHEVロゴを見るのが一番です。

アウトランダーPHEVの外観・後面

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダー ガソリン車の外観・後面

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

一方、アウトランダーのリアフェイスをPHEV/ガソリン車で見比べると、テールレンズなど細部の違いはありますが、リヤゲート左下のロゴを見るのが手っとり早いです。

アウトランダーPHEVとガソリン車の内装の違い

アウトランダーPHEVの内装・インパネ回り

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダー ガソリン車の内装・インパネ回り

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーの内装を見比べてみると、インパネ回りでまず目を引くのはステアリングホイール。スポークがPHEVでは4本、ガソリン車ではT字3本となっているのが特徴的です。

また、シフトレバーの形状や各部パネルの加飾にも違いが見られます。

アウトランダーPHEVの内装・車内空間

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダー ガソリン車の内装・車内空間

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーの車内空間を見比べてみると、シートやドアトリムのステッチや質感など、その差は一目瞭然。

また、乗車定員はPHEVが5名で2列シート、ガソリン車が7名で3列シートとなっています。

他にも、PHEVとガソリン車で異なる主要装備もピックアップしていきます。

スポーツモードスイッチ(PHEV)

ドライブモードスイッチ・スポーツモードスイッチ(PHEV)

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダーPHEVではノーマルモードと滑りやすい雪道に適したスノーモード、凹凸の大きな路面で車輪の空転を抑えるロックモードに加え、パワフルな加速が可能なスポーツモードに切り替えるスイッチがついています。

パワーシート(PHEV)

※運転席:全グレード標準装備/助手席:Gプラスパッケージ、Gはメーカーオプション

シートのポジション調整を電動でできるパワーシートが、アウトランダーPHEVには用意されています。

アルミペダル(PHEV)

アルミペダル(PHEV)

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

アウトランダーPHEVの最上級グレードであるSエディションには、コクピットの足元をスポーティに彩るアルミペダルが装備されており、他グレードに差をつけています。

パドルシフト(ガソリン車)

パドルシフト(ガソリン車)

mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_gasoline/

アウトランダーのガソリン車には、手元でシフト操作ができるパドルシフトが装備され、シフトダウンによるエンジンブレーキや、自分の感覚に合ったシフトチェンジでスポーティなドライブを楽しむことも可能です。

アウトランダーPHEVとガソリン車の売れ筋グレードは?

過去3ヶ月分のアウトランダー流通台数をオートオークションで調査すると、PHEVでは「G」が最多、ガソリン車では「24G」が売れ筋となっていました。

共に必要十分な装備と手頃な価格のバランスによって選ばれているものと考えられます。

アウトランダーPHEVの売れ筋は「G」僅差で「Gプラスパッケージ」が続く

アウトランダーPHEVの売れ筋は「G」で、全563台中233台と全体の41.3%を占めており、続く中級グレード「Gプラスパッケージ」は221台と僅差で、こちらは39.2%のシェアとなっています。

アウトランダー ガソリン車の売れ筋は「24G」

一方、アウトランダーのガソリン車では「24G」が流通最多で87台、全172台に対して50.5%と過半数をシェア。次に「24Gプラスパッケージ」は50台で29.0%を占めていました。

アウトランダーPHEVとガソリン車の維持費を比較

比較項目PHEV G24G(ガソリン車)
価格4,182,840円3,077,460円
価格差+1,105,380円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円76,900円
重量税
(新車購入時)
0円49,200円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+979,280円
自動車税
(翌年分)
11,000円45,000円
平均実燃費17.5km/L11.3km/L
ガソリンタンク容量45L60L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
700.0km621.5km

PHEVとガソリン車の価格差979,280円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円/Lで計算

  • PHEV 17.5km/L
    10,000÷17.5≒571.4リッター
    571.4×140円=79,996円
  • ガソリン車 11.3km/L
    10,000÷11.3≒887.9リッター
    887.9×140円=124,306円

アウトランダーで10,000km走行した場合、PHEVの燃料費はガソリン車よりも44,310円安くなる計算です。

この金額差でPHEVとガソリン車の価格差979,280円を埋めようとした場合、

979,280÷44,310≒22.10万キロの走行距離が必要になります。

多くのユーザーが週末に買い物やドライブにアウトランダーを使った場合、年間1万キロ走行が多いため、約22年間も乗らなくては元がとれません。

頑張って年間2万キロ走行で約11年間、必死で年間3万キロ走り回っても約7年以上と、よほどのヘビーユーザーでなければ元を取るのは難しいでしょう。

ただし、これは車両本体だけでの話なので、よりリアルなシミュレーションをしたいなら、自分の必要なオプションを含めた総額で計算するといいでしょう。

アウトランダーPHEVとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、EVによる滑らかな加速はPHEV

アウトランダーの走りはPHEVとガソリン車でどのように違うのか乗り比べたところ、静粛性とモーター駆動による滑らかな加速では、PHEVがその魅力を発揮しています。

前後にそれぞれ駆動モーターを備えていることによって、力強くスムーズで安定感の高い走りを実現。電気自動車のような走行フィールを味わえました。

また、マイナーチェンジ前に比べて構造用接着剤の使用範囲拡大やサスペンションのダンパー径アップによって静粛性と乗り心地を改善しているのが実感できます。

充電&駆動どちらにも使えるガソリンエンジンも搭載しているため、バッテリーが尽きてもエンジンを回せますが、エンジンのみで走行すると、ノイズや振動などが気になる場面もありました。

余裕のある加速で高速道路の運転が楽なガソリン車(2.4)

その一方で、ガソリンエンジンならではの素直なフィーリングと力強い加速によって、高速道路でより楽に運転できると感じたのはガソリン車。

モーターやバッテリーを搭載していない分だけ身軽で俊敏な運転性能も楽しめる上、4WDが必要ないシーンではドライブモードを「AWC ECO」の2WD走行に切り替え、燃費改善でPHEVとの差を少しでも埋めることができます。

PHEVとガソリン車の特徴をまとめると、ストップ&ゴーの多い市街地などではPHEVが有利、高速道路の利用が多いユーザーにはガソリン車がおすすめとなります。

ただし、より自分とフィーリングの合った方を確かめるためにも、できれば購入前にPHEVとガソリン車の両方試乗させてもらった方がいいでしょう。

アウトランダーPHEVとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行型アウトランダーは2012年10月(PHEVは同年12月)からの発売です。

2013年1月~2019年6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計してきたアウトランダーの販売台数を基に、PHEVとガソリン車のどちらがより多く売れているか、販売比率をまとめました。

  • アウトランダー ガソリン車 17,740台 26.3%
  • アウトランダー PHEV 49,460台 73.7%

PHEVは発売当初からガソリン車を凌駕し、6年6カ月の集計で45%以上の大差で売れています。

アウトランダーPHEVとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

アウトランダーのPHEVとガソリン車では、どっちがより高く下取りしてもらえるのでしょうか?

2019年8月現在の業者オークション相場から、3年落ち&5年落ちアウトランダーの下取り相場を比較してみました。

比較項目PHEV G24G(ガソリン車)
3年後の下取り価格242.5万円(62.4%)218.5万円(78.2%)
5年後の下取り価格131.1万円(35.9%)120.5万円(44.7%)

※カッコ内は当時の新車価格に対する残価率(リセールバリュー)です

新車価格の安いガソリン車の方がリセールで有利となりやすい傾向が出ていますが、年式を追うごとにその差は若干縮小しているので、長く保有するのであればPHEVの不利が緩和されていくものと予測されます。

アウトランダーPHEVとガソリン車のメリットは?

グッド

アウトランダーPHEVのメリットは?

  • ガソリン車に比べて実燃費にすぐれ、日々のランニングコストが安め
  • ガソリン車(3グレード)よりもグレードが多い(4グレード)
  • モーター駆動ならではの静粛性とトルクの太さ
  • 駆動用バッテリーを家庭の非常電源としても活用可能

アウトランダー ガソリン車のメリットは?

  • 車両価格が安い(同グレード間で110万円以上)
  • ガソリンエンジンならではの余裕な加速
  • 2WDのグレード設定がある(4WDでも2WDとの切替可能)

アウトランダーPHEVとガソリン車の欠点・弱点は?

バッド

アウトランダーPHEVのデメリットは?

  • 車両価格がガソリン車より100万円以上も高い
  • いくら燃費がよくても、ガソリン車との価格差は埋めにくく、トータルコストで劣る
  • 2WD設定がない
  • バッテリーが尽きてエンジン走行に切り替えると、途端にノイズが気になる

アウトランダー ガソリン車のデメリットは?

  • PHEVに比べて静粛性や燃費で劣る
  • PHEVよりグレードの選択肢が少ない
  • CO2排出が多く、環境にやさしくない

買うならアウトランダーPHEVとガソリン車どっち?

以上、アウトランダーのPHEVとガソリン車を比較してきましたが、どっちを買えばいい!と言い切ってしまうには、一長一短があります。

簡潔に言うなら、トータルコストやスポーティな走行性を重視するならガソリン車、ランニングコスト(燃費)や静粛性、乗り心地など普段使いの満足感を求めるならPHEVがおすすめと言ったところでしょうか。

(管理人なら、非常電源としての利便性も魅力ですが、やはり走りにこだわれるガソリン車を選びたいと思います)

しかし、実際に乗ってみるとこれまで紹介してきた理屈以上のフィーリングもあるため、頭からどっちと決めてしまう前に、両方とも試乗させてもらうとよりよい選択ができるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アウトランダーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー値引き交渉マニュアル

 

-アウトランダーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.