アウトランダーの評価集

アウトランダーPHEVは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アウトランダーPHEVは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アウトランダーPHEVの力強い走りや優れた燃費性能に魅力を感じている方は、大勢いらっしゃることでしょう。

しかし、大型のSUVなので運転が難しいのではないかと心配し、購入をためらっているケースもあるかもしれません。

ここでは、実際にアウトランダーPHEVの運転は難しいのかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

アウトランダーPHEVの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、アウトランダーPHEVの売れ筋グレード「Gプレミアムパッケージ」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ】
全長 4,695mm
全幅 1,800mm
全高 1,710mm

4.7mほどの全長や1.8mジャストの全幅は、決してコンパクトとは言えないものの、日常ユースで大きな支障をきたさない大きさです。

コンパクトカーのユーザーにもアウトランダーPHEVに興味を抱いている方が多いと思われますので、ここではミラージュとボディサイズを比較してみましょう。

三菱 ミラージュ

※ミラージュ 出典mitsubishi-motors.co.jp

【ミラージュ G】
全長 3,795mm
全幅 1,665mm
全高 1,505mm

アウトランダーPHEVはミラージュと比較すると全長が90cm長く、全幅も13cmほど広いので、かなり大きく感じるはずです。

また、全高が高い分アイポイントも高くなることから、運転感覚はかなり異なったものとなります。

しかし、アイポイントの高い車は車両感覚が掴みやすいので、乗り換えた場合も意外と早くアウトランダーの大きさに慣れるかもしれません。

アウトランダーPHEVの小回りは効くか?アウトランダーPHEVの最小回転半径

次に、アウトランダーPHEVの小回り性を検証してみましょう。

アウトランダーPHEVの最小回転半径は5.3mで、ミラージュの4.6mと比べ70cmも大きい数値です。

ボディが大きいことと相まって、ミラージュでは一発でUターンできた道路で切り返しが必要になったり、駐車の際に切り返しの回数が増えたりするケースも生じることでしょう。

ただ、ライバルの最小回転半径に目を向けるとハリアーハイブリッドが5.4~5.7m、エクストレイルハイブリッドが5.6mなので、アウトランダーPHEVはこのサイズのSUVとしては小回りが効く方なのです。

アウトランダーPHEVは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

アウトランダーPHEVの車両感覚&運転感覚

アウトランダーPHEVのフロントの見切りは良好

アウトランダーPHEVの見切りは良好!

最近のSUVは、運転席からボンネットの先端が見えない車種も少なくありませんが、アウトランダーPHEVは対照的にボンネットの先端を確認出来る車種です。

更に視界そのものが良いことと相まって、フロントの見切りは極めて良好です。

そのため、切り返しの際などに鼻先を壁ギリギリまで寄せることもそれほど難しくありません。

また、斜め前方視界の点でも、Aピラー(フロントピラー)の形状に工夫が凝らされていることもあり、死角が少なくなっています。

交差点で右左折する際も歩行者が確認しやすいので、事故を起こしてしまうリスクが少ないと言えるでしょう。

アウトランダーPHEVの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見える上、アイポイントが高いアウトランダーPHEVは、車幅感覚の掴みやすさの点でも優秀です。

ボンネットが車線の中央を走るための指標になるので、高速道路を走行する際の負担も軽くなります。

また、1.8mの全幅は狭い路地でストレスなく走れるギリギリのサイズですが、その割にすれ違いが比較的容易に行えるのもアウトランダーPHEVの美点です。

アウトランダーPHEVの後方視界は良好

アウトランダーPHEVの後方視界は良好

アウトランダーPHEVは、リアウィンドウやリアクォーターウィンドウの面積が十分大きく、Dピラー(リアピラー)も比較的細めです。

そのため、後方視界や斜め後方視界が優れています。

バックや車線変更の際に他の車両などを発見しやすいので、接触事故を起こしてしまうリスクは少ないと言えるでしょう。

アウトランダーPHEVの駐車にはコツがある?

アウトランダーPHEVは、視界やフロントの見切りが良い上ボディ形状がスクエアなので、四隅の位置が把握しやすい利点を持っています。

そのため、ボディサイズの割には駐車は容易で、基本通り前後左右のバンパー角をぶつけないように意識していれば特別なコツは要しません。

ただし、車高が高いため各ウィンドウの下端部の位置も高く、直近の子供や障害物が死角に入りやすい欠点も持っています。

いくら駐車がしやすい車とはいえ、やはり十分な安全確認が欠かせません。

アウトランダーPHEVの運転で役立つアイテム

後側方車両検知警報システム+後退時車両検知警報システム

基本的に運転がしやすく、運転支援システムも充実しているアウトランダーPHEVですが、更に運転を楽にするためにはメーカーオプションの「後側方車両検知警報システム+後退時車両検知警報システム」を装着すると良いでしょう。

後側方車両検知システム、インジケーターでお知らせ。

※アウトランダーPHEV 出典mitsubishi-motors.co.jp

後側方車両検知警報システムは、走行中に斜め後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーターの点灯で知らせるアイテムです。

更に、車両のいる方向にウインカーを出すとドアミラーインジケーターの点滅とブザー音で報知するレーンチェンジアシスト機能も備わるので、車線変更時の思わぬ接触事故を防ぐことができます。

後退時車両検知システム

※アウトランダーPHEV 出典mitsubishi-motors.co.jp

一方、後退時車両検知警報システムは、バックで出庫する際に後方左右から接近する車を検知すると、ドアミラーインジケーター点滅とメーター内の警告メッセージ、及びブザー音で注意を促すアイテムです。

歩行者や自転車、小型オートバイは検知できないことがあるなど、万全なシステムとは言えませんが、それでもあるとないとでは安心感が違います。

価格は54,000円とそれなりにしますが、事故のリスクが軽減できると思えば安いものではないでしょうか?

リヤビューカメラ

リアビューカメラ

※アウトランダーPHEV 出典mitsubishi-motors.co.jp

純正ナビを装着する場合、ナビオプションのリヤビューカメラの装着が可能です。

カメラで捉えた車両後方の映像をナビ画面に表示するので、バックの際の安全確認がしやすくなります。

価格は18,900円とお手頃ですし、ナビを付けるなら是非付けておきましょう。

アウトランダーPHEVの運転のしやすさまとめ

アウトランダーPHEVは、このサイズのSUVとしては運転がしやすい車のひとつです。

大きな車の運転に不慣れな女性でも、さほど苦もなく乗りこなせることでしょう。

更にここで紹介したアイテムを装着すれば鬼に金棒で、ヘタなコンパクトカーよりも運転がしやすい車になるはずです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

アウトランダー/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダー/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.