アウトランダーPHEVの評価集

アウトランダーPHEVは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アウトランダーPHEVの運転難易度は?

9年ぶりにフルモデルチェンジを受けたアウトランダーPHEVが気になっている人は、大勢いるに違いありません。

しかし大型SUVなので運転が難しいのではないかと不安で、購入をためらっていないでしょうか?

ここでは実際にアウトランダーPHEVの運転は難しいのかどうかを検証しますので、参考にしてみてください。

アウトランダーPHEVの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、アウトランダーPHEVのボディサイズをチェックしてみましょう。

【アウトランダーPHEV P】
全長 4,710mm
全幅 1,865mm
全高 1,745mm

約4.7mの全長はともかく、1.8mを大きく超える全幅は日本の路上では持て余すケースも出てきます。

コンパクトSUVからアウトランダーPHEVに買い替えるケースを想定し、ここでRVRとボディサイズを比較してみましょう。

【RVR G】
全長 4,365mm
全幅 1,810mm
全高 1,640mm

アウトランダーPHEVはRVRと比較して全長が約35cm長く、全幅も5cmほど広いので、乗り換えた当初は大きく感じるはずです。

ただ、全高も高い分アイポイントも高くなることは、車両感覚の掴みやすさでプラス要素になります。

とは言えボディの大きさをカバーし切れるものではなく、狭い道路や駐車場では気を使うことになるでしょう。

アウトランダーPHEVの小回りは効くか?アウトランダーPHEVの最小回転半径

次に、アウトランダーPHEVの小回り性を検証してみましょう。

アウトランダーPHEVの最小回転半径は5.5mで、RVRの5.3mと比べ20cm大きい数値です。

ボディサイズの差と相まって、駐車時の切り替えしの回数が増えるでしょう。

ただしライバルに目を向けると、ハリアーハイブリッドやRAV4ハイブリッドは5.5~5.7mの最小回転半径なので、アウトランダーPHEVは同クラスでは決して小回りが利かない方ではありません。

アウトランダーPHEVは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

アウトランダーPHEVのフロントの見切りは良好

アウトランダーPEHV運転しやすさ

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

アウトランダーPHEVは、運転席からボンネットの先端付近が視野に入ります。

そのためフロントの見切りは良好で、切り返しの際に鼻先を障害物ギリギリまで寄せることも難しくありません。

また前方・斜め前方の視界も良く、右左折時の安全確認なども容易なので、事故を起こしてしまうリスクは少ないと言えます。

アウトランダーPHEVの車幅の感覚は掴みやすい?

アウトランダーPHEVは運転席からボンネットの先端付近が見える上、アイポイントが高く見晴らしが良いため、基本的に車幅感覚は掴みやすい方です。

とは言え全幅が1,865mmもあるため、運転席から車の左端までの距離があり、慣れないうちは幅寄せに気を使うかもしれません。

あくまでも大型車の割に車幅感覚が掴みやすいという評価なので、特に5ナンバー車から乗り換えるケースなどは運転に注意が必要です。

アウトランダーPHEVの後方視界はイマイチ

アウトランダーPEHV運転しやすさ

mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev

アウトランダーPHEVのリアウィンドウやリアクォーターウィンドウの面積は、それほど大きくありません。

加えてCピラーが太いため、後方視界や斜め後方視界はいまひとつです。

バックや車線変更の際は死角に歩行者や車両がいないかどうか、十分注意する必要があります。

アウトランダーPHEVの駐車にはコツがある?

アウトランダーPHEVは前方の視界や見切りが良い反面、後方視界はそれほど良くありません。

ボディサイズが大きいことと相まって、バックでの駐車にはそれなりに注意が必要です。

一方そんな視界の欠点を補う装備として、障害物に接近すると音と表示でお知らせするフロント&リヤパーキングセンサーと、車両を上から見下ろした映像などをディスプレイに表示するマルチアラウンドモニターが全車に標準装備されています。

アウトランダーPEHV運転しやすさ

マルチアラウンドモニター (mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev)

勿論こうした装備に頼り切るのは危険ですが、目視と併用することで駐車の難易度が下がります。

バックの際は肉眼とマルチアラウンドモニターで交互に安全確認を行い、パーキングセンサーが障害物に反応したら早めにブレーキを踏む。

そうすることで駐車時の接触事故を防ぐことができます。

アウトランダーPHEVの運転のしやすさまとめ

アウトランダーPHEVはボディサイズが大きいうえ、後方視界がそれほど良くないため、運転がやさしいとは言えません。

フロントの見切りがいいことや、運転支援装備が標準で付く点が救いですが、それでもコンパクトカーと同じような感覚で運転するのは難しいでしょう。

アウトランダーPHEVは、ある程度大きい車に慣れた人に向いた車種と結論づけられます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

アウトランダー/PHEVの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアウトランダーを限界値引きで購入しています。

今月のアウトランダー/PHEVの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アウトランダー/PHEV値引き交渉マニュアル

-アウトランダーPHEVの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.