パッソの評価集

パッソの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

アイキャッチ画像

トヨタのコンパクトカー「パッソ」は、姉妹車種の「ダイハツ・ブーン」同様、軽自動車を一回り大きくした程の扱い易いボディサイズや、優れたパッケージングによる室内空間の広さ、経済性の高さ、予防安全システムの設定などが魅力となっています。

そして、他の同社製コンパクトカー同様に4WD車も用意されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを徹底的に評価します!

パッソの4WDグレードの価格は?

パッソの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

当サイト独自の調査によるパッソ4WD車の売れ筋グレードは、中間グレードの「X Lパッケージ S」です。

同グレードの2WD車との価格差は、172,800円となっています。

パッソの4WDシステムについては後で詳しく解説しますが、より高度な4WD制御を行っている「ヴィッツ」や「カローラ アクシオ/フィールダー」などよりも2WD車との価格差が大きいので、割高感は否めないところです。

パッソの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

パッソ4WDのボディスペック

スペック
パッソ X LパッケージS 2WD
パッソ X LパッケージS 4WD
全高(mm)1,525
1,525
最低地上高(mm)150150
リヤ・トレッド1,4751,445
車両重量(kg)910
960
燃料タンク容量(L)3638

パッソの4WD車と2WD車を比較すると、4WDの方がリア・トレッドが30mm狭いほか、車両重量が50kg重くなっています。

また、燃料タンク容量が4WD車の方が2L大きい38Lとなるのも相違点です。

パッソ4WDのエクステリア

パッソ4WDのエアスパッツ

4WD車には、リアタイヤまわりを整流して燃費を改善するエアスパッツが装備されません。

パッソ4WDのパワートレイン&メカニズム

トランスミッションの最終減速比が、4WD車の方がローギアードに設定されています。

また、リア・サスペンションの形式が2WD車と4WD車で異なり、前者がトーションビーム式であるのに対し、後者にはトレーリングリンク車軸式が採用されています。

さらに、4WD車のフロント/リア・サスペンションにはスタビライザーが備わらないので、コーナリング時のロールが大きくなります。

パッソ4WDのライバル車との価格差は?

パッソ4WDの最大のライバルは?

パッソのライバル車のイグニス

同じAセグメントに属するコンパクトカーの中では、実質的にパッソと同じクルマであるブーンを除外すると、「スズキ・イグニス」が最大のライバルになります。

パッソ・X LパッケージSと競合するグレードには、「マイルドハイブリッドMG」をあげるのが妥当でしょう。

価格はパッソが151万7,400円(※北海道地区は154万0,080円)であるのに対し、イグニスは151万9,560円とほぼトントン(パッソの方が2,160円安価)になっています。

ライバル車との仕様・装備の違いは?

パワートレインは、パッソが1Lガソリンエンジン(最高出力69ps)を搭載するのに対し、イグニスは排気量が200ccほど大きい1.2Lガソリンエンジン(最高出力91ps)とモーター(最高出力3.1ps)を組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載します。

それに加え、パッソの方が車両重量が70kg重いので、絶対的な動力性能はイグニスの圧勝です。

スペック
パッソ X LパッケージS 4WD

イグニス ハイブリッド MG 4WD

最高出力(ps)69
91
最大トルク(kgm)9.412.0
車両重量(kg)960
890

また、装備面においてもイグニス4WDは運転席&助手席シートヒーター(※1)や、雪道での発進をサポートするグリップコントロールなどが標準装備されており、一歩リードしています。

(※1)パッソは運転席のみメーカーオプション、助手席には装備不可。

パッソ4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

パッソ4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は24.4km/Lですが、当サイトの調査による実燃費は15.4km/Lなので、達成率は63.1%となります。

カタログ燃費との乖離は、比較的大きい部類に入ります。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるパッソ2WD車の実燃費16.9km/Lなので、4WD車の実燃費より1.5km/L上回っている結果となりました。

2WD車のカタログ燃費は28.0kn/Lなので、カタログ燃費よりは小さな差となっています。

ライバル車との実燃費の差は?

イグニス4WD車の実燃費は、当サイトの調査によると16.7kmなので、パッソより1.3km/L上回る結果となりました。

運転の仕方や走行条件で燃費数値は変わるので、ほぼ同等の実燃費結果と言って良いでしょう。

パッソ4WD車の雪道の走行性能は?

パッソの4WDはどんなシステム?

パッソ4WDの概要

パッソ4WDのシステム概要

トヨタのコンパクトカーの4WDシステムには2種類ありますが、パッソの場合同じダイハツ生産車の「タンク/ルーミー」と同様の「Vフレックスフルタイム4WD」と呼ばれるパッシブオンデマンド型が採用されています。

構造や制御システムがシンプルでコストが抑えられるメリットがあり、軽自動車やイグニスなどにも採用されています。

パッソ4WDの制御

通常はほぼ前輪駆動の状態で走行し、雪道などの滑り易い路面で前輪にスリップが生じると、ビスカスカップリングを介して後輪にも動力が伝達されます。

前後のトルク配分は、100:0~50:50の範囲内で自動かつ連続的に変化します。

パッソの雪道での実際の走行性能は?

パッソ4WDの発進・加速時

パッソ4WDは雪道発進&加速はどうか?

雪道での発進および加速時の挙動は、電子制御カップリングを用いた「アクティブトルクコントロール4WD」を搭載するヴィッツなどと比較すると、やや不安定なものとなります。

それは、アクティブトルクコントロール4WDが前輪が滑り出す前に後輪にも動力を伝達するのに対し、Vフレックスフルタイム4WDは前輪が滑り出してからはじめて後輪に動力を伝達するため、タイムラグが生じるからです。

しかし、決して雪道で役に立たない4WDシステムという訳ではなく、パッソ2WD車と比較すれば遥かに安定した発進・加速が可能です。

パッソ4WDの登坂・降坂時

登坂時においては、一旦4輪駆動に移行してしまえば安定した走行が可能です。

2WD車と比べ、坂の途中でスタックしてしまうリスクはずっと少なくなります。

一方、下り坂においては、エンジンブレーキが効くのは多くの情況で2WD車同様前輪のみとなるので、車両重量が重い分2WD車以上に慎重な運転操作が要求されます。

パッソ4WDの通常走行時

パッソ4WDの通常走行時の性能は?

2WD走行と4WD走行が切り替わる際に、パッシブオンデマンド型特有の唐突な挙動変化が顔を出すこともありますが、2WD車と比較すれば安定した走行が可能です。

勿論、4WDと言ってもスタッドレスタイヤの装着は必須で、4WD車+夏タイヤは2WD車+スタッドレスタイヤよりも雪道の走破性は劣ります。

パッソ4WDのまとめ

パッソ4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムがプリミティブな方式であることやエンジンが非力であることなどから、過剰な期待は禁物です。

しかし、パッソ2WD車よりも勝っている事は間違いなく、最低地上高も150mmとそこそこ確保されているので、「生活4駆」としての役目は果たしてくれるはずです。

また、燃費性能も事実上パッソ2WD車と同等で、4WD車全体の中でもかなり良い部類に属します。

ただ、2WD車との大きな価格差はやはり問題で、もろ手を挙げておススメという訳にはいきません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

パッソの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのパッソ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がパッソを限界値引きで購入しています。

今月のパッソの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>パッソ値引き交渉マニュアル

-パッソの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.