トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ パッソ モデルチェンジ推移2016年4月12日

トヨタニュースリリースより

----------------------

TOYOTA、新型パッソを発売

-広い室内空間、安定感のある走りを、魅力的な価格で実現-

【主な特長】
•ゆとりある広い室内空間と取り回しの良さ
•ボディの軽量高剛性化や足回りの強化などによる、フラットな乗り心地と安心感ある走り
•小粋なデザインに一新するとともに、スマートかつ上質な装いの新グレード「MODA*1」を設定。
ツートーンカラー*2も設定し多彩なバリエーション
•2WD車はガソリンエンジン登録車No.1*3の走行燃費28.0km/L*4、4WD車は24.4km/L*4を実現
•衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ*5)を搭載

TOYOTAは、パッソをフルモデルチェンジし、全国のトヨタカローラ店を通じて4月12日に発売した。

新型パッソは「街乗りスマートコンパクト」をコンセプトに、コンパクト車としての基本である「経済性」「使いやすいパッケージ」「コンパクトでありながらも安心感ある走り」を徹底的に追求し開発した。

今回、シンプルで親しみやすい「X」グレードに加え、スマートかつ上品な装いの新グレード「MODA」を設定し、小粋なデザインに一新した。パッケージは、取り回しの良いコンパクトなサイズを維持しつつ、前席と後席の間を従来型に対し75mm延長することで、ゆとりある広い室内空間を確保。

また、全車1.0LエンジンとCVTとの組み合わせとし、2WD車はガソリンエンジン登録車No.1の走行燃費28.0km/L、4WD車は24.4km/Lを実現。走りについても、ボディの軽量高剛性化、足回りの強化などで、街乗りでのフラットな乗り心地や安心感ある上質な走りを提供。

さらに、ドライバーをサポートする衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)を搭載し、基本性能の向上、装備の追加をしながらも魅力的な価格を実現した。

なお、新型パッソは、ダイハツ工業(株)が開発から生産まで一貫して担当したものである。

*1
「MODA(モーダ)」はイタリア語で、ファッション・流行

*2
ツートーンカラーの設定(オプション)は「MODA」のみ

*3
2016年4月現在。ガソリンエンジン登録車(除くマイルドハイブリッド車・ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車)。トヨタ自動車(株)調べ。他社にも同スペックの車があります

*4
JC08モード走行燃費。国土交通省審査値

*5
スマートアシストはダイハツ工業(株)の登録商標
X“G package”、X“L package・S”、X“S”、MODA“G package”、MODA“S”に標準装備

【販売概要】
1. 販売店 : 全国のトヨタカローラ店
2. 月販目標台数 : 5,000台
3. 店頭発表会 : 4月16日(土)、17(日)

【生産工場】

ダイハツ工業(株) 本社 池田工場

【車両概要】
1.選べる2つの小粋なスタイル

<エクステリア>
▽「X」 シンプルで親しみやすい安心感のあるスタイル •大型化したフロントグリルに合わせ、バンパー下部は低重心に構えた八の字の台形シルエットで、フロント全体に安定感を付与
•サイドビューは、キャビンを包み込むキャラクターラインで広々とした室内空間を表現
•リヤビューは、トレッド拡大、タイヤの四隅配置により、地面への踏ん張り感を表現

▽「MODA」 スマートかつ上質な装いの個性的なスタイル •フロントビューは、フロントグリルからボディへとつながる抑揚のある立体と、サテンメッキを施した質感のあるフロントグリルで上質感を演出
•サイドビューは、フロント・センターピラーをブラックアウトすることで、シンプルな中にも個性的かつ上質感を演出
•LEDのロー&ハイビームとクリアランスランプを組み合わせたBi-Beam LEDヘッドランプを装備。
また、LEDクリアランスランプは、リング状に点灯することで上質感を演出

<インテリア>
▽ワイド感を強調する水平基調のインストルメントパネルにより広い室内空間を演出。「MODA」は、専用アクセントカラー(マゼンタ)をオーディオクラスター、サイドレジスターリング、シート表皮などに施し、個性的かつ上質な仕上がりを表現

<ボディカラー>
▽存在感のある新色のマゼンタベリーマイカメタリック、ダークエメラルドマイカ、レモンスカッシュクリスタルメタリックなど5色を含む全12色を設定。「MODA」は、ブラックルーフとのツートーンカラー(オプション)の7パターンを設定し、ボディカラー全19パターンの多彩なバリエーションを提供

2.ゆとりのある室内空間と取り回しのよい高効率パッケージ
▽取り回しのよいコンパクトなサイズを維持しつつ、前席と後席の間を従来型に対し75mm延長することで、ゆとりのある広い室内空間を確保
▽ホイールベースを延長しながらも、トレッドを拡大して前輪の切れ角を最適化し、小回りのきく最小回転半径4.6mを実現

3.ガソリンエンジン登録車(2WD車)No.1の低燃費

エンジンは、1.0L 1KR-FEを搭載。吸気ポートのデュアルポート化、インジェクターのデュアル化、噴霧の微粒化により燃焼効率が向上。高タンブル化やピストン形状の最適化により圧縮比を12.5に高め、2WD車はガソリンエンジン登録車No.1の走行燃費28.0km/L、4WD車には新たにアイドリングストップ機能を採用し、24.4km/Lを達成。

2WD車は「平成32年度燃費基準+10%*1」、4WD車も「平成32年度燃費基準*1」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*2」の認定と合わせ、全車「エコカー減税」の対象

*1 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準 *2 国土交通省の低排出ガス車認定制度

4.ボディの高剛性化や足回りの強化などによる、街乗りでのフラットな乗り心地と安心感ある走り

▽サイドアウターパネル全面にハイテン材を使用するとともに、フロントフェンダーやバックドアなどの一部を樹脂化することでボディ剛性と軽量化を両立し、街乗りでのフラットな乗り心地と安心感ある走りを提供
▽シート骨格、パッド構造の見直しや、シートバックの形状変更によりホールド性を高め、体によりフィットした快適な乗り心地を実現
▽サスペンションには、最適チューニングを施し、フラットな乗り心地と安心感ある走りを実現。
具体的には、フロント及びリヤサスペンションにスタビライザーを採用(2WD)することで、ロールを抑制し、操縦安定性を向上。さらにフロントサスペンションでは、ショックアブソーバーに大径シリンダー、大径ロッドを採用し、剛性向上による操縦安定性とフリクション低減による乗り心地を向上。また、リヤサスペンションでは、トーションビーム(2WD)のねじり剛性を高めることにより操縦安定性を向上

5.衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)を搭載

▽街乗りでの事故被害の軽減を主眼とした、衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)を搭載し、衝突警報機能(対車両・対歩行者)、衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)、誤発進抑制制御機能(前方・後方)、車線逸脱警報機能、先行車発進お知らせ機能の5つの機能でドライバーをサポート

6.商品力向上と魅力的な価格を両立

▽基本性能の向上、装備の追加をしながらも、軽自動車を検討されるお客様にも魅力的な価格とした

・価格(消費税込み)

1,150,200-1,830,600円

パッソをフルモデルチェンジ

トヨタ パッソのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.