ポルテの評価集

ポルテの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

アイキャッチ画像

トヨタのコンパクトカー「ポルテ」は、助手席側に1枚の電動スライドドアと運転席側に2枚のヒンジ式ドアが備わる左右非対称のデザインや、多彩なシートアレンジ、豊富な収納スペースなどを特徴とし、子育て世代のファミリーなどに最適のモデルとなっています。

そして、雪国などに住むユーザー向けに4WDモデルも用意されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度のレベルにあるかを徹底的に評価します!

ポルテの4WDグレードの価格は?

ポルテの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

ポルテの4WDグレードで一番の売れ筋である「F」の場合、2WD車との価格差は151,200円(※北海道地区は157,680円)となっています。

ポルテ 1.5F 2WD 1,828,440円

ポルテ 1.5F 4WD 1,979,640円

約15万円の価格差は決して小さいとは言えませんが、同じ4WDシステムを採用する「カローラ アクシオ/フィールダー」も約14万円の価格差になっているので、まずは妥当な設定と言えるでしょう。

ポルテ4WDと2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
ポルテ 2WD
ポルテ 4WD
全高(mm)1,690
1,720
フロア地上高(mm)300330
最低地上高(mm)135
130
車両重量(kg)1,170
1,230

ポルテ4WD車のボディスペックを2WD車と比較すると、フロア地上高が30mm高められている分、全高も大きい数値となる一方で、床下に2WD車には無いプロペラシャフトが存在するため、最低地上高を比較すると逆に5mm小さい数値になっています。

また、車両重量はFグレード同士の比較で60kg重くなっています。

エクステリア

ポルテ4WD車のエクステリアは、2WD車の場合フロントバンパー下部に備わるエアスパッツが、雪道走行への配慮のためか省かれています。

インテリア

ポルテ4WD車のインテリアは、エクステリア以上に2WD車との違いが大きくなっています。

まず、センタートンネル部分が約100mm盛り上がっているので、その分乗員の足元スペースが狭くなっています。

また、フロアが高い分乗降性が劣るほか、荷室の床面も高くなるので収納容量が若干劣ります。

ポルテ4WDはリアシートにチップアップ機能がないのが残念。

※ポルテ :toyota.jp

さらに、仕様面ではリアシートにクッションチップアップ機能が備わらないので、後席スペースにベビーカーを乗せたい場合などに支障が生じます。

パワートレイン

ポルテ4WD車のエンジンは、排気量こそ2WD車と同じ1.5Lながら型式が異なり、ボア&ストロークも異なっています。

また、スペックは2WD車が最高出力109ps/最大トルク13.9kgmであるのに対し、それぞれ103ps/13.5kgmとやや劣っています。

一方、組み合わせられるトランスミッションはいずれもCVTとなりますが、2WD車に対し最終減速比がローギアードになっているので、雪道や悪路など、4WDの性能が求められる場面で、エンジンのパワーを最大限有効に使えるセッティングとなっています。

ポルテ4WDには画像のようなアイドリングストップキャンセルスイッチがつかない。

そのほか、2WD車に標準装備されるアイドリングストップ機構「ストップ&スタートシステム」が4WD車には備わらないのも、大きな相違点になります。

ポルテとライバル車との価格差は?

ポルテのライバル車のシエンタ

ポルテと同じドア配置を持つモデルはほかには存在しないので、直接的なライバルをあげるのは難しいので同じトヨタ車ですが、ここでは同じエンジンと4WDシステムを搭載するコンパクト・ミニバン「シエンタ」の中間グレード「X」を取り上げて比較することにします。

北海道地区以外での価格は、ポルテ・Fの197万9,640円に対し、シエンタ・Xは195万7,745円と拮抗しています。

ボディを比較すると、シエンタの方が全長が長いほか、両側に後席用電動スライドドアが備ることや、室内が3列シート仕様となることなどが主な相違点となります。

コンセプトが異なるので仕方ありませんが、ユーティリティー面ではポルテは見劣りしてしまいます。

一方安全装備面では、シエンタの場合オプション扱いとなる予防安全装備「トヨタ・セーフティ・センスC」がポルテには標準装備されるので、一歩リードしていると言えます。

ポルテ4WD車の実燃費は?

ポルテのカタログ燃費との差は?

ポルテの燃費イメージ

ポルテ4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は16.0km/Lですが、当サイトの調査による実燃費は11.8km/Lで、達成率は73.8%となっています。

実燃費の数値自体はコンパクトカーとしては決して褒められたものではありませんが、カタログ燃費との乖離はそれ程大きい方ではありません。

ポルテ4WD車と2WD車との平均実燃費の差は?

当サイトの調査によるポルテ2WD車の実燃費15.1km/Lと比較すると、4WD車は11.8km/Lなので3.3km/L悪い数値となります。

重量が重く4輪が駆動するため抵抗が増すので、どうしても2WD車と比べると実燃費は落ちてしまいますね。

ライバル車との実燃費の差は?

シエンタ4WD車の実燃費は12.9kmと、ポルテよりも良い数値が出ています。

ポルテの方が車両重量が150kgも軽いことを考えると、残念な結果と言えます。

ポルテ4WD車の雪道の走行性能は?

ポルテの4WDはどんなシステム?

ポルテ4WDの概要

ポルテのアクティブコントロール4WDスイッチ

ポルテに採用されている4WDシステムは、スイッチ操作により2WD(FF走行)と「アクティブコントロール4WD」と呼ばれる電子制御カップリング式4WDを切り替える方式が採用されています。

ポルテ4WDの制御

アクティブコントロール4WDはアクティブオンデマンド型4WDシステムの一種で、通常はほぼ前輪駆動の状態で走行し、発進および加速の際や雪道などの滑りやすい路面を走行する際は、電子制御カップリングの制御により後輪にも適切な駆動力を分配する方式になります。

ポルテの雪道での実際の走行性能は?

ポルテ4WDの実際の雪道走行性能は?

同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いた状態で、ポルテ2WD車と雪道での走行性能を比較すると、4WD車が明確に勝るのが発進および加速時と登坂時です。

2WD車と比較するとトラクションがしっかり確保されるので、ホイールスピンが少なく安全かつ効率的な走行ができます。

また、軽自動車などに採用されるケースの多いパッシブオンデマンド型と比較すると、前輪が滑る前に後輪に動力が伝達されるため、よりスムーズで安定した走行が可能となります。

ただし、ポルテは重心位置が高くタイヤも細いので、コーナーリング時のスピードは控えめにする必要があります。

オーバースピード気味にコーナーに侵入してしまうと、オーバーステア傾向になるので危険です。

高さがあるので横風の影響を受けやすい。(ポルテを後ろから見た画像)

また、ハイトがあるため横風の影響も受けやすいので、吹雪の時などは注意が必要となるほか、最低地上高が130mmしか無いこので、深雪での走破性はSUVなどと比較すると大きく劣ります。

4WDとはいえ、あくまでも「生活4駆」の域を出ないことを念頭に置いて運転するべきです。

ポルテ4WDのまとめ

ポルテ4WD車を総合的に評価すると、一番気になる雪道での走破性はファミリーカーとしては安全に走行できるレベルにあると言えるでしょう。

豪雪時の使用は控えた方が賢明ですが、比較的浅い積雪の時なら便利な足として活躍してくれるはずです。

一方、車内の使い勝手や燃費性能の面では2WD車と比較して見劣りするので、降雪頻度の多くない地域に住んでいる場合は、使用用途を明確にしておかない後、4WDを選ぶと後悔するケースが出るかもしれません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

ポルテの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのポルテ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がポルテを限界値引きで購入しています。

今月のポルテの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ポルテ値引き交渉マニュアル

-ポルテの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.