ポルテの評価集

ポルテの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

アイキャッチ画像

ポルテのグレードを選ぶには、標準装備や価格、オプションで付けられる装備など、様々な選択肢があると思います。

価格や装備以外でも、数年後にポルテを売るなら高く売れるグレードを選びたいユーザーもいるでしょう。

グレード毎の価格差による装備の違いや、ポルテのグレード毎のリセールバリューなど、ポルテのグレード選びの参考にしてみて下さい。

ポルテの価格が一番安いグレードは?

ポルテ X  (2WD) 1,862,300円

ポルテの中で一番安いグレードは 1.5X です。一つ上のグレード F と比べて50,760円安い設定です。

この X グレードに最低限のオプションをつけて購入すれば、新車で一番安くポルテを買うことができます。

では、いくらでポルテが買えるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードポルテ X
車両本体価格1,862,300円
装着オプションフロアマット
オプション金額
29,160円
諸費用・税金
152,697円
▲220,000円
支払総額
1,824,157円

* エコカー減税を含んでいます。

オプションは、フロアマットのみです。ナビなどのその他オプションは何も付けずに、車両からの目標値引きを達成したと仮定した支払総額は約182万円となりました。

フロアマットだけなら、近くのカー用品店や通販で購入すればディーラーで買うよりも、もっと安く購入できますので更に支払総額を下げることができます。

ネット通販なら、ポルテ専用サイズで種類も豊富にあるのでディーラーで購入するより好きなカラーを選べる場合もありますね。

最上級グレードの1.5Gと比較すると約15万円価格が上がります。

一番安いグレード1.5Xでも標準装備されているものは?

初めから付いている便利な標準装備を紹介します。

電動スライドドア

ポルテの電動スライドドア

※ポルテ 画像toyota.jp

全グレードに電動スライドドアが付いてきます

車内でのスイッチ開閉はもちろん、リモコンキーでの開閉と施錠ができます。

他の車種では、オプションであったり中級以上のグレードでしか電動スライドドアが採用されていなかったりしますが、ポルテでは全グレードで標準装備となっています。

また電動スライドドアには、「挟み込み防止機能」も付いていますので、物や小さいお子さんの体が挟まってしまっても、挟み込み感知センサーが素早く反応し、スライドドアが自動で開いてくれます。

これは、とても便利で安心な機能ですね。

可倒式シート

ポルテの可倒式シート

※ポルテ 画像toyota.jp

人や荷物に合わせて、シートを自在にアレンジすることができます。

助手席のシートと後部座席のシートを倒すことで、大きな荷物などを無理なく積むことができます。

シートが邪魔で積むことができなかった荷物でも簡単に載せられますね。

シートを様々にアレンジすることで、広々とした、ゆとりのある室内空間を作ることができます。

各種小物入れ・ドリンクホルダー

ポルテのドリンクホルダー

※ポルテ 画像toyota.jp

グローブボックスはもちろん、各座席にドリンクホルダーが配置されています。

運転席と助手席には、アッパートレイや小物入れなどが多くあり、財布や携帯を入れて入れておけるようになっています。

小物を入れるスペースが多くあると本当に便利ですね。

以上の3点は、一番安いグレードのポルテ1.5Xに初めから装備されています。

特に内装などに、こだわりがないのであれば一番安いグレードでも十分な装備が付いているので、諸経費が安くなる1.5X を選んでもいいでしょう。

1.5Xでは省かれてしまう装備は?

では、1.5Xの一つ上のグレード「1.5F」とは、どのような装備が違うのか見てみましょう。

撥水タイプシート表皮とアームレスト

ポルテのシート(撥水タイプ)

※ポルテ 画像toyota.jp

ポルテ 1.5X より一つ上のポルテ 1.5F では座席部分のシート表皮が撥水タイプのシートになります。

雨や汚れが付きにくいシートになっています。

お子さんがジュースなどをこぼしても安心できるシートが採用されています。

また、運転席にはアームレストが付きます。なければないで困りませんが、長距離運転やドライブをする時に運転の疲れが軽減されるので、あると嬉しいアイテムですね。

運転席シートバック・小物ポケット

ポルテの運転席シートバックポケット

※ポルテ 画像toyota.jp

運転席の背もたれの後ろにティッシュポケットと買い物フックが付いてきます。

運転席からでも手を伸ばせばティッシュに手が届きます。ティッシュの置き場所に困らないですね。

また、運転席シートの左に携帯やカギなどが入る運転席クッションサイドポケットがあります。ちょっとしたものを入れるのに便利ですね。

クッションチップアップシート(6:4分割可倒式リヤシート)

ポルテのチップアップシート

※ポルテ 画像toyota.jp

大きな荷物を積むのに便利な機能です。

後部座席のシート部分を跳ね上げておけば、広大な荷室スペースが生まれます。、バックドアを開けて大きな荷物を出し入れすることなく、後部座席に置けます。

この機能を使えば、26インチの自転車も電動スライドドアから楽に出し入れできちゃいます。

たくさん買い物した時や大きな荷物の時はスライドドアからの出し入れが、ドアの開口部も大きくて便利です。

X グレードには、このクッションチップアップ機能が付いていないので、大きな荷物は後部のドアを開けて載せるしかありません。

ポルテの価格が一番高いグレードは?

ポルテ 1.5G(2WD) 1,926,720円

※ポルテ 画像toyota.jp

ポルテ 1.5G(2WD) 2,014,100円

一番安い X グレードと比較すると車両本体価格が約15万円高くなります。

ここで一般的なオプションをつけてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードポルテ 1.5G
車両本体価格2,014,100円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、HIDパッケージ、スマートエントリーパッケージ
メーカーオプション価格140,026円
装着オプションT-Connectナビ、ETC(ビルトインタイプ)、フロアマット
オプション金額197,640円
諸費用・税金154,197円
車両値引き▲220,000円
オプション値引き(20%)▲39,400円
支払総額2,246,563円

* エコカー減税を含んでいます

一番安いポルテと比べて約42万円ほど高くなりました。

ポルテ 1.5G で人気の装備は?

一つ下のグレード F とは+100,100円の差があります。 Yグレードもありますが、Fグレードとの違いはフロントシートがベンチシートになっている点で、装備的にはFと同等です。

Fグレードとの価格差、約10万円でグレード Gには次のような装備がプラスされます。

スーパーUVカット + 赤外線カット機能付きガラス

ポルテのUVカットガラス

※ポルテ 画像toyota.jp

日焼けの原因となる紫外線を99%カットしてくれるガラスをフロントガラスに採用しています。

紫外線の多い日でも日焼けを気にすることなくドライブに出かけられます。

車内にいても日焼けはするので、UVカットガラスだと安心ですね。

また、赤外線をカットしてくれるガラスなので、車内のエアコンの効率がアップします。エアコンをつけると燃費が下がってしまうので、車のECOにも最適ですね。

そして、フロントガラスには撥水膜がコーティングされていて水をはじき、雨天時の視界を確保してくれます。

オートエアコン

ポルテのオートエアコン

※ポルテ 画像toyota.jp

自動で車内の温度調節をしてくれるオートエアコンが標準装備されています。

室温を好みの温度でキープしてくれます。また、見やすい液晶画面で温度設定も簡単に操作できます。

G グレードのポルテには、花粉除去モードも付いていますので、花粉対策もされています。

また、運転席側からは、お肌や髪に優しい弱酸性の「ナノイー」が自動発生するので、女性には嬉しい機能ですね。

温熱シート + ステアリングヒーター

ポルテの温熱シート

※ポルテ 画像toyota.jp

運転席と助手席には快適温熱シートが採用されています。寒い日でもすぐに温めてくれます。

また、メーカーオプションのステアリングヒーターを選べば、冷え切った車内のハンドルを温めてくれて、心地よい温もりを感じながら運転できます。

ステアリングは標準で本革巻仕様になっていて、ウレタンのステアリングとは違い、手になじみ、握り心地がいいです。見た目にも高級感が出て、車内がグッと引き締まりますね。

以上3点が主に G グレードで追加されている装備です。

必ず必要な装備ではないですが、車によく乗る方なら快適な機能は嬉しいですよね。更に、購入後に後付けできない物なので慎重に検討したいですね。

ポルテで燃費の一番いいグレードは?

ポルテで燃費のいいグレードは2WD仕様です。全グレードともにカタログ燃費は22.2km/Lとなっています。

しかし、私たちユーザーが一番気になるところは、実燃費の方ですね。

ポルテの平均実燃費は約15.5km/Lです。

カタログ燃費よりかなり下がってしまいますが、カタログ燃費の70%程が実燃費と言われているので、そこまで悪い数字ではありません。

街乗りで約10~13km/L 高速で約16~18km/Lとなり、高速や通りの良い道では燃費が伸びますね。

また、アイドリングストップ機能をうまく使うことで、燃費が向上します。

ポルテはガソリン満タンで何キロ走る?

ポルテの取扱説明書に記載があるように、ガソリン残量が6,8L以下になると警告灯が点灯します。そこで残量が5Lになるまで走行したと仮定します。

ポルテのガソリンタンクは45Lなので

45-5=40L
40×15,5=620

街乗りでは約620km走行できるます。高速では、もう少し燃費が良くなるので、東京から京都ぐらいまでは一回の給油で行けそうですね。

ポルテで一番燃費の悪いグレードは?

ポルテで燃費の悪いグレードは4WDモデルです。カタログ燃費では16km/Lですが、実燃費は約10km/L程になります。

4WDは2WDに比べて、車全体が重くなってしまい、4輪が駆動することで抵抗が大きくなり、実際の燃費が悪くなります。

雪道や舗装されてない道などの悪路での走行性は向上しますが、燃費の部分では2WDより劣ってしまいますね。

ポルテの4WD仕様車は満タンで何キロ走れるの?

ガソリン残量が5Lになるまで走行したと仮定して

45-5=40L
40×10=400

街乗りでは約400kmほど走行可能です。

ポルテに自動ブレーキはあるの?

ポルテの自動ブレーキ

※ポルテ 画像toyota.jp

ポルテの全グレードにTOYOTAセーフティーセンスCという衝突回避支援パッケージが標準装備されています。

前方を走行している車をレーザーレーダーと検知カメラで検出し、ドライバーの安全運転を全面的にサポートしてくれます。

仮に、ブレーキが踏めなかった場合でも、自動ブレーキが作動し衝突の回避または衝突被害の軽減を支援してくれます。

前の車が発進したことにドライバーが気づかない場合ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれます。

これで、後ろの車からのクラクションに驚いたり、イヤな思いをすることがなくなりますね。

安全運転が基本ですが、もしもの時のために衝突回避支援パッケージがあると、毎日のドライブも安心してできます。

ポルテのスポーツ/エアロパーツのグレードは?

ポルテのスポーツタイプ

※ポルテ 画像toyota.jp

普通じゃ物足りない方やスポーティな外観が好きな方はモデリスタパーツがオススメです。

スポイラーやマフラーカッターなどで、可愛らしいポルテのスタイルから、よりスポーティなポルテに変えることができますよ。

モデリスタのエアロキットは124,200円です。

外装だけでなく、内装も木目調のインテリアパネルやLEDルームランプなどで、より洗練された室内空間を演出できます。

かわいいポルテにしたいのなら?

ポルテの内装

※ポルテ 画像toyota.jp

ポルテ F(a la mode Trois)という特別仕様車も設定されています。

こちらは、よりオシャレでかわいい仕様になっています。シートやメーター周りなど個性的なデザインで遊び心があります。

また、シート部分はカバーシート式になっていて、取り外して丸洗いできます。小さいお子さんがジュースなどをこぼしてしまった時でも安心です。

ポルテで一番減税が多いグレードは?

ポルテで一番減税が多いのは G グレードです。

自動車取得税: 28,900円
自動車重量税: 11,300円
合計; ▲ 40,200円

G グレードで約4万円減税されます。

ポルテはハイブリッド車ではないので、それに比べると少し減税が少ないようですね。

だからこそ、しっかり値引き相場まで値引きしてもらいましょう。

ポルテの売れ筋グレードは?

ポルテのインパネ

※ポルテ 画像toyota.jp

ポルテ 1.5F 1,914,000円

ポルテの1.5Fは、エントリーグレードのXにはないシートアレンジや運転席のアームレストなど必要装備と快適装備が備わっていて、Xの5万円高で買えるということで、装備と価格のバランスが良いグレードです。

ポルテは小さいお子さんがいるファミリーにも人気なので、Fグレード以上に備わる撥水シートが入っているのも、売れ筋グレードの理由の一つでしょう。

では、売れ筋グレードの1.5Fの支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードポルテ1.5F
車両本体価格1,914,000円
メーカーオプションナビレディパッケージ、スマートエントリーパッケージ
メーカーオプション価格81,492円
装着オプションT-Connectナビ ナビレディパッケージ用、ETCベーシックタイプ、カメラ一体型ドライブレコーダー、サイドバイザー、フロアマット
オプション金額234,900円
諸費用・税金153,197円
車両値引き▲220,000円
オプション値引き(20%)▲46,000円
支払総額2,117,589円

* エコカー減税を含んでいます。

今回のオプションには人気で尚且つ便利なものを選びました。女性に人気のバックガイドモニター&ナビも付いています。

選択するオプションによって価格が少し変動しますが、売れ筋のポルテ1.5Fは約211万円となりました。

売れ筋のFグレードの特別仕様車F“a la mode Trois”になると、約12万円アップします。その分、外装や内装に専用装備が備わり、スマートエントリーパッケージが標準で付きます。

買取相場から見るポルテのおすすめグレードは?

売る時に高く売れるグレードを選ぶのも一つの選択肢です。

ここでは、3年後のポルテのリセールバリューから、高く売れるオススメのグレードを紹介します。

3年落ちポルテのリセールバリューは?

グレード名買取相場新車時価格1年後のリセールバリュー
1.5F98万円164万円59.7%
1.5G108万円174万円62.0%
1.5X87万円159万円54.7%
1.5F(4WD)120万円181万円66.2%
1.5G(4WD)129万円191万円67.5%
1.5X(4WD)109万円177万円61.5%

※中古車オートオークション相場調べ(1年1万キロ平均の走行距離)

新車から3年落ちのポルテのリセールバリューです。

傾向は、FFモデルなら1.5Gが唯一リセールが60%台を超えていて、その他のグレードは50%台となっています。

4WDモデルは、中古車の4WDの需要に対して数が少ないので、リセールバリューは高くなっています。

3年落ちのリセールバリューから見るポルテのおススメグレード

3年後に高く売れるグレードを選ぶなら、ポルテ1.5Gがオススメです。

4WDでは最高ランクのリセールに加えて、FFモデルでも一番リセールバリューが高くなっています。

4WDが必須な地方はもちろん、冬の間は4WDがあれば安心と言う地域なら、リセールも高いので4WDを選んで損はありません。

2WDなら1.5Gがオススメですが、次にリセールの高い1.5Fを買っても大きな損はないでしょう。

1.5Fは1.5Gより新車価格が安い分、売却金額との差額が少なく済むので、初期費用が抑えられる1.5Fもオススメです。

購入時に注意したいのは、ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインブラックマイカを選びましょう。

この人気の2色なら買取相場が安定していますし、他のカラーよりも高く売れます。

内装は選択可能なら、汚れの目立たないブラックがオススメです。特に子供がいるなら、ベージュでは汚れた時にブラックと違って目立ってしまうので、売却時にはマイナス査定になります。

もちろん好みを優先させる方が良いですが、リセールを考えるならブラック内装がオススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ポルテの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのポルテ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がポルテを限界値引きで購入しています。

今月のポルテの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ポルテ値引き交渉マニュアル

-ポルテの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.