ランドクルーザープラドの評価集

ランドクルーザープラドは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

投稿日:

アイキャッチ画像

ランドクルーザープラドは、兄貴分のランドクルーザーと並び数少ない本格クロカン4WDとして大きな存在感を放っています。

しかし、その魅力に惹かれながらも「ボディが大きいので運転が難しそう」と思い、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ランドクルーザープラドの運転しやすさ・難しさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

ランドクルーザープラドの大きさは?ボディサイズをチェック

まずは、ランドクルーザープラドの売れ筋グレード「TX」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【ランドクルーザープラド 2.7TX】
全長 4,825mm
全幅 1,885mm
全高 1,850mm

全長が4.8mを超えることに加え、全幅も1.9m近くに達するので、この数値を見ただけで尻込みしてしまう方もいるかもしれません。

実際問題としてこれだけ大きいと、狭い林道などに分け入ることは難しくなりますし、駐車場も選びます。

ここで、C-HRの走破性に飽き足らずランドクルーザープラドへの乗り換えを検討しているケースを想定し、大きさを比較してみましょう。

C-HR

【C-HR ハイブリッドG】
全長 4,360mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm

ランドクルーザープラドはC-HRと比較すると全長が40cm以上長く、全幅も10cm近く広いので、乗り換えるとそれなりに大きさを感じるはずです。

そして全高が30cm高くなるので、ハイルーフ非対応の立体駐車場への入庫はできなくなります。

また、アイポイントが想像以上に高くなるため運転感覚はC-HRとかなり異なったものとなりますが、見晴らしが良いことは運転のしやすさにつながります。

ランドクルーザープラドの小回りは効くか?ランドクルーザープラドの最小回転半径

次に、ランドクルーザープラドの小回り性を検証してみましょう。

ランドクルーザープラドの最小回転半径は、ボディサイズが大きいだけあって5.8mあり、決して小回りが効くとは言えません。

C-HRの5.2mと比較すると60cmも大きく、狭い路地での取り回しが大変なことは容易に想像がつきます。

それでも、ランドクルーザーよりは10cm小さい数値で全長も短いので、SUVの中で最悪の取り回し性というわけではありません。

ランドクルーザープラドは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

ランドクルーザープラドの車両感覚&運転感覚

ランドクルーザープラドのフロントの見切りは良好

プラドのボンネットの形状

ランドクルーザープラドは水平基調のフォルムが特徴で、ボンネットも水平に近く、あまり前下がりになっていません。

更にアイポイントが高いことと相まって、運転席からボンネットの先端がはっきり確認できます。

そのためフロントの見切りは良好で、鼻先を壁いっぱいに寄せて停めることもそれほど難しくありません。

ランドクルーザープラドの斜め前方視界は?

※プラド 出典toyota.jp

ただ、斜め前方の視界という点では、太いAピラー(フロントピラー)と大きなドアミラーのせいで、やや死角が多くなっています。

特に右側の死角が気になるので、右折する時は横断歩道上の歩行者を見落とさないよう注意が必要です。

ランドクルーザープラドの車幅の感覚は掴みやすい?

アイポイントが高く運転席からボンネットの先端が見える車は、車幅の感覚が掴みやすい特徴を持っていますが、ランドクルーザープラドも例外ではありません。

更に、ボンネット左側に備わるフェンダーミラーも、見た目はともかく車幅を掴む目安になるので、離合などの際に車体を左側ギリギリに寄せることも難なくできます。

全幅が広いため、左右のAピラーが同時に視野に入らないことは欠点ですが、それを差し引いてもランドクルーザープラドは車幅感覚が掴みやすい車と言えるでしょう。

ランドクルーザープラドの後方視界は普通

プラドの後方視界は?

※プラド 出典toyota.jp

ランドクルーザープラドのリアウィンドウの面積は標準的な大きさですが、後方視界の広さという点では決して悪くありません。

ただ、2列目・3列目シートのヘッドレストが視野を妨げるのが難点と言えるでしょう。

また、リアクォーターピラーが末広がりのデザインになっているので、斜め後方視界に死角が生じます。

総合的にみて、ランドクルーザープラドの後方視界は良からず悪からずの平均レベルと言えるでしょう。

ランドクルーザープラドの駐車にはコツがある?

ランドクルーザープラドを運転してバックで駐車する場合は、死角に注意する必要があります。

スクエアなフォルムゆえにボディ後端部の位置が掴みやすいのは美点ですが、各ウィンドウの下端部の位置が高いので、背の低い子供やポールなどの障害物を見落としてしまう可能性があるのが難点です。

そのため、「多分進む方向に何もないだろ」などという思い込みをせず、場合によっては一旦降車して安全確認をするなどの対応が望まれます。

ランドクルーザープラドの運転で役立つアイテム

コーナーセンサー(ボイス4センサー)

プラドのコーナーセンサー

※プラド 出典toyota.jp

ランドクルーザープラドはボディ四隅の位置が把握しやすい車ですが、いかんせんボディが大きいので狭い場所での取り回しはそれなりに気を使います。

うっかりすると、壁やほかの車などにぶつけてしまうこともあるでしょう。

そんなことが起きないようにするアイテムとしてお勧めしたいのが、ディーラーオプションの「コーナーセンサー(ボイス4センサー)」です。

前後バンパーのコーナー部に取り付けられた超音波センサーで障害物を検知し、接近すると音声と表示ランプ、アラーム音で知らせる機能を持っています。

価格は50,760円と決して安くはありませんが、駐車時などに大きな助けになってくれるので、是非とも付けたいところです。

セーフティモニター

ブラインドコーナーモニター

※プラド 出典toyota.jp

純正ナビを装着した場合、「セーフティモニター」と呼ばれるナビオプションを付けることができます。

セーフティモニターとは、車載カメラの映像をナビ画面に表示するものです。

上級機種のT-コネクトナビ9インチを選んだ場合に備わる機能は、以下にあげる3つです。

・サイド車両の後方を俯瞰した映像と広角ワイドビュー映像を表示し、バック駐車時の安全確認に役立つ「マルチビューバックガイド」モニター

・前方の映像を表示し、見通しの悪い交差点や車庫などから発進する時に役立つ「ブラインドコーナーモニター」

・左前方コーナーの映像をに表示し、狭い駐車場での安心感を高める「コーナービューモニター」

いずれも、直近の障害物が発見しにくいランドクルーザープラドの欠点を補ってくれる機能なので、装着を強くお勧めします。

(メーカーオプションナビを付けると、バックガイドモニターやマルチテレインモニターが付いて来ます)

電子インナーミラー

電子インナーミラー

※プラド 出典toyota.jp

ランドクルーザープラドを購入したら、2列目/3列目シートに人を乗せたり荷室にレジャー用具を積んだりする機会が多くなるはずです。

その場合、インナーミラー(ルームミラー)で後方を確認しようとしても、乗員の頭や荷物に妨げられ、十分な安全確認ができません。

そこでお勧めしたいのが、バックドア内側に取り付けたカメラの映像をインナーミラーに表示する「電子インナーミラー」です。

これを装着すれば、後ろに人を乗せようが荷物積もうがクリアな後方視界が確保できます。

更に、通常のインナーミラーよりも上下・左右の視野角が広く、死角が減ることもお勧めのポイントです。

価格は59,400円と結構高価ですが、出費に見合った価値があると言えます。

ランドクルーザープラドの運転のしやすさまとめ

ランドクルーザープラドは運転席からの見晴らしや見切りが良く、側方や後方の視界も悪くないので、巨体の割には運転しやすい車と言えます。

運転に自信のない女性は、ボディの大きさを見ただけで「自分に運転できるだろうか」と不安になってしまうかもしれませんが、それほど心配はいりません。

実際、街中で女性がプラドを運転している姿をよく見かけますね。

更にここで紹介したアイテムを装着すれば、一層運転が容易になります。

とはいうものの、狭い場所ではボディの大きさがハンディになることは事実なので、運転に慣れないうちは無理は禁物です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ランドクルーザープラドの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのランドクルーザープラド値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がランドクルーザープラドを限界値引きで購入しています。

今月のランドクルーザープラドの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ランドクルーザープラド値引き交渉マニュアル

-ランドクルーザープラドの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.