プリウスの評価集

プリウスの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

プリウスの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ハイブリッド車の代名詞的存在である「トヨタ・プリウス」は、市販車トップレベルの燃費性能に加え、次世代車両技術「TNGA」の採用による優れた走行性能や乗り心地なども魅力になっています。

そして、先代までには無かった4WD車が設定されている点も、雪国在住の人やウインタースポーツ愛好家などにとって大きな訴求力となっていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度のものなのかを徹底評価します。

プリウスの4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

プリウスの4WDグレードで一番の売れ筋である「S」の場合、2WD車との価格差は194,400円となっています。

プリウス1.8S 2WD 2,565,000円
プリウス1.8S 4WD 2,759,400円 

プリウスの4WDシステムは「HV4WD(E-Four)」と呼ばれる電気式が採用されていますが、2WDとの価格差は一般的な機械式4WDシステムを採用するモデルと大差ないものとなっています。

プリウス4WDと2WD車との仕様の違いは?

スペックプリウス S 2WDプリウス S 4WD
全高(mm)1,4701,475
最低地上高(mm)130135
車両重量(kg)
1,3501,440

プリウスのボディスペックを比較すると、4WD車は2WD車と比較すると最低地上高が5mm大きい135mmとなっており、その分全高も5mm高くなっています。

また、車両重量はSグレード同士の比較で90kg重くなっています。

一方、パワートレインは4WD車には後輪駆動用のモーターが追加されるほか、2WD車の場合グレードによりリチウムイオンまたはニッケル水素型となる動力用バッテリーが、4WDでは全車低温特性に優れたニッケル水素型となるのが相違点です。

2WD車と4WD車の装備の違いは?

プリウスの安全・快適装備などの面では2WD車に対し特に差別化は行われていませんが、2WD車にメーカー・オプション設定されているスペアタイヤは、4WDの場合スペースが限られてしまうため設定されていません。

プリウス4WDのデッキアンダートレイ
※プリウス 出典toyota.jp

そのほか、荷室容量が2WD車(スペアタイヤ非装着車)よりも45L小さい457Lとなる一方で、デッキアンダートレイ容量は大きくなっています。

プリウスのライバル車との価格差は?

プリウスのライバル車のシャトルハイブリッド
※シャトル 出典honda.co.jp

4WDの設定があるハイブリッド車の中では、「ホンダ・シャトル ハイブリッド」が最もライバルに近い存在と言えるかもしれません。

ボディタイプやクラスはプリウスと異なるものの、最上級グレード「ハイブリッドZ ホンダセンシング」の価格がプリウス・S E-Fourの2,759,400円に近い2,631,960円に設定されているからです。

両車を比較すると、安全装備はシャトルの方が充実している一方、燃費性能はプリウスが遥かに勝っているので、どちらがコストパフォーマンスが優れているかは一概には言えません。

しかし、シャトルハイブリッドとの12万円強の価格差を、プリウスがガソリン代の差ですぐに取り戻せることは間違いないでしょう。

プリウス4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費との差は?

プリウスのカタログ燃費&実燃費の差は?
※プリウス 出典toyota.jp

プリウス4WD車のカタログ燃費は、JC08モードで34.0km/Lとなります。

一方、当サイトが調査した実燃費は23.6km/Lで、JC08モード燃費に対する達成率は69.4%となっています。

達成率は決して高い方ではないものの、実燃費の絶対値は4WD車の中でトップの水準にあります。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるプリウス2WD車の実燃費は24.3km/Lで、4WD車はそれよりも僅か0.7km/L劣るのみとなっています。

2WD車との燃費の差は非常に小さい部類に入りますが、これも効率に優れたHV4WDならではと言えるでしょう。

ライバル車との実燃費の差は?

前項でプリウスのライバルとして取り上げた「ホンダ・シャトル ハイブリッド」の実燃費は13.7km/Lなので、プリウス4WD車はそれよりも約72%も優れています。

燃費性能に関しては、プリウスの圧勝です。

プリウス4WD車の雪道の走行性能は?

プリウスの4WDはどんなシステム?

プリウス4WDの概要

プリウス4WDの概要図
※プリウス 出典toyota.jp

プリウスに採用されているHV4WDは、前輪を1.8Lガソリンエンジン(最高出力98ps)+電気モーター(最高出力72ps)によるスプリット型ハイブリッドユニットで、後輪を電気モーター(最高出力7.2ps)で駆動するシステムになります。

プリウス4WDの制御

前輪が滑った時のみ後輪に動力を伝達する、オンデマンド型が採用されています。

プリウス4WDの制御図
※プリウス 出典toyota.jp

しかし、前後輪のトルク配分を発進時に8:2、その後は走行条件に合わせ70km/hまでの車速域において10:0から4:6の間で可変させるなど、キメ細かい制御が行われているのが特徴です。

それにより、雪に埋もれた駐車場からの発進やスロープの登坂、轍(わだち)が刻まれた路面での走行など、様々な状況におけるスムーズな走行性を実現しています。

プリウスの雪道での実際の走行性能は?

プリウス4WDの雪道での発進

プリウス4WDの雪道での性能は?

同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いての比較で、2WD車との差が最も如実に表れるのが、発進時のトラクションと安定感です。

特にアイスバーンのような極めて滑り易い路面で発進するケースでは、2WD車の駆動輪である前輪が激しく空転して思い通りの加速ができない上、テールが左右に振られて方向性が定まらない恐怖感があります。

対して4WD車は前輪が空転する時間が短く、後輪が駆動する事によりグリップもしっかり確保されるので安定して直進状態を保つことができます。

プリウス4WDの雪の一般道走行時

前述のようにプリウスの4WDシステムは、状況に応じて前後輪に適切なトルク配分が行われるため、非常にスムーズな走行が可能です。

また、グリップが確保されるのも失われるのも4輪同時となるため、コーナーリング中に滑った場合でも2WD車よりも車両のコントロールが容易に行えます。

プリウス4WDのVSC作動イメージ
※プリウス 出典toyota.jp

ABSやVSC(横滑り防止装置)、トラクションコントロールを統括制御して車両の安定性を高めるS-VSCが備わる点は2WD車も共通ですが、一般道走行時に関しては4WD車の方がずっと安心して運転することができます。

とはいえ、コーナーリングの限界速度や制動性能などは2WD車と変わらないので、過信は禁物です。

プリウス4WDの雪の高速道路走行時

70km/h以上では自動的にリアモーターの駆動力がゼロになり、路面状況の如何に関わらず2WD(FF)走行となります。

前後重量配分が2WD車よりもリア寄りとなるため、厳密に言えば前輪のトラクションは若干劣るので、雪が積もった高速道路では無理は禁物です。

プリウス4WDのまとめ

機械式4WDシステム採用車と比べ2WD車に対する燃費の悪化が少ないほか、絶対的な燃費もトップレベルにあるので、燃費重視で4WD車を選ぶならプリウス一択と言っても過言ではありません。

また、ドライブシャフトが存在しないので、居住性が損なわれないのもメリットです。

そして一番気になる雪道での走行性能も、それほどの積雪ではない一般道においては不満の無い水準にあります。

しかし、最低地上高がSUVなどと比較すると低い上、パワートレインもパワフルではないので、深い雪道での走破性は決して高い方ではありません。

また、高速走行時は2WDになってしまうことも考慮すると、プリウス4WD車は買い物などの日常用途に適した「生活4駆」と言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


プリウスの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのプリウス値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がプリウスを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のプリウスの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>プリウス値引き交渉マニュアル

-プリウスの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.