プリウスαの評価集

プリウスαの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

プリウスαの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

ステーションワゴンの中でも、燃費と収納力を兼ね備えた『プリウスα

発売当初はかなりの人気があり、販売予定台数を大幅に上回るほどの注文がありました。

プリウスαの人気の秘密は一体どこにあるのでしょうか。

車内のデザインや収納力、荷室の大きさなどを詳しく見ていきましょう。

プリウスαの内装の質感は?

プリウスαの内装色

プリウスαの内装色はブラックとグレージュの2色です。

プリウスαグレージュの内装
※プリウスα:toyota.jp

グレージュはグレーとベージュを混ぜたような色で、画像のように少し暗めのベージュといった感じです。

インパネやドアトリム部分はもちろん、アームレストの側面やドアの足元部分にまでグレージュが施されているため、車内の統一感があります。

また、多くの部分にこのグレージュが使用されているので、車内がより明るく感じます。

プリウスαのブラック内装

プリウスαのブラック内装

プリウスαのブラック内装

ブラックに関しては、ピラーと天井以外のほとんどの部分がブラックで、シックな印象です。

こちらの内装もまとまりがあり、飽きのこない車内空間になっています。

ですが、車内の大部分が黒いため、夏の暑い日などは車内の温度が上昇します。

炎天下の日に駐車場に停めて、再び車内へ乗り込む時はサウナ状態になっている可能性があるので注意が必要ですね。

プリウスαのシート表皮・デザイン

シート表皮は2種類あり、シートカラーは2色です。

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”のシート表皮(ファブリックと合成皮革)

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”のブラックのシートショルダー部分

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”のブラックのシートサイドサポート&背もたれ部分

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”のブラックのシート座面部分

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”のグレージュのシート表皮(ファブリックと合成皮革)
*G/G”ツーリングセレクション”

G/G”ツーリングセレクション”には、ファブリックと合成皮革のコンビネーションシートが採用されています。

画像のように、薄く縦に柄が入っています。

プリウスαS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のブラックファブリックシート表皮

プリウスαS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のグレージュのファブリックシート表皮

*S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”

S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”は、ファブリックのみのシート表皮です。

G/G”ツーリングセレクション”のシートと比べて、ハッキリとしたストライプ柄になっています。

プリウスαS”チューンブラックⅡ”のシート形状

またプリウスαには特別仕様車のS”チューンブラックⅡ”があります。

こちらのシートは、ベースグレードとは違い、特別仕様車専用シート表皮になっています。

プリウスαS”チューンブラックⅡ”のシート表皮

ファブリックと合成皮革とのコンビネーションに加え、画像のようにホワイトステッチや肩口にホワイトのアクセントが施されています。

プリウスαG’sのシート

さらに、プリウスαにはスポーツグレードのG’sの設定があります。

G’sも専用のシート表皮となっています。

ベースグレードや特別仕様車とは少し異なり、スエード調と合成皮革にシルバーのダブルステッチが施されています。

プリウスαG’sのシート中央のエンブレム

また、シート中央部分にはG’sエンブレムも装着されます。

シートデザインに関して、G/G”ツーリングセレクション”、S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”、S”チューンブラックⅡ”、は全て同じデザインとなっています。

サイドサポートの張り出しや座面の厚みもあり、しっかりと体をサポートしてくれます。

G’sのシートのみデザインが異なり、ベースグレードと比べ、かなりスポーティーなデザインとなっています。

サイドサポートの張り出しや、肩部分のサポートも大きく、コーナーでの体のブレをなくす設計となっています。

スポーティーなシートのため、運転姿勢が安定し長距離の運転をしても疲れにくくなっています。

プリウスαのインパネ

プリウスαのインパネはグレードごとに少しずつ仕様が異なります。

一つずつ見ていきましょう。

ステアリング

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”の本革巻きステアリング

G/G”ツーリングセレクション”には、本革巻ステアリングが標準装備されています。

本革巻は手馴染みが良く、滑りにくいのでいいですね。

プリウスαS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のウレタンステアリング

S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”には、ウレタン素材のステアリングになっています。

ウレタン素材のステアリングは、長く使っていると表面がツルツルとしてくるため、急なステアリング操作の時に不安な面も出てきます。

プリウスαS”チューンブラックⅡ”とG’sの本革巻きステアリング(ホワイトステッチ&ラメ入りピアノブラック加飾)

また、特別仕様車のS”チューンブラックⅡ”とG’sのステアリングは、本革巻きステアリングに加え、ホワイトステッチやスイッチベースにラメ入りピアノブラック塗装が施されています。

ベースグレードと比べると、高級感がありかっこいいですね。

インストルメントパネル

プリウスαのグローブボックス部分

プリウスαの運転席フロント部分

グローブボックス部分や運転席のフロント部分のパネルが合成皮革になっています。

G/G”ツーリングセレクション”では、グローブボックスと運転席のフロント部分に施されます。

S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”は、グローブボックス部分のみ合成皮革となります。

ドアスイッチパネル/コンソールスイッチプレート

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”とS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のコンソールスイッチプレート

プリウスαG/G”ツーリングセレクション”とS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のドアスイッチパネル

G/G”ツーリングセレクション”とS/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”のスイッチパネルやプレート部分は、画像のように装飾がないシルバーになっています。

プリウスαS”チューンブラックⅡ”とG’sのコンソールスイッチプレート

プリウスαS”チューンブラックⅡ”とG’sのドアスイッチパネル

また、特別仕様車のS”チューンブラックⅡ”とG’sには、ラメ入りピアノブラック塗装が施されています。

フロントピラーガーニッシュ

ピラー部分の素材がグレードによって異なります。

プリウスαのG/G”ツーリングセレクションのフロントピラーガーニッシュ

G/G”ツーリングセレクション”には植毛という手触りの良い素材が使用されています。

S/S”ツーリングセレクション”/S”Lセレクション”は樹脂製のピラーガーニッシュとなっています。

この部分に関して、どちらがいいのかは好みの問題になってきます。

車内の雰囲気は、そこまで大きく変わらないので、あまり気にする点ではないかもしれません。

プリウスαの収納・荷室の使い勝手は?

運転席・助手席の周りの収納

運転席周りの収納を見ていきましょう。

アームレスト付きコンソールボックス

運転席と助手席との間にあるアームレスト付きコンソールボックスです。

5人乗りと7人乗りとでは、コンソールボックスの形状が異なります。

また、ボックス内の容量にも違いがあります。

プリウスα5人乗りのコンソールボックス

5人乗りの場合、コンソールの前方に2つ、後方に2つのドリンクホルダーが装備されています。

また、ボックス内にも中段トレイがあり、収納するものによって収納部分の使い分けができます。

プリウスα7人乗りのコンソールボックス

プリウスα7人乗りのコンソールボックス(オープン時)

7人乗りのコンソールボックスは、前後に一つずつのドリンクホルダーと小物スペースがあります。

ボックスは非常に浅く、本やカードケース程度の物しか収納できません。

次に紹介するフロントコンソールトレイも7人乗りのタイプの方が小さく、運転席周りの収納は全体的に少なく感じます。

フロントコンソールトレイ

こちらの収納も5人乗りと7人乗りとで収納の大きさが異なります。

プリウスα5人乗りのフロントコンソールトレイ

5人乗りのコンソールトレイは大きく、仕切りもあるため使い勝手がいいですね。

ボックスティシュも無理なく置けます。

プリウスα7人乗りのフロントコンソールトレイ

一方、7人乗りのコンソールトレイは、アームレスト下に設置されたリチウムイオンバッテリーの影響で浅くなってしまい、スペースも小さいです。

スマホやガムなどを置く程度の大きさしかありませんから、やや使い勝手が悪いです。

サイドドアポケット

プリウスαのサイドドアポケット

ドア部分にドリンクホルダーと小物を収納できるスペースがあります。

カードホルダー

プリウスαのカードホルダー

運転席の右側にカードホルダーが装備されています。

ですが、オプションでETCを選択した場合は、この部分に装着されるため使用できなくなります。

オーバーヘッドコンソール

プリウスαのオーバーヘッドコンソール

ルームランプ部分にサングラスやメガネを収納できるオーバーヘッドコンソールがあります。

使用したい時にすぐ取り出せるため、重宝する装備ですね。

次に助手席周りの収納です。

アッパーボックス

プリウスαの助手席アッパーボックス

プリウスαの助手席アッパーボックス(オープン時)

助手席の正面にアッパーボックスが装備されます。

CDやDVDなども収納できるため、便利な収納です。

また、助手席の正面に設置されているので、取り出しやすく重宝します。

グローブボックス

プリウスαのグローブボックス

プリウスαのグローブボックス(オープン時)

アッパーボックス下に設置されています。

こちらは、アッパーボックスと比べ容量が小さく、車検証や取扱説明書などが入る程度です。

サイドドアポケット

プリウスαの助手席サイドドアポケット

運転席側と同様に、ドリンクホルダーと小物スペースがあります。

センターコンソール部分にもドリンクホルダーがあるので、収納としては十分です。

助手席カップホルダー

プリウスαの助手席カップホルダー

プリウスαの助手席カップホルダー(オープン時)

エアコンの吹き出し口の下にドリンクホルダーが格納されています。

使用しない時は格納できるので、乗り降りする際の邪魔にならなくていいですね。

後部座席の収納

シートバックポケット

プリウスαの運転席・助手席シートバックポケット

運転席と助手席の後ろに、雑誌や地図などを収納できるポケットがあります。

リアドアドリンクホルダー

プリウスαのリアドアドリンクホルダー

リアドア部分にドリンクホルダーと小物を収納できるスペースがあります。

セカンドシート後方収納

プリウスα5人乗りの後方収納

この収納は5人乗りのみになりますが、セカンドシートを倒すと傘などを収納できるスペースがあります。

傘などの長い物は置き場所に困るので、このような収納があると大変便利です。

3列目の収納(7人乗り)

デッキサイドドリンクホルダー

プリウスαの3列目シートえっきサイドドリンクホルダー

3列目シートのサイドにドリンクホルダーが装備されています。

プリウスαの収納は、バッテリーの搭載位置の違いにより、7人乗りよりも5人乗りの方が容量が多くなっています。

特にセンターコンソールボックスの形状が大きく違うため、収納力に差が出ます。

センターコンソールボックスは収納のメインアイテムですから、容量が大きい方が便利ですね。

プリウスαの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

プリウスαは5人乗りと7人乗りとで荷室の大きさが異なります。

プリウスα5人乗りの荷室

まず、5人乗りの荷室のサイズは、高さ730mm×幅1580mm×奥行き985mm

プリウスα7人乗りの荷室

7人乗りでは、高さ730mm×幅1580mm×奥行き375mm

やはり7人乗りのプリウスαの荷室は、サードシートを使う場合は奥行きが足りなく、狭く感じますね。

プリウスα7人乗りのサードシートを倒した状態

5人乗りの場合は奥行きが倍以上ありますから、ゴルフバックを4個積むことができます。

7人乗りの場合でもサードシートを倒せば、積むことができます。

プリウスα5人乗りの床下収納

プリウスα7人乗りの床下収納

また、プリウスαは床下収納が装備されているため、靴や洗車グッズなどの収納スペースを確保することができます。

床下収納は約60Lの容量があり、深さも345mmあるので使い勝手が良さそうです。

プリウスαの荷室に荷物を載せる際、タイヤハウスの張り出しが気になる。

しかし、唯一の欠点がタイヤハウスの張り出しが大きいことです。

荷室の幅は1580mmありますが、奥行き375mmを超えたあたりから、タイヤハウスが張り出しているため、やや狭く感じてしまいます。

荷室に多くの荷物を乗せる場合、張り出しが邪魔になってしまいますね。

プリウスαの内装まとめ

プリウスα

プリウスαの内装色やシートデザイン・カラーなどはグレードによって違います。

また、特別仕様車やG’sにも違いがあります。

収納の数や荷室の大きさなどは変わらないため、カラーやデザインが決め手になります。

あとは、荷物を多く乗せたいのか、人を多く乗せたいのか、車を使用するライフスタイルに合わせて選択するといいですね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

プリウスαの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのプリウスα値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がプリウスαを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のプリウスαの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>プリウスα値引き交渉マニュアル

-プリウスαの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.