トヨタ中古車

プリウスのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

投稿日:

プリウスの中古車情報

世界初の量産ハイブリッド車として注目を浴び、1997年から20年以上にわたるロングセラー、トヨタのプリウス。

ここではプリウスの中古車をもっとお得に購入できるための「狙い目」や「買い時」について紹介していきますので、皆さんがプリウスを購入する時のご参考にどうぞ。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なプリウス中古車の選び方

プリウスの中古車は新車と違い、決まった値段がありません。

その時々の市場ニーズや、コンディションや装備(オプションやボディカラー等)といったプリウス1台ずつの条件などがからみ合って相場が形成されていきます。

ここではそんな諸条件から、プリウスの中古車を割安に購入できる「狙い目」ポイントを紹介していきます。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、プリウスの中古車は割安で買える!

プリウス中古車の割安なボディカラーは、ホワイトパール&ブラック以外

プリウスのボディカラーは、中古車相場を大きく左右するポイントとなります。

中古車市場を調査すると、ホワイトパール&ブラック系のプリウスはその他のカラーよりも10万~30万円高くなっているので、それ以外のカラーが割安に買える狙い目となります。

ちなみに、ホワイトパール以外にも有料カラーは設定されていますが、その価格差は中古車相場に反映されていないため、中古車で買うなら有料カラーのプリウスが、さらに割安となります。

※参考:プリウスの有料カラー(現行型)
エモーショナルレッド 54,000円/サーモテクトライムグリーン 43,200円

プリウスの寿命は約27万キロ!過走行のプリウス中古車を格安で購入しよう!

新車ならほぼ数キロ~数十キロ以下なので当然気にしなくていいのですが、中古車でプリウスを探す時、多くの方が走行距離を気にすると思います。

乗り方にもよりますが、走行距離はプリウスの残り寿命を計る重要ポイントであり、一般に走行距離が10万キロを超えた中古車は「過走行」車として敬遠される傾向にあります。

だからこそ割安で購入できる「狙い目」なのですが、そこから何キロ乗れるのか、プリウスの残り寿命も気になるところです。

そこで、業者オークションで過走行プリウスを調査したところ、過去3ヶ月間に落札されたプリウス約16,000台中、過走行プリウスは約8,000台、全体のほぼ半分を占めています。

その内、走行距離20万キロ超のプリウスは約1,900台と全体の1割以上も出回っています。

気になるプリウスの寿命ですが、走行距離で調べていくと27万~28万キロあたりからエンジン関係の不調(オイル漏れ、異音、チェックランプ点灯など)が目立ってくるので、そのまま何もしなければ、やがて限界を迎えるでしょう。

一方で走行距離が30万キロを超えてもエンジンに不調がないプリウスも多く出ていますが、安全策で少なめに見積もると、プリウスの寿命は27万キロ前後と言えます。

つまり、過走行と呼ばれる走行距離10万キロのプリウスを購入しても、普通に乗ればそこから15万キロ以上乗ることも可能で、小まめにメンテナンスをすれば、安全かつ十分に元がとれるでしょう。

例)4年落ち プリウス1.8S(修復歴なし)
走行距離 10.0万キロ 支払総額 106.8万円
走行距離 1.2万キロ 支払総額 148.2万円   差額 41.4万円

⇒走行距離10万キロ以上のプリウス中古車はこちら

2WDと4WD、どちらのプリウス中古車が割安に買える?

プリウスには、各グレードで2WDと4WDの駆動方式が設定されていますが、中古車で購入する場合はどちらがより割安なのでしょうか。

2年経過後の新車価格に対して残る残価率(リセールバリュー)を見ると、4WDよりも2WDの方が残価率が同等~やや高くなっています。

つまり、4WDの方が残価率が低いため「新車から中古車への値下がり幅が大きい」事になり、4WDの方がより割安で購入できることになります。

ナビあり/ナビなし、どっちのプリウス中古車が割安に買える?

プリウスの中古車はナビ付とナビなしどっちがお得?

初めての場所はもちろん、最近はどんどん機能も進化して、ドライブのお供に欠かせないパートナーとなりつつあるナビ。

ナビがあるとないでは、プリウスの中古車相場に違いは出るのでしょうか?

中古車市場を調査したところ、ナビが付いているプリウスは、3年落ちで5万円前後高い相場となっています。

であれば、新品購入では10~30万円するナビが付いていた方がお得感は高くなるので、最新機能にこだわらなければナビ付きがコストパフォーマンスが高くなります。

ムーンルーフのあり/なしは、どっちのプリウス中古車が割安に購入できる?

プリウスの天井に窓を設けて、空の光を取り込むことで車内を明るく開放的に演出する人気オプションのチルト&スライド電動ムーンルーフ。

ムーンルーフのあり/なしで、プリウス中古車は、どちらが割安なんでしょうか。

中古車市場を調査する限りでは、あればプラスにはなっていますが、他車種のようにオプション料金以上のプラスとはいかない状況です。

つまり、ムーンルーフを割安でついている事になるため、流通量は少ないですがムーンルーフ付きのプリウス中古車は割安となります。

プリウスの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

プリウスのフレームに一定以上のダメージがかかると「修復歴あり」として、プリウスの中古車相場が価格帯によって10万~30万円以上も下がってしまいます。

買う立場にすれば割安でお得と言えますが、修復歴≒事故歴ですから、どんなに安くなっても安全性に不安が残ります。

それでもやっぱり10万~30万円以上の値下げを見逃したくない!という方は、修復歴(ダメージ箇所)が「後部」にあるプリウス中古車を探すといいでしょう。

(※前および横からのダメージは深刻なことが多いため、やめておいた方が無難です)

修復歴は、一定以上であればダメージの大小に関係なくすべて同じ修復歴として扱われます。

その修復歴は本当に走行の支障がないか販売スタッフに教えてもらったり、その店舗がオークションから仕入れたのであれば出品表を見せてもらいましょう。

また、実際に試乗して乗り味を確かめるといいでしょうね。

修復歴

※上記のオークションデータは、後部のみの修復(XX=交換済み)で収まっています。

リセールバリューの低いグレードほどプリウス中古車を割安に買える

リセールバリューの低いグレード程プリウス中古車を割安に買える。

プリウスのリセールバリューをグレード別に独自調査(※特別仕様車を除く)、その結果をランキングしました。

リセールバリューの低い(ランキングが下の)グレードほど新車価格からの値下がり率が大きいため、割安に購入できることになります。

【2WD】
1位 1.8Sツーリングセレクション
2位 1.8Aツーリングセレクション
3位 1.8E
4位 1.8Aプレミアム ツーリングセレクション
5位 1.8S
6位 1.8A
7位 1.8Aプレミアム

全体的なリセール差は2.5%以内、最廉価グレードの1.8Eが健闘している以外はツーリングセレクション系に人気が集まっているのがわかります。

【4WD】
1位 1.8Sツーリングセレクション
2位 1.8Aツーリングセレクション
3位 1.8Aプレミアム ツーリングセレクション
4位 1.8Aプレミアム
5位 1.8A6位 1.8S

4WDでもツーリングセレクション系に人気が集まり、それがリセールに反映されていますが、全体的に2WDよりは若干低め、全体的なリセール差はやはり2.5%以内でした。

・近所の中古車販売店を検索

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?プリウスの中古車相場とおすすめのプリウス中古車

3代目プリウスのおすすめ中古車と相場

3代目プリウスの中古車相場

型式ZVW30、NHW20型
生産2009年5月~2015年12月
マイナーチェンジ2011年11月29日
中古車流通台数5,049台
中心価格帯105万~135万円台
最安価格帯45万~65万円台
最高価格帯255万~275万円台

2009年5月18日から6年半ほど発売された3代目プリウス中古車は、その充実しすぎて選ぶのに迷ってしまいそうな流通台数=選択肢と、中古車として程よくこなれ、かつ幅広い価格帯が魅力です。

50万円前後から買えるプリウスもあれば、250万円オーバーのプリウスまで、予算やニーズに応じて自由に心行くまで中古車選びが楽しめるでしょう。

ココが変わった!3代目プリウスのマイナーチェンジ内容

2011年11月のマイナーチェンジでエクステリアデザインの変更があった。

2011年11月29日に実施された3代目プリウスのマイナーチェンジにおける主要な変更点です。

  • スポーツコンバージョン車「SツーリングセレクションG’s」を新設定
  • 外装(フロントバンパー、上下グリル、ホイールキャップ等)のデザイン変更
  • ボディカラーに新3カラーを追加(全8色)
  • シフトノブ回り等に高輝度シルバー塗装など質感を向上
  • シートカラーに2トーンカラー色をオプション設定
  • 車両接近通報装置を全車に標準装備
  • フロントドアガラスにスーパーUVカットガラスを新採用(グレード別)
  • メーカーナビにDSSSを内蔵したほか、JBLプレミアムサウンドシステムを採用(モデル別)

3代目プリウス中古車の長所

  • 品質と安さのバランスがとれた、幅広い価格帯
  • 全モデル最多の流通台数≒選択肢の多さ
  • 燃費性能に定評

3代目プリウス中古車の長所と言えば、先述のとおり幅広い価格帯と流通台数の多さから、予算とニーズに合った1台をじっくりと選びだせる「ゆとり」と言えるでしょう。

また、世界初の量産ハイブリッド車ということもあり、その燃費性能には定評があります。

3代目プリウス中古車の短所

  • インテリアが安っぽい(プラスチッキー)
  • 不安定な走行感と乗り心地の悪さ
  • 視界が悪い

一方で、プリウスユーザーの声をまとめたところ、上記のような不満が特に多く出ていました。

最も多かったのがプラスチッキーで安っぽいインテリア、傷つきやすい点にも不満が募っているようです。

また「地に足がついていない」と評する人の多かった不安定な走行感と、サスペンションにコシがなく路面からの突き上げと制振性に対する指摘が多く出ています。

そして視界が悪いなど、乗り心地に対する声が多かったので、実際に自分が買ったらどうなるか、実際にしっかりとプリウスを試乗して確かめた方がいいでしょう。

3代目プリウスのおすすめ中古車

3代目プリウスの中古車はその幅広い価格帯が魅力ですが、ここでは少しでも安く、より高品質な1台を見つけ出しましょう。

予算が60万円以下だと走行距離10万キロ以上の過走行か、10万キロ未満のプリウスはほとんど修復歴ありです(それはそれで狙い目ですが)。

なので、ここは予算を70万円まで引き上げて8~10年落ち/走行距離7万~9万キロ/修復歴なしのプリウスを探すといいでしょう。

⇒3代目プリウスの中古車を検索

現行型・4代目プリウスのおすすめ中古車と相場

4代目プリウスの中古車相場

型式ZVW50、ZVW51、ZVW55型
生産2015年12月~販売中
マイナーチェンジなし
中古車流通台数1,620台
中心価格帯210万~240万円台
最安価格帯160万~180万円台
最高価格帯360万~380万円台

2015年12月9日のフルモデルチェンジによって刷新された現行型プリウスは、まだ新しいため中古車といえども値下がりは小さく、高額価格帯に留まっています。

とは言え、新車の購入も視野に入れているのであれば、新車よりも割安にほぼ新車同様のプリウスを購入できる点が大きな魅力となっています。

また、3代目には敵わないまでも、十分に流通台数が多く、豊富な選択肢も嬉しいところです。

ココが変わった!4代目プリウスのマイナーチェンジ内容

4代目プリウスにはまだマイナーチェンジが入っていないため、入りしだい紹介させていただきます。

4代目プリウス中古車の長所

  • ほぼ新車同様のクオリティで新車よりも格安に入手できる
  • 豊富な流通台数=選択肢
  • 歴代モデルより後席の圧迫感がない
  • 1.8Lのハイブリッドエンジンはパワー感十分
  • 前型よりハンドリングが良くなっている
  • 燃費は変わらず定評

4代目プリウス中古車の魅力は、何と言っても「新車同様のクオリティを新車よりも格安で入手できる」お得感。

中古車を買うというより、ちょっと品質に妥協すると大きく値下がりする、いわばアウトレット感が強みです。

また、3代目よりは少なくても十分に豊富な流通台数や、初代から変わらない好燃費に対する定評などが挙げられます。

4代目プリウス中古車の短所

  • 価格帯が中古車としては高い
  • エクステリアの近未来感に不評
  • 17インチタイヤの乗り心地はゴツゴツ感があり固め
  • 後方の見切りは相変わらず悪い
  • インパネ回りの構造が複雑、部品の多さが異音の元に

一方で、プリウスユーザーの中からは以上のような不満も少なからず上がっています。

長所の裏返しでもあるのですが、やはり「中古車として購入するには高い」価格帯は、意識によってお得感を損ねてしまうリスクがゼロではありません。

また、非常に多かったのは大きく変貌を遂げたエクステリアへの違和感。

近未来感を意識したデザインなのは解るのですが、そのコンセプトが大不評で、管理人としては別に悪くないと思うのですが、少し次代を先取りしすぎたのかも知れません。

また、インテリアのプラスチッキー感は先代からあまり変わらず、複雑な形状で部品の多いインパネ回りから異音がする等の声も聞かれました。

他にも「もっさり」した走行感や後部座席の狭さなども指摘されており、購入前にしっかり試乗された方がいいでしょう。

4代目プリウスのおすすめ中古車

4代目プリウスを中古車で購入するなら、その大きな魅力である「新車同様のクオリティを、新車より格安で手に入れる」ことがおすすめです。

中古車市場を調査したところ、現行型4代目プリウスの中で最も流通台数が多かったグレードは1.8Sで、全体の約27%(約4台に1台)以上となっていました。

今回はプリウス1.8Sの中から、おすすめ中古車をピックアップします。

1年落ち プリウス1.8S
走行距離0.5万キロ/シルバー/修復歴なし/付属:フロアマット、ドアバイザー等
支払総額 234.7万円

新車のプリウス1.8Sを同じ条件(オプションなど装着)で購入すると、諸費用込みで支払総額が265.0万円となります。

ちょっと年式や走行距離を妥協するだけで、新車に近い最新型のプリウス1.8Sが新車より30万円以上も安く購入できました。

ところで、プリウスを中古車で購入しても、買い替え時の下取り金額は気になると思います。

そこで、上記の現行型プリウスを3年&3万キロ乗った後に売却した場合の査定相場をシミュレーションしましょう。

例)1年落ち プリウス1.8S
走行距離0.5万キロ/修復歴なし/支払総額 234.7万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
4年落ち 走行距離3.5万キロ 査定相場 98万~104万円

現行型プリウスを中古車で購入し、乗り続けている3年間の中でモデルチェンジが入った(査定相場が大きく下がった)と想定すると、現在の相場でこれだけの金額が残る見通しです。

上記のプリウスを購入する時、支払総額の234.7万円からいくらかは値引きがあるとは思いますが、売却・下取り時に130万円以上の損失が出ることを考えると、もう少し乗り続けて元を取る選択肢も考えたいところです。

⇒現行型プリウスの中古車を検索

プリウスの新古車は新車に比べてお得か?

プリウスの中古車探しをしていると「新古車」という言葉を目にすると思います。

新古車には色々な定義があるものの、ここでは「走行距離が1,000キロ以下のほぼ新車同様な状態の中古車」を指し、未使用車(走行距離ほぼゼロ)も含めます。

さて、そんなプリウスの新古車は新車よりもお得に買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

新車プリウス新古車プリウス(未使用車)
グレード名1.8S
車両本体価格2,479,091円2,693,000円
オプションなし有料カラー(ホワイトパール)、ナビ、ETC、フロアマット、サイドバイザー、バックカメラ、ドライブレコーダー、ナンバープレートフレーム、コーティング、ガラス撥水、ガソリン満タン
諸費用133,687円179,000円
新車値引き▲280,000円交渉次第で可
総額(乗り出し価格)2,332,778円2,693,000円

プリウスの新車と新古車を比較すると、新車の方が約36万円安くなっていますが、新車には28万円分の値引きがあったり、新古車には11点のオプションがついていたりします。

これらの違いをなるべくフラットにそろえて、安かった方の見積もりを高かった方のお店に持ち込み、安くなったらその見積もりを最初に安かったお店へ持ち込み……を繰り返すのが、プリウス中古車における値引き交渉のセオリーとなります。

番外として、業者オークションからプリウスの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車プリウス(当年モデル)
グレード名1.8S
落札価格2,025,000円
オプション純正ナビ、ETC、フロアマット、サイドバイザー
消費税162,000円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)2,268,040円

オークション代行を利用してプリウスの新古車を購入した場合、新車や中古車販売店よりも約6万~42万円も安くなっていました。

更に安くしたいなら、名義変更や陸送を自分でやれば約4万円を浮かせることも出来ますが、慣れない方には大変なので、お任せした方がいいでしょう。

このように、プリウスの中古車を少しでも安く購入する選択肢としてオークション代行もありますが、どうしても敷居が高いと感じてしまう方には、以下のサービスがおすすめです。

プリウスの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でプリウスを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いプリウスが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のプリウスの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のプリウスが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なプリウスを見つけるには時間も掛かりますし、さらにプリウスの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

プリウスの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にプリウスを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-トヨタ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.