トヨタ車の燃費

プリウスの実際の燃費は?走行条件別の実燃費を検証!

投稿日:

プリウスの実際の燃費は?走行条件別の実燃費を検証!

ここでは、プリウスの実際に走行した時の実燃費を紹介します。

渋滞を含む一般道、車の流れの良い一般道、高速道路などでプリウスの燃費が実際どの位なのか?燃費数字を出してみました。

※調査対象車種:プリウスS

プリウスの市街地(渋滞含む)の燃費は?

市街地の実燃費 23.2.㎞/L

市街地から驚異的な燃費性能

プリウスのハイブリッドシステムは2ZR-FXE型1,800ccエンジン+前後輪モーターという組み合わせのE-Fourシステムを採用しています。

トヨタがこのプリウスで長年改良を重ねてきたハイブリッドシステムは、流石と言える実燃費を記録しています。

市街地での様々な運転環境に置かれる市販車で、平均燃費が20㎞/Lを超えてくるのであれば、ユーザー満足度は当然高く、購入検討をされる方々にとっても魅力的な性能と言えると思います。

プリウスの郊外・幹線道路の燃費は?

郊外・幹線道路の実燃費 25.7㎞/L

順当に燃費が伸びる幹線道路

アクセル開度を一定に保つ時間が伸びる幹線道路でも順当に燃費を伸ばし、25㎞/Lの大台を超えてきます。

一般ユーザーの使用用途を考えると、通勤や家族の送り迎え・買い物がメインとなりますので、家庭にとって強力な経済性能を持つ車だと言えるでしょう。

プリウスの高速道路中心の燃費は?

高速道路を走るプリウス

高速道路の実燃費 27.7㎞/L

高速走行燃費でも更に伸びる燃費

ハイブリッド車にありがちなのが、高速走行燃費が幹線道路走行燃費を下回るという現象です。

これは、高速走行時にEV走行ができずに、エンジンの燃費性能に依存することになるために発生する現象ですが、プリウスは高速走行でも燃費を伸ばす傾向が出ています。

つまり、搭載される2ZR-FXEエンジンの燃費性能の高さによって、この結果が出ていると考えられます。

プリウスの平均燃費は?

平均実燃費 25.5㎞/L

総合燃費も高レベル

現実の使用方法の中では、走行ステージ毎の燃費よりも平均燃費の方が気になるものですが、プリウスは25㎞/Lを超える実燃費を記録しています。

これだけ走ってくれるのですから、新型も法人の営業車としても活躍することでしょう。

ライバル車の実燃費と比較!

プリウスとホンダ ジェイドの実燃費を比較

ホンダ ジェイド
※ジェイド 出典honda.co.jp

※比較対象車種:ホンダ ジェイドハイブリッド X

ホンダには、シャトルハイブリッドもラインナップがありますが、プリウスと同様のボディサイズを持つジェイドを比較対象とすることが適切と考えて選定した上で、参考としてシャトルハイブリッドの実燃費データを記載することとします。

尚、ジェイドとシャトルのハイブリッドシステムは、基本的に同一の物を搭載しています。

※車両重量比較
プリウス :1,360㎏
ジェイド  :1,510㎏
シャトル :1,220㎏

シャトルハイブリッド
※シャトル 出典honda.co.jp

市街地燃費比較

プリウス:23.2.㎞/L
ジェイド:16.2km/L
(シャトル:21.3㎞/L)

プリウスとジェイドでは、大きな差が生じました。

車格としてライバルとなる両車であり、共にハイブリッドシステムを搭載していますが、実燃費性能については大きな差が出る結果となりました。

ジェイドの市街地燃費が伸びない要因として考えられるのは、車両重量です。

プリウスに対して150㎏も思い車両重量が、ゼロ発信と停止を繰り返す市街地走行では、悪影響を及ぼしているようです。

また、Fitをベースとして、車両重量がプリウスよりも140㎏も軽いシャトルとの比較でも、プリウスの燃費性能が上回る結果となり、完全にプリウスの優位という事になります。

幹線道路燃費比較

プリウス:25.7㎞/L
ジェイド:19.8km/L
(シャトル:29.2㎞/L)

幹線道路でも、プリウスの圧倒的な性能が際立つ結果となりました。

あくまでも参考となりますが、このステージではシャトルの燃費性能がプリウスを上回りました。これは、軽量な車両重量のメリットが燃費に反映されたという事も含まれるでしょう。

高速道路燃費比較

プリウス:27.7㎞/L
ジェイド:23.6km/L
(シャトル:27.2㎞/L)

高速走行燃費でも、プリウスの優秀性が際立ちました。

シャトルは、このステージではプリウスに肉薄する実燃費を記録しています。

平均実燃費比較

プリウス:25.5㎞/L
ジェイド:19.8km/L
(シャトル:25.9㎞/L)

プリウスが25㎞/L台を達成しているのに対し、ジェイドは20㎞/Lを切ってしまっています。

仮に両車共ガソリンタンクの容量が40Lとした場合、ジェイドがガソリンを使い切った時に、プリウスは31.05Lの給油で済んでしまいます。その差8.95L、金額にして1,000円強です。

1回の給油でこれだけの差が出てくる事は、見過ごせないユーザーもいるでしょう。

公表燃費達成率比較

プリウス:25.5÷34.0=75.1%
ジェイド:19.8÷24.2=81.8%
(シャトル:25.9÷32.0=81.0%

達成率は、プリウスはまずまずというところでしょうか。

一方のジェイドは優秀な達成率と言って良いと思います。

同じJC08モードでも達成率にこれだけ開きが出るのが、ユーザーが車を購入する際に頭を悩ませる点でもあります。

各社低燃費競争に勝つために、それぞれの技術を注ぎ込んで車両を開発していますので、そのコストは販売価格に反映されるのは当然の事ですが、ハイブリッド車両などはガソリン車と比較すると価格が吊り上がります。

ユーザーとしては、高額になった価格差を補うだけの実燃費性能を持っているのか、公表燃費にどれ位近い燃費で走ってくれるのかという点が大きな関心事となります。

ユーザーにとって、実燃費としてどれだけ走るのかを重視するのか、公表値の達成率を重視するのかは様々ですので、この記事のデータを参考にしてみては如何でしょうか。

プリウスは『買い』か?

プリウス エンジンイメージ
※プリウス出典toyota.jp

まず間違いなく言えるのは、同格のライバル車とは比較にならない程優秀な実燃費を持っている点で、ユーザーにとって心強い経済性だということでしょう。

公表燃費に対する達成率はそこそこですが、実燃費として出ている数値の優秀さは明らかです。

また、プリウスのハイブリッドシステムは、長年にわたってトヨタが熟成を重ねてきているものですので、信頼性という面でもユーザーは安心できるでしょう。

プリウスの値引き交渉はしっかりとやろう

プリウスを購入するなら、気になるのはその価格ですね。

新車は高い買い物なので、出来れば値引きを多くして少しでも安く買いたいものです。

当サイトのプリウス値引き交渉マニュアルを見れば、簡単にプリウスから値引きを引き出すことが出来ます!是非ご参考ください。

プリウスのガソリン代や自動車保険料などの節約には【プリウスの維持費を安くする】もご覧ください。


アクセラ 燃費

-- 3代目プリウスの実燃費は? --

・プリウス参考グレード
プリウス 1.8S FF
・プリウス参考グレードカタログ燃費
30.4km/L
・渋滞を含んだ都市部の一般道の燃費
18.3km/L

・流れの良い一般道の燃費
26.8km/L

・高速道路走行時の燃費
24.6km/L
・プリウス総合平均実燃費
23.4km/L
・プリウス参考グレードガソリンタンク量
45.0L
・平均実燃費からガソリン満タンで走れる距離(ガソリンタンクに5L残し)40.0L×23.4km/L=936.0km
・ガソリン満タンの金額(ガソリンタンクに5L残し)
※ガソリン価格は2016年8月現在全国平均

40.0L×レギュラー118円=4720円


プリウス 燃費

-- 2代目プリウスの実燃費は? --

・プリウス参考グレード
プリウス 1.5 Sツーリングセレクション FF
・プリウス参考グレードカタログ燃費
30.0km/L
・渋滞を含んだ都市部の一般道の燃費
16.2km/L

・流れの良い一般道の燃費
24.8km/L

・高速道路走行時の燃費
23.1km/L
・プリウス総合平均実燃費
21.4km/L
・プリウス参考グレードガソリンタンク量
45.0L
・平均実燃費からガソリン満タンで走れる距離(ガソリンタンクに5L残し)40.0L×21.4km/L=856.0km
・ガソリン満タンの金額(ガソリンタンクに5L残し)
※ガソリン価格は2016年8月現在全国平均

40.0L×レギュラー118円=4720円

-トヨタ車の燃費
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.