トヨタ車モデルチェンジ推移と予想

トヨタ ライズ モデルチェンジ推移2021年11月1日

トヨタニュースリリースより

----------------------

ライズにハイブリッド車を新設定-同時に一部改良し、幅広く楽しめる5ナンバーSUVがさらに進化-

TOYOTAは、ハイブリッド車を新たにラインナップに加えるなど、ライズを一部改良し、11月1日に発売しました。

ハイブリッド車の特長
新開発の1.2Lハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド*1」搭載

エンジンは発電専用。その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用。小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム

レスポンスの良い加速性能
走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動ならではのレスポンスの良さ、なめらかな加速で、街乗りでの電気自動車のような走行フィールを体感
「スマートペダル(S-PDL)」採用

アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現

コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費(WLTCモード 28.0km/L*2)を実現

主な改良内容

ガソリン(2WD)車のエンジン変更

  • 従来の1.0Lターボからクラストップレベルの熱効率を実現した新開発1.2Lエンジンに変更
  • 低燃費(WLTCモード 20.7km/L*2)と高い動力性能を両立。低速域での加速性を向上

予防安全機能「スマートアシスト*1」を全車標準装備化

  • 夜間の対歩行者検知を可能とした衝突警報及び衝突回避支援機能の拡充
  • 標識認識機能(進入禁止/最高速度/一時停止)で見逃し予防をサポート
  • 電動パーキングブレーキの採用により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停止保持機能が追加され、長距離運転時の渋滞なども快適にサポート

その他快適装備も充実

  • キーを持って施錠状態の車両に近づくとルームランプが点灯するウェルカムランプ機能を標準装備
  • ハイブリッド車には、降車後の足元を照らすヘッドランプ点灯延長機能を標準装備。さらに、アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)を設定
  • 外板色にスムースグレーマイカメタリックを設定

・価格(消費税込み)

1,707,000-2,328,000円

トヨタ ライズ

トヨタ ライズのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-トヨタ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.