ライズの評価集

ライズに欠点・デメリットはあるか?ライズを徹底評価!

ライズは発売と同時に人気モデルになっていますが、人気モデル=完璧なモデルというわけではありません。

ライズにも良いところだけでなく、必ず悪いところもあるはずです。

ここでは、皆さんが気になるライズの欠点・デメリットを検証しますので、購入の参考にしてくださいね。

ライズを評価!欠点、デメリットはあるか?

ライズのエクステリアの欠点は?

ライズはダイハツ・ロッキーと姉妹車種の関係にありますが、フロント回りやリア回りのデザインが異なっています。

ライズのフロントマスクは、トヨタ車のアイコンとなっているキーンルックを採用しています。

ロッキーよりもアクが強いので、好き嫌いははっきり分かれるでしょう。

ライズのフォルム

toyota.jp/raize/

また、ボディパネルは結構柔らかいラインを持っていますが、厳めしいフロントマスクだけが浮いているようにも感じられます。

ライズのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ライズのインパネの質感は、決して高いとは言えません。

ライズのインパネ

toyota.jp/raize/

プラスチックの質感丸出しで、高級感とは無縁です。

安価なコンパクトカーだから仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、最近は軽自動車も登録車顔負けの質感を持つ車種が増えているので、もうひと頑張り欲しかったところ。

また、ステアリング調整はチルト機構のみでテレスコピック機構がないので、人によってはベストポジションが取れない可能性もあります。

今や軽自動車でさえテレスコピック機構付きの車種があるだけに、最新の登録車としては物足りなさが否めません。

ライズのシート&居住性

ライズの後席は着座位置が高いため、ヘッドクリアランスが不足気味です。

ライズの後席

toyota.jp/raize/

小柄な人なら問題ありませんが、身長が高い人が座ると頭が天井に触れてしまう可能性があります。

また、ヘッドレストの高さももう少し欲しいところです。

ライズの収納&荷室スペース

収納は特に不足ありませんが、欲を言えばライバルのクロスビーのように、前席バックレスト後部に折り畳み式のテーブルを付けてほしかったところです。

荷室スペースもボディサイズからすれば十分ですが、シートアレンジが平凡な点は少し不満に感じます。

助手席を前に倒したり、後ろいっぱいにリクライングして後席とつなげる機能はないので、車中泊は難しいでしょう。

ライズのパワートレインの欠点は?

ライズのパワートレインは、全車1L直3ターボエンジンとCVTの組わせです。

ライズの走行イメージ

toyota.jp/raize/

エンジンは3気筒なので、アイドリング時や高回転まで回した時に特有の振動を感じます。

酷く不快というわけではありませんが、4気筒車から乗り換えた場合は多少なりとも気になるはずです。

また、CVTは回転が先に上がってから車速が付いてくる、CVT特有の癖が残っています。

最近は不自然さを感じさせないCVTも増えているので、不満に感じる点です。

ライズの走行性能の欠点は?

ライズはSUVとしてはハンドリングが優れていますし、ハンドリングと相反する乗り心地も悪くありません。

ただ、ハッチバックコンパクトカーと比べるとやや硬めで、舗装の荒れた路面ではゴツゴツ感があります。

特に17インチタイヤを履くZは、段差を乗り越えた時のショックが大きめなので、後席に人を乗せる機会が多い人は16インチ装着グレードを選んだ方がいいでしょう。

ライズの装備面の欠点は?

ライズのスマートアシスト

toyota.jp/raize/

安全運転支援システムのスマートアシストは、最廉価グレードのXではオプションで付けることさえできません。

スマートアシストは、本来なら全車に標準装備されるべきです。

姉妹車種のロッキーは価格帯が少し高いものの、全車にスマートアシストが標準装備されることを考えると、残念に感じます。

また先行車に自動追従走行し、運転の負荷を軽くする全車速追従機能付ACCは最上級グレードのZにしか付きません。

ライズの全車速追従機能付ACC

toyota.jp/raize/

折角メリットの大きい装備なのに、他のグレードはオプションで付けることもできないのは残念です。

ライズのグレード体系・価格面での欠点は?

ライズのXの外観

toyota.jp/raize/

Xは先ほど解説したようにスマートアシストが付かないので、まったくおすすめできないグレードです。

価格の安さだけが取り柄の客寄せグレードは、はっきり言って必要ありません。

ライズを評価!いいところは?

ライズのエクステリアのいいところは?

ライズの外観

toyota.jp/raize/

フロントマスクはコンパクトSUVらしからぬ威圧感があり、遠目で見ると兄貴分のRAV4を彷彿とさせるほど。

威張りの効いた外観は他のクルマに存在感をアピールできるので、メリットと言えるでしょう。

ライズのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

ライズの9インチディスプレイオーディオ

toyota.jp/raize/

スイッチ類のレイアウトや操作性は良好で、日常ユースで戸惑うことはないでしょう。

またメーカーオプションの9インチディスプレイオーディオを付ければ、スマホのナビアプリなどが大画面で使えるのも嬉しい点です。

ナビはスマホで代用するので車載ナビは不要、と考える人にとって、このオプションは大きなメリットになります。

設定場所も高過ぎて視界を妨げたり、逆に低過ぎて視線を大きく落とす必要があったりということがなく、適切です。

シート&居住性

ライズのシート

toyota.jp/raize/

ライズのシートは前後席ともクッションに適度な弾力性があり、座り心地は上々です。

これなら、ロングドライブでも疲れは少ないでしょう。

また前席はサポート性も十分なので、ワインディング走行で必要以上に体が左右に振られてしまうこともありません。

後席は着座位置が高いためヘッドクリアランスに余裕がない一方、見晴らしが優れています。

シート表皮は一般的なファブリックですが、質感が高く柄も洒落ているので、外観にも満足できるはずです。

収納&荷室スペース

ライズの荷室

toyota.jp/raize/

ライズの荷室スペースは、後席使用時でも全長4m未満のコンパクトSUVとしては十分広く、日常の買い物やレジャーなどで困ることはないでしょう。

リアシートを倒せば、段差のないほぼフラットな荷室スペースが出現するので、使い勝手も良好です。

ライズの収納1

toyota.jp/raize/

ライズの収納2

toyota.jp/raize/

また収納がかなり充実していることも、ライズのいいところです。

特に助手席下のシートアンダートレイ (画像D) や、2個分のボトルホルダー が備わるフロントドアポケット (画像G) などは大変便利に使えます。

一般的にSUVは収納が貧弱なケースが多いのですが、ライズにはあてはまりません。

ライズのパワートレインのいいところは?

エンジンはターボラグが少なく、1.5~1.6Lクラスのノンターボのような自然なフィーリングです。

また、CVTはベルトのほかにスピリットギアを組み込んでいるので、CVTらしからぬダイレクトなフィーリングを持っています。

これなら、CVT嫌いの人にも受け入れられるでしょう。

さらにマニュアルモードに切り替えれば、シフトダウン時にブリッピングで回転合わせまでしてくれる芸の細かさです。

ライズの走行性能のいいところは?

ステアリングは正確で、切れば切っただけ素直に曲がってくれます。

重心の高いSUVながらグラっと傾くようなロール感がないので、安心してコーナーリングできるのもいいところです。

総じてハンドリングの水準は高いので、高速やワインディングまでどんなシチュエーションも難なくこなします。

ライズの装備面のいいところは?

ライズのLEDヘッドライト

toyota.jp/raize/

明るく長寿命で、消費電力も少ないLEDヘッドランプが全車に標準装備される点は、ライズのいいところです。

最上級グレードのZなら最近流行の流れるウインカー、LEDフロントシーケンシャルターンランプも付きます。

ライズのデジタルスピードメーター

toyota.jp/raize/

またライズは廉価なモデルにも関わらず、ZとGには最近のトレンドになっているデジタルメーターが付く点も、高く評価できます。

ライズのデジタルメーターはカッコいいだけでなく、4種類のデザインが選べるなど機能性も優れているので、申し分ありません。

ライズの安全性能のいいところは?

ライズのエアバッグ

toyota.jp/raize/

ライズは、全車にデュアルエアバッグのほかにサイド&カーテンシールドエアバッグが標準装備されます。

欧州車はどんなに安いクルマでもサイド&カーテンシールドエアバッグが標準装備されますが、国産車はいまだにオプション扱いでお茶を濁しているケースもあるのが現状です。

それを考えると、当たり前のこととは言え全車に標準装備される点は評価して良いでしょう。

ライズのグレード体系・価格面でのいいところは?

姉妹車種のロッキーと比べると、やや低めの価格設定になっています。

その分装備が簡略化されているので、手放しで褒めるわけにはいきませんが、少しでも安く手に入れたい人にはメリットと言えるでしょう。

ライズの総合評価

エクステリアはフロントマスクのデザインに好き嫌いが分かれるところですが、全体的なフォルムは秀逸です。

サイズを感じさせない存在感は、高く評価できます。

インテリアは質感はあまり高くありませんが、チープというほどではないので及第点をあげてよいでしょう。

シートの出来や荷室の広さ、収納の豊富さなどは文句なしです。

パワートレインも含めた走行性能は、かなり高い水準にあります。

CVTの癖が残っていることや、乗り心地がやや硬いといった欠点もありますが、大きな問題ではありません。

装備面は概ね満足できますが、Xにスマートアシストが付かない点だけは問題です。

安全性に対する姿勢は、ダイハツを見習うべきでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ライズの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのライズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がライズを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のライズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ライズ値引き交渉マニュアル

-ライズの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.