ライズの評価集

ライズでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

ライズをもっとカッコよくしたい、安全装備や快適装備をさらに充実させたい、などと思っている人も多いはずです。

ライズには快適性を高めるメーカーセットオプションや、内外装をスタイリッシュに演出するディーラーオプションなどが多数用意されているので、そんなニーズにも応えてくれます。

ここではライズで人気のオプション、おススメできるオプションを紹介していますので、是非とも参考にしてみてくださいね。

ライズのおすすめメーカーオプションは?

Z、Gなら安全性を高めるブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート

ライズのリヤクロストラフィックアラート

toyota.jp/raize/

ライズの安全運転支援システム、スマートアシストには多数の機能がありますが、いくつかは標準装備ではなくメーカーオプション扱いになっています。

そのうちのひとつが、ZとGに設定されているブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラートです。

ブラインドスポットモニターは、隣の車線の死角から迫る車両の存在をインジケーターやブザー音で知らせる機能、リヤクロストラフィックアラートは、バックで出庫する際に後方左右から接近する車両をインジケーターやブザー音で知らせる機能になります。

価格は66,000円と少し高価ですが、付けておけば事故リスクをさらに減らすことができるのでおススメです。

スマホをナビ替わりに使いたいならディスプレイオーディオパッケージ

ライズのディスプレイオーディオパッケージ

toyota.jp/raize/

スマホのナビアプリを利用するので車載ナビは不要、という人も多いと思います。

そんな人におススメしたいのが、9インチディスプレイオーディオとバックカメラ、ステアリングスイッチ (オーディオ・ハンズフリー操作) がセットになったディスプレイオーディオパッケージです。

メインとなる9インチディスプレイオーディオは、スマホと連携してナビアプリや音楽アプリが大画面で使えるので、とても便利に感じることでしょう。

さらにフルセグTVチューナーやAM/FMチューナー、ブルートゥース機能、USB端子も備えているので、AV機能は万全です。

また、後退時の安全確認をサポートするバックカメラも付いてくるので、かなり魅力的なオプションと言えます。

価格は97,900円で、純正ナビと比べれば安価です。

ライズのパノラミックビュー

toyota.jp/raize/

ZやGの場合は、ワンランク上のパノラミックビューパッケージ (114,400円) というセットオプションを選ぶこともできます。

これはディスプレイオーディオパッケージの機能に、4つのカメラで捉えた映像を画面に表示して安全確認をサポートするパノラミックビューをプラスしたオプションです。

バックカメラのみよりも使えるシチュエーションが多く、より安全にライズを運転できるので、予算に余裕があればこちらをおススメします。

Z以外の2WD車におススメしたい寒冷地仕様

ライズのシートヒーター

toyota.jp/raize/

シートヒーターは座面とシートバックを直接暖める装備で、エアコン暖房だけの場合よりもずっと暖かく過ごせるメリットがあります。

特に冷え性の人が多い女性には、必需品と言っても過言ではありません。

G、X S、Xの2WD車の場合、運転席・助手席シートヒーターはオプションの寒冷地仕様に含まれます。

冬場の快適性を考えれば、住んでいる地域が特別寒くない場合でも、是非とも寒冷地仕様を選びたいところです。

寒冷地仕様には、ほかに凍結や曇りを防ぐヒーター付ドアミラーや、フロントウィンドウの凍結を溶かすウインドシールドデアイサー、室内を素早く暖めるPTCヒーターが含まれますが、これらの装備も役立つ機会があることでしょう。

ライズのおすすめディーラーオプションは?

雨の日の換気などに役立つサイドバイザー

ライズのサイドバイザー

toyota.jp/raize/

フロントドア&リアドアウィンドウの上部に装着するサイドバイザーは、雨の日に雨水の吹込みを防ぎながら換気ができるので、大変便利です。

スモーカーやペットを乗せる人には必需品と言えますし、そうでない場合も雨天時に窓を少し開けてガラスの曇りを防げるなど、恩恵にあずかることができます。

高速走行時の風切音対策も施されていますし、外観が少し損なわれる点にさえ目をつむればおススメのアイテムです。

価格は17,600円と、決して高くありません。

雨天時の後方視界確保に役立つレインクリアリングブルーミラー

ライズのレインクリアリングブルーミラー

toyota.jp/raize/

鏡面に雨水を馴染ませて後方視界を確保する、親水処理が施されたドアミラーです。

太陽光に当たれば親水性が回復するので、半永久的に効果が持続します。

価格は13,200円で、ケミカルの親水コート剤と比べ高価ですが、ランニングコストが掛からないので長い目で見ればお得です。

フロアマットはベーシックタイプで十分

ライズのフロアマット

toyota.jp/raize

フロアマットは、付けない人はいないくらいの定番オプションです。

ライズにはデラックスタイプとベーシックタイプの2種類のフロアマットが用意されていますが、おススメは安価なベーシックタイプです。

ベーシックと言っても外観は決してチープに見えませんし、機能面でも消臭・抗菌機能が付くので必要十分と言えます。

価格は18,700円で、デラックスタイプより8,800円廉価です。

Z以外のグレードにも革巻ステアリングを

ライズの革巻ステアリングホイール

toyota.jp/raize/

Z以外のグレードはステアリングホイールがウレタン製となりますが、手触りがあまり良くないことや見た目がチープなことが欠点です。

手触りや外観が優れた革巻ステアリングホイールがオプションで用意されているので、交換をおススメします。

価格も18,700円とそれほど高いものでもありませんし、出費を後悔することはないでしょう。

スマホユーザーなら、おくだけ充電

ライズのおくだけ充電

toyota.jp/raize/

ワイヤレス充電規格チー (Qi) に対応したスマホを持っているなら、センタートレイに置くだけで充電できるオプション、おくだけ充電をおススメします。

充電器とスマホの間に金属の異物があった場合、充電を中止する機能も付くので安心です。

価格は18,700円で、たかが充電機と考えれば高く感じるかもしれませんが、利便性からすれば決して割高ではありません。

ライズのおすすめ純正ナビは?

T-コネクトナビ

ライズのT-コネクトナビ

toyota.jp/raize/

ライズのT-コネクトナビの機能

toyota.jp/raize/

T-コネクトナビ 155,100円

道案内はスマホではなく、車載ナビを使いたいという人もまだまだ多いと思います。

ライズには3タイプのナビがオプション設定されていますが、おススメは7インチ画面の中級機、T-コネクトナビです。

画面サイズや精細度は上級の9インチT-コネクトナビに及びませんが、実用上問題になることはないでしょう。

また、トヨタのコネクティッドサービスに対応するのをはじめ、機能面でも不足はありません。

価格は9インチT-コネクトナビより9万円ほど安いので、お買得感があります。

ライズのオプションでエアロを付けるならコレ

ライズのフロントスポイラー

toyota.jp/raize/

ライズのサイドスカート

toyota.jp/raize/

ライズのリヤスパッツ

toyota.jp/raize/

ライズには5種類ものエアロキットが設定されているので選択は悩ましいところですが、おススメはフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツがセットになったモデリスタエアロキット (エレガント アイス スタイル) です。

価格は塗装済で121,000円と比較的リーズナブルで、デザインの癖も少ないので多くの人が満足できると思います。

ライズのバックドアエアロプレート

toyota.jp/raize/

ライズの16インチアルミホイール

toyota.jp/raize/

さらにバックドアエアロプレート(22,000円)と16インチアルミホイールセット(74,800円)をプラスするとエレガント アイス スタイルのコンプリートになり、一層カッコよくなるので、予算に余裕があればおススメです。

ライズのエレガントアイススタイルのフロントビュー

toyota.jp/raize

ライズのエレガントアイススタイルのリアビュー

toyota.jp/raize

エレガントアイススタイルのパーツをコンプリートすると、この外観になります。

スタイリッシュでありながら、決してくど過ぎることがなく、絶妙なルックスだと思いませんか?

純正ディーラーオプションは後付けできるがメーカーオプションはダメ

ライズの契約時にオプションも選ぶことが多いと思いますが、ディーラーオプションに限り、納車後に注文して後付けすることも可能です。

一方、工場の組み立てライン上で装着されるメーカーオプションは後付けが出来ないので、契約前にじっくり検討しておく必要があります。

ライズのメーカーオプションは、先ほど紹介した以外にはスペアタイヤやナビレディパッケージなどがあります。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・・

純正ドライブレコーダーは割高感が否めず

ライズのカメラ一体型ドライブレコーダー

toyota.jp/raize

ライズのカメラ別体型ドライブレコーダー

toyota.jp/raize

煽り運転対策などに、今やドライブレコーダーは欠かせない装備になっています。

ライズにもドライブレコーダーがオプション設定されていますが、コストパフォーマンスが低いのであまりおすすめできません。

21,450円のカメラ一体型は前方しか録画できず、63,250円のカメラ別体型は後方も録画できるものの高過ぎます。

ドライブレコーダーを付けるなら、前後が録画できる製品が安く手に入る社外品がおススメです。

例えば社外品のドライブレコーダーなら、前後録画可能で純正オプションよりも安く購入する事が可能です。

ネットで安く買って、新車契約時に「持ち込みで付けてくれませんか?」と工賃サービスや割引で交渉してお願いして見るといいでしょう。

ライズのおすすめの社外ドライブレコーダー

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ライズの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのライズ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がライズを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のライズの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ライズ値引き交渉マニュアル

-ライズの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.