RAV4の評価集

RAV4の4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

投稿日:

RAV4の4WDの性能は?雪道走行&実燃費を徹底評価

3年ぶりに国内市場で復活したトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」には、世界初の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をはじめ3種類の4WDシステムが設定されているほか、一部グレードで2WD車を選ぶことも可能です。

これだけ多彩な駆動システムが用意されている車種は、世界的にも稀といえるでしょう。

ここでは、各方式の雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのか、売れ筋グレードの実燃費をどのくらいなのかを徹底的に評価します!

RAV4の4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

4WDと2WDが選べるのは、ハイブリッド車のエントリーグレード「ハイブリッド X」とガソリン車のエントリーグレード「X」の2タイプです。

より人気の高いハイブリッド Xの4WDと2WDの価格差は、24万8,400円とかなり大きくなっています。

後輪駆動用に高出力のモーターを搭載していることを考えると、決して4WD車が不当に割高な価格設定になっているわけではありません。

4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
RAV4 2WD RAV4 4WD
全高(mm) 1,685
1,685
最低地上高(mm) 190-195 190-195
車両重量(kg) 1,500-1,620
1,570-1,670

ボディサイズは最低地上高も含め共通で、車両重量のみ4WD車の方が50~70kg重くなっています。

パワートレイン

RAV4のハイブリッドシステム

画像:toyota.jp

ハイブリッドX・4WD車の場合、後輪駆動用に最高出力54psのモーターが備わるのが2WD車との大きな違いです。

Xの場合は、4WD車も2WD車もパワートレインは全く同一になります。

装備

RAV4のTRAILモードイメージ

画像:toyota.jp

ハイブリッド Xの場合、4WD車のみにスタックからの脱出に効果的なトレイルモードが備わります。

Xの場合は、4WD車のみに雪道での走行に適したスノーモードが備わるのが相違点です。

ライバル車との価格差は?

RAV4の最大のライバルは?

RAV4のライバル車のCR-V

画像:honda.co.jp

RAV4の最大のライバル車といえば、初代の頃からライバル関係にあった「ホンダ・CR-V」です。

RAV4・ハイブリットX 4WDと競合するCR-Vのグレードは、同じくハイブリッド車の廉価グレード「ハイブリッド EX 4WD」になるでしょう。

価格はRAV4・ハイブリッドX 4WDが345万600円(※北海道地区は347万40円)であるのに対し、CR-V・ハイブリッド EX 4WDは400万320円と55万円ほど高価です。

仕様・装備の違いは?

パワートレインは、RAV4が2.5Lエンジン+モーター及び後輪用モーターで構成されるのに対し、CR-Vは2Lエンジン+モーターというシンプルな構成です。

システム最高出力はRAV4が222ps、CR-Vが215psと拮抗しています。

しかし、4WD走行時はRAV4の場合後輪用モーターの出力がプラスされるので、トータルのパワーでは圧勝です。

安全装備面を比較すると、CR-Vのみ車線変更をアシストする装備やドライバーの注意力低下を検知する装備が付くなど、RAV4に差を付けます。

また、快適装備面でもCR-VはRAV4には標準装備されないカーナビや運転席パワーシート&電動ランバーサポート、運転席&助手席シートヒーターが付くなど、差は圧倒的です。

RAV4 VS CR-V

走りのRAV4、装備のCR-Vといえるでしょう。

RAV4・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費との差は?

ハイブリッド X・4WD車のカタログ燃費(WLTCモード)は20.6km/Lですが、実燃費は当サイトの調査によると15km/Lです。

カタログ燃費達成率は72.8%で乖離が大きい方ですが、ハイブリッド車にありがちな傾向といえます。

2WD車との実燃費の差は?

2WD車は売れ筋グレードではないこともあり、当サイトでもまだ実燃費は掴めていません。

カタログ燃費の差は0.8km/Lに過ぎないので、実燃費の差もごく小さいものと思われます。

ライバル車との実燃費の差は?

CR-Vハイブリッド EX 4WDの実燃費は当サイトの調査では15.3km/Lなので、RAV4 4WDとほぼ同等です。

カタログ燃費もCR-Vが0.6km/L勝る程度と大差ないので、妥当な結果といえるでしょう。

RAV4・4WD車の雪道の走行性能は?

RAV4の4WDはどんなシステムか?

RAV4の4WDシステムは最初に説明したように3種類があるので、それぞれの特徴について解説します。

ダイナミックトルクコントロール4WD (G、X・4WD車に搭載)

各種センターからの信号や車両安定化制御システム「VSC」からの信号を4WDコンピューターに取り込み、電子制御カップリングの伝達トルクを制御する方式です。

前後輪のトルク配分は、路面状況や走行状況に応じ100:0~50:50の範囲で自動かつ連続的に変化します。

ダイナミックトルクベクタリングAWD (アドベンチャー、G Zパッケージに搭載)

RAV4のトルクベクタリング機構

画像:toyota.jp

ダイナミックトルクコントロール4WDの進化版で、前後のトルク配分に加え、後輪の左右のトルク配分を100:0~0:100まで連続可変させる方式です。

ダイナミックトルクコントロール4WDと比較すると、滑りやすい路面での旋回性や安定性が向上しています。

また、4WD走行が不要と判断すると後輪へのトルク配分をドグクラッチで切り離し、駆動ロスの少ない2WDで走行する「ディスコネクト機構」が備わることも特徴です。

E-Four (ハイブリッドG、ハイブリッド X・4WD車に搭載)

RAV4のマルチインフォーメーションディスプレイ表示

画像:toyota.jp

前輪の空転傾向を検知すると、後輪用モーターを起動させる電気式4WDシステムです。

前後輪のトルク配分は、プリウスが100:0~40:60までの連続可変であったのに対し、RAV4のシステムは100:0~20:80と後輪への動力配分が大きくなっているのが特徴です。

更に後輪用モーターの出力増強と相まって、様々な路面への対応力が向上しています。

RAV4の雪道での実際の走行性能は?

ダイナミックトルクコントロール4WD 搭載のG及びXの雪道走行性能

大抵の状況で、概ね不満の無い走行性能を示します。

発進時の挙動はX・2WD車と比べ明らかに安定性が高く、ホイールスピンや蛇行などはせずスムーズな発進が可能です。

エンジンはそれほどパワフルとは言えないものの、その分滑りやすい雪面でも安心してアクセルを踏める良さがあります。

コーナリングはアンダーステアが出て旋回の軌跡が拡大するものの、安定性は高く決して破綻することはありません。

また、このシステムを搭載するGとXはバネ下荷重の軽い17インチタイヤを履くため足元がバタつかず、優れた乗り心地を実現しているのはメリットです。

ダイナミックトルクベクタリングAWD 搭載のアドベンチャー及びG Zパッケージの雪道走行性能

雪道走行のイメージ

ダイナミックトルクコントロール4WD搭載車と比べ、ワンランク上の安定性・旋回性を発揮します。

左右の轍でミューが異なるような状況でも安定した走行ができるのは、左右後輪のトルク配分を独立制御している効果でしょう。

コーナリング時のアンダーステアはダイナミックトルクコントロール4WD車よりも明らかに少なく、ほぼニュートラルな特性を示します。

車の方で積極的にグイグイ曲がっていくような感覚は、他の4WD車では得難い特徴です。

また、このシステムを搭載するアドベンチャーとG Zパッケージはワイドなタイヤを履くため、雪上でのグリップが優れているのも長所といえます。

RAV4のダイナミックトルクベクタリングAWD搭載車は、雪上での運転が楽しくなる貴重な1台です。

E-Four 搭載のハイブリッドG及びハイブリッド Xの雪道走行性能

これまで紹介した2種類のガソリン4WD車とは、全く異なる走行フィーリングを持っています。

後輪駆動用モーターのトルクが強力で、かつモーターならではの瞬発力があるため加速は爽快です。

コーナリングは基本的にはアンダーステアながら、アクセル操作で姿勢をコントロールできるので、ダイナミックトルクベクタリングAWD搭載車に劣らない楽しさがあります。

また、発進のスムーズさでは、左右の轍のミューが同じならばこのシステムが一番かもしれません。

RAV4・4WDのまとめ

RAV4・4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムの種類により異なる特性を持っています。

ダイナミックトルクコントロール4WD 搭載車は、基本的に「C-HR」などと同じシステムなので特に傑出した特性を示すわけではありません。

しかし、走行性能に特に問題がある訳ではなく、4WD車の平均レベルはクリアしています。

一方、世界初のシステムとなるダイナミックトルクベクタリングAWD 搭載車は、あらゆる路面状況をクリアする安定性や優れた旋回性など、これまでの4WD車とは次元を異にする印象です。

雪上で運転の楽しさが味わえることも加味すると、RAV4のガソリン車を購入するならこちらが本命でしょう。

そしてE-Four搭載車(ハイブリッド)ですが、従来のシステムと比べトルク配分の改善やモーターの出力強化が行われているため、こちらもハイレベルな走行性能を実現しています。

洗練性ではダイナミックトルクベクタリングAWD搭載車には一歩を譲るものの、パワフルさを生かしたダイナミックな走りは得難いメリットです。

RAV4

画像:toyota.jp

最後に、RAV4の4WD車全般にいえることですが、最低地上高が190~200mmと十分確保されているため、深雪でもスタックしにくいのが特徴になっています。

RAV4は、豪雪地帯での足替わりに好適な1台といえるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

-RAV4の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.