RAV4の値引き

総額はいくら?RAV4アドベンチャーの値引きと総支払額をシミュレーション!

更新日:

RAV4 アドベンチャーの値引き&総支払額シミュレーション

トヨタ 新型RAV4の人気グレード「2.0アドベンチャー」は総額いくらで購入できる?

ここは諸費用やオプション、値引きも含めたRAV4 アドベンチャー(Adventure)の総支払額をシミュレーションするページです。

また、他グレードとの比較やライバル車との競合、新型RAV4 アドベンチャーにおすすめなオプションやリセールバリュー、実例値引きデータなどを充実させていくので、新車購入の参考にどうぞ。

売れ筋人気グレードの新型RAV4アドベンチャーを他のグレードと比較

売れ筋人気グレードの新型RAV4アドベンチャーを他のグレードと比較

グレード名 RAV4 アドベンチャー RAV4 ハイブリッド2.5G
価格比較 3,137,400円 3,817,800円
価格差 680,400円安い
装備等比較 2,000㏄ガソリン 2,500㏄ハイブリッド
15.2km/L(WLTCモード) 20.6km/L(WLTCモード)
19インチアルミホイール
19インチアルミホイール
18インチアルミホイール
18インチアルミホイール
専用大型スキッドプレート
専用大型スキッドプレート
汎用スキッドプレート
汎用スキッドプレート
ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール(サテンメッキ加飾)
本革巻きステアリングホイール(サテンメッキ加飾)
専用グレードマーク
グレードマーク
なし
3灯式LEDヘッドランプ
3眼式LEDヘッドランプ
Bi-Beam LEDヘッドランプ
Bi-Beam LEDヘッドランプ
専用シート表皮(合皮+ステッチ)
専用シート表皮(合皮+ステッチ)
汎用シート表皮(合皮+ステッチ)
汎用シート表皮(合皮+ステッチ)
運転席8ウェイパワーシート(スポーティ)
運転席8ウェイパワーシート(スポーティ)
運転席8ウェイパワーシート
助手席4ウェイマニュアルシート(スポーティ) 助手席4ウェイマニュアルシート
シートベンチレーション(※MOP)
シートベンチレーション(※MOP)
なし
ハンズフリーパワーバックドア(※MOP)
ハンズフリーパワーバックドア(※MOP)
同左(※MOP)
バックカメラ(※MOP)
バックカメラ
バックカメラ
パノラマムーンルーフ(※MOP)
パノラマムーンルーフ(※MOP)
同左(※MOP)

※MOP:メーカーオプション
※赤文字は優位な装備

新型RAV4の人気グレードである2.0アドベンチャーの装備について、最上級グレードであるハイブリッド2.5Gと比較してみました。

価格はアドベンチャーの方が約68万円安くなっており、ステアリングホイールやバックカメラなどにコスト削減が見られるものの、シート表皮など充実した特別装備によって、よりスポーティに特化しています。

ユーザーのニーズが高級感寄りならハイブリッド2.5G、アウトドア寄りなら2.0アドベンチャーと、それぞれ個性がはっきりしていて選びやすくなっています。

新型RAV4 アドベンチャーのエクステリア

2.0アドベンチャーのエクステリア前面

RAV4アドベンチャーのエクステリア前面です。

がっしりとデザインされたフォグランプ&スキッドプレートの顎まわりがハードユースに耐えうるタフネスを演出。

眼光鋭い3眼LEDヘッドランプや強調されたタイヤハウスと相まって、底知れぬたくましさを表現しています。

標準グレードとの比較・エクステリア前面

比較として標準グレードも並べましたが、こちらはSUVらしい塊感は保ちながらも、シルバー加飾のフロントグリルや瀟洒なデザインのホイールなど、都会的な洗練感が際立っています。

2.0アドベンチャーのエクステリア後面
RAV4アドベンチャーのエクステリア後面です。

前面からはありきたりに見えたサイドのプレスラインが、後ろに回ると表情豊かな肉動感が浮かび上がり、デザインの広がりを感じさせます。

それでいて、水平に配されたテールレンズとバンパーを保護するスキッドプレートが野放図なデザインの散逸を抑え込み、巧くまとめた仕上がりとなっています。

標準グレードとの比較・エクステリア後面

標準グレードも基本的なデザインは同じとなっています。

新型RAV4 アドベンチャーのインテリア

アドベンチャーのインパネ回り・ブラック

ブラック×オレンジ

アドベンチャーのインパネ回り・オーキッドブラウン

オーキッドブラウン×オレンジ

RAV4アドベンチャーのインパネ回りです。

ブラックとオーキッドブラウンの2色が設定されており、各所に配したオレンジとやシルバー加飾によって、洗練された近未来感を演出しています。

また、スイッチ類も手元にまとめられ、すっきりと使いやすくなっています。

アドベンチャーの車内空間・ブラック

ブラック×オレンジステッチ

アドベンチャーの車内空間・オーキッドブラウン

オーキッドブラウン×オレンジステッチ

RAV4アドベンチャーの車内空間です。

SUVの後席はとかく窮屈な印象ですが、RAV4では後席にも妥協せず、リクライニング機構や広々した足元スペースの確保により、同乗者の居住性も向上。

また、オーキッドブラウンではピラーからルーフにかけてのベルトライン上と色調が統一され、明るく品質感も出ています。

アドベンチャーのシート表皮・ブラック

ブラック×オレンジステッチ

アドベンチャーのシート表皮・オーキッドブラウン

オーキッドブラウン×オレンジステッチ

アドベンチャーのシート表皮には合成皮革が採用され、身体に馴染む座り心地を提供してくれます。

オーキッドブラウンもパステリックで洒落ていますが、ブラックの方がオレンジステッチのアクセントが活きて高いアート性を感じられます。

新型RAV4 アドベンチャーの実燃費は?

準備中

新型RAV4は2019年4月のフルモデルチェンジ(販売再開)より年月が浅く、実燃費データが不十分なため、揃い次第更新していきます。

新型RAV4 アドベンチャーを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ライバル車との競合

新型RAV4アドベンチャーの値引き交渉には、ライバル車との競合が有効です。

ここではライバル車としてスバルのフォレスター X-BREAKとマツダのCX-5 2.2XD(4WD)をピックアップ。

各車の価格やスペック、装備を比較しながら、値引き交渉の戦術を立てていきましょう(以下、ライバル車はグレード名を省略します)。

RAV4 アドベンチャー フォレスター X-BREAK CX-5 2.2XD(4WD)
3,137,400円 2,916,000円 3,110,400円
アドベンチャーとの差額 221,400円安い 27,000円安い
1,986㏄ガソリン 2,498㏄ガソリン 2,188㏄ディーゼルターボ
171PS 184PS 190PS
21.1㎏f・m 24.4kgf・m 45.9kgf・m
15.2km/L(WLTCモード) 13.2km/L(WLTCモード) 18.6km/L(WLTCモード)
19インチアルミホイール 17インチアルミホイール 17インチアルミホイール
ウレタン製ステアリングホイール 本革巻きステアリングホイール 本革巻きステアリングホイール
ウレタン製シフトノブ 本革巻きセレクトレバー 本革巻きシフトノブ
合成皮革&オレンジステッチ 撥水ファブリック&合成皮革 スクエアメッシュクロス
フルオートエアコン フルオートエアコン フルオートエアコン
6スピーカー 6スピーカー 6スピーカー
電動パーキングブレーキ 電動パーキングブレーキ 電動パーキングブレーキ
スマートエントリー キーレスアクセス&プッシュスタート アドバンストキーレスエントリー
プリクラッシュセーフティ プリクラッシュブレーキ アドバンストスマートシティブレーキ
インテリジェントクリアランスソナー(※MOP) アイサイトセイフティプラス(※MOP) ブラインドスポットモニタリング
レーントレーシングアシスト 車線逸脱抑制 車線逸脱警報システム
オートマチックハイビーム アダプティブドライビングビーム(※MOP) ハイビームコントロールシステム
なし なし ドライバーアテンションアラート
3灯式LEDヘッドランプ LEDヘッドランプ LEDヘッドランプ
歩行者傷害軽減ボディ 歩行者保護エアバッグ 衝突エネルギー吸収構造(ボンネット、フロントバンパー)
快適温熱シート(※MOP) シートヒーター(前席+後席左右) なし
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付) クルーズコントロール(全車速追従機能付) レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
パノラマムーンルーフ(※MOP) なし なし

※(※MOP)はメーカーオプション
赤文字は有利な装備など

RAV4アドベンチャーをライバル2車と比較すると、以下の傾向が見えてきます。

  • 価格が最も安いのはフォレスター
  • 燃費が一番いいのはCX-5
  • スペックに優れているのはCX-5
  • 高級感ではRAV4アドベンチャーが引けをとる?
  • 安全装備ではCX-5が若干有利か
  • パノラマムーンルーフはRAV4アドベンチャーだけの強み

値引き交渉のセオリーは、常に「交渉している車の不利」をほのめかすことです。

例えば、マツダのディーラーで「CX-5を検討しているんだけど、家内は安いフォレスターに決めたがっている。説得するために、値引きを頑張って欲しい」などと持ちかけ、値引きに成功したら、その見積もりを持って今度はトヨタのディーラーに行きます。

そして「RAV4アドベンチャーを買いたいけど、車を共有する息子がトルクのあるディーゼル車を欲しがっている。値引きが大きければ説得しやすいので、ぜひ勉強してもらいたい」などと働きかけ、値引きに成功したら、その見積もりを持って今度はスバルのディーラーへ……と繰り返すことで、限界値引きに近づいていきます。

真剣に検討することでセールスマンの心も動きやすくなり、各車の魅力も欠点もより見えてきますから、値引きはもちろんのこと、満足のいく買い物ができるでしょう。

新型RAV4 アドベンチャーのリセールバリューは?

準備中

新型RAV4は2019年4月のフルモデルチェンジ(販売再開)より年月が浅く、中古車流通データが不十分なため、揃い次第更新していきます。

新型RAV4 アドベンチャーの値引き後の総支払額は?

新型RAV4 アドベンチャーの値引き後の総支払額は?

新型RAV4アドベンチャーの新車見積もりを、値引き込みでシミュレーションしてみましょう。

オプションが何も無しの最安バージョンと、おすすめオプションを装備したバージョンとそれぞれの値引き込み見積もりを紹介します。

オプション無し!最安でのRAV4 アドベンチャーの値引き新車見積もり

グレード名 RAV4 アドベンチャー
車両本体価格 3,137,400円
メーカーオプション価格 0円
(MOP品名) --
ディーラーオプション価格 0円
(DOP品名) --
諸費用 273,757円
目標値引き ▲100,000円
オプション値引き --
支払総額 3,311,157円

RAV4アドベンチャーに何もオプションをつけず、値引き交渉で満額達成した場合、約331万円で購入できることになります。

ただし、本当に何もつけないのはさすがに不便すぎるため、純正品よりも安く購入できる社外品をネット通販(楽天市場)で見てみましょう。

オプション品名 社外品 純正オプション
フロアマット 10,980円 27,000円(デラックス)
ドアバイザー 19,800円 32,400円

フルモデルチェンジからまだ年数が浅いため、品数はそこまで多くありませんが、フロアマットとドアバイザーはネット通販で売られていました。

純正オプションと比較すると、フロアマットは約1.6万円、ドアバイザーも約1.2万円も安く購入できるのでおすすめです。

RAV4アドベンチャーの新車購入時にこれらの社外品を持ち込み、工賃サービスをお願いすれば実質的に値引きと同じ効果が得られます。

※フロアマットもドアバイザーも取りつけは難しくありませんが、特にフロアマットは手間がかかるため、できればディーラーにお願いした方がいいでしょう。

おすすめオプションを含んだRAV4 アドベンチャーの値引き新車見積もり

グレード名 RAV4 アドベンチャー
車両本体 3,137,400円
メーカーOP価格 338,040円
メーカーOP ハンズフリーパワーバックドア、パノラマムーンルーフ、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ、バックカメラ
ディーラーOP価格 282,420円
ディーラーOP T-Connectナビ DCMパッケージ(ステアリングスイッチ付)、ETC2.0ユニット(ビルトイン)ボイスタイプ、カメラ一体型ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)、サイドバイザー(RVワイド)、フロアマット(デラックスタイプ)
諸費用 273,757円
目標値引き ▲100,000円
オプション値引き ▲56,000円(ディーラーOPの20%)
支払総額 3,875,617円

RAV4アドベンチャーにおすすめオプションをつけた状態で見積もると、値引きも込みで約387万円となりました。

メーカーオプションにはバンパーの下に足を入れるだけで開閉できるパワーバックドア、車内を明るく解放的に演出するアウトドアの友にしてリセーバリューでもプラスになるパノラマムーンルーフ、そして注目の安全装備を盛り込んでいます。

※2.0アドベンチャーにはリセーバリューで有利となるホワイトパールクリスタルシャインのボディカラー設定がないため、ここでは無料のアティチュードブラックマイカにしています。

ディーラーオプションには、定番のナビ+ETC2.0+ドアバイザー+フロアマットに加えて最近問題になっているあおり運転対策としてドライブレコーダーも選択。

値引きは車両本体に加えてディーラーオプションからも約20%の値引きが狙えるため、合計15.6万円の値引きを想定しています。

新型RAV4 アドベンチャーの値引き実例は?

準備中

新型RAV4は2019年4月のフルモデルチェンジ(販売再開)より年月が浅く、値引き実例報告がないため、データがそろい次第更新していきます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

-RAV4の値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.