RAV4の評価集

新型RAV4の人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

更新日:

RAV4の人気グレードの比較!リセールバリューから見るおすすめグレードは?

約2年半ぶりのフルモデルチェンジ(2019年4月)で日本市場にカムバックしたトヨタのクロスオーバーSUV・RAV4

このページでは、新型RAV4に設定された6グレードを徹底分析。

価格や燃費、装備やオプション、エコカー減税にリセールバリューなど、各グレードの特徴や個性をはじめ、皆さんがRAV4を購入する上でのお得情報なども紹介していますので、皆さんのご参考になればと思います。

新型RAV4の価格が最も安いグレードは?

最廉価グレード

RAV4:toyota.jp

RAV4 2.0X(2WD) 2,608,200円

新型RAV4で最も価格が安いグレードは、ガソリン車の2.0Xとなります。

この2.0Xに何もオプションをつけなければ、最安値で新車のRAV4に乗れますが、具体的にいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレード RAV4 2.0X(2WD)
車両本体価格 2,608,200円
メーカーオプション なし
メーカーオプション価格 0円
ディーラーオプション なし
ディーラーオプション金額 0円
諸費用・税金 248,257円
車両値引き ▲100,000円
オプション値引き ▲0円(ディーラーオプションの20%)
支払総額 2,756,457円

新型RAV4の値引き交渉で相場の限界値引きを達成できたとすると、RAV4の最廉価グレード・2.0Xは約275万円で購入できるようです。

ただし、見ての通り何も付属していない状態なので、せめてフロアマットやドアバイザーくらいは欲しいところ。

純正品は高いので、新型RAV4に適合する社外品がネット通販(楽天市場)で割安に購入するのもいいでしょう。

最安グレードゆえに省かれてしまう装備も……

新型RAV4の最安グレードである2.0Xですが、安い分だけ省かれてしまっている装備もあります。

ワンランク上の2.0G(4WD同士の価格差+367,200円)と比較してみましょう。

18インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)

18インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)

ホイール径こそ2.0Xと同じですが、5本スポークのデザインがよりスポーティにデザインされているほか、スーパークロームメタリック塗装(2.0Xはシルバーメタリック塗装)によってグレード感を高めています。

2.0Xにメーカーオプションで装着した場合、43,200円となります。

スキッドプレート(フロント・リア)

スキッドプレート(フロント・リア)

バンパー下部を保護するために装着するプレートで、悪路走行も想定したSUVならではの装備ですが、2.0Xにはオプションでも設定されていないため、悪路走行時はバンパーに気を遣ってしまいます。

パノラマムーンルーフ(※MOP)

パノラマムーンルーフ(※MOP)

RAV4の天井に大開口の窓を設けることで、大自然の解放感をより味わうことができる人気の装備です。

チルト&スライド電動ムーンルーフ

2.0Xは開口部の若干控えめなチルト&スライド電動ムーンルーフがメーカーオプション設定(108,000円)されています。

インテリジェントクリアランスソナー

インテリジェントクリアランスソナー

昨今、アクセルとブレーキを踏み間違えて壁などに突っ込んでしまうなどの事故が多発していますが、前方の壁などを検知して自動ブレーキや警報音で被害軽減をサポートしてくれる安心装備です。

2.0Xはメーカーオプション(28,080円)となっていますが、万が一の安全を考えると、是非ともつけておきたいところです。

リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター

リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター

後方から接近する車両を検知して、バック出庫時などの死角をカバー(衝突予防、被害軽減)してくれる安全装備です。

2.0Xではメーカーオプション(66,960円)となっていますが、こちらも駐車場などでとても重宝します。

本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(サテンメッキ加飾)

本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(サテンメッキ加飾)

本革巻きステアリングホイール&シフトノブ(サテンメッキ加飾)

使い込むほど手に馴染む本革がステアリングホイールとシフトノブに巻かれ、RAV4を長く乗り続ける喜びや満足感を高めてくれる人気の装備です。

2.0Xではオプション設定がなく、ステアリングホイールもシフトノブも無機質なウレタン製となっています。

ステアリングヒーター

ステアリングヒーター

冬の朝など、冷えたステアリングを握ると手がかじかんでしまいますが、ヒーターによって快適さはもちろん、手先がよく動いて安全運転にも寄与する人気装備。

2.0Xにはオプションでも設定がないため、気合と根性で乗り切るよりありません。

シート表皮(合皮+ステッチ加飾)

シート表皮(合皮+ステッチ加飾)

2.0G以上のグレードでは座り心地のよい合皮に立体的な高級感を演出するステッチ加飾が施され、2.0Xのファブリック(布地)と満足感で大きな差をつけています。

運転席8ウェイパワーシート

運転席8ウェイパワーシート

運転席のドライビングポジションを決めるため、シート各部をいちいち手で調整するのは面倒なもの。

そこで、自動で8ウェイ(前後、傾き、上下、チルトアジャスター)調整が可能なパワーシートが重宝します。

2.0Xの運転席は手動の6ウェイ(前後、傾き、上下)調整なので、ここでも快適性に差が開いています。

ポジションメモリー機能

また、ドライバー2名分のポジションメモリー機能もついているため、パートナーと運転を共有する時なども便利です。

パワーバックドア

パワーバックドア

重たいバックドアをワンタッチで開閉させられる便利機能で、女性や子供、高齢者でも荷物の積み下ろしが用意にできて好評となっています。

一方の2.0Xにはオプションでも設定がないため、手動で開閉しなければなりません。

バックカメラ

バックカメラ

後方に設置したカメラの映像をナビ画面に表示し、バック時の後方視界をサポートしてくれます。

距離感の目安せんや車幅線、ハンドルの切り角に連動した予想進路を表示して、慣れない方でも車庫入れなどがしやすくなります。

2.0Xはメーカーオプション(27,000円)となっていますが、その便利さは検討の価値ありです。

新型RAV4の価格が最も高いグレードは?

最も高いグレードは?

RAV4 ハイブリッド2.5G(4WD) 3,817,800円

新型RAV4にはガソリン車とハイブリッド車の設定があり、ハイブリッド車の最上級グレードである2.5Gが最も高額となっています。

今度は、このハイブリッド2.5Gに定番&人気オプションを装着した状態でいくらになるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレード RAV4 ハイブリッド2.5G(4WD)
車両本体価格 3,817,800円
メーカーオプション ホワイトパールクリスタルシャイン、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)、パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側]/挟み込み防止機能付)
メーカーオプション価格 189,000円
ディーラーオプション T-Connectナビ DCMパッケージ(ステアリングスイッチ付)、ETC2.0ユニット(ビルトイン)ボイスタイプ、カメラ一体型ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)、サイドバイザー(RVワイド)、ベーシックセット(タイプB)、リバース連動ミラー、リモートスタート(スマートキー一体タイプ)
ディーラーオプション金額 400,140円
諸費用・税金 150,757円
車両値引き ▲100,000円
オプション値引き ▲80,000円(ディーラーオプションの20%)
支払総額 4,377,697円

値引き交渉の成果や選択するオプションによっても変わってきますが、新型RAV4の最上級グレードであるハイブリッド2.5Gに人気のオプションをふんだんに盛り込んだ場合の支払総額は、およそ437万円となりました。

新型RAV4は約280万~440万円程度の価格帯で購入できるようです。

新型RAV4で燃費が最もいいグレードは?

最も燃費がいいグレードは?

RAV4 ハイブリッド2.5X(2WD) 21.4km/L(WLTCモード)

新型RAV4で最も燃費がいいグレードはハイブリッド2.5Xの2WDですが、これはあくまでもメーカーの設定した理想的な走行条件におけるカタログ値ですから、ユーザーとしては実燃費が気になるところです。

しかし、新型RAV4はフルモデルチェンジからまだ日が浅く、データが不十分なため実燃費については今後データがそろい次第更新していきます。

新型RAV4で燃費が最も悪いグレードは?

最も燃費の悪いグレードは?

RAV4 ガソリン車の全グレード(4WD) 15.2km/L(WLTCモード)

新型RAV4で燃費が最も悪いのはガソリン車の4WD全グレードですが、最廉価グレードの2.0Xには若干好燃費な2WDが設定されており、こちらは15.8km/L(WLTCモード)となっています。

新型RAV4の自動ブレーキが装備されているグレードは?

新型RAV4の自動ブレーキが装備されているグレードは?

全グレードに標準装備(トヨタセーフティセンス・プリクラッシュセーフティ)

新型RAV4には全グレードにプリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)が標準装備されています。

ロードサインアシスト

他にもトヨタセーフティセンスには車線逸脱を予防するレーントレーシングアシスト(LTA)、先行車の速度に合わせて追従してくれるレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)、対向車の有無に応じてハイビームを自動切替してくれるオートマチックハイビーム(AHB)、道路標識を見落とさないようサポートしてくれるロードサインアシスト(RSA)などの安全装備が充実しています。

先行車発進告知機能

また、信号待ちや渋滞などでやってしまいがちな「前の車が出たのに気づかず、後ろからクラクションを鳴らされる」のを防いでくれる先行車発進告知機能(TMN)も、ストレスフリーなドライブのお供に好評です。

新型RAV4のスポーツ/エアロタイプのグレードは?

新型RAV4のスポーツ/エアロタイプのグレードは?

RAV4 2.0Adventure(アドベンチャー)

元来スポーティなアウトドアユースを想定された新型RAV4ですが、その中でもひときわタフネスと冒険心を追求するグレードがアドベンチャーになります。

モデリスタエアロ

TRDフィールドモンスター

TRDストリートモンスター

他のグレードにもモデリスタやTRDのエアロパーツが多彩に用意されているため、フィールドにストリートに、思いっきり個性を表現するのも楽しそうです。

新型RAV4で最もエコカー減税の多いグレードは?

エコカー減税の最も多いグレードは?

RAV4 ハイブリッド2.5Gのエコカー減税

自動車取得税:95,400円(100%免税)
自動車重量税:30,000円(100%免税)
グリーン化特例:33,500円(登録翌年度に適用)

合計金額:158,900円

新型RAV4のエコカー減税対象はハイブリッド全グレード(2.5X、2.5G)、その中で最も優遇されるのはハイブリッド2.5Gの158,900円です。

気をつけたいのは、エコカー減税は値引きではなく当然に引かれるものですから、新型RAV4の購入時には値引きと分けて考えましょう。

新型RAV4の売れ筋グレードは?

売れ筋グレードは?

RAV4 2.0アドベンチャー(4WD) 3,137,400円

RAV4 2.0アドベンチャーはいくらで購入できる?

新型RAV4の売れ筋グレード・2.0アドベンチャーがいくらで買えるのか、今度はシンプルなオプションのみで購入シミュレーションを立ててみましょう。

購入グレード RAV4 2.0アドベンチャー(4WD)
車両本体価格 3,137,400円
メーカーオプション パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側]/挟み込み防止機能付)、バックカメラ
メーカーオプション価格 167,400円
ディーラーオプション T-Connectナビ DCMパッケージ(ステアリングスイッチ付)、ETC2.0ユニット(ビルトイン)ボイスタイプ、カメラ一体型ドライブレコーダー、サイドバイザー(RVワイド)、フロアマット(デラックスタイプ)
ディーラーオプション金額 260,820円
諸費用・税金 273,757円
車両値引き ▲100,000円
オプション値引き ▲52,000円(ディーラーオプションの約20%)
支払総額 3,687,377円

新型RAV4の売れ筋グレード・2.0アドベンチャーはそれなりにオプションを充実させて約368万円で購入できるようです。

最廉価・最上級グレードのおおむね中間で、ちょうどいい価格帯に納まっています。

リセールバリューから見る新型RAV4のおすすめグレードは?

新型RAV4の買取相場は、新車購入時と同じくグレードによって違います。

ここでは、新型RAV4のグレード別リセールバリューを紹介していきますが、フルモデルチェンジから月日が浅すぎて業者オークションにも中古車が流通していないため、今後データが充実しだい更新していきます。

新車から3年落ちの新型RAV4のリセールバリューは?

準備中

リセールバリューから見る新型RAV4のおすすめグレードは?

準備中

リセールバリューで得する!新型RAV4のおすすめカラー&装備は?

ホワイトパールクリスタルシャイン

アティチュードブラックマイカ

新型RAV4の売却時に高額査定が見込めるボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円)とアティチュードブラックマイカ(無料)です。

この2色は、3年以内の売却で他色と比較して10~30万円ほどの高額査定が期待できます(類似車種の傾向データに基づく、以下同じ)。

パノラマムーンルーフ(※MOP)

また、メーカーオプションのパノラマムーンルーフ(140,400円)や電動ムーンルーフ(108,000円)は買取時に15~20万円ほどのプラス査定が見込めるため、予算に余裕があれば選んでおいて損はないでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

-RAV4の評価集
-

Copyright© 新・クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.