RAV4の評価集

RAV4を買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

更新日:

RAV4を買うならガソリン車?ハイブリッド車?どっち?

2019年4月のフルモデルチェンジでおよそ2年半ぶりのカムバックを果たしたトヨタのクロスオーバーSUV・RAV4には、4グレードのガソリン車と2グレードのハイブリッド車が設定されています。

ここでは、ガソリン車とハイブリッド車の違いについて徹底比較、分析結果を解説しているので、新型RAV4の新車を購入する参考にどうぞ。

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車の外装の違い

まず、新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車で外装に違う点があるのか比較してみましょう。

ガソリン車の外装(RAV4 2.0X)

ガソリン車の外装

ガソリン車の外装・後面

ハイブリッド車の外装(RAV4 ハイブリッド2.5X)

ハイブリッド車の外装

ハイブリッド車の外装・後面

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車の外装は基本的にほとんど同じで、ノーズ&ヒップのトヨタエンブレムが青くなっているのと、フェンダーやバックドアに取りつけられたハイブリッドロゴで見分けるのが簡単です。

一応の違いとしては、ヘッドランプがガソリン車が3灯式LEDに対して、ハイブリッド車はBi-Beam LEDとなっています。

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車の内装の違い

次に、新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車の内装にはどんな違いがあるか、比較してみましょう。

メーター

RAV4 2.0X

ガソリン車のメーター

RAV4 ハイブリッド2.5X

ハイブリッド車のメーター

廉価グレードはアナログ式の2眼メーターとなっており、ガソリン車は針が赤く発光、ハイブリッド車は青く光ります。

どっちも右側は速度計ですが、ガソリン車は左側が回転計、ハイブリッド車は走行モード表示となっています。

RAV4 2.0G、2.0G Zパッケージ、2.0アドベンチャー

ガソリン車のメーター・上級グレード

RAV4 ハイブリッド2.5G

ハイブリッド車のメーター・上級グレード

上級グレードは先進的なディスプレイ表示の3眼メーターとなっており、ガソリン車は両端が赤、ハイブリッド車は青く発光してコクピットを彩ります。

センターディスプレイは中央のスピードメーター内に収まり、左のメーターは廉価グレードと同様ながら、右側がどっちも燃料&温度計となっています。

左右独立温度コントロールフルオートエアコン

左右独立温度コントロールフルオートエアコン

新型RAV4に搭載されている左右独立温度コントロールフルオートエアコンは、ガソリン車が前席のみに空調を入れる「前席集中モード」を採用している一方で、ハイブリッド車には更に1席だけに空調を集中できる「S-FLOW(1席集中モード)」が採用され、より高い精度で効率的な空調が可能です。

EVドライブモードスイッチ

EVドライブモードスイッチ

ハイブリッド車には、電気を使ったモーター駆動のみで走行する「EVドライブモード」の切り替えスイッチがついており、燃費の向上に役立てることが可能です。

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車のその他の違い

その他、新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車にはどんな違いがあるでしょうか。

車両接近通報装置

走行時の静粛性が大きな魅力であるハイブリッド車ですが、あまりに静かすぎるため、歩行者に注意を促すために車両の接近をお知らせする装置がついています。

悪路走破性能

TRAILモード

悪路走破性が要求されるSUVですが、ハイブリッド車(4WDのみ)にはタイヤのトルク配分によるスタック脱出を助けるTRAILモードを搭載。

マルチテレインセレクト

一方でガソリン車(4WDのみ)には雪道走行の安定性を高めるSNOWモードやド面状況によって3つのモード(通常、泥濘、モーグル等)を使い分けるマルチテレインセレクトが採用されています。

エンジン・駆動方式など

ガソリン車には2.0LダイナミックフォースエンジンとダイレクトシフトCVT(ギヤ機構付き自動無段変速機+10速シーケンシャルシフトマチック)がトヨタブランドで国内初採用されています。

一方のハイブリッド車には2.5Lダイナミックフォースエンジンと電気式無段変速機+6速シーケンシャルシフトマチックが搭載されています。

また、4輪駆動については走行状況に応じてFFと4WDを緻密に切り替え、最適なトルク配分と運転性を追求するダイナミックコントロール4WD(ガソリン車)とE-Four(ハイブリッド車)をそれぞれ導入しています。

RAV4ハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

RAV4の流通台数データをオートオークションから過去3ヶ月分まとめたところ、ハイブリッドは「ハイブリッドG」、ガソリン車は「G Zパッケージ」がそれぞれ流通最多となっていました。

ハイブリッド/ガソリン車ともに装備の充実している最上級グレードが多く選ばれたものと考えられます。

RAV4 ハイブリッドの売れ筋は「ハイブリッドG」

RAV4のハイブリッドで最も多く売れていたのは「ハイブリッドG」で、2位に「ハイブリッドX」4WD、3位は同2WDの順となっています。

RAV4ガソリン車の売れ筋は「G Zパッケージ」

RAV4のガソリン車で最も人気を集めていたのは「G Zパッケージ」、次がその名の通りSUV感満載の中間グレード「アドベンチャー」となっていました。

RAV4ハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目ハイブリッドG2.0G(ガソリン車)
価格3,817,800円3,202,200円
価格差+615,600円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円80,000円
重量税
(新車購入時)
0円49,200円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+486,400円
自動車税
(翌年分)
11,500円39,500円
平均実燃費15.0km/L10.9km/L
ガソリンタンク容量55L55L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
750.0km545.0km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

ハイブリッド・ガソリン車の価格差486,400円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

  • ハイブリッド 15.0km/L
    10000÷15.0≒666.6リッター
    666.6×140円=93,324円
  • ガソリン車 10.9km/L
    10000÷10.9≒917.4リッター
    917.4×140円=128,436円

RAV4で10,000km走行すると、ハイブリッドとガソリン車とで燃料費に35,112円の差額となります。

この金額でハイブリッドとガソリン車の差額486,400円の元を取るとすると、

486,400÷35,112≒13.85万キロの走行距離が必要になります。

多くのユーザーは週末に買い物やドライブに使う程度で年間1万キロ程度ですから、およそ14年弱、6回目の車検+アルファ乗ってようやくペイ。ちょっと非現実的すぎですね。

もっとリアリティを出したいなら、自分の必要なオプションもプラスした支払総額で計算するといいでしょう。

RAV4ハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、余裕のあるパワー感と加速はハイブリッド車

RAV4の走行性をハイブリッド/ガソリン車それぞれ乗り比べると、静粛性とパワーフィールでは、ハイブリッドに軍配が上がります。

モーター駆動を活かした低速域からの滑らかな出足と加速ののびやかさは、ドライブに大人の余裕をもたらしてくれるでしょう。

ハイブリッドシステムを搭載している分ノーズにウェイトを感じ、フロントのピッチ入力が強いものの、ステアリングのどっしり感が好印象でした。

高速域では大径アルミホイールが路面のギャップを感じさせるものの、高い収束力によって安定感のある走りを味わえます。

乗り心地は同等、出足以外は不満のない加速のガソリン車

一方のガソリン車は2.0L直4直噴エンジンとダイレクトCVTの組み合わせにより、総合力の高い仕上がりとなっています。

ハイブリッドにも劣らない乗り心地と静粛性が追求され、高速域のエンジンノイズや、路面の凹凸を越えた時の高周波なロードノイズがよく遮断されています。

あわせて、トヨタらしい日常速度域でしっとりと働く足回りと機敏なステアリングで、大径アルミホイールを感じさせない上質感とほどよいスポーティさを両立。

低速域ではモーター駆動のハイブリッドに一歩譲り、出足のトルクや瞬発力は今一つですが、スピードが乗ればガソリンエンジンらしい素直さと車重の軽さで、ドライビングを楽しむことができます。

ハイブリッドとガソリンのどちらを選ぶにしても、できれば両方とも試乗した上で、自分のドライブスタイルに合った方を選びたいですね。

RAV4ハイブリッドとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行型RAV4は、2019年4月から発売されています。

2019年4月~6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計してきたRAV4の販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらが売れているのか、販売比率をまとめました。

  • RAV4 ガソリン車 11,645台 65.6%
  • RAV4 ハイブリッド 6,130台 34.4%

まだ0年3ヶ月のデータですが、ガソリン車の方が30%以上多く売れている結果となりました。

RAV4ハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

RAV4の下取り価格は、ハイブリッドとガソリン車ではどっちがより高いのか?2019年8月現在のオークション相場から、当年モデルの下取り相場を比較しましょう。

比較項目ハイブリッドGG Zパッケージ(ガソリン車)
当年モデルの下取り価格358.0万円(93.7%)316.0万円(94.3%)

※カッコ内は当時の新車価格に対する残価率(リセールバリュー)です

フルモデルチェンジからまだ月日が浅いので中古車データも不十分な状態ですが、ガソリン車の方がリセールで若干有利、今後この差が年式を追うごとに開いていくものと予測されます。

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車のメリットは?

グッド

新型RAV4のガソリン車のメリットは?

  • 購入価格がハイブリッド車(同格グレード)に比べて60万円以上も安い
  • グレード数がハイブリッド車に比べて購入時の選択肢が豊富
  • 豪華な装備のG Zパッケージや、よりカッコいいアドベンチャーも選べる
  • ガソリンエンジンでスポーティなドライブが楽しめる
  • ハイブリッド車との排気量差500㏄が気にならないトルク感
  • 高速道路での燃費がよく、長距離移動に向いている

新型RAV4のハイブリッド車のメリットは?

  • ガソリン車に比べて好燃費で、経済性が高い
  • 購入時のエコカー減税がお財布にうれしい
  • EV走行中の静粛性は快適
  • モーターアシストによる瞬発力が頼もしい
  • ストップ&ゴーの多い走行状況でも燃費が落ちにくい
  • Co2の排出が減らせて、環境にやさしい

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車の欠点・デメリットは?

バッド

新型RAV4のガソリン車の欠点・デメリットは?

  • ハイブリッド車に比べて燃費が悪い
  • エコカー減税の優遇が受けられず、損した気分になる
  • Co2を多く排出するため、環境によくない
  • エンジン音がうるさい、始動時の振動も大きい
  • 街中のようなストップ&ゴーの多い走行状況では、燃費がより悪くなりがち

新型RAV4のハイブリッド車の欠点・デメリットは?

  • ガソリン車に比べて、購入価格が60万円以上も高くつく
  • 燃費優先でエコモードにすると、走りが目立って鈍くなる
  • 車重がガソリン車よりもあるため、走りが鈍重になりがち
  • ハイブリッドシステムの構造が複雑なため、修理に手間やコストがかかる
  • EV走行中、静かすぎて歩行者に気づいてもらえないことも

買うなら新型RAV4のガソリン車orハイブリッド車どっち?

新型RAV4の購入費・維持費を含めたトータルコストで考えると、ガソリン車がおすすめです。

結局、いくらハイブリッド車が好燃費と言っても、ガソリン車との差額を埋められるほどの経済効果はないためです。

ただし、それはあくまでも経済性からの観点であり、ハイブリッド車ならではの環境性能や静粛性、走行フィールなどの個性に差額ぶんの価値が見いだせる方なら、ハイブリッドを選んだ方が後悔しないと思います。

いずれにしても、まずはディーラーでガソリン車もハイブリッドも試乗させてもらった上で十分に比較検討し、それでも迷うなら、決め手の一つとしてコスト面も視野に入れるといいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

-RAV4の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.