ルーミーの評価集

ルーミーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

トヨタのコンパクト・トールワゴン「ルーミー」は、ダイハツ版の「トール」やスバル版の「ジャスティ」と同様、5ナンバーサイズならではの取り回しの良さと、優れたユーティリティーを両立させている点が魅力です。

そして、他の多くのコンパクトカー同様に4WD車も用意されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを徹底的に評価します!

ルーミーの4WDグレードの価格は?

ルーミーの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

ルーミーの4WDグレードで一番の売れ筋である「カスタム G」の場合、2WD車との価格差は176,000円となっています。

ルーミー1.0 カスタム G (2WD) 1,914,000円
ルーミー1.0 カスタム G (4WD) 2,090,000円

4WDシステムの詳細については後述しますが、より高度な制御システムを採用する「ポルテ/スペイド」や「シエンタ」などよりも2WD車との価格差は大きくなっているので、割高感は否めません。

ルーミー4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
ルーミー カスタム G 2WD
ルーミー カスタム G 4WD
全高(mm)1,735
1,735
最低地上高(mm)130
130
車両重量(kg)1,090
1,140
燃料タンク容量(L)3638

ルーミー4WD車の車両重量を2WD車と比較すると、50kg重くなっています。

また、燃料タンク容量が2WD車よりも2L大きい38Lとなるのも相違点です。

パワートレイン&メカニズム

2WD車に設定のある1Lターボエンジンは4WD車には用意されず、1L ノンターボエンジンのみとなっています。

またリア・サスペンションの形式が2WD車と4WD車では異なり、2WD車がトーションビーム式なのに対し、4WD車はトレーリングリンク車軸式です。

トレッドは、4WD車は2WD車より30mm狭くなっています。

ルーミーとライバル車との価格差は?

ルーミーの最大のライバルはソリオバンディット

ルーミー4WD
※ソリオ:suzuki.co.jp

ルーミーのカスタムの最大のライバルは、姉妹車種のトールやジャスティを別にすれば「スズキ・ソリオバンディット」になります。

ルーミーのカスタム Gと競合するソリオバンディットのグレードは、「マイルドハイブリッドMV」です。

価格はルーミーの2,090,000円に対し、ソリオバンディットは2,108,700円と若干高く設定されています。

パワートレインの違いは?

パワートレインは、ルーミーの1Lガソリンエンジン(最高出力69ps)に対し、ソリオバンディットはよりパワフルな1.2Lガソリンエンジン(最高出力91ps)+モーター(最高出力3.1ps)のマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

それに加え車両重量はルーミーの方が150kgも重いので、動力性能はソリオが圧勝的に勝ります。

装備の違いは?

・ルーミーだけに付く装備

  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド
  • アダプティブドライビングビーム
  • サイドビューランプ
  • ウェルカムパワースライドドア
  • フロントパーキングセンサー

・ソリオバンディットだけに付く装備

  • SRSサイドエアバッグ
  • SRSカーテンエアバッグ
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • ナノイー

装備面ではそれぞれ一長一短があります。

ルーミー4WD車の実燃費は?

ルーミーのカタログ燃費との差は?

ルーミー4WD車のカタログ燃費は16.8km/Lですが、当サイトの調査による実燃費は14.7km/Lで、実燃費達成率は87.5%です。

カタログ燃費との落差は、比較的少ない方です。

ルーミーの2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるルーミー2WD車の実燃費15.8km/Lと比較すると、4WD車は93%の数値となります。

2WD車との燃費の差が小さいのは、ユーザーにとって大きなメリットになるでしょう。

ライバル車との実燃費の差は?

ソリオバンディット4WD車の実燃費16.9kmで、ルーミーより2km/L以上勝っています。

ソリオバンディットはマイルドハイブリッド車なので、純ガソリン車のルーミーが燃費で劣るのはやむを得ないところです。

ルーミー4WD車の雪道の走行性能は?

ルーミーの4WDはどんなシステム?

ルーミー4WDシステムの概要

ルーミー4WDシステムの概要図

ルーミーの4WDシステムは、「Vフレックスフルタイム4WD」と呼ばれるビスカスカップリング式が採用されています。

軽自動車やリッターカーなど、コストに制約のある車種によく見られるものです。

ルーミーの4WD制御

Vフレックスフルタイム4WDは、コンピューターを用いないパッシブオンデマンド型4WDシステムの一種です。

通常はほぼ前輪駆動で走行しますが、前輪にスリップが生じたり、カーブに差し掛かって前後輪に回転差が生じると、ビスカスカップリングを介して後輪にも動力を伝達します。

前後輪のトルク配分は、100:0~50:50の範囲内で自動的に変化します。

ルーミーの雪道での実際の走行性能は?

ルーミー4WDの発進・加速時

ルーミー4WDの雪道での走行性能はどう?

雪道での発進および加速時の挙動は2WD車よりは安定性が高いものの、トヨタの一クラス上のコンパクトカーに採用される電子制御カップリング式「アクティブトルクコントロール4WD」と比較すると、不自然さが否めません。

アクティブトルクコントロール4WDがキメ細かい制御により前輪が滑り出す前に後輪にも動力を伝えるのに対し、Vフレックスフルタイム4WDは前輪の滑りを検知してからはじめて後輪に動力を伝えるので、挙動変化が唐突になるからです。

ルーミー4WDの登坂・降坂時

登坂時にも発進・加速時と同様の欠点が生じますが、一旦4輪駆動状態に移行してしまえば安定した走行が可能で、2WD車のように坂を上れず立ち往生してしまうこともほとんどありません。

一方、下り坂では後輪には動力が伝達されず、エンジンブレーキが効くのは2WD車同様前輪のみになります。

車両重量が重い分、むしろ2WD車以上に慎重な運転操作が必要です。

ルーミー4WDの一般走行時

コーナーリング時は前輪と後輪に回転差が生じるため、後輪にも動力が伝達されますが、2WDと4WDが切り替わる際にやはりパッシブオンデマンド型特有の不自然なフィーリングが生じます。

また、ABSや車両安定化制御システムとの統括制御が行われておらず、重心位置も高いので、速度は控えめにすることが必要です。

勿論、ルーミー2WD車よりは安定した走行が可能ですが、4WDを過信せずスタッドレスタイヤを履くことが必須条件になります。

ルーミー4WDのまとめ

ルーミー4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムが簡易的な方式であることや、最低地上高が130mmしかないこと、車両重量に対しエンジンが非力であることなどから、4WD車の平均レベルを下回っています。

しかし、ルーミー2WD車と比較すれば間違いなく勝っていますし、燃費性能の低下が小さいことやユーティリティー面でのデメリットがほとんど無いことなども考慮すれば、雪国在住者なら選ぶ価値は十分あるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ルーミーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルーミー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルーミーを限界値引きで購入しています。

今月のルーミーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルーミー値引き交渉マニュアル

-ルーミーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.