ルーミーの評価集

ルーミーに欠点・デメリットはあるか?ルーミーを徹底評価!

トヨタ ルーミー

数少ないコンパクトトールワゴンとして大人気のルーミーは、2020年9月15日にマイナーチェンジを受けました。

マイナーチェンジで改良された点もあれば、手が入っていない部分もあります。

ここではマイナーチェンジ後の新型ルーミーの欠点・デメリットを徹底評価しますので、新車購入時の参考にどうぞ!

ルーミーを評価!欠点、デメリットはあるか?

ルーミーのエクステリアの欠点は?

ルーミーのフロントマスクは、車のキャラクターに不釣り合いなほど厳ついデザインです。

まずノーマル系ですが、大きく口を開けたようなロアーグリルが付いていて、結構威圧的なイメージがあります。

ノーマル系はファミリー層がメインユーザーになるので、威圧的なデザインはカスタム系に任せておいて、もっと穏やかなマスクにした方が良かったですね。

一方、カスタム系は大きくギラギラしたグリルが付いていて、こちらもお世辞にもセンスがいいとは言えません。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

アルファードのミニチュア版のようなフロントマスクで、こういうデザインが好きな人もいるのでしょうが、この車にはもう少し控えめマスクが似合うでしょう。

フロントマスクのセンスに関しては、ライバルのスズキ・ソリオに一歩を譲ります。

ルーミーのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

ルーミーは2020年9月にマイナーチェンジを受けた際に、9インチディスプレイオーディオがオプション設定されました。

フルセグTVやAV機能を搭載し、スマホ連携機能を使ってスマホのナビアプリが大画面で使えるなど、なかなか便利な装備です。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

しかし取り付け位置が低めで、視線の移動量が大きくなってしまうのが難点です。

ほかのトヨタ車はディスプレイオーディオの位置が高く、視線をあまり落とさずに画面を見ることができます。

ルーミーはダイハツの設計なので、トヨタの流儀を持ち込むのは難しかったのかもしれませんが、取り付け位置に一工夫欲しかったところです。

ルーミーのシート&居住性

ルーミーのリアシートは床下に格納できる構造のため、クッションの厚みが座面・背もたれとも薄くなっています。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

当然座り心地も悪く、長距離のドライブではお尻が痛くなってしまいます

チャイルドシートを装着して子供を乗せる場合は別として、ルーミーは家族揃ってロングドライブする用途にはあまり向いていません。

ルーミーの収納&荷室スペース

ルーミーは運転席回りの収納が不足しています。

運転席回りのインパネに備わる収納は、小さなセンタークラスターポケットだけ。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

しかも左右に分かれているので、使い勝手も良くありません。

ライバルのソリオは、分割されていないセンターミドルポケットのほか、運転席の正面にインパネアッパーボックスとインパネボックスが備わります。

ルーミーの運転席回りの収納スペースは、ソリオと比べると不十分と言わざるを得ません。

また荷室の使い勝手の面では、バックドア開口部の下側がすぼまっているので、大きな荷物の積み下ろしがしやすくありません。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

それともう一点、リアシートをダイブインして床下に格納する作業が結構面倒です。

最初は取扱説明書を熟読しないと操作できませんし、力も結構使うので女性には少し荷が重いでしょう。

操作を面倒がってダイブイン操作をしないと、荷室に段差ができて使い勝手が悪いので、痛し痒しです。

ルーミーのパワートレインの欠点は?

ルーミーのパワートレインは、1Lターボと1Lノンターボの2種類があります。

このうち販売の主力となるノンターボの方は、車体に対し明らかにアンダーパワーです。

ソリオと比べ100kg以上重い車体に、20馬力以上非力なエンジンを搭載しているので、加速性能はかなり劣っています。

街乗りでは実用上問題はありませんが、山道や高速道路ではパンチに欠け、運転していてストレスを感じます。

また、ルーミーは燃費性能も決して良いとは言えません。

ルーミーの実燃費はノンターボ FF車が13.9km/L、ターボ車が12.5km/Lですが、ソリオの14.3~17.4km/Lと比べ明らかに劣っています。

ルーミーの走行性能の欠点は?

ルーミーはトレッドが狭い割に車高が高いので、基本的に走行安定性の面で不利です。

そのため、カーブに進入するときは速度を十分落とす必要があります

またステアリングが必要以上に軽く、感触が頼りないことや、路面からの情報がほとんど伝わってこない点も問題です。

そのため、山道を走っても怖い思いをするほどではないものの、決して楽しくはありません。

ルーミーの装備面の欠点は?

ルーミーのカスタム系は装備が充実していますが、ノーマル系は装備にいささか不満が残ります。

ノーマル系は最上級グレードのG-Tでさえホイールは鉄チンで、ステアリングホイールはウレタン、またカスタム系に付くLEDヘッドライトや電動パーキングブレーキも付きません。

ホイールやステアリングはともかくとして、LEDヘッドライトや電動パーキングブレーキは安全性や利便性を向上させる装備なので、ノーマル系にも標準化するべきでしょう。

ルーミーの安全性能の欠点は?

側面衝突時に前席の乗員の上半身を保護するのがSRSサイドエアバッグ、前後席の乗員の頭部を保護するのがSRSカーテンシールドエアバッグです。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

しかしルーミーの場合、乗員の命を守るこの2種類のエアバッグは、なんと全車オプション扱いでお茶を濁しています。

いまや軽自動車でさえも標準装備する車種が増えているのに、一体どうしたことでしょうか?

カタログには「6つのエアバッグで万一に備える。」と高らかにアピールしていますが、それは6つのエアバッグを標準装備してこそ使えるうたい文句です。

今回のマイナーチェンジの際に、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを全車に標準化するべきでした。

ルーミーのグレード体系・価格面での欠点は?

ルーミーのターボ車はFFのみの設定で、4WDを選ぶことができません。

雪国のユーザーでターボのパワーが欲しい人もいるはずなので、ターボ+4WDの設定も欲しいところです。

また価格面では、マイナーチェンジ前と比べると同一グレード同士で3~7万円ほど上がっています

装備の充実感が図られているので、不当に値上げしているわけではありませんが、値引きが渋くなったことと相まって、以前より買いづらくなったことは否定できません。

コンパクトカーは価格の安さも魅力のひとつなので、価格アップはマイナスポイントです。

ルーミーを評価!いいところは?

ルーミーのエクステリアのいいところは?

ルーミーのエクステリアデザインは、フロントマスクの癖の強さは別として、機能性が優れています。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

パッケージングが良く、視界も良好です。

運転のしやすさという点では、優れたデザインになっています。

ルーミーのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

ルーミーのインパネのデザインはごくオーソドックスですが、その分飽きがこないとも言えます。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

また質感の点でも、高級とまではいきませんが、安っぽさがないのでこのクラスとして申し分ありません。

スイッチ類の配置も適切なので、最初からまごつくことなく使いこなせるでしょう。

シート&居住性

ルーミーの室内空間は、とても広々としています。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

頭上の空間は有り余るほどで、後席の足元スペースも広大です。

さすがに後席に3人座ると幅がきつくなりますが、2人用と割り切るなら問題ありません。

もし家族全員が身長180cm以上あるようなファミリーでも、ルーミーなら問題なく使えるでしょう。

収納&荷室スペース

ルーミーは運転席回りのインパネに収納が少ないと書きましたが、それをカバーする収納として、センターフロアトレイが備わります。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

運転席・助手席間にあるフリースペースで、画像のようにバッグを置いたり、ボックスティッシュを置いたりできます。

ソリオにはバッグを置ける場所がないので、ここはルーミーの勝ちです。

荷室スペースの点では、リアシートを倒した時のスペースはかなり広く、自転車が2台立てたまま積めます。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

また荷室フロア高もソリオと比べ4cmほど低いので、重い荷物を積み下ろしするのも楽です。

ルーミーのパワートレインのいいところは?

ルーミーのターボ車、カスタムG-TとG-Tの動力性能は、ノンターボ車とは別物です。

1.5Lノンターボエンジン並みのパワー・トルクを誇るだけあり、山道の上りや高速道路での追い越しも余裕でこなします

ターボの設定がないソリオと比べても、ワンランク上のパフォーマンスです。

ノンターボと比べこれだけ性能に差があると、ライズのように全車ターボにしてもいいくらいですが、さすがに価格アップや燃費の問題を考えると厳しいでしょうか・・・。

ルーミーの走行性能のいいところは?

ルーミーは背が高い車の割に、コーナリング時にグラっと車体が大きく傾くことがありません。

その走行安定性は、外観から想像するよりずっと優れています。

決してスポーティな運転感覚ではありませんが、カーブの連続する山道でも不安は感じません。

ルーミーの装備面のいいところは?

ルーミーカスタムは装備が充実していて、ボタンひとつで操作できる電動パーキングブレーキや、ブレーキペダルから足を離してもブレーキが掛り続けるブレーキホールド、相手への幻惑を防ぎながらハイビーム走行を維持できるアダプティブドライビングビームといった先進装備が付いています。

ルーミー欠点

電動パーキングブレーキ

ルーミー欠点

オートブレーキホールド

ルーミー欠点

アダプティブドライビングビーム

ルーミーカスタムのライバル、ソリオバンディットにはこうした装備は付きません。

ソリオ / ソリオバンディットにはフルモデルチェンジの噂が出ているので、フルモデルチェンジ後は装備面で肩を並べる可能性がありますが、現時点ではルーミーカスタムにアドバンテージがあります。

ルーミーの安全性能のいいところは?

ルーミーのカスタム系には、ステアリングを切った方向を照らすサイドビューランプが標準装備されます。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

夜間走行時、ヘッドランプの光だけでは右左折時やカーブで歩行者を見落としてしまう可能性がありますが、サイドビューランプがあればそんな心配もなくなります。

メリットの大きい装備なので、ノーマル系には装備してほしいものです。

ルーミーのグレード体系・価格面でのいいところは?

ルーミーの最上級グレードはカスタム G-Tですが、その価格はマイナーチェンジで値上がりしたとはいえ、2,046,000円と比較的リーズナブルです。

ルーミー欠点

toyota.jp/roomy

ソリオの最上級グレード、ハイブリッド SZは2,219,800円するので、ルーミーの方が17万円ほど安い設定になっています。

安いからといって装備面で見劣りすることはありませんし、動力性能では勝っているのでお得感です。

ルーミーの総合評価

ルーミーはフロントマスクのデザインに好き嫌いが分かれると思いますが、機能性に優れたエクステリアデザインになっています。

内装デザインも、ディスプレイオーディオの位置が低すぎることを除けば特に問題ありません。

居住性や荷室スペースも優れていますが、リアシートの座り心地には難があります。

折角後席スペースが広いのに、座り心地が悪いのでロングドライブには不向きです。

収納はソリオには一歩を譲りますが、全般的に大きな不満はありません。

装備面では、ノーマル系には物足りない面があるものの、カスタム系はかなり充実しています。

ただ、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグが全車オプション扱いなのは、大いに問題です。

価格がアップしても、全車に標準化するべきでしょう。

走行性能の面ではノンターボ車はいささか非力で、物足りなさを感じる人も多いはず。

ターボ車なら走りに不満はないので、おススメはこちらです。

グレード体系の点では、ターボに4WD車の設定が欲しいところ。

価格は以前よりアップしましたが、ソリオに対する価格競争力は失っていません。

総合的にルーミーを評価すると、いくつかの問題点はあるものの、トータルバランスの良いお買い得な車と言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

ルーミーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルーミー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルーミーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のルーミーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルーミー値引き交渉マニュアル

-ルーミーの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.