トヨタ車の燃費

トヨタ ルーミーの走行条件別の実燃費は?

投稿日:

トヨタ ルーミーの走行条件別の実燃費は?

ここでは、ルーミーの実際に走行した時の実燃費を紹介します。

渋滞を含む一般道、車の流れの良い一般道、高速道路などでルーミーの燃費が実際どの位なのか?ライバル車の実燃費と比較しながら燃費数字を出してみました。

ルーミーのカタログ燃費は?

1000cc 2WD 24.6km/L
1000cc  4WD 22.0km/L
1000ccターボ 21.8km/L

ルーミーのカタログ燃費は上記の通りです。売れ筋の1000cc2WDで24.6km/Lとなっています。

ルーミーの一番のライバル車は、スズキのソリオでしょう。ソリオの売れ筋であるマイルドハイブリッド搭載車両と実燃費を比較してみます。

※実燃費比較車両(カタログ燃費)
ルーミー1.0 G S(24.6km/L)
ソリオ1.2 ハイブリッド MX(27.8km/L)

ソリオ

ルーミーの市街地(渋滞含む)の実燃費は?

ルーミー1.0 G S 12.3km/L
ソリオ1.2 ハイブリッド MX 15.2km/L

渋滞を含む市街地の実燃費は、12.3km/Lでした。同じエンジンを積むパッソの市街地燃費が13.6km/Lなので、パッソより重いルーミーの市街地での実燃費は、パッソよりも悪くなってしまいますね。

マイルドハイブリッドを積むソリオは、15.2km/Lでした。カタログ燃費から見ると良くないイメージを持ちますが、ルーミーと比べるとモーターの恩恵を受けている良好な燃費と言えます。

ルーミーの郊外・幹線道路の実燃費は?

ルーミー1.0 G S 16.7km/L
ソリオ1.2 ハイブリッド MX 18.8km/L

車の流れが良くて信号の少ない一般道・幹線道路のルーミーの実燃費は、市街地よりも伸びて16.7km/Lとなりました。

ストップ&ゴーが少なくなる分、市街地よりも格段に伸びています。

ソリオはマイルドハイブリッドの恩恵を受けて、ルーミーより約2キロ実燃費で上回りました。

ルーミーの高速道路での実燃費は?

ルーミー1.0 G S 18.0km/L
ソリオ1.2 ハイブリッド MX 22.0m/L

高速道路になると、アクセル開度を一定に保つ時間が長くなるので、余計な加減速が少なくなり実燃費が伸びます。

ルーミー、ソリオ共に高速道路の燃費が一番伸びています。

高速道路の燃費も乗り方で大きく変わります。

追い越し車線を120キロ以上で走っていれば、上記の燃費より落ちますし、時速80-90キロ平均で走ればルーミーでも20km/Lに迫る、場合によっては超える実燃費が可能でしょう。

高速道路でルーミーの実燃費を伸ばすには?

速度が速くなるほど、風や空気の抵抗、タイヤの転がり抵抗が大きくなってエンジンの出力が上がり、燃料を消費してしまいます。

高速道路で燃費を稼ぐなら、「タイヤの空気圧を高めにする」「制限速度以内で走行する」「余計な加減速をしないでアクセル開度は一定に保つ」「余計な荷物は積まない」などを心がければ、グンと実燃費は良くなるでしょう。

ルーミーの平均実燃費は?

ルーミー1.0 G S 15.4km/L
ソリオ1.2 ハイブリッド MX 17.6km/L

ルーミーの平均実燃費は、15.4km/Lとなりました。カタログ燃費の24.6km/Lと比較すると、物足りない数字ではないでしょうか。

カタログ燃費達成率で言うと、62.6%です。

ライバルのソリオは63.3%なので、ソリオと比べればそれほど悪くは無い燃費数値と言えますが、ユーザーは期待値はもっと上の実燃費でしょう。

もっとも時期によっても実燃費は変動が大きいです。

春先が一番燃費が良く、次いで秋、夏、そして一番燃費が悪化するのが冬です。

冬になると外気温が下がり、エンジン保護のためエンジンが温まるまで、噴射する燃料は濃くなります。乗り始めは毎回そうなるので、エアコンを使わなくても実燃費は落ちてしまいます。

反対に外気温が冬より高く、エアコンの使用も少なくなる春や秋は燃費が良くなります。

春や秋なら、ルーミーの平均実燃費は上記の数値より上がるでしょう。

ルーミーはガソリン満タンで何キロ走行できる?

では、ガソリン満タンでルーミーはどの位距離を走れるのでしょうか。

ルーミー1.0 G Sの燃料タンクは36Lです。ルーミー取扱説明書ではガソリン残量が5.4L以下になると燃料残量警告灯が点灯するので、ガソリン残量が5Lで給油すると仮定して、ガソリン満タンでルーミーが何キロ走るか計算してみましょう。

36L-5L=31L
平均実燃費15.4km/L×31L=477.4km

ルーミー1.0 G Sは、ガソリン満タンで477.4km走れる事になります。

長距離移動なら、高速道路や幹線道路を走る比率が上がるので、ガソリン満タンで一度に走れる距離はもっと増えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ルーミーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのルーミー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がルーミーを限界値引きで購入しています。

今月のルーミーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ルーミー値引き交渉マニュアル

-トヨタ車の燃費
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.