日産車モデルチェンジ推移と予想

日産サクラ モデルチェンジ推移2022年5月20日

日産ニュースリリースより

-------------

新型軽 電気自動車「日産サクラ」を発表
長年の歳月をかけて培ってきた電気自動車の技術を量産型の軽自動車に初投入

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、20日、今後の日本のモビリティ社会を変革する新型軽の電気自動車「日産サクラ」を本年夏に発売すると発表しました。

「日産サクラ」は、100%電気で走るまったく新しい軽の電気自動車です。軽自動車独自の小回り性能に加え、「日産リーフ」の開発で培った技術をフル投入した電気自動車ならではの静粛性や力強くなめらかな加速を提供します。また軽自動車として初搭載*1の先進運転支援技術「プロパイロット パーキング」などが、生活に寄り添いながらも運転する楽しみをもたらし、毎日のクルマとの生活にワクワク感をお届けします。コンパクトなボディを維持しながらも、通勤や買い物など、日常のドライブに十分な航続距離と広々とした室内空間を確保し、手の届きやすい価格帯で、より電気自動車を身近に感じていただけます。

日産自動車副社長の星野 朝子は、「サクラは、リーフ、アリアに続く、量販乗用車モデルとなる電気自動車です。軽自動車市場に投入するこの電気自動車は、日本の自動車市場の常識を変えるゲームチェンジャーとなり、電気自動車の普及促進に弾みをつける存在になると確信しています。」と述べました。

車名の「日産サクラ」は、「日本の電気自動車の時代を彩り、代表するクルマとなって欲しい」という願いから、日本を象徴する花である桜に由来し、社内公募により決まりました。

商品の主な特徴は下記のとおりです。

力強くスムーズな走行性能

  • 最大195Nmのトルクを発揮するモーターと、高度な制御技術により実現したすばやくなめらかな加速により、高速道路の合流も無理なくスムーズに行うことができます。また、モーターの構造を最適化することにより、軽自動車としては最高水準*1の静粛性を実現しました。軽自動車ならではの小回り性能(最小回転半径4.8m)とあわせて、日常のあらゆるシーンで快適に運転していただけます。さらに、低重心化により車体の安定性を高め、段差通過時などにおいても高い乗り心地性能を提供します。
  • ドライブモードは「Eco」「Standard」「Sport」の3つから選ぶことができ、シーンに合わせたドライブをお楽しみいただけます。また、アクセルペダルだけで車速を自在にコントロールできるe-Pedal Stepの搭載により、加減速を繰り返す市街地走行、なめらかな減速が必要な雪道などでの運転を、さらに快適で楽しいものにします。

最先端のe-パワートレイン
「日産サクラ」は、「日産リーフ」にも搭載している最先端のリチウムイオンバッテリーを搭載しています。搭載効率を高めるユニバーサルスタック構造により、広い室内空間を確保しながらも、最大180km(WLTCモード)と、日常生活に十分な航続距離を確保するとともに、高い信頼性を実現しています。
また、EVバッテリーに蓄えた電気を自宅へ給電することで、家庭の電力として使用することも可能です。もしもの時には「走る蓄電池」となり、非常時には約1日分の電力を賄うことができます。*2

軽自動車初搭載の先進装備
高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」*3の採用に加え、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」を軽自動車において初搭載しました*1。街中から高速道路、さらには駐車場に至るまで、先進技術が運転をサポートします。

上質で洗練されたデザイン
<エクステリア>

  • 静けさの中に潜む力強さを全体で表現しながら、次世代の日産らしさを感じさせるフロントフェイスと光るエンブレムを採用し、落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるエクステリアデザインに仕上げました。
  • 軽自動車初*1となるプロジェクタータイプの3眼ヘッドランプを採用した先進的でエレガントな薄型ヘッドライトの光が夜道でも安心なドライブをアシストします。また、バックドアには格子をヒントにしたワイドなLEDリヤコンビネーションランプを搭載し、テールランプ全体を美しく光らせます*3。
  • タイヤホイールには、日本の伝統美を感じさせる水引からインスピレーションを受けたデザインのアルミホイール*3を採用し、足元のアクセントとして車全体にシックな印象を与えます。
  • 充電ポートは車両の右後ろに設置し、夜間でも簡単に充電が出来るよう、充電ポートリッドを開くとライトが点灯します。
  • ボディーカラーには四季の彩りを想起させる2トーンのシーズンズカラー4色をはじめ、全15色を用意しました。

<インテリア>

  • インターフェースには7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイ採用のメーターと、大画面の9インチナビゲーションの2つのディスプレイを水平方向にレイアウトしました。ドライバーの視線移動に合わせた形状にすることで、使いやすく、見やすい設計にしています。また、NissanConnectナビゲーションシステム*3では充電を考慮したルート設定機能や緊急時のSOSコール*4、Apple CarPlay*5ワイヤレス接続など、カーライフを快適にする多彩な機能を用意しています。
  • 高品質なファブリックを広範囲にしつらえ、シートには座り心地の良いソファデザインを採用することで、ワンランク上の品質感をご提供します。またカッパー色のフィニッシャー*3を水平ラインに配置することで、室内をモダンで広がりのある空間へと仕立てています。
  • 飲み物のぐらつきを軽減するホールド力の高いカップホルダーやスマートフォンや財布などの小物が置ける横長のインストセンターロアトレイなど、日常のあらゆるシーンにお使いいただける豊富な収納スペースを用意しました。
  • ステアリングにはスポーティーさを演出する2本スポークステアリングを搭載*3。プレミアムインテリアパッケージ(メーカーオプション)では本革巻ステアリングを採用しています。
  • インテリアカラーは定番のブラック、明るく開放感のあるベージュ、ブラックを基調にベージュシートを搭載したプレミアムインテリアの3種類を用意しました。

なお、「日産サクラ」は本年夏*6の発売を予定しています。クリーンエネルギー自動車導入促進補助金*7を活用した場合の実質購入価格は、約178万円(消費税込み)からとなる予定で、お店での商談に加え、ビデオチャットを通じたオンライン商談や、お客さまにあった購入ステップをご案内するウェブサイト「SAKURA shopping navi」*8、自宅からでもご契約いただけるオンライン注文などもご用意しております。

「日産サクラ」 主要諸元表

日産サクラの主要諸元

「日産サクラ」WEBカタログ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sakura.html
特設Webサイト「Visible Kit」: https://www2.nissan.co.jp/SP/NEWKEIEV/UNVEIL/

・価格(消費税込み)

2,333,100-2,940,300円

日産サクラ

日産サクラ

日産サクラのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2023 All Rights Reserved.