セレナの値引き

総額はいくら?セレナe-POWERハイウェイスターVの値引きと支払価格をシミュレーション

更新日:

日産セレナの人気グレード「ハイウェイスター」に新型電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナ e-POWERハイウェイスターV」が2018年3月1日にデビューしました。

さて、ここではセレナe-POWERハイウェイスターVの装備やスペックを、セレナの人気グレード同士や他社ライバル車と比較しています。

また、イチ押しオプションの有無で比べて購入シミュレーションしたり、買い替え・売却の参考となるセレナのグレード別リセールバリュー調査など、セレナe-POWERハイウェイスターVに関するお得情報を紹介しています。

これを読んだ皆さんが、セレナe-POWERハイウェイスターVに乗って、素敵なカーライフを送れますように。

売れ筋人気グレードのセレナ e-POWER ハイウェイスターVを他のグレードと比較

グレード名セレナ e-POWER ハイウェイスターVセレナ e-POWER ハイウェイスター
価格比較3,499,100円3,293,400円
価格差205,700円安い
装備比較LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ
サイドターンランプ付き電動ドアミラー
サイドターンランプ付き電動ドアミラー
同左
インテリジェントオートライトシステム
インテリジェントオートライトシステム
同左
スーパーUVカット断熱グリーンガラス
スーパーUVカット断熱グリーンガラス
同左
本革巻3本スポークステアリング
本革巻3本スポークステアリング
同左
インテリジェントキー同左
オートエアコン+リヤクーラー同左
USB電源ソケット(前席1個、セカンド・サード各2個)
USB電源ソケット(前席1個、セカンド・サード各2個)
USB電源ソケット(前席1個)
セカンドシート・超ロングスライド
セカンドシート・超ロングスライド
セカンドシート・ロングスライド
両側ハンズフリーオートスライドドア
両側ハンズフリーオートスライドドア
助手席側ハンズフリーオートスライドドア(MOP)
e-POWER専用15インチアルミホイール
e-POWER専用15インチアルミホイール
同左
クルーズコントロールあり同左
インテリジェント エマージェンシーブレーキ
インテリジェント エマージェンシーブレーキ
同左

※MOPはメーカーオプション

日産セレナe-POWERハイウェイスターVと、セレナe-POWERハイウェイスターの価格と装備を比較してみました。

価格を見ると、セレナe-POWERハイウェイスターVの方が約20万円高くなっていますが、その分装備はセレナe-POWERハイウェイスターVの方が充実しています。

ヘッドランプは経済性(省エネ&長寿命)と安全性能(明度&視認性)に優れたLEDを採用、お財布にも優しくなっています。

そして、車内で電子機器に充電できるUSB電源ソケットは前席1個に加えてセカンド&サードシートに各2個で合計5個もついているので、よくある「早く電源譲ってよ!」という醜い争い(苦笑)とも無縁になります。

更に、大人でも脚を投げ出してリラックスできるセカンドシートは超ロングスライド仕様になっており(セレナe-POWERハイウェイスターはロングスライド仕様)、のびのび座れます。

また、子供を抱っこしていたり、両手が荷物でいっぱいだったりなど、手が使えなくてもスライドドアの開閉ができるハンズフリーオートスライドドアは、最早ファミリーユーザーのマスト(必須)オプションと言えるでしょう。

ハンズフリーオートスライドドアは、セレナe-POWERハイウェイスターVでは標準装備ですが、セレナe-POWERハイウェイスターではメーカーオプションとなっている上、それも片側(助手席側)にしか付けられません。

わざわざ子供や荷物を抱えたまま助手席側に回り込んでから、また運転席側に回って……という面倒さは、毎日の事になると正直うんざりします(苦笑)

こうした細々した煩わしさは、長い人生の中でジワジワと効いてくるものですから、それから解放される事を思えば、約20万円の差額にも十分に投資価値があると思います。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのエクステリア

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのエクステリア・前面

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

日産セレナe-POWERハイウェイスターVのエクステリア(前面)です。

エアロ仕様であるハイウェイスターは、大きめの開口部にブルーのラインを流してクールにきめたフロントグリルや、エッジの利いたエアロバンパーが力強い「攻め感」を主張。

「疾走感」を表現するキャラクターラインは、その名が示す通り「高速の流星(ハイウェイスター)」のイメージコンセプトそのものです。

高速道路でセレナe-POWERハイウェイスターVと出会ったら、その切り裂いた風さえ見えるかも知れません。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのエクステリア・後面

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

日産セレナe-POWERハイウェイスターVのエクステリア(後面)です。

前面からの流れをしっかりと受け止め、腰高感を抑えたリアバンパーとルーフスポイラー、そしてコンパクトにまとめられたテールランプはセレナe-POWERハイウェイスターVの後面全体にフラットなボトム(底)感を演出。

そして、リアメッキガーニッシュの上に輝く日産エンブレムは、遠く地平線から昇る太陽を思わせます。

シンプルな造形だからこそ、各所に散りばめられた細やかなセンスの光るデザインとなっています。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのインテリア

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのインテリア・インパネ回り

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

日産セレナe-POWERハイウェイスターVのインパネ回りです。

日産セレナe-POWERハイウェイスターVには、クールさを演出するブラックと、ナチュラルなくすみと温かみが感じられるグレー&ブラック用意されています。

本革巻きのステアリングホイールはしっとりと手に馴染み、スポーク部はじめ手元にスイッチ類をまとめる事で、運転中に手や視線を大きく逸らさずに操作できるデザインとなっています。

写真はグレー&ブラックですが、ブラックとの相性がよく車内空間の質感を高めています。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのインテリア・車内空間

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナe-POWERハイウェイスターVの車内空間です。シンプルがゆえに飽きが来ない、長く乗りたくなるデザインでまとめられています。

セカンド&サードシートのスライドによって豊富なシートアレンジが可能となり、いろいろ使えるのがセレナe-POWERハイウェイスターVの醍醐味と言えます。

カラーはブラックとグレー&ブラックがありますが、汚れの目立ちにくい落ち着いたブラックか、女性や子供が歓びそうな明るいグレー&ブラックか、家族構成やよく乗せるメンバー状況によって意見が分かれそうです。

でも、そんな話し合いも、セレナe-POWERハイウェイスターVを購入する楽しみの一つでしょう。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのインテリア・シート表皮

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナe-POWERハイウェイスターVのシート表皮は、トリコット編みとジャカード織物を組み合わせた繊細な模様が特徴的です。

もしも興味がありましたら、シート表皮をじっくり観察すると、その芸術性が実感できると思います。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの実燃費は?

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの実燃費は?

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの平均実燃費 18.9㎞/ℓ

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのカタログ燃費は26.2㎞/ℓとなっています。

渋滞が発生するような市街地の燃費は、8-12㎞/ℓ前後まで落ち込んでしまいますが、流れの良い幹線道路を含んだ街乗りなら、19-21㎞/ℓまでアップします。

乗り方にもよりますが、高速道路では、セレナハイウェイスターの燃費は伸びて、22-23㎞/ℓの実燃費も可能となります。

ちなみに、セレナe-POWERハイウェイスターVのライバル車であるトヨタ ヴォクシーハイブリッドの平均実燃費は18-20㎞/ℓとなっています。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのライバル車

セレナ e-POWER ハイウェイスターVヴォクシー ハイブリッド ZS煌ステップワゴンスパーダ
ハイブリッドG・EX ホンダセンシング
3,499,100円3,443,000円3,625,600円
価格差56,100円安い126,500円高い
1,200㏄/e-POWER1,800cc/ハイブリッド2,000cc/ハイブリッド
カタログ燃費:26.2㎞/ℓ23.8㎞/ℓ25.0㎞/ℓ
15インチエアロ専用アルミホイール16インチ6J鍛造アルミホイールスパーダハイブリッド専用16インチアルミホイール
ハイウェイスター専用エアロパーツ専用エアロパーツスパーダ専用エアロ
本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール
LEDヘッドランプLEDヘッドランプLEDヘッドライト
インテリジェント エマージェンシーブレーキ自動ブレーキ自動ブレーキ
クルーズコントロール(定速型)クルーズコントロール(定速型)クルーズコントロール(追従型)
インテリジェントキースマートキースマートキー
オートエアコンオートエアコンオートエアコン
両側ハンズフリーパワースライドドアワンタッチ両側パワースライドドア両側パワースライドドア
デュアルバックドアノーマルバックドアわくわくゲート
ロールサンシェード(セカンド)後席サンシェードロールサンシェード(スライドドア両側)
運転席・助手席シートヒーター(MOP)シートヒーターなし運転席・助手席シートヒーター
ハイウェイスター専用サスペンションノーマルサスペンションスパーダ専用サスペンション

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

日産セレナe-POWERハイウェイスターVの値引き交渉は、他メーカーのライバル車と競合させながら値引き条件を詰めていくのが基本です。

なので、ここではその候補として、トヨタのヴォクシーハイブリッド ZS煌と、ホンダのステップワゴンスパーダ ハイブリッドG・EXホンダセンシングをチョイスしました。

3車とも装備を見比べると、どれも一長一短ですが、価格ではヴォクシーが最も安く、装備ではステップワゴンが優勢なので、「この劣勢を逆転できれば、家族を説得するチャンスになる」というニュアンスでアプローチするのが有効です。

セールスマンの多くは「でも、セレナは装備も価格相応に充実している」などと言って来て、確かにそれは正しい面もあるのですが、あくまで求めているのは値引き。

「セレナだけについている装備には、あまり魅力を感じない(実際の値引き交渉では、もう少しオブラートに包んで下さい)」などと、セレナのアドバンテージをなくす事で、営業マンに焦りを感じて貰えたらしめたものです。

例えば「妻がヴォクシーZS煌のゴージャスな外観を気に入っている」とか「子供たちがステップワゴンのわくわくゲートを気に入って、妻もそっちへ傾いている」など、揺さぶりをかけ続けましょう。

しかし、それと同時に「でも私自身は、やっぱりあなたからセレナを買いたい。だから家族を説得できるよう、値引きで勝負して欲しい」とも訴えます。

あなたが本気であれば、営業マンも「この人に、気持ちよくセレナを売りたい!」と本気になってくれるでしょう。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVのリセールバリューは?

日産セレナe-POWERハイウェイスターVを買うなら、売る時の価格(買取相場)も気になる所ではないでしょうか。

ここでは、ガソリン車の相場動向と、セレナと同じくe-POWERを導入している日産ノートの買取相場をベースにセレナの事情を加味して、2年落ちリセールバリューを予測・算出しました。

新車から2年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場リセールバリュー差額
2.0X252.9万円175万円69.1%77.9万円
2.0ハイウェイスター270.8万円212万円78.2%58.8万円
e-POWER XV316.7万円234万円73.8%82.7万円
e-POWER ハイウェイスターV343.5万円285万円82.9%58.5万円

※e-POWERは2018年3月発売のため、予測値となります。

各グレードのリセールバリューを比較すると、ハイウェイスターの方がそれ以外より約9%ほど高くe-POWERの方がガソリン車より約4%ほど高くなっているのが分かります。

e-POWERについてはあくまでも予測値ですが、ハイウェイスターについては実績があるため、お得なセレナの買い替えを考えたグレード選びの参考になるでしょう。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの値引き後の総支払額は?

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの値引き後の総支払額は?

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのセレナ e-POWER ハイウェイスターV値引き新車見積もり

グレード名セレナ e-POWER ハイウェイスターV
車両本体価格3,499,100円
(MOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(DOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用114,059円
目標値引き▲280,000円
オプション値引き--
支払総額3,333,159円

オプションを付けないで、目標値引きを達成したとすると、セレナe-POWERハイウェイスターVの支払総額は、3,333,159円となります。

車両本体価格よりも安くなるので、お買い得感は高いでしょう。

しかし、オプションなしではさすがに不便なので、純正オプションより安く買える社外品で付属品をそろえた場合、いくらになるか出してみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,800円53,244円(スタンダード)
ドアバイザー2,894円27,216円
ナビゲーション195,999円(アルパイン X 8型)274,000円(10インチ)
シートカバー9,800円~44,064円

この中で一番お手軽なのは、自分で取り付けられるフロアマットです。

純正なら5.3万円ですが、社外品なら約4万円安く購入できます。生地の柄やカラーは純正品より豊富に選べます。

また純正から型を取っているため、ズレ防止のピンやフックも付いて、純正同等の使用感です。

ドアバイザーやナビ、シートカバーも純正オプション品より安く買う事が出来ます。ただ、取り付けの手間があるので、新車契約時に工賃サービスか割引を交渉して、「持ち込み」で取り付けてもらうと良いでしょう。

上記の社外品は楽天市場で購入することが出来ます。

おすすめオプションを含んだセレナ e-POWER ハイウェイスターV値引き見積もり

おすすめオプションを含んだセレナ e-POWER ハイウェイスターV値引き見積もり

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

グレード名セレナ e-POWER ハイウェイスターV
車両本体価格3,499,100円
MOP品名ブリリアントホワイトパール
MOP価格43,200円
DOP品名ドライブレコーダー、ナビ、後席モニター、ETC2.0車載器、フロアカーペット、プラスチックバイザー
DOP価格543,048円(工賃込み)
諸費用114,059円
目標値引き▲280,000円
オプション値引き▲108,000円(DOPの20%)
支払総額3,811,407円

おススメオプションを追加したセレナe-POWERハイウェイスターVの見積もりシミュレーションです。

ボディカラーには、売却時にもプラス査定が見込めるブリリアントホワイトパールを選んでいます。

ディーラーオプションにはナビとETC2.0車載器、あとは後席モニターと、定番のサイドバイザー&フロアマットを選択しています。

上記のオプションと諸費用、新車値引きを含んだセレナe-POWERハイウェイスターVの総価格は、3,811,407円となりました。

もちろん、全て純正オプションでそろえなくても、社外品を選ぶことでオプション代を節約して、トータルでセレナe-POWERハイウェイスターVを安く買うと良いでしょう。

セレナ e-POWER ハイウェイスターVの値引き実例は?

新型セレナe-POWERハイウェイスターVは、どの位の値引きで購入されているのか、当サイトに寄せられた値引き実例を紹介します。

購入時期グレード名値引き額
2019年8月セレナ e-POWER ハイウェイスターV65.2万円
2019年5月セレナ e-POWER ハイウェイスターV58.4万円
2019年5月セレナ e-POWER ハイウェイスターV50.0万円
2019年2月セレナ e-POWER ハイウェイスターV50.0万円
2019年2月セレナ e-POWER ハイウェイスターV48.0万円
2019年1月セレナ e-POWER ハイウェイスターV50.8万円
2018年12月セレナ e-POWER ハイウェイスターV43.9万円
2018年10月セレナ e-POWER ハイウェイスターV27.0万円
2018年9月セレナ e-POWER ハイウェイスターV70.1万円
2018年9月セレナ e-POWER ハイウェイスターV41.3万円
2018年4月セレナ e-POWER ハイウェイスターV25.4万円
2018年4月セレナ e-POWER ハイウェイスターV32.3万円
2018年4月セレナ e-POWER ハイウェイスターV28.3万円
2018年3月セレナ e-POWER ハイウェイスターV24.8万円
2018年2月セレナ e-POWER ハイウェイスターV18.0万円
2018年2月セレナ e-POWER ハイウェイスターV38.4万円
2018年2月セレナ e-POWER ハイウェイスターV15.0万円

2018年3月のデビューから1年以上が経過したセレナe-POWERハイウェイスターVは、値引きガードが緩んで50万円以上の値引きが続々と報告されています。

9~10月の中間決算期、1~3月の年度末決算期や、地方よりも大都市の方がガードの緩い傾向があります。

なので、ライバル車との競合やオプションを多くつけて値引き率を高めるなどの交渉テクニックも駆使して、果敢に挑戦していきましょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

セレナの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のセレナ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がセレナを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のセレナの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>セレナ値引き交渉マニュアル

 

セレナを買うなら併せて読みたい

-セレナの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.