セレナの値引き

総額はいくら?セレナ ハイウェイスターVの値引きと支払価格をシミュレーション

更新日:

セレナでも特に人気のグレードである「セレナ ハイウェイスターV」はいくらで買えるのか?オプション代や値引きも含めた総支払額のシミュレーションです。

また、人気グレードとの装備比較、ライバル車との比較、おすすめオプションを含めた値引きシミュレーション、セレナハイウェイスターVのリセールバリューなど、ハイウェイスターV購入の参考にどうぞ。

売れ筋人気グレードのセレナ ハイウェイスターVを他のグレードと比較

グレード名セレナ ハイウェイスターVセレナ ハイウェイスター G
価格比較2,986,500円3,227,400円
価格差-240,900円
装備比較LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ
同左
サイドターンランプ付き電動ドアミラー
サイドターンランプ付き電動ドアミラー
同左
オートライトシステム
オートライトシステム
同左
スーパーUVカット断熱ガラス
スーパーUVカット断熱ガラス
同左
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール
同左
インテリジェントキーインテリジェントキー
オートエアコンオートエアコン(プラズマクラスター搭載)
USB電源ソケット(前席1個、セカンド・サード各2個)同左
超ロングスライドシート
超ロングスライドシート
同左
ハンズフリーオートスライドドア(両側)
ハンズフリーオートスライドドア(両側)
同左
16インチアルミホイール
16インチアルミホイール
同左
クルーズコントロール同左
インテリジェントエマージェンシーブレーキ
インテリジェントエマージェンシーブレーキ
同左

※MOPはメーカーオプション

セレナの人気グレードであるハイウェイスターVと、上位グレードのハイウェイスターGを価格や装備で比較してみました。

価格差は約24万円もありますが、装備を見比べるとあまり大きな違いがなく、内外装の質感的な部分で差が出ているようです。

高級感を味わうならハイウェイスターGが持ってこいですが、実用性で割り切る方にはハイウェイスターVの方がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

セレナ ハイウェイスターVのエクステリア

セレナ ハイウェイスターVのエクステリア・前面

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

標準車と比べるとハイウェイスターは、専用のフロントグリル、F・Rエアロバンパー、サイドシルプロテクター、フォグランプなどが標準装備され差別化されています。

セレナXVのエクステリア

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

※標準ボディ車

やはり標準車と比べると、エアロが付いたハイウェイスターの方がより洗練されたエクステリアになってカッコいいですね。

ハイウェイスターのフロントエアロバンパーの造形がとても凝っていて、サイドのフォグランプ周りのシャープなデザインと、そのままサイドシルプロテクターへ流れるデザインに一体感があって、セレナハイウェイスターをワイド&ローのデザインに見せてくれます。

2分割されたヘッドライトからサイドに流れるキャラクターラインも綺麗ですね。

セレナ ハイウェイスターVのエクステリア・後面

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

リアはテールランプ周りが特徴的です。

ガラスエリアはピラーを含めてブラックアウトされ、Aピラーの根元からの延長線上にテールランプ横のカラーパネルがあるので、サイドのイメージを崩さず浮きすぎないアクセントとなっています。

リアの上から半分がブラックアウト化されているので、腰高感を抑えつつリアのルーフスポイラーとエアロバンパーを際立たせています。

セレナ ハイウェイスターのインテリア

セレナ ハイウェイスターVの内装・インパネ回り

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナハイウェイスターVの内装です。

ステアリングは本革巻きでしっとりと手になじむ感触です。 ステアリングにはクルーズコントロールやオーディオスイッチ、ディスプレイの設定ボタンが装備され、手や視線を大きくそらすことなく、手元で操作できます。

シフトやナビ周りは、ピアノ調のセンタークラスターとなっていて、内装の質感アップに貢献しています。

アドバンスドドライブアシストディスプレイには、時計や外気温表示、MOPのインテリジェントパーキングアシストやアラウンドビューモニターなどが表示されます。

セレナ ハイウェイスターVの内装・車内空間

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナハイウェイスターVの内装色は、明るいグレージュと上の画像のブラックの二通り選べます。

内装色はお好み次第ですが、汚れが目立たない落ち着いたブラックを選ぶか、子供や女性が好みそうな明るいグレージュを選ぶか、家族内で意見が割れそうですね。

内装のデザインはオーソドックスで奇をてらわず、長く飽きの来ない室内空間となっています。

セレナ ハイウェイスターVの内装・シート表皮

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

シート地は標準車の織物から、複雑な模様が織り込まれたジャカード織物&トリコットにグレードアップされています。

セレナ ハイウェイスターVの実燃費は?

セレナ ハイウェイスターVの平均実燃費 10.5km/L

セレナ ハイウェイスターVのカタログ燃費は16.6km/Lです。

渋滞が発生するような市街地の燃費は、8~9km/L前後まで落ち込んでしまいますが、流れの良い幹線道路を含んだ街乗りなら、10~12km/Lまでアップします。

高速道路では、セレナハイウェイスターVの燃費は伸びて、13~15km/Lの実燃費が可能です。

燃費は各々の走行状況によって大きく変わりますが、街中、一般道、高速道路の燃費を平均すると、セレナ ハイウェイスターVの平均実燃費は10.5km/L辺りで落ち着くでしょう。

セレナ ハイウェイスターVを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

セレナ ハイウェイスターのライバル車

セレナ ハイウェイスターVステップワゴンスパーダ クールスピリットHonda SENSINGヴォクシー2.0 ZS煌Ⅱ [7人乗り]
2,986,500円3,107,500円2,909,500円
セレナとの価格差121,000円高い77,000円安い
2000ccハイブリッド1500㏄ターボ2000ccガソリン車
16インチアルミホイール17インチアルミホイール16インチアルミホイール
本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール
LEDヘッドランプLEDヘッドランプLEDヘッドランプ
自動ブレーキ自動ブレーキ自動ブレーキ
クルーズコントロール(定速型・プロパイロットMOP)クルーズコントロール(追従型)クルーズコントロール(定速型)
スマートキースマートキースマートキー
オートエアコンオートエアコンオートエアコン
両側ハンズフリーパワースライドドア両側パワースライドドア両側ワンタッチパワースライドドア
デュアルバックドアわくわくゲートノーマルバックドア
ロールサンシェード(後席)ロールサンシェード(後席)ロールサンシェード(後席)
運転席・助手席シートヒーター(MOP)運転席・助手席シートヒーター設定なし運転席・助手席シートヒーター
ハイウェイスター専用サスペンションスパーダ専用サスペンションノーマルサスペンション

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

ライバル車と比較すると、ステップワゴンには価格で勝っているもののアルミホイールやクルーズコントロール等の装備で引けを取り、ヴォクシーには価格で負けているのに装備はほぼ同じとなっており、これらそれぞれのデメリットをネタに値引きを引き出して競合させるのがセオリーとなります。

例えばヴォクシーとの競合なら純粋に価格で負けているためにこの差額を埋めるよう求めればいいし、ステップワゴンとの競合であれば追従走行機能を重視してプロパイロットを装着すれば、価格で逆転するため、その差額を埋めて欲しいと要求します。

全体的に、セールスマンがアピールしてくるメリットはあまり重視せず、逆にデメリットとなっている部分を衝くのがポイントです。

最終的に「値引きしてくれないとセレナが買えない」or「値引きしてくれればセレナが買える」という形に持ち込めれば、セールスマンもあなたの熱意にこたえてくれるでしょう。

セレナ ハイウェイスターVのリセールバリューは?

セレナハイウェイスターVを買うなら、売る時の価格(相場)も気になる所ではないでしょうか。

ここでは、セレナハイウェイスターVはじめ、業者オークションのデータを基に算出した各グレードの3年落ちリセールバリューをまとめました。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
X

177.2万円

252.9万円

70.0%
XV

181.9万円

268.7万円

67.6%
G

199.5万円

300.5万円

66.3%
ハイウェイスター

196.6万円

270.8万円

72.5%
ハイウェイスターV

200.2万円

293.2万円

68.2%
ハイウェイスターG

212.7万円

316.8万円

67.1%
e-POWER X

--万円

294.3万円

--%
e-POWER XV

--万円

316.7万円

--%
e-POWER G

--万円

341.0万円

--%
e-POWER ハイウェイスター

--万円

323.3万円

--%
e-POWER ハイウェイスターV

--万円

343.5万円

--%
e-POWER ハイウェイスターG

--万円

365.7万円

--%

※e-POWERは発売からまだ年数が浅いため、データ不明です。

全体的に、標準グレードよりもハイウェイスター系が高リセールとなる傾向がみられ、その中でも初期費用(新車価格)の安いベースグレードのハイウェイスターは、もっともコストパフォーマンスに優れています。

ちなみに、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値は50~55%なので、セレナは全体的に売却に有利なクルマと言えるでしょう。

セレナ ハイウェイスターVの値引き後の総支払額は?

セレナ ハイウェイスターVの値引き後の総支払額は?

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

セレナ ハイウェイスターVの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのセレナ ハイウェイスターV値引き新車見積もり

グレード名セレナ ハイウェイスターV
車両本体価格2,986,500円
(MOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(DOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用197,659円
目標値引き▲280,000円
オプション値引き--
支払総額2,904,159円

オプションを付けないで、目標値引きを達成したとすると、セレナハイウェイスターVの支払総額は、約290万円となります。

車両本体価格よりも安くなるので、お買い得感は高いでしょう。

しかし、オプションなしではさすがに不便なので、純正オプションより安く買える社外品で付属品をそろえた場合、いくらになるか出してみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット20,520円(14カラー)63,504円
ドアバイザー7,920円27,216円
ナビゲーション196,554円(アルパイン X 9型)274,000円
シートカバー15,700円~(革調)44,064円

この中で一番お手軽なので、自分で取り付けられるフロアマットです。

純正なら6.3万円ですが、社外品なら約4万円安く購入できます。生地の柄やカラーは純正品より豊富に選べます。

また純正から型を取っているため、ズレ防止のピンやフックも付いて、純正同等の使用感です。

ドアバイザーやナビ、シートカバーも純正オプション品より安く買う事が出来ます。ただ、取り付けの手間があるので、新車契約時に工賃サービスか割引を交渉して、「持ち込み」で取り付けてもらうと良いでしょう。

上記の社外品は楽天市場で購入することが出来ます。

おすすめオプションを含んだセレナ ハイウェイスター値引き見積もり

おすすめオプションを含んだセレナ ハイウェイスター値引き見積もり

nissan.co.jp/vehicles/new/serena/

グレード名セレナ ハイウェイスターV
車両本体価格2,986,500円
MOP品名ブリリアントホワイトパール
MOP価格43,200円
DOP品名ナビ、ETC2.0、フロアカーペット、プラスチックバイザー、ドライブレコーダー
ディーラーオプション価格473,814円(工賃込み)
諸費用198,459円
目標値引き▲280,000円
オプション値引き▲94,000円
支払総額3,327,973円

おススメオプションを追加したセレナハイウェイスターVの見積もりシミュレーションです。

値引きはオプション値引きを含めて、約37万円ですが今後増えていくでしょう。

もちろん全て純正オプションでそろえなくても、社外品を選ぶことでオプション代を節約して、トータルでセレナハイウェイスターを安く買うと良いでしょう。

セレナ ハイウェイスターの値引き実例は?

現行型セレナ ハイウェイスターは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2019年8月セレナ ハイウェイスターV45.0万円
2019年8月セレナe-POWER ハイウェイスターV65.2万円
2019年7月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ72.0万円
2019年7月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ50.0万円
2019年7月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ60.0万円
2019年6月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ41.6万円
2019年5月セレナe-POWER ハイウェイスターV58.4万円
2019年5月セレナe-POWER ハイウェイスターV50.0万円
2019年5月セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡ55.0万円
2019年5月セレナ ハイウェイスターG50.5万円
2019年5月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ47.0万円
2019年3月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ 4WD47.0万円
2019年3月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ60.1万円
2019年3月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ57.0万円
2019年3月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ63.1万円
2019年3月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ66.5万円
2019年2月セレナe-POWER ハイウェイスターV50.0万円
2019年2月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ62.4万円
2019年2月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ51.7万円
2019年2月セレナe-POWER ハイウェイスターV48.0万円
2019年1月セレナe-POWER ハイウェイスターV50.8万円
2019年1月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ67.2万円
2018年12月セレナe-POWER ハイウェイスターV43.9万円
2018年12月セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ56.7万円
2018年10月セレナe-POWER ハイウェイスターV27.0万円
2018年9月セレナe-POWER ハイウェイスターV70.1万円
2018年9月セレナe-POWER ハイウェイスターV41.3万円
2018年9月セレナ ハイウェイスターVセレクションⅡ45.0万円
2018年7月セレナ ハイウェイスターVセレクション 4WD40.1万円
2018年5月ハイウェイスターVセレクション45.6万円
2018年4月e-POWERハイウェイスターV25.4万円
2018年4月e-POWERハイウェイスターV32.3万円
2018年4月e-POWERハイウェイスターV28.3万円
2018年3月e-POWERハイウェイスターV24.8万円
2018年3月ハイウェイスターVセレクション53.1万円
2018年2月e-POWERハイウェイスターV38.4万円
2018年2月e-POWERハイウェイスターV15.0万円
2018年2月ハイウェイスターVセレクション50.1万円
2018年2月ハイウェイスターVセレクション47.8万円
2017年11月ハイウェイスターVセレクション64.3万円
2017年10月ハイウェイスターVセレクション48.6万円
2017年10月ハイウェイスターVセレクション49.5万円
2017年9月ハイウェイスターVセレクション54.4万円
2017年9月ハイウェイスターVセレクション51.6万円
2017年8月ハイウェイスターVセレクション81.8万円
2017年6月ハイウェイスターVセレクション66.9万円
2017年6月ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションA67.1万円
2017年3月ハイウェイスター プロパイロットエディション21.8万円
2017年3月セレナ ハイウェイスター44.1万円
2017年3月セレナ ハイウェイスター52.6万円
2017年2月セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション49.3万円
2017年2月セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB55.6万円
2017年1月セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション27.0万円
2017年1月セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB47.6万円
2017年1月セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション26.7万円
2017年1月セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB23.7万円
2016年12月セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション41.3万円

年月を追っていくと、2016年8月デビューから徐々に値引きガードが緩くなり、モデルチェンジ前後で締まり、また緩み……を繰り返しているのがよくわかります。

2018年の年明けから注目のe-POWERが登場、こちらも徐々に値引きが緩くなっていく様子が窺えます。

ちなみに、オプションを多くつけるほど値引き率が上がりやすく、また、地方より大都市部の方が値引きガードの緩い傾向が見られるため、時期的な相場変動要因も見極めながら、なるべくフットワーク軽く行動したいところです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

セレナの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のセレナ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がセレナを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のセレナの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>セレナ値引き交渉マニュアル

 

-セレナの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.