日産車モデルチェンジ推移と予想

セレナ モデルチェンジ推移2008年12月18日

更新日:

日産ニュースリリースより

-----

「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を発売
-あわせて、セレナ「アンシャンテ スタイリッシュステップ」を追加-

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」を、12月18日より全国一斉に発売する。

今回発売する特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」は、「ハイウェイスター」をベースに、お客さまから好評のリモコンオートスライドドア(両側)、バックドアオートクロージャーなどの利便装備を搭載しながら、お求めやすい価格としたモデルである。

なお、今回の特別仕様車発売にともない、メーカーオプションとして全グレードに先進の地図更新システムの他、12セグ/ワンセグ自動切換えの地デジチューナーを内蔵したHDD方式の高画質のカーウイングスナビゲーションシステムを設定した。
また、寒冷地仕様(4WD)、バイキセノンヘッドランプ+アクティブAFS(20G)、インテリジェントエアコンシステム(20S、ハイウェイスター)の標準化など、装備の充実を図った。

・ハイウェイスターVセレクション主な装備

リモコンオートスライドドア(両側)
バックドアオートクロージャー

・価格(消費税込み)

20S 20G ハイウェイスター
2,163,000-2,747,850円

ハイウェイスターVセレクション
2,565,150-2,845,500円

セレナ ハイウェイスター

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:吉田 衛)は、「セレナ」をベースにしたライフケアビークル(LV)*1「アンシャンテ スタイリッシュステップ」を追加設定し、日産の販売会社を通じて、12月18日より全国一斉に発売する。
*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」

(LV:Life Care Vehicles)と呼んでおり、お客様の用途に応じて3つのシリーズを用意している。
・車内への乗り降りを容易にする「アンシャンテ」シリーズ (回転シート車、昇降シート車など)
・車いすのまま車内に乗り込める「チェアキャブ」シリーズ (車いす移動車)
・主に下肢の不自由な方が運転するための運転補助装置を装備した「ドライビングヘルパー」シリーズ。

<セレナ「アンシャンテ スタイリッシュステップ」車両概要>
「アンシャンテ スタイリッシュステップ」は、車両への乗り降りの負担を軽くするために、助手席側ドア下に電動式のステップ「スタイリッシュステップ」を装着したモデルである。
「スタイリッシュステップ」は、お子さまからお年寄りまで幅広い層に便利な乗降補助としての機能をもちながら、格納時にはスタイリッシュなサイドシルプロテクターとなる画期的な装備である。ステップの開閉は、助手席ドア、または、スライドドア(助手席側)の開閉に連動する。また、夜間等の乗降をスマートにサポートする「ステップイルミネーション(LED)」や、スライドドア(助手席側)からの乗降時に便利な大型の手すりをオプション設定した。

<その他、「セレナ」特装車*2について>
今回の追加モデル発売にともない、先進の地図更新システムの他、12セグ/ワンセグ自動切替の地上デジタル放送用チューナーを内蔵したHDD方式の高画質のカーウイングスナビゲーションシステムをメーカーオプションとして設定した(ハイウェイスター アーバンセレクションのみ標準装備)。また、寒冷地仕様(4WD全車、ハイウェイスター アーバンセレクション)、インテリジェントエアコンシステム(チェアキャブ スロープタイプを除く全車)の標準化など、装備の充実を図った。
*2: セレナでは以下バリエーションがある。
・福祉車両「ライフケアビークル(LV)」
・カスタムカー「ライダー」シリーズ
・特別仕様車「20S ナビプラスステップセレクション」
・特別仕様車「ハイウェイスター アーバンセレクション」

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.